NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ガンスタースーパーヒーローズ

現行機種で唯一所有しているGBAの2Dアクション、しかもあのガンスターヒーローズの続編という事で珍しく発売日に購入。いちおうレッド・ブルー共に全モードクリアしたのでざっと感想を。

前作との比較はここでは抜きにするが、単純にアクションゲームとしてのつくりが甘い印象を受ける。 特にボスが全体的に調整不足な感が否めない。

・歩いてるだけで全く攻撃してこないブラボーマン
・横に乗るだけで楽勝のピンキーローダー
・タックルしかしてこないオレンジ
・回ってるだけのブラック
・無限にライフが稼げるピンク再戦
・ぶら下がってるだけで楽勝のオレンジ再戦
・ほぼ回避不可に近い攻撃を繰り出してくるが、殆どノーダメージのゴールデンシルバー
・見せ場の無くなったスマッシュ大作(笑)

ざっと思いつくだけでもこれだけあるが、難易度を挙げても攻撃パターンはほとんど増えないという体たらく。
ただセブンフォースだけはやたら気合が入っており、きっちりパターンを学習・対策を練らないと攻略は難しい。逆に言えばまともなのはここぐらいである。ゴールデンシルバーがあんなのなので事実上セブンフォース再戦がラスボスか。

正直トレジャーが調整したとは思えないボスの数々だ。プレイを繰り返すうちに上達しているのが感じられるようなバランス調整の巧さがトレジャーの持ち味の一つだと思っていたのだがどうしてしまったのだろうか。
あとはまぁ、セガの過去作品をオマージュした特殊ステージの数々か。サンダーブレード面を筆頭に全体的につまんないんだよねぇ。1回やったらもうおなか一杯という感じだ。

もちろんいいところもあって例えば体術を駆使したアクション。ザコ戦でのスライディング→アッパー→斜めキックみたいなスピード感溢れる連続攻撃は気持ちいいし、武器のバズーカシステムもまぁ悪くない。
ただそれを活かせるアクションステージが短過ぎる。上述した特殊ステージも全て専用の操作である。何で多彩なアクションが用意されているのに、それとは全く無関係の普通のシューティングをやらされねばいかんのだ。

確かに拡大・回転や爆発エフェクト、セブンフォースの変形など技術のすごさは端々から伝わってくるし、GBAの機能でここまで出来るのかと驚かせてくれた。ただそれにゲームの内容がついていっているとはお世辞にも思えない。
難易度・キャラによってストーリーが大きく変わるのも何度も遊ぶ意欲を持たせるという点では決して悪くは無い。ただ、もっと純粋にアクションゲームとして何度も挑戦したくなるような物であって欲しかったというのは言うまでも無いが・・・。

GBAのアクションとしては間違いなく良作の部類に入るとは思うが、トレジャーの作品としては・・・というのが今の私の感想である。トレジャーはAGHといい、続編作るとダメな会社なのかねぇ。続編だらけのこのご時世に難儀な会社だ(苦笑)

FC2Ad