NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

エスプレイド日記10

プレイ日記を書き記すのも10回目ですな。
今日はJ-B、いろりそれぞれ1回づつのみ。
しかしながら今までよりも一気に進展し、
J-Bでラスボスのガラ婦人まで到達できました。わーい♪
いろりは4面序盤でゲームオーバーだったのはこの際置いとこう・・・。

ここ数回で苦戦してきた各所での攻略の糸口がかなりつかめてきたのが大きかったです。

まず4面中盤の右側から来る中ボスの列車砲台。
実は注意すべきはこいつではなく同時に出現する左側の列車の上に乗った敵。実際中ボス単体の攻撃は難しくないのですが、こいつとの複合攻撃をされると回避がかなりきつくなるのです。だからこいつらを出現後即破壊するように心がけ、中ボスは後でゆっくり攻撃していくとラクです。

次に5面前半序盤の大型戦車は紫色の針状弾を大きく回り込むようにすると回避しやすく、また他の敵の弾もばらけるので一石二鳥。でもここは無理せず少しでも危ないと思ったらガードバリアを張っても問題なし。

最後に5面前半の終盤の2体の黄色大型戦車。
左→右と現れるのですが、他の敵をなるべく無視して集中攻撃を仕掛けていけば次のが現れる前に破壊できます。破壊すると弾消しも起こるのでギリギリまで頑張りたいところ。ガードバリアを張るときはまとめて2体とも破壊できるくらいで。
円カウンターがマックスになっていればボス前でバリアゲージの回復も出来ますし。

そして5面前半ボスへ。
ボスの攻撃なのですがどうも止まる瞬間が無いですね。
画面中心に夜叉本部入り口のシェルターみたいなものがあって、そこを攻撃しなければいかんのですが・・・ひょっとしてグルグル回って回避するのかしら?
とりあえず追い詰められたのでガードバリアを張って攻撃したのですが、これが予想外にゲージ半分以上の大ダメージ。
おかげでわりとあっさりと5面後半へ。ちなみにここでようやく2回目のエクステンド、残りライフは1。

5面後半、アリスクローン地帯に。
そうか、エスプガルーダの5面後半も(違うアリスだけど)アリスクローン地帯だったが、ここが元になっているんだな。
数は多いがその殆どは自機狙いの単発弾、ここは基本通りに敵弾をひきつけて大きく切り返すの繰り返しだ。
ワイドショットのおかげで殲滅にもさほど苦労しない。

それにしても・・・事前にキャラ紹介を見ていたとはいえ同じキャラクターが大量に出現、そして倒すたび次々と床に倒れていく・・・声がオフになっているとはいえすごい光景だ・・・。

ミスすることなく残1のままガラ婦人へ到達。
まずは婦人ののっている巨大な石像のアレス戦。
赤青紫3種の弾幕が同時にくるという、
プレアデスをさらに強力にしたみたいな攻撃である。

1ミスしつつも何とか気合とバリアでアレス撃破。
というかこいつもプレアデス同様に気合で攻めるしかないんじゃないのか?まぁこういうアドリブの多さがエスプレイドの面白さなのだが。

そしてようやく初めてガラ婦人戦に到達。
体力ゲージは5つ、すなわち5形態という事。
結論から言うと2形態目でゲームオーバーになりました。
第2形態でどでかい羽を広げていましたが、エスプガルーダでジャコウが広げていたのもあれだったんですね。

そうは言ってもエスプレイドとエスプガルーダの間にはこの2つくらいしか共通点は見つからないんですよね、思いっきり後付け臭いですし。ファンサービスみたいなものでしょうな。ゲーム内容もまるっきり別のゲームですし・・・。

ガラ婦人との対決で驚いたのは舞台と背景。
眼下に街の明かりが広がり粉雪の舞う夜空での空中決戦。
あまりにも美しいシチュエーション、久々に震えがきましたよ。そうだよ、ゲーム性だけじゃなくこういう演出もシューティングには大切なんだ。

夜景というのは「人工の自然な風景」であるとはよく言ったものである<誰が?(まぁゲームなので全部人工なのですけど)


ともかくようやく2回目のエクステンドも果たし、
ラスボスまで到達できました。後少し・・・と思いたいですが、ここからが長いんだろうなぁ・・・。
まず道中のミスを減らしていかに婦人まで残機を持っていくか、そしてばら撒き弾が多い中での基本的な弾避け能力の向上、この2つが重要でしょうな。

いろりでも到達できるようになりたいなぁ・・・。

FC2Ad