NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

1月の(ry)

2018年に入ってから都心部でも久しぶりに雪かきが必要なくらいの雪が降っただけでなく、何十年ぶりの低温注意報で水道管が凍結するなど一体温暖化とは何なのかと言いたくなるような寒さが続いて困っています。

加えて野菜が全体的に高騰しているため、ガス電気の暖房費と合わせて身も懐も寒さに震える日々でホントにあと2か月未満で春が来るのかと不安になります。



最近はもっぱらPS3で前回書いたD&DTODばかりやっていますが、それと並行してデモンズソウルもプレイしています。
もちろん前から気になっていたというのもありますが、ちょうどオンラインサービスが今月で終了するのでその前に一通りプレイしておこうという理由です。

プレイ時間はおそらく中盤の現時点で15時間くらいで噂通り頻繁に死ぬのが特徴のゲームですが、それも含めてなかなか楽しんでいます。感想を書くかどうかは分かりませんが、とりあえずベスト版の値段くらいなら全然損はしないゲームだなと思います。


ところでWiiのVC含めたショッピングチャンネルが来年終了という話は確かツイッターで触れたと思いますが、それに関連してWiiUをどこかで購入しておこうかと思っています。

といいますのも、再ダウンロード自体はショッピングチャンネルが終了してもしばらく可能のようですし、Uの方でしか配信されていないVC(特にGBA)もあるわけですから、本体寿命の事を考えると今のWiiを大事に扱うよりも、今のうちにWiiUを確保しておいてそっちに引っ越しさせておく方が長い目で見ればいいのかなと。


最近投機手段として話題の仮想通貨市場、個人的には株式市場ですら汚い大人たちがやりたい放題のグレーゾーンと思っているのに、それよりはるかに真っ黒のヘドロの中に相場未経験の人達が次々飛び込み溺れる様子が毎日のようにニュースで流れてくるのに怖気がします。

世の中皆意外と金持ってるんだなと思うのと同時に、その金を奪うために様々な思惑が渦巻いているのが分単位のリアルタイムで更新されていくのに何とも言えない恐怖を感じます。

やはり自分がよく分からないものや価値を感じないものには手を出すべきではないと傍から眺めつつ、これを機に少しは経済関係の書籍でも買って勉強しておこうかなと思うのでありました。数千円の出費くらい自分への投資と考えれば安いでしょうし。


それにしても本当に寒いです。

プロ野球のシーズンオフから約3か月経過しましたがもう相当過去の事のような気がしますし、これがあと2か月もしたらシーズンが始まっているとか信じられません。そう考えると1試合ごとの間隔が広いとはいえ、ほぼ年中試合のあるサッカーがちょっと羨ましくなります。

まぁオープン戦を含めれば今月末には実戦が始まるわけですから、相変わらずゲームを消化したり絵の練習をしながら我慢の日々を続けていく所存です。

Welcome to D&D world!

年末からPS3でD&Dのタワーオブドゥーム(TOD)に手を付けだしたんですが、これが予想以上に面白くてこの3週間足らずの間にもう100クレジットを越えるくらいプレイしまくっています。

ファイナルファイトを元祖とする90年代前半のカプコンが得意としたベルトスクロール系の1つで、世界的テーブルトークRPGの古典であるD&Dの要素を随所に取り入れたのが大きな特徴です。

とは言いましても原作の方ははっきり言ってよく知りませんので、どの辺りが原作要素を再現と言われましても私には正直イマイチピンときません。

むしろそれよりも私を驚かせたのは豊富なアクションの方です。

・基本のボタン連打のコンボ
・レバー前押し+ボタンの大斬り
・レバー後ろ+ボタンでガード
・ガードからのカウンター
・方向キー2度入れでダッシュ
・ダッシュ攻撃
・ダッシュジャンプ攻撃&下突き
・しゃがみ斬り
・しゃがみからの立ち上がり斬り
・スライディング&後転
・ダウン追い打ち

基本操作だけでもこれだけのアクションが存在するのですが、そのうちのいくつかはカプコンの過去のベルスク作品で採用されたものです。
ダッシュ攻撃はキャプテンコマンドーからですし、大斬りとガード(特にガード後に無敵時間が発生する点)はナイツオブザラウンドからです。ダウン追い打ちも私がまだプレイしていない作品からかもしれません。
そもそもファイター・クレリック・ドワーフ・エルフというキャラクターセレクトもキングオブドラゴンズの人選とほぼ同じです。といいますか当初D&Dとして作りつつも、版権の許可が下りなかったのがキンドラだそうなので当然といえば当然なのでしょうが。

まぁともかく今作しか知らない人にとってはただ単に操作が煩雑なベルスクという一言で済むのかもしれませんが、ここ数年カプコンのベルスクをファイナルファイトからいくつかプレイしてきた私から見ると、プレイヤーのアクション一つとっても

「おお!ダウンしている敵に追いうち攻撃ができるぞ!」
「ナイツだと操作性最悪だったガードが使いやすくなってる!」

という具合にカプコンベルスクの進化を如実に感じられて非常に感慨深いのです。



ここまででも十分使いこなしがいのあるシステムですが、更に本作ならではの要素としてアイテムと魔法が加わります。

遠距離攻撃のできるダガーやアローにヒットした相手をピヨらせるハンマー、火柱を発生させるオイルといった基本アイテムに加えて、クレリックとエルフはそれぞれ専用の補助や攻撃魔法を使う事が可能なのです。ファイターとドワーフは魔法を使う事が出来ませんが、その分肉弾戦における性能で優遇されていますし、アイテムの中には各種魔法とほぼ同様の効果を発揮するリングも存在します。

確かにこれ一つでボスを完封できたリ、多数の敵を一網打尽にできるというほど強力なアイテムや魔法こそありませんが、複数の敵が出現する場所やボス相手に機先を制したり、囲まれた際の緊急回避といったちょっとした場面で効果的に使えると役に立つという物が多いです。
一例としては開幕でオーガやトロルにダガーを全弾投入したり、敵の出現位置にあらかじめオイルを撒いておくとか、強敵ブラックドラゴンのブレスをキャンセルするために魔法リングを使うといった具合です。

原作要素をベルスクに上手く取り入れた部分もそうですが、何よりこれまでのベルスクでは希薄だった先を見越した戦略的な要素(あのボスは苦手だからアイテムを温存しておこうといった具合)を加えた事がとても大きいです。


このように歴代カプコンベルスクの特徴を継承・発展させつつ、原作の要素を上手く本作ならではのシステムとして取り入れた傑作ベルスクがD&Dタワーオブドゥームなのです。

では不満は無いのかと言いますと、これがぶっちゃけ無茶苦茶ありますw


・ザコ敵のどいつもこいつも動きが速くて攻撃のモーションも速い、おまけに全員ガード持ちととにかく強い
・ボスはもっと強い ブラックドラゴンとか初撃破まで何度コンティニューした事か
・アクションが多い=操作が複雑すぎ、立ち上がり斬りなんてタイミング覚えるのに一苦労
・同様に魔法とアイテムもボタンで切り替えて選択しなくてはいけないため選びにくい
・攻撃ボタンとアイテムを拾うのが同じボタンなので乱戦時にアイテムが散らばっていると拾い動作が暴発して危険
・ステージクリアで体力が全回復しない(店でのポーション購入で回復)ので、一つのダメージが後々まで響く
・ステージによってはルート選択があるのでパターンをどのルートがクリアしやすいのか覚えるのに一苦労
・ステージによっては隠し部屋があったりする
・宝箱の罠やら吊り天井など初見殺しのトラップが多すぎ
・ダメージにランダム要素があるため、同じ敵に同じ攻撃をしてもダメージがバラバラ 1撃で倒せる時もあれば3発殴っても倒せない事も
・受けるダメージも同様で運が悪いと数発で瀕死になる事も
・そんな仕様なのに残機0
etc

何度も遊ぶことを前提としているためだと思いますが、はっきり言って取っ付きは最悪です。
システムが複雑なのも相まって最初のうちは操作方法やアイテムの効果を確認しているだけですぐゲームオーバーになってしまうくらいで、正直ゲーセンだったら早々にプレイしなくなっていると思います(きっぱり)。

いや、全然つまらなくないのですよ?
それどころか嫌いなのではと言うくらい羅列した不満点ですら、むしろそれも含めて本作の味というくらいに無茶苦茶面白いと思っています。

ただこんなの上手くなるまでにクレジットをどれだけ消費するのか皆目見当が付きませんものw

そういう意味でこの移植版の価格は私にとって安すぎです。
今ならサターン版にプレミアが付いていたのも納得できますし、1万や2万でも高いとは思わないくらいですマジで。
誇張抜きで私が今までプレイしてきたベルスクの中で最高傑作と言っても過言ではありません。


そんなわけで年明けから毎日最低1プレイ、場合によっては4・5プレイ当たり前のTODですが、その甲斐もあってかようやくファイターで最終面のセーブルタワーに行ける時も出てきました。まぁ半分くらいはブラックドラゴンで、3割くらいはザイードでゲームオーバーになるんですけど。

果たしてノーコンクリアまでたどり着けるのかは分かりませんが、この調子ですとどうやらまだしばらくはTODを攻略する日々が続きそうです。

12月の(ry)

大晦日も平常通り仕事を終え、帰宅してお風呂に入って夕食を終えたら2017年も残りあと10分を切っていたという、毎度のごとくつまらない年末~年越しを迎えております。

そんな訳ですから年末だからといって特筆すべきことなど何一つあるわけでもありませんし、まだ来年以降もしばらく同じような状況が続いていくのだろうと思っています。いや、もしかしたら今こうして仕事を終え暖房の効いた部屋で蕎麦を食べつつ、ブログを更新できているというそんな何気ない事ですら幸せ…とまでは行かなくとも、とりあえず不幸ではないのかもしれません。

うーむ、どうにも性格的に余計なことを考えれば考えるほど良くない方へと流れてしまう性質なのがよろしくありませんので、こういう時は年末年始だろうがいつものごとくゲームでもして現実逃避するに限ります。そうそう、数日前にプレイし始めたD&Dがもう既に定価分のクレジットを使ってしまうくらいにむちゃくちゃ面白くて、このままですと年末年始はミスタラ世界に滞在してたと言っても過言ではないくらいの勢いですマジで。

まぁともかく今年一年ありがとうございました&来年もよろしくお願いいたします。

11月の(ry)

もう既に12月に入って1週間以上過ぎてますが。

それにしても9月にはまだ日中30度を超す日もあったくらいなのに、それからわずか3か月で1ケタ前半の気温とか寒い寒すぎます。地球温暖化とはいったい、年々寒暖の差が激しくなっている気もします。

この寒さを気にする必要の無い暮らしを一日でも早くしたいものですが、それにはまだまだお金を貯めなくてはいけないわけで、相変わらずそんな辛抱の日々です。

とは言うもののちょいちょい工面した分の余剰金で先月は結構買い物をしたので、今回はそれを描き記しておこうかと思います。

・中古PS3本体(160GB)
・D&D ミスタラ英雄戦記(PS3)
・ドラゴンズクラウン(PS3)
・デモンズソウル(PS3)
・ダークソウル(PS3)
・デスクリムゾン2 -メラニートの祭壇-(DC)
・ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート(GBA)
・新装版 メダロット コイシマル編・上&下
・BATSUGUN -TRUTH STORY BATSUGUN-
・星霜鋼機ストラニア ザ・フォース・シグナル
・田村ゆかり「Princess ♡ Limited」



買いなおしたPS3本体とD&Dは前々から欲しいと言っていたのでともかく、それ以外にも結構買ってますね(汗)
デスクリ2とか何で買ったんでしょうか誰か教えてください。

ただ、これで近々購入予定なのはぶんぶく4巻と「reZonance world ~ZUNTATA 30th ANNIVERSARY~」くらいで今後しばらく買い物をすることはないと思います。あ、「FOR REAL」も余裕できたら買っておくかもしれません。



で、早速PS3に過去購入済みのアーカイブスのゲームを再ダウンロードさせているわけなんですが、何かいつの間にかMedia Go経由で購入したりPSPにデータ移したりできなくなっているどころかMedia Go自体が終了してしまうんですってね。そうなると今後はPSPに移すのにもPS3本体が必要なわけで、そういう意味でもやはり買い直して正解でした。

またPS2との互換こそありませんが、初代PSとの互換はありますので雷電DXやら東亜シューティングバトル(PS2だと究極タイガーがちゃんと動かない)などお馴染みの連中も今使っている液晶モニタに繋いでプレイできるのもありがたいです。あと数こそ少ないですがグラⅤなどPS2アーカイブスでいくつかキープしておくべきタイトルもあったので機を見て購入しておくことにします。



そして今現在は少し前から引き続いて虫ふたのマニアックモードと、上で書いたキャラバンハートを主にプレイしています。
「PS3は!?」とツッコミが入りそうですが、それはもう少し暖かくなってからで…。

ちなみにドラクモンスターズはGB版の12以降プレイしていなかったので、これが久しぶりのシリーズです。
内容的にはドラクエ2の未来世界を舞台にした7外伝って感じでモンスターズの育成要素は薄いですけど、キャラバン編成とかこれはこれで結構面白いです。
個別に感想を書くつもりはありませんが、やっぱりこう寒いと布団の中で寝ながらダラダラプレイできる携帯機のRPGがちょうどいいんですよねー。

落葉の大地を走れ

前々からプレイしていたフリゲの「落葉の大地を走れ」がとりあえず一区切りついたので、例によって適当に紹介&感想でも。 【“落葉の大地を走れ”の続きを読む】

OUR TIME IS OVER

つい先日ソフトバンクホークスが日本シリーズで優勝した事により2017年のペナントレースも終わり、同時にその相手だったベイスターズのシーズンも終わりました。

ご存知のように今年は去年と同じシーズン3位ながらも去年敗退したファイナルを勝ち上がっての日本シリーズという形でした。
個人的にはCS制度自体はチームの一つの目標・消化試合の削減・ホームでのポストシーズン開催による興行収入・導入以降約9割の確率で1位チームが勝っていることなどの理由から大歓迎であるのですが、いくら十数年ぶりの貯金フィニッシュ(貯金8)と言えども、3位のチームが日本シリーズに出場する事に対して(CSの制度自体を)疑問視する声が多かったのも事実。

加えて初戦10-1という完敗から3連敗で後が無くなった時にはほら言わんこっちゃないという風潮に包まれていたかもしれませんが、そこから2連勝で盛り返し、第6戦も9回にクローザーが登板するほど一進一退の攻防を繰り広げました。
結果的には2勝4敗で敗れホークスとの力の差を実感させられましたが、それでも試合を見ていた多くの人達に「何だベイスターズも結構やるじゃん!」とシリーズ前の認識を改めさせるような戦いを見せてくれたのではないでしょうか。



そういえば開幕前にしていたセリーグの順位予想の結果ですが、

(予想)

優勝:広島
2位:横浜
3位:阪神
4位:巨人
5位:ヤクルト
最下位:中日



(結果)

優勝:広島
2位:阪神
3位:横浜
4位:巨人
5位:中日
最下位:ヤクルト



という結果でしたね。
AクラスBクラスは当たりましたし、順位にしても横浜⇔阪神、ヤクルト⇔中日が上下に違うだけですから結構イイ線の予想だったのではないでしょうか?(ドヤ顔で)


個々の選手の成績についてはもっと的確な評価をしてくれるところが山ほどあるでしょうからここでは特に言及はしません。
ただ野手陣で言えば来日初の3割30本100打点・安定の一塁守備・若い選手が多い中で助っ人にもかかわらず精神的支柱として活躍してくれたロペス、投手陣ではルーキーながら2ケタ勝利という成績は勿論、交流戦・阪神戦・終盤の巨人戦・CS・日本シリーズと悉く山場で活躍してくれた濱口の2人がチームのMVPだと個人的には思います。
もちろん首位打者の宮﨑やともに2ケタ勝利の今永ウィーランド、抜群の安定感のパットンヤマヤスなど素晴らしい活躍をしてくれた選手はたくさんいるのですけど、あえて挙げるのならという感じです。

そしてCS・日本シリーズと短期決戦において監督選手共にシーズン以上の勝負強さを発揮していたのは確かでしょうが、同時に課題も見えていたのも事実です。例えばスタメンと比較した控え層の薄さや、走塁守備などの基本的な面でのミス、パットンヤマヤス以外のリリーフ陣の安定感の無さなどです。
短期決戦では何とかやりくりして戦っていましたが、今度こそリーグ優勝を経て日本シリーズに出場するためにも長期戦を戦える安定した戦力はやはり必要です。幸いそういった課題自体はかなり明確なため、今後のキャンプや補強でしっかり強化をしてもらいたいものです。



最後に今年は十数年ぶりのシーズン貯金や日本シリーズ出場などのおかげで去年にもまして印象的な試合がたくさんありました。

・5-0から8回裏に梶谷が満塁弾を打ち柴田がサヨナラで決めたヤクルト戦(5月6日)
・9回に宮﨑が逆転2ランを放った西武戦(6月9日)
・初回先頭弾、9回逆転満塁弾と桑原に始まり桑原に終わった巨人戦(7月1日)
・FA移籍の山口を打ち崩し、3タテで一気に5割の壁を超えるきっかけになった巨人戦(7月2日)
・濱口が8回無失点の好投で巨人戦7連敗中&Aクラス転落の危機から救った巨人戦(9月3日)
・ウィーランドが投打に大暴れでCS出場を決定した広島戦(10月1日)
・過去にない文字通り甲子園の泥試合の試合を制したCS1stの阪神戦(10月15日)
・奇策連発4連勝で去年の雪辱&日本シリーズ出場を果たしたCSファイナルの広島戦(10月24日)
・濱口&高城のバッテリーの活躍で3連敗の重いムードから流れを引き寄せた日本シリーズのホークス戦(11月1日)
etc

まぁ思い返せばいろいろありました。
しかしやはり今シーズンのベイスターズを象徴する試合と言えばこの試合しかないでしょう。



9回裏にツッツ・ロペス・宮﨑の3者連続HRで奇跡的な逆転サヨナラ勝ちを収めた広島戦(8月22日)
そしてこの後23日24日と3試合連続サヨナラ勝ちという野球マンガだったらやりすぎでボツをくらいそうなほど劇的な(広島側からしたらトラウマ的な)展開に続くわけですが、その口火を切ったのがこの試合でした。

今のベイスターズって数年前ほど弱くはないにしても、広島やソフトバンクのように強いと自信を持って言えるほどの強さではないでしょう。クリンナップなど強みはあるにせよ総合的には中の中くらいで。

ただ、「何か面白い事をやって(やらかして)くれる」という点においては12球団でも随一だとファンとしては思っています。といいますかだからファンになったのですけど。

またCS・日本シリーズでも見せてくれたように勢いに乗るとどんどん行くという大きな特徴があります。まぁ反動でダメな時は正直腹が立つくらいくらいあっさり負けるのも特徴なのですが。で、不思議なことに全体で見てみると割と安定した成績に収まっていると(確か最大で4連敗だったはず)

その「何か面白い事をやってくれる」感と「勢い」が最大限に発揮されたのがこのサヨナラ3連発であり、たまにこんな試合を見せてくれるからたまらないのです。書いててちょっと思いましたがギャンブル的ですな。サッパリな時も多いけれどハマった時には大量出玉と連チャンしまくるパチンコ台のようなw

チームが強くなるうえで安定性は必要ですが、やはり今のこのベイスターズというチームはその「何か面白い試合を見せてくれる」ところが最大の魅力だと思いますので、来シーズンもまた面白い試合を見せてくれることを期待してしばらく待ちたいと思います。

10月の(ry)

何かここ半年くらい毎回書いている気もしますが、前回の更新からもう1カ月とは早いものです。

その間何も書くことが無かったのかと言われるとそうでもないのですが、ブログに書くほどのものかと言うと微妙なのが正直なところです。

例えばツイッターでは毎日のようにベイスターズの試合結果や関連ニュースを呟いていますが、これをもっと詳細な内容にしてブログで更新しようとしても、私のファン度合いでは毎日人に読ませられるような大したことも書けません。仕事中でリアルタイムに見られない日も多いですし。
せいぜいが開幕前の順位予想やシーズン終了後の総括くらいで、例年なら既にその事について書いているところなのですが、なんせ今年はご存知のように3位から日本シリーズ進出まで勝ち上がってしまい、現時点でまだシーズンが終了していないという異常事態のため総括もお預けです。


じゃあ地味に続いているお絵描きの方はどうかといいますと、これもノートに書いた落書き程度ならばツイッターにアップするくらいで十分ですし、逆にいつもの4コマや力を入れて描いたイラストの方ならTINAMIに投稿した方が過去のまとめや閲覧数チェックの面でも便利なため、わざわざブログにアップする理由が薄くなってしまいました。


ならば残されたのはやはりゲームの話題しか無いわけですが、これもこれでまた微妙な状態だったりします。
いや、プレイしてないわけではないのですよ?
例えば再起動した360では虫姫さまふたりを連日プレイしているのですが、あまりにブランクがあったせいでマニアックに挑戦するどころかオリジナルも1クレジットでクリアできなくなっていてリハビリの最中です。
PS2の方ではタイメモ上巻に収録されているライトブリンガーをちょくちょくプレイしていまして、これも1クレジットで3面ボス到達の40~50分は遊べるくらい慣れてきました。
そしてPCでは結構前から「落葉の大地を走れ」というフリゲをプレイしているのですが、これがこうなかなか難しい…といいますか明確なクリアが無いゲームなので、どこまでプレイした時点で感想を書いていいものやら迷っているのです。一応世界一周はしましたけど、仲間にしていないキャラやら見つけていないイベントもまだ結構ありそうですし。

で、そんな状況にも関わらずPS3を買いなおすためのあぶく銭ができたので、どうせだったらD&D以外にもPS3で何か面白そうなソフトも買ってみようと物色している有様です。

とまぁこんな風にゲームにしてもフラフラの状態で、1日24時間という限られた時間の中でにどれか一つをコレと取り上げられるほど手が回っていないのが現状です。ちゃんと睡眠時間や食事を取らないと仕事に支障をきたして生活の基盤そのものが崩れますし、絵だって程度の差はあれ練習しないと上達しません。他にもここに書くには適さない事もあります。

つまりその何でしょうか、いろいろ忙しい、という事にしておいてください。

360°1周して故郷に帰ってきた

忍耐は大事ですが、忍耐を長く継続するために適度な欲望の発散もまた大事です。
そこでこんなものを買いました

2017092901.jpg

・KOSSのオープン型ヘッドホン
・RCA(メス)→ステレオミニジャック(メス)変換ケーブル
・PS2コントローラー→360変換ケーブル

そう、しばらく眠らせていた360を今一度現役復帰させるためのグッズです。

スピーカー代わりのヘッドホンとそれを繋ぐための音声変換ケーブル、気が付けばガタがきているホリパッドターボの代わりとしてPS2のコントローラーを使用するための変換ケーブル、そして最後に本体の置き場所を今使っているPCモニタの近くに移動させてVGAケーブルを繋いでやれば、もう今この手の届く範囲で360を堪能できる環境の完成です。

で、ここで久しぶりに電源を入れてみようとしたらお亡くなりになられていたというオチだったらどうしようかと心配していたのですが、レッドリングが出ることもなく無事に起動してくれました。

調べてみると最後に360で遊んだのは約3年前という事実にショックを受けましたが、その後Steamに移植されたり、そもそもその頃と比べてゲーム自体のプレイ時間が減っているという事を踏まえるとさもありなんという気もします。

とりあえず復帰の手始めにケツイをプレイ。
2017092903.jpg

その後虫姫さまふたりにぐわんげむちぽ、ガルーダ2に赤い刀真から最大往生のCAVEシューフルコースをプレイしたのち、RFAやアンデフHD、オトメGエグゼリカにトラ魔女ねぉなど一通りプレイしてみましたが、映像や音声に不具合もなく、変換による操作遅延などの違和感も特にありませんでした。

ふぅ…それにしてもこうして改めてラインナップを見てみるとホントあの頃の2DSTGのユーザーにとっては楽園と言えるハードですねコイツは。

2017092904.jpg
ジミーも画面右下から飛び出して褒めたたえてくれますよそりゃ。

この先も忍耐の日々は長く続きますが、それを耐え忍ぶための資産はたくさんあります。
2017092902.jpg

とりあえず野球シーズンが終わって暇な時間が増えたら何か集中的に手を付けてみましょうかね。

今まで集めてきたのももしかしたらこういう事態のためだったのかもしれないと思うとともに、約3年経って帰ってきたこの地こそがおそらく故郷というものだろうと実感するのでした。

9月の(ry)

3年くらい我慢我慢と言い続けて振り返ってみてもまだ半年しか経っていないのに、気が付けば前回ブログを更新してからもう1カ月も経っているという不思議。

記事にするほどゲームに触れていなかったり、つぶやきやお絵かき程度ならツイッターに役割を奪われがちというのが大きいのでしょう。

一応PS4やらを揃えるためのあぶく銭を稼ぐためにちょろちょろ動いていたのですが、ようやっと一月で3万しか稼げなかったものですからこれではまだまだ足りやしません。加えていろいろ調べているうちにPS3とD&Dなんかも欲しくなってくる始末でして、今後の予定も考えるともっともっと必要です。

ま、ツイッターではとても物足りないくらい何か書きたいときができた時には普通に更新しますので時々覗いてやってください。

8月の(ry)

気が付けばあっという間に前回の更新から1月が経ちそうになっており、慌てて記事作成のページを開いているわけですが、それにしたってホントに書くことが無かったりします。

ゲームはといえばミッシングパーツはようやく半分終わったところでまだまだ終わりそうにありませんし、最近プレイしているとあるフリゲRPGもどこまでプレイすれば紹介できるのか現状見当もつかない状況です。

結局大人しく労働を遂行したり、相変わらずベイスターズの試合に一喜一憂しながら少しづつお金を貯めているという、そんな我慢の日々が続いています。



それだけで済ますのも何なので、欲しいものと言いますか目標の話でも一つ。

Xbox360以降ノーマル3DSくらいしかハードを買っておらず、スマホも持っていないという状況がずっと続いておりまして、こうなるともはや新しいゲームにまるで興味が無くなったと言っても過言ではありませんが、実のところPS4くらいには興味があります。

興味のある理由の99%くらいはM2のSTG移植アーケードアーカイブスというのが相も変わらず最新ハードを買う理由として後ろ向き過ぎて嫌になりますが、それでも欲しいと思っているのは事実です。お家でフィーバーしたり3画面分の広さのダライアスをしたいです。

本体は新品で実売3~4万というところでしょうが、そんなもんは仮に貯金が0でも1か月我慢すれば買えますから金額の問題ではありません。

欲しいと思っていても買わないのは本体やソフトではなくプレイする環境の問題です。

最新のゲーム機を買うのならプレイする環境もそれに合わせてできるだけ良いものを揃えないと、例え望みのゲームをプレイしたとしても満足度は半減してしまいます。具体的にはPS4を買うのなら併せて40インチくらいのディスプレイと5.1chのサラウンドシステムくらいは用意したいのです。といいますか初代ダラが42インチでオリジナルの大きさを再現できるという事なのでそれくらいは欲しいのです。

PS4に加えてそれらを揃えるとなると10万円以上は用意する必要があるでしょうが、それも別に数か月も我慢したり何かを売り払ったりしなければ用意できない金額でもありません。

一番の問題はスペースなのです。
ただでさえ6畳一間にブラウン管・レトロゲーム機・コントロールボックス・PC一式・寝床と居住空間がゲーム関連で埋まっているのに、ここに42インチのモニタと5.1chのシステムを増やしたら誇張抜きで足の踏み場も無くなってしまいます。

となるともっと広い場所へ引っ越さなければならないわけですが、1Kから2Kへと1部屋増やすと立地や建物の築年数にもよりますが1万5千~2万くらいは家賃が嵩むことになります。

本体やら周辺機器は1度購入してしまえば壊れ無い限り、少なくとも7~8年前後は追加出費が要らないでしょうが、家賃はそうではありません。毎月毎年何年にも渡って払い続けるものであり、定期的な収入が増えないのに定期的な支出だけ増えるような真似をすればジリ貧になっていく一方です。

ですからまずは定期的な収入を増やすのが先決であり、いましばらく我慢の日々を続ける必要があるというのも全てはそのためなのです。給料に直結する昇進昇給はよほど恵まれ無い限り1カ月や2か月の我慢で実現するものではないのです。あー、転職や結婚・同棲という方法もありますが、悲しいがな現実的ではないので考えていません。



とここまで書いておいてアレですが、実のところ引っ越しまでしなくとも現状である程度の満足は得られる妥協案というのもあったりします。

まずモニタですが今目の前にあるPC用のモニタがHDMI接続に対応しているわけですから、これをPC用と共用にすればいいのです。360の時にVGAHDケーブルで接続していたのと同じ理屈ですね。24.1インチはゲーム用モニタとしては多少小さいかもしれませんが、元々ダラバーCSをまともにプレイできるようにと購入したものなのでPS4のゲームを遊ぶ分には十分でしょう。

そしてサウンドですが、現在ではスペースや予算、騒音問題などでサラウンドシステムを設置できない人のために5.1chや7.1chなどに対応したサラウンドヘッドホンというのが各メーカーからいろいろ発売されておりまして、2万も出せば結構ランクの良い物が購入できます。

もちろんより高速なネット回線やアーケードスティックなど快適な環境を求めればキリがありませんが、とりあえず本体に加えてこの2つがあれば、狭いスペースでも興味のあるSTG程度を遊ぶには十分な環境が手に入ると言って良いでしょう。

うーん、書いているうちに段々欲しくなってきましたw
これならソフト含めても5~6万程度で済みますから何らかの機会にあぶく銭が手に入ったら衝動買いすることを検討しておきましょうか。
次のページ

FC2Ad