NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

柿食えばなんとやら

大家さんから柿をいくつか頂いた。家の木からたくさん取れるのでご近所にもおすそわけしているそうだ。

今年に入って柿を一つも食べた覚えがなかったので感謝感謝。さっそく食べてみるとなかなか甘くて美味である。

そういえば実家の庭に生えている木からも毎年数十個の実が取れていたのだが、あれは殆ど渋柿で食えたもんじゃなかった。
そこで父が渋柿を熱湯にくぐらせた後ベランダに吊るして干し柿にしていたが、あれだけでどうして渋柿が甘くなるのかがなんとも不思議であった。


干し柿はどうやって作る


「干す事で脱渋される」か。
理屈ではわかるがそれでも何となく不思議だ。
先人の知恵というやつであろう。
それにしても昔の人は干し柿、あるいは味噌醤油のように完成に時間がかかるものをよく発見できたものだなぁ。干し柿は脱水、味噌醤油は塩漬けといった具合に、長期保存のためにいろいろ工夫をしている最中に見つけたのかね。

FC2Ad