NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の雑記になるかどうかはわからない

結局3時から3時間だけ寝て、6時から洗濯してお汁粉作ってお茶飲んで出勤しました。まぁ普段人様よりもダラダラした生活をしているのだから、これくらいは・・・ね。

実を言えばいつもと違う仕事内容をいつもは見かけない人達とするのは刺激があって意外と悪くなかったりします。思っていたよりはるかにラクでしたし。といいますか夜は人少なすぎ。


ラジルギに引き続きアンダーディフィートもDCに移植決定だそうで。やっほーい。


昼頃に終わったので帰宅途中にゲーセンへ寄ってガルーダⅡをプレイ。5面縦穴終了直後ゲームーオーバーで一応新記録。
ところでエクステンドアイテムの在り処がサッパリわかりません。前作の流れからすると、おそらく今作も覚聖しなければ見つからない所に隠されているんじゃないかなと推測していますが。絶死界を使うという可能性もありますね。


タイトーメモリーズ上巻のメモリーカードデータが破損。
サイバリオンはようやく操作にも慣れてきてエクステンドするくらいになってきたし、奇々怪界も5面到達できるくらいになってきたというのに・・・。さすがにまた出現条件を満たすのはめんどいので素直に隠しコマンド使用で全タイトルを出現させる。これくらい許してくださいm(__)m

タイトーメモリーズポケットをゲームショップの店頭でちらほら見かけました。以前気になっていると書きましたが、改めて収録タイトルを見てみると別にいらないかという気がします。

だって殆どがPS2の上下巻とかぶりまくりですし。
4タイトルの2005バージョンがあるとはいえちとこれでは・・・。唯一かぶっていないタイトルが「レインボーアイランド・エクストラ」というのがまた非常にいやらしい。

一応説明しておきますと「レインボーアイランド」という作品が「バブルボブル」の続編で、このエクストラは名前の通りそのレインボーアイランドのバージョンアップ版です。
当然上下巻の発表があったときに収録される事を期待されていました。

でも私にとってこれだけではポケット購入の決定的な動機にはならないのですよ。なぜならメガドラ版「レインボーアイランド・エクストラ」を持っていますから。

あとは初回特典のメモリーズブックポケットくらいかな・・・ただ同じタイトルが多いだけに解説も同じような気がするんだよなぁ・・・。やっぱり今回は見送っておきます。
スポンサーサイト

最後だからといって何か変わるわけでもない

年が明けていないのに昨日から雑煮を作って食べています。
この時期は餅が安くてついたくさん買ってしまったので・・・。

さきほど午前2時にバイトが終わって帰宅して、次は午前7時半出勤です。これは寝るなという事ですか。ちなみに29日から3日まで毎日出勤です。わーい。

今週で今年も終わり

自堕落な生活リズムを元に戻すため、まずは部屋の掃除と洗濯を朝の7時から行うことに。いつものようにバケツで風呂の残り湯を汲むのだが、さすがにムチャクチャ冷たい。

そして部屋の角に設置してあったテレビラックを壁に沿って中央付近へ移動させた後、部屋全体を一通り掃除。

9時半を回ったのでまずは郵便局へ出かける。
ようやくNHKからの返金用の郵便振替払出証書が届いたので受け取りに行ったのだが年末という事で大混雑。
12人待ちという状況に我慢できず、受け取らずに郵便局を後にする。まぁ受け取るのはいつでも出来るさ。

次は銀行へお金を預けに行くが、22日に以上に混雑していた。おまけで来年のカレンダーを頂いた。
それにしても年末のためか午前中からまるで休日のようにどこもかしこも人手が多い。

その後はゲーセンでガルーダⅡを2回プレイするが2回とも4ボスまで。3面よりも2面終盤と2面ボスでよくミスする。

あとはいろいろ生活雑貨や食品など買い物をして昼頃帰宅。
カレーうどん(最近お気に入り)を食べていると、通販で注文しておいた「ジャッジメントシルバーソード」が届く。
以前から興味はあったもののプレミア価格で買うのはバカバカしくて見送っていたのだが、今回再販される事になったものだ。さすがに今すぐ遊びたいわけではないが、後々入手困難なのは明らかなので注文しておいたのだ。
それにしてもこういう企画はとてもありがたい。転売目的の輩が悔しがる姿が目に浮かぶ。

テレビの位置が変わったので、少し新鮮な気持ちでゲームのプレイ。あとは更新作業を少ししたりこうして文章を書いたりと穏やかな一日でした。

タイトーメモリーズ下巻

さて、上巻に引き続いて今度は下巻の感想を。
下巻収録タイトルは前回と同じく公式サイトを参照。

パッケージを開封すると上巻時には無かった紙が一枚入っており、各タイトルのロック解除条件に加えて、全タイトル解禁のコマンドが書かれていました。
よほど上巻の時にクレームがきたのでしょうな・・・。
結局隠した意味は何も無かったですね。だからはじめからロックなんかしなければ良かったというのに・・・。
結局自分のクビを絞めただけじゃないかタイトー・・・。

話を元に戻しましょう。下巻での私の目当ては「ガンフロンティア」「ミズバク大冒険」くらいです。それ以外にめぼしいタイトルは・・・ありません。上巻と比べると正直かなり見劣りするとしか言い様が無いです。
おまけに「レイストーム」と「Gダライアス」はPS版の移植ってそりゃないだろう・・・特にGダラは。

ミズバク大冒険との出会い・・・それは10年以上前にさかのぼる・・・。私は近所の駄菓子屋に置いてあったあるゲームをプレイしていました。タイトルこそ覚えていませんでしたが、カバみたいなキャラが水風船のような物を投げるアクションで、スパーランドのようなステージをプレイしていたのははっきりと覚えています。あれから月日は流れ、サターンマガジンに掲載されていた紹介記事で私はあのゲームが「ミズバク大冒険」というタイトルだという事を知りました。
そして今回タイトーメモリーズ下巻に収録される事を知り、これはぜひ買わねばと思ったのであります、まる。

ではまぁ前回と同じく個別に気になったタイトルなどを列挙。

ニュージーランドストーリー
風船から落ちてもミスにならないというのは気が楽ですな。
かわいいキャラも○。

ミズバク大冒険
思い出のゲームにやっと再開できた喜びで十分です。
それにしてもこれかなり長いですね。ステージセレクトもありますし。

Gダライアス
なんと!PS版の悩みであったボス前のBGMぶつ切り&処理落ちが解消されているではないか!PS版の移植だから期待していなかったのにこれはうれしい誤算。ただ処理落ちは全くしなくなっているので難易度も大幅アップ。


前回みたいにもっと多くのタイトルを挙げたいところですが、
これら以外に何度もプレイしたくなるようなタイトルは悲しいがなありませんでした。ガンフロンティアもねぇ・・・、きつすぎる。他にもワイルドウエスタン、ラスタンサーガ2、逆鱗弾、バイオレンスファイトなどなど今更やってどうするんだと・・・。売れ残りバーゲン品を寄せ集めたような印象が強すぎです。

メモリーズブック下巻は上巻と同じく興味深くて面白いんだけどねぇ。

結婚式の後は美術館

結婚式の披露宴終了、後はまた約2時間かけてアパートへ帰ればいいものを、その足で六本木にある森美術館へ。

実は前々から森美術館で開かれている「杉本博司展:時間の終わり」に興味があり、今回せっかく都心部まで足を伸ばしたという事でついでに行ってみることにしたのだ。

渋谷から地下鉄を乗り継いで六本木へ到着したのが午後9時。
チケット販売は9時半までなので何とか間に合いそうだ。

結論から言うと、なかなか面白かったです。

私が特に気になったのは、模型を使った写真の数々。
特筆すべきはクロマニョン人、シロクマ、ハゲワシなど被写体は全て模型=作り物であるという事。だがそれらは写真で見るとまるで本物を撮影したかのように見える。
他に精巧な人形をまるで肖像画のように撮影した写真もいくつかあり、それらもまるで本物の人間が写っているかのように見えた。

撮影している時はどう見ても偽物にしか見えないはずなのに、
写真で切り取ってみると、あたかも本物が存在していたかのように見える。

また建物を撮影した写真には「何十年も経って本物が朽ちたとしても写真の中の建物は当時と変わらないままである」といった風なコメントがついていた。

どうもこういう「瞬間を切り取って保存する」というところに他の芸術とは違った写真の妙という物があるんじゃないのかなという気がした。

少なくとも入場料分の価値はあったかな。
行きと違って帰りは都営大江戸線を利用して帰宅。
家に着いたのは午後11時30分、久々にいろいろな意味で長い一日でした。

結婚式に出席

何で今現在で午前3時半なんだ・・・。
いやこれは私が悪いわけではなく2時半まで残(略)

まぁいいや、どうせ明日は(も?)何も無いし。
では23日の出来事を振り返ってみることにしますか。


従姉妹の結婚式が行われる横浜の某ホテルまで午後1時半までに来るよう言われていたのだが目が覚めたのが既に12時過ぎという体たらく。急いでスーツやネクタイなど身支度を整え出発。西武線と山手線を乗り継ぎ、渋谷から東急東横線・みなとみらい線で終点の元町・中華街に到着。





中華街の入り口(出口?)

ちなみに時刻はこの時点で既に午後2時を過ぎており誰がどう見ても完全に遅刻である。そもそもこんな写真取ってる暇があったらさっさと式場へ行けばいいものを・・・。

まぁその数分後、つい駅前のゲーセン(2枚目の写真左側参照)に入ってしまった事は親戚には口が裂けても言えないのだが
しかしここはゲーセンというよりはまさにアミューズメントパークで設置されているのはメダルゲームやプライズゲームがほとんど。シューティングはおろか、ビデオゲーム自体ガンダムなどが10台ほど設置されているだけの全く魅力の無い空間であったので5分ほどで店を出た。

ホテルは駅のすぐ近くなので迷うことなく到着。
そのまま親類控え室へ直行すると、これから親類紹介みたいなのが始まるとの事。ギリギリ間に合ったようでよかった<良くない

親類紹介が済み、結婚式のため上階へ移動することに。
年の近い従姉妹といろいろ話しつつホテルの窓から山下公演や赤レンガ倉庫といった港周辺の景色を眺めていたのだが、これらの景色にどこか見覚えがあるような気がして少し考えてみたところピンときた。

そうだ、エスプレイドだ。エスプレイドのいろり面だ。

いろり面が実際にあったらきっとこんな光景なんだろうなという私の脳内イメージとぴったり一致するのだ。
オープニングのOLを助ける公園は山下公園で中ボスは氷川丸、
後半は赤レンガ倉庫周辺でボスは海上。
さらに4面の地下鉄はみなとみらい線であそこにプレアデスが配置されるわけだな!

という事はアレか、13年後の24日にはここにミサイルが振ってきてバリアを張ってOLを助けてほないきますで発進して夜には雪の降る上空でガラ婦人と(略)

・・・めでたい席でさえこんな妄想が止まらないのだから我ながら深刻なゲーム中毒だぜ!写真とっておけばよかった。

さてそんな妄想をしている間に結婚式が始まり席に座る。




皆が花嫁の晴れ姿を写真に収めているが、私の場合むしろ顔が映っていては困るのでこのようなカットに。
ちなみに花嫁と母親は式の間中ずっと泣いてました。そりゃ女手一つで育ててきた娘が嫁に行くのだから自然な事である。
ご両人ともお幸せに。

身内で次に結婚する可能性があるとすれば私の兄か、年上の従姉妹(先ほど話していた子の姉)くらいか・・・。
みんな子供だと思っていたのにやっぱ年をとっていくもんだねぇ・・・。高校や中学のクラスメイトでも既に結婚している人もいるんだろうな。もっとも私はそういう中学や高校の同窓会などには出席しない(これからも無いだろう)から知らないが。ああコミュニケーション不全。

あと披露宴で飯を食べたり、長たらしい祝辞や新郎の同僚によるお寒い出し物(もっともこういうのは基本的に内輪ものだから仕方が無い)があったりして、午後7時半に披露宴は滞りなく終了。

家族や親戚とは帰る方向が違うのでホテルでそのまま別れる。

起きた時にはあまりのだるさに欠席しようなどというダメ人間な考えでいたのだが、終わってみればやはり来て良かったと思った一日であった。・・・まだ終わらないんだけどね。

やる気が出ない

あーぁー・・・なんだか頭に力が入らない。
結婚式行って来たこととか美術館行って来た事とかタイトーメモリーズ下巻の感想とかいろいろ書こうと思っているのだが。
思考能力低下中。

ここ最近正午過ぎに起きるような生活をしているせいかもしれないなぁ。正月までには元に戻したい。

何かいろいろ

銀行へ給料を引き落としに行くが、給料日+明日から3連休+クリスマス間近というトリプルコンボのため午前中からATMには順番待ちの行列が。ATMが10台あるとはいえそれでも30人くらいは並んでいたんじゃないかな。

先月は諸般の事情でほとんどバイト代がもらえなかったので、
実質約50日目にして初給料である。遅っ。

早速PSPを購入・・・といきたいところだが、さすがにPS2を買ったばかりでそちらのソフトもいろいろ欲しいのでまだお預け。とりあえず1万円だけ引き出す。

そして「タイトーメモリーズ下巻」を購入。もちろん初回特典のタイトーメモリーズブック下巻付きのである。更にブックオフにてドリームキャストが完品で2000円だったのでつい再購入してしまう。またこれでゲーム機が増えてしまった・・・。
ソフトのラインナップ的にメインハードとなることはなさそうだが、まっ持っておいて損は無いだろう。
ラジルギも移植されることだしね。


ガルーダⅡ順番待ちの間に「旋光の輪舞」を初めてプレイしてみる。何となく敬遠していたのだが食わず嫌いをするよりもとりあえず食べてみて、もしマズければ吐き出せばよいと思ったからだ。少なくとも見た目で食えない(=プレイに拒絶反応が起こる)わけではなさそう。

CPU戦の3戦目でゲームオーバー。
うーんと・・・、シューティングのように細かい回避を重視しつつ遠距離からチクチク攻撃するのと、それともダッシュで動き回って接近戦を挑むのと、どっちの方が有効な戦法なのだろうか?ダッシュが気持ちよかったので走り回っていたのだが、それだと敵の必殺技っぽいのをあまり回避できないようだし・・・。

背景や自機などからはかなりクールというか機械的な雰囲気を受けるのだが、それだけにボム発動時(?)のキャラクターのカットインには浮いた印象を受ける。デモや他人のプレイを見て何となく敬遠していた理由はここっぽい。

ガルーダⅡは2回やって2回とも4面途中まで。
やっぱりムズイです。


明日は従姉妹の結婚式に出席するため横浜まで行く予定。
気は乗らないが仕方ない。親戚に会うのが一番きつい。

ガルーダ2メモ

今回は3回プレイ。とりあえずアゲハ以外の他の2キャラ(タテハとアサギ)も使ってみたものの結局アゲハの4面が最高でした。以下何となしに各キャラごとの印象をば。

・アゲハ
通常時・覚聖時共に火力は十分。攻撃範囲が狭いのがやや辛いが移動速度は最速なのでそれでカバーできる・・・気がする。少なくとも5面までは。人によってはボス戦では細かい避けがしづらいと思われる。

・タテハ
ワイドショットタイプのため道中のザコ戦は割とラクだが中型機やボスなどでは覚聖しないと火力不足。移動速度の遅さもネックか。個人的にはこの中途半端さで一番辛いキャラではないかと思われる。

・アサギ
通常時の火力は3人中もっとも低く、動きも遅い。
だが逆に覚聖時は他の2人と比べてずば抜けて強く、
特にロックオン性能も備わったレイピアは反則的な威力。
いかに覚聖状態を保てるか(=精霊石を稼げるか)が重要だろう。そこさえクリアできればおそらく最強。


各キャラの印象はそんなところです。
私はやっぱりアゲハで進めるつもりです。
怒首領蜂でも虫姫でもワイドショットタイプを選び、
エスプレイドでは祐介だけがうまく扱えなかった私ですが、
ガルーダは高速・前方集中のアゲハの方が使いやすかったりするのが不思議。覚聖のおかげ?

あと気が付いたのですが、(どのキャラでも)覚聖状態を解除すると精霊石が一気に減りますね(30くらい)。
中型機破壊の時やボス戦でちょくちょく覚聖→解除としていたので、精霊石が足りないと感じた一番の原因はこれだと思います。

ポケモンクリスマスブーツ

題名でまたポケモン云々についてのネガティブ妄想かと思われるかもしれませんが中身は全然関係ないです。

バイト先の店長にミスの埋め合わせとしてクリスマス関連の商品を買ったら許してやると言われる。
一応断っておくと私はこの日ミスしたわけではないし、他の人も買ってくれと言われていた。要するにそういうクリスマス関連のものは時期が過ぎると捌けないので君らも協力してくれと言う半分ジョーク半分強制みたいな物である。

断固拒否するのも人間関係上あまりよろしくないので、
何か買うことに。3000円のケーキなどは絶対嫌なので多少不満を言いつつなるべく安い方へ安い方へと持っていく。

結局1000円でお菓子がいくつか詰まったクリスマスブーツで妥協。ディズニーやらドラえもんなどいろいろなキャラクターもののブーツがあったが、ハイレモンが見えたのでポケモンのブーツを選択。これはひょっとして現物支給って事なのだろうか。




うるさいうるさいうるさい!
これはクリスマスの時期に親が小さい子供に買ってあげるもので、独り者の二十歳越えた男が買うもんじゃないとか言うな!
選択肢が無かったんだよ・・・。

このままだと何か勿体無いので中身の検証でもしてみますか。




で中に入っていたお菓子を全て出してみました。

ハイレモン:100円
アポロ:100円
キャンディー5個:50円
シュー菓子:30円
スナック菓子:100円  

以上。どう高く見積もっても400円もいかないよな・・・。

それとポケモンのホログラフ名札みたいのがあったのですが。これも50円もしないよな・・・。あとブーツ本体だって高くとも100円くらいだろう。
結論、どう贔屓目に見ても550円が限界。
というわけでもし小さいお子さんにこういうクリスマスブーツのお菓子詰め合わせを買おうと思っている人はその辺りをよく熟慮して購入しましょうね♪

ところで当然のように(株)ポケモンや任天堂の名前がコピーライトとして記されていたのですが、これ一個でいくらくらい入るんでしょうかね?<考えがいやらしい

タイトーメモリーズ上巻その3

ようやくロックも全て外れたのでここからは収録されている各タイトルについて良かったもの悪かったものなどの感想をいくつか。さすがに全部は書きませんけど。

好印象の作品

フェアリーランドストーリー
バブルボブルやドンドコドンのような「敵を行動不能にしたあともう1アクション加えて倒す」「まとめて敵を倒すと高得点」といったタイトー固定画面ジャンプアクションの基本ルールは既にここで完成していたのですな。

マジェスティックトゥエルブ
どうせまたインベーターの焼き直しだろと思っていたらこれが意外や意外。アイテムでインベーターを一掃出来たり、普通のシューティングのようなボス戦があったりと趣向が凝らしてあってなかなか面白い。ボーナスステージのキャトルミューティレーションもかなりイカしてます。牛をさらっていくなー!

クレオパトラフォーチュン
これはまぁ期待していたので予想通りといえばそうなのですが。ルールも単純で一人で遊ぶモードがメインなのですが、ついつい遊んでしまいます。後BGMもかなりグー。クリアはあるのかしら?

ちょっと・・・な作品

嗚呼栄光の甲子園
スポーツゲームとしても中途半端。3回ごとにクレジットが必要なシステムは家庭用ならまだしもアーケードで受けるわけ無いだろ。

グリッドシーカー
一部の敵弾を吸収してボムに変換出来るシステムはいいと思うのだが、それ以外の吸収できない攻撃や敵の動きがいやらしい。横画面なので見づらいのもネック。背景のスクロールと音楽はいいと思うのだが・・・。

スペースインベーダーDX
今までに出たインベーダーの単なる寄せ集め。
MJ12とは好対照。舐めんな。

その他気になった作品

功里金団(くりきんとん)
開発者解説によると「ドラゴンボール」と「北斗の拳」の雰囲気を合わせて作ったというとんでもないアクション。
バカゲーっぽい上に難易度も無茶苦茶高いが、なぜかついプレイしてしまう。オーラを纏うのがカッコいいぜ、功里金団!
必殺のグー・チョキ・波もタメ時間が長すぎてイマイチだ!

サイバリオン・キャメルトライ・プチカラット
この3つはアーケードでの操作系統がトラックボールやパドルだったため、コントローラーではやや辛い。特にサイバリオンはスピードがつきすぎて・・・。


気になったところではこんなところです。やっぱり全体的に難易度高いですね。もっとも全てゲーセンで稼動していたゲームですからそう簡単にクリアできるとは思えませんし、それに当時はクリアよりも1コインでいかに長く遊べるかが重要だったのではないでしょうか。

これで上巻についての感想は一応終わりです
奇々怪界とプリルラは何とか1コインでクリアしたいと思っているのですが無理っぽいかな・・・。

タイトーメモリーズ上巻その2

クレオパトラフォーチュンに地味にハマリ中。なるほどこいつがごく一部に熱狂的ファンを持つパトラ子か・・・。オープニングのクレオパトラ(?)とは同一キャラなのか?

とりあえず最初から遊べる全てのゲームを一通りプレイ。
で、一部のゲームで微妙に入力が遅れていたり、BGMやSEがちょっとずれてたりする気がします。
何というんでしょうかね、ゲーセンでたまに置いてある100in1みたいな筐体、あれでプレイしているような感覚が全体的にあります。ひょっとしてエミュって奴でしょうかね。

別にそこに文句は言う気はないです。
変な移植になるよりかはよほどマシでしょうし。

問題は縦画面が用意されてない、横画面の壁紙が変更不可、初期設定でオートセーブになっていない、サウンドテストが無い(これ重要)、ロックの存在などそういう細かい部分である。あと連射装置はぜひつけておいて欲しかった。(特にダラ外は連射の有無で難易度が劇的に違うので)
そういうところがタイトーらしい気がするんですけど、もう少し気を使ってくれてもよかったのではないかと。
収録されているゲームの本数および性質上、他のゲームの合間に取り出して遊ぶ事も多そうなだけにねぇ・・・。

収録タイトルのチョイスについては下巻の時にまとめて書きたいと思います。

なお初回特典の「タイトーメモリーズブック上巻」には収録されているタイトルの当時のポスターの写真やゲームシステム、開発者の解説、当時のタイトーに関するおまけコラムなどが載っていました。
資料性が高いだけでなく読み物としても非常に面白いです。

よく考えると

家でどてらを着て布団に潜りつつ寒さに耐えながらゲームをしているより、どこか暖房設備がある所にでかけたほうがいいんじゃないかと思ったので図書館へ。ここなら近場でそこそこ暖かい。おまけに無料で新聞や雑誌も読める。
適当に新聞を何紙か読んで世間の情報を収集しつつ、
パソコンゲーム雑誌のLOGINなんぞも手に取ってみる。
一通りページをめくってみるが全然ついていけん。
どれもこれも3Dもしくはオンラインで似たようなものばっかりだなと思うが、それは私が全然知らないからでそっちの方面に詳しい人からすると一つ一つ細かい差異があるのだろう。(と思う)

帰りにゲーセンへ寄ってエスプガルーダⅡを1回だけプレイ。
5面の縦穴地帯?でゲームオーバー。
2回目で5面という結果だけ見れば簡単そうに思われるが、
プレイ中楽だと感じたシーンはほとんど無かった。
3面道中と4面道中のザコ敵は動きが速い上に打ち返し弾も出す
のでなるべく大きく動いてスペースを作り、ボス戦では逆にコンコンと避ける動作を中心にしていたのが良かったのだと思う。3面ボスで左右から挟まれるような攻撃が来た時はかなり焦ったが。

あとアレだ、どうも道中の弾がガルーダ、虫姫マニアックと比べて速いようである。これが前回きつそうと感じた原因だ。

ちなみに絶死界はやっぱり怖くて1面で1回使っただけでした。それでもスコアは約3000万。という事は絶死界を使わずとも普通に中型機やボスで錬金していけば2回目のエクステンドである3500万には到達しそうですね。

どうでもいい事だが2面中ボス&4面ボスが形態変化するたびに「ウヮッハハハ」とうるさい。

気温も懐も寒い

おばさん、深夜0時を過ぎているのだから赤ん坊を抱いて店に来るのは良くないと思うぞ。泣かないようにあやすとか商品をいじくらないようにするとかそれ以前に赤ちゃんの健康面で・・・。いや、もしかしたら車に残していくのが不安だったからとかいうのも考えられるか・・・。んーでもそもそもこんな時間に赤ん坊連れて外出するか?場所が場所だけに旅行の途中に寄ったとかまずありえないしな。何かひっかかるなぁ。


現在の手持ちは300円だが、
出来る事ならこれで22日まで乗り切りたい。
食料は買い置きしてある分で何とか持つだろう。
17日から19日にかけて今年一番の寒波がやってくるそうなのでなるべく出かけず家でゲームでもしていよう。ゲーセンに行ったとしても手がかじかんで思うようにプレイできないだろうし。とりあえず2尾あるサンマをさばいて1尾は今日の夕食、もう1尾は冷凍保存して2~3日後に食べよう。そういや米も残り少なかったなー。

それにしてもホントに寒い。室温6度。なるべくエアコンはつけたくないので、どてらを羽織って今これを書いている(午前3時)が手だけはどうにもならない。手袋をしたままじゃキーボードもコントローラーもちゃんと操作できないしなぁ。

タイトーメモリーズ上巻その1

DVD-ROMも読み込めるようになったので、これで3ヶ月前に購入したタイトーメモリーズ上巻がようやくプレイできる。(DVD-ROMでした)
前回これからPS2のソフトを堪能すると書いておきながら、いきなりレトロゲームの詰め合わせパックじゃねーか!というツッコミは置いといて・・・。

25本の収録タイトルは列挙するのが面倒なので公式サイトを参照。

私の目当ては「バブルボブル」「サイバリオン」「クレオパトラフォーチュン」である。シューターには「メタルブラック」や「ダライアス外伝」が気になるところだろうが、その2つは所持しているサターン版の出来がとても良いので別に期待していない。「プリルラ」もプレステ版でまぁ満足しているので。
「サイバリオン」はSFC版を持っているのだが、なぜか音楽がYack.ではなくすぎやまこういちになっているので満足していない。

最低1つは遊びたいタイトルがあるかタイトーに思い入れのある人以外は買わないのが無難でしょうな。
知らない人が見ても古臭いゲームがたくさんあるくらいにしか思われないでしょうし。メインターゲットは20代後半~30代以上で昔ゲーセンで遊んだ事のある層ってとこか。

さすがに25本全部を楽しめるとは思っていませんが、
目的のタイトル以外にも意外なめっけもんがあればいいなと思っています。何より1本辺り200円(5000円÷25)というのを考えれば格安すぎですし。
「メタルブラック」「エレベーターアクションリターンズ」「クレオパトラフォーチュン」なんかは通販でも軒並み高値安定なのでこれらのために買うのも十分ありでしょう。


長い前置きはそろそろにしてゲームを起動。
あれ?PS用のコントローラーでも普通に動くぞ。まぁいいや。

ゲーム選択画面に移り、早速バブルボブルからプレイしてみようかと思ったところ選択できない。

「メタルブラック」「サイバリオン」「キャメルトライ」「奇々怪界」「バブルボブル」の5タイトルは、
ゲームをはじめて起動した時には遊ぶことができません。
色々なゲームをプレイした時間によって、それぞれの条件をクリアしていくとプレイできるようになっています。


そうか、これか・・・。こんなとてもお得なソフトを発売してくれたタイトーには感謝しているさ。それでも敢えて言わせてもらいましょう。

バカじゃないの!?タイトー!

何でこんな事するの!?
これのおかしいところは「一定の条件を満たすと隠し要素が現れる」ではなく「一定の条件を満たさないと通常要素がプレイできない」という事。少なくともパッケージには書いてない。
しかもロックされているタイトルがいかにも人気のありそうなところばかり・・・。

もっとも条件自体はそれほど複雑でもないし、ロック解除のコマンドも公開されているが、はっきり言ってそんなことするくらいならはじめからロックするなという話だ。
発売日に買ってプレイした人は怒っただろうなぁ・・・。

まぁどうせ一通りのタイトルは遊ぶつもりでしたし、急ぐ事も無いのでいろいろなタイトルをプレイしてみましょうか。
そのうちロックも外れるでしょう。

よみがえれPS2

~前回のあらすじ~
ハードオフのジャンクコーナーにてPS2本体のみを5000円で購入するもそれはDVDメディアの読み込めない代物であった。PS2ソフトを満足に遊ぶ事が出来ない。ジャンク品なので返品など当然できず後悔するも時既に遅し。さてどうしたものか・・・。


さすがに2回目だと筆が早いね
例のブツ

これが件のジャンクPS2である。
ディスクが読み込めないという事で修理を依頼した場合、
リペアマスターなら2100(基本料金)+2100(読み込み不良修理)=4200円+α(別途クリーニング代や送料など)SONYのサポートセンターだとどれくらいはわからないが、少なくとも5000円以上はするだろうな・・・。

いずれにせよこれでは安く買った意味が全く無い。
それどころか型番や付属品が無い事を考えると高いくらいだ。

何とかならないものだろうかとネットで情報検索していたところこういったページが。

SONY PS2 SCPH10000修復
プレステ2の修理

確かに私のも起動はするがディスクを読み込めないという状態だ。それにSCPH15000と型番は違うが、基本的な構造はどうやら同じらしい。機械いじりは全くといっていいほどしないのでさらに壊してしまわないか不安だが、試してみる価値はありそうだ。修理を依頼するのはそれからでも遅くはない。

金属板

まず本体を裏返しネジを外して裏蓋を取り外すと金属板が。これも外す。

基板みたい

すると基板のような物が出てくる。私のはDVDが読み込めないので右下にあるDVDドライブのフラットケーブルを抜き一旦そのままに。

右がドライブ

今度は表の蓋を外す。右側がドライブ部分なのでそちらを取り外し、ネジを外して蓋を開ける。中にあるレンズを綿棒を使いコンポ用のクリーニング液で慎重にクリーニングする。

出力調整

そしてドライブ部を裏返し、レーザーの出力を調整する。わかりにくいが白丸で囲んだところに出力調整つまみがある。つまみはCD用とDVD用の2種類なのでDVD用のを時計回りに2ミリほど動かす。これでレーザーの出力が上がるそうだ。

読み込み不良のほとんどはレンズの汚れかレーザーの出力不足が原因らしいが、果たしてこれで直ったのだろうか?


元通りに組み立て、電源を付けると無事起動した。
よかった、とりあえず壊してはいないようだ。
そして恐る恐るWA3のディスクをトレイに乗せて挿入してみる。前はこの後読み込んでくれなかったが・・・。

すると・・・


読み込み成功!


OK!やったぁ!


わかりにくいがWA3の警告画面。メモリカードが差さっていないだけである。ただ差しこまれているPSのコントローラーでは認識してくれないらしく、カーソルが動かせない。こればかりは仕方がないのでデュアルショック2を買わねばならないか(苦笑)持ち心地がどうも気に食わないんだよなぁ・・・。しかし仮にデュアルショック2が3000円だとしても本体と合わせて8000円なら安い物だ。

せっかく分解したので先ほどの綿棒とクリーニング液を使って内部を綺麗に掃除する。トレイ部も汚れが溜まって動きが鈍くなっていたのでここも掃除してやると滑らかに動くように。ファンもほこりを除去。表面は水だけでOKのスポンジで磨き、隙間は綿棒で汚れを取る。最後にクリーニング液を薄く塗って完了。新品同様・・・というわけには当然いくまいが見た目的にも精神衛生的にも大変よろしい。
ところで私の場合も組み立てる時ネジが一本余ってしまったのだが、一体どこで・・・?まぁ支障はなさそうだが。

青木新人王おめでとう
付属品は全部PS1の流用

ちなみにメモリーカードは以前持っていたもの、それ以外の周辺機器は全てPSの流用である。コントローラーに至ってはロングコードですらない最初期型である。


見事に修理完了!よしっ!
修理に出す必要が無くなって、最終的にはPS2を安く入手できたという事は大きい。
だがそれよりも自分で修理できたという事が一番うれしい。
掃除もしたことであるし、愛着も沸いてきたぞ。
参考にさせていただいたサイトには感謝せねば。

なおゲームはできるようになったが、DVDビデオの方は相変わらず再生できず。といってもこれは前書いたようにプレイヤーのデータが無いからであって読み込めないわけではない。
それにもともとDVDやビデオ、さらにテレビさえ見ることがほとんどないのでたいした支障はない。

何にせよこれで全てのPS2ソフトがきちんと遊べるようになった。これからはPS2のソフトも存分に堪能するぞー、いやっほー♪

あーもう

1時間半かけて書いた内容を送信したところ「セッションの保存期間~~再度ログインしてください」という表示が出たのでログインすると、送信した内容が全部消えていた。

はぁ~・・・コピーしておくんだった・・・。
もういいや。また明日書こう。

いい買い物or安物買いの銭失い?

PS2の相場&掘り出し物チェックのために郊外のハードオフへ。

ジャンクコーナーを漁っていたところかなり状態の良いメガドライブ(200円)を発見したので2代目用としてキープ。
いくつかのサターンの40円というあまりにもな値段に少し悲しみを覚えつつ探索を続けていると、他のサターンとは趣の違うサターンを発見。本体に刻まれた「V」の文字と蓄音機の犬のロゴ、こっ、これはVサターンじゃないか!

解説しよう!Vサターンとはビクターから発売されたセガサターンの互換機である。ちなみにセガサターンとの違いは起動時のロゴくらいで性能は同じ。

100円だったのでキープしておこう。

さて肝心のPS2の値段なのだが、ジャンクコーナーにある箱説なしの動作確認済みの物でも約1万円といったところ。
もちろん安ければ安いほどありがたいが、さすがに動かない物を買っては元も子もないからなぁ・・・。

そんな中ジャンクコーナーの片隅に本体のみで5千円という破格のPS2本体を発見、型番はSCPH15000。値札に「ゲーム起動できました」と書かれているではないか。

よしっ、こいつだ!

先ほどのメガドラやVサターンと一緒にPS2を持ってレジへ。
すると店員が「こちらは初期型でメモリーカードにDVD再生プログラムが記録されていないとDVDは起動できませんがよろしいですか?」と言われる。そういえば昔そんな記事を見た気がする。18000以降は内蔵されて不要になったとか。

ちと悩むがとにかく購入。

早速家に帰って起動テスト開始。
うむ、電源は付くな。
するとディスクを入れた覚えは無いはずなのにプレイステーションのロゴが表示され読み込みに入る。何事かと思っている画面には「みんなのGOLF2」というタイトルが。
前の持ち主が売る時に抜き忘れていたのかよ!これはつまりハードオフの店員もチェックしていないという事でもある。
一応ソフトだけだが「みんゴル2」ゲット。

PSのソフトは動く事は確認できたので続いてはPS2ソフトの動作確認に。以前購入した「実況パワフルプロ野球7」と「ワイルドアームズ3」があったのでソフトを入れてみる。
パワプロ7は何も問題もなく起動、CPU戦も普通に出来た。
ところがWA3の方は何度やっても読み込みが出来ず、本体の設定画面から一向に進めない。またDVDも試してみたのだがこれもやはり読み込めない。

パワプロ7はCD-ROMでWA3はDVD-ROM、つまりCDメディアの読み込みは出来るがDVDメディアの読み込みはできないという事か。

これは厳しい。PS2のソフトの何割がDVD-ROMなのかはわからないが、容量を考えるとCD-ROMソフトの方が少ない気がするし。
(実際パワプロ7は2000年発売)エスプガルーダや虫姫さまはDVD-ROMなのでプレイ不可という事に・・・。タイトーメモリーズはどっちだったかなぁ・・・。
参考リンク:GAMES EDEN ゲーム雑学 ソフトのメディア


おそらく前の持ち主もDVD-ROMのゲームが出来なくなったのでジャンク扱いで処分したのだろう。

うーん・・・これはどうしたものか・・・。
PS2がありながらPS2のソフトが全て遊べる訳では無いとは。やっぱり値段につられてジャンク品なんて買わずにお金が入ってから素直にきちんとした物を買えばよかったのだろうか・・・。

いろいろメモみたいなもの

バイト代がもらえたらまずPS2を再購入しようと検討中。
一番新しい薄型のモデルで新品だと18000円前後、初期型(SCPH10000や30000あたり)の中古なら12000~13000円位が相場か・・・。うーん・・・ちょっと郊外のハードオフに行ってどんなものかチェックしてこよう。
ただ我が家ではスーファミ・メガドラ・プレステ・サターンの四天王が現役バリバリで遊ぶ予定のソフトもたんまりあるのでPS2はまだ買わないという手もあるのだが。


「キッチンぱにっく」とりあえずクリア。
序盤はパーフェクトを狙うと難しいテクニックを要求されましたが、終盤ともなるとパーフェクトに関係なくキツイです。
このゲームの悪い点は複数のアクションを連続して決めなければいけない場面が多いことと、そこでの失敗が即ミスにつながるという事です。
またトップスピンとバックスピンの2種類のスピンがあるのですが、これらのコマンドは空中で↑または↓を入れるだけなので非常に暴発しやすいという事。キャンセル方法が無く、特にジャンプで足場を渡っていくような状況で暴発してしまうとそのままミスにつながる事もしばしば。
さすがにクリアする頃には慣れましたが、序盤から中盤はこれに悩まされました。

この2点さえ除けばあとは遊び応え抜群の良作でした。
PSの2Dアクションでは「海腹川背・旬」と同じくらい高く評価しています。

たまにこういう当たりがあるから止められないぜ。

まだ半分ほどパーフェクトを取っていないステージがあるのでこれからはそっちにチャレンジするつもりです。
ちなみにエンディングは皆をおとなしくさせたポテトがジャガイモの箱に戻るだけというあってないようなものでした。その辺のあっさり具合は海腹川背に通ずるものがあるかも。


「プロギアの嵐」メモ。

組み合わせはボルトとネイルで(B-β)
ガンナーモードは自動ロックオン、よってWショットタイプのリングではなく正面ショット&高速移動のボルトを選択。
前方はファイターモード、上下及び後方はガンナーモードで対処していくのがよさそう。
3面ボスが4形態もあって強い。細かい弾避けよりもまずは大きく避ける事を重視。
何気にボスの体力メーターが無いのが困る。

ファミ通12月23日号の感想など

数ヶ月ぶりにファミ通を買って読んでみる。基本的に私の望むゲームの記事などあるはずが無いのでチェックするのは発売日のスケジュールと一部のコラムぐらいであるのだが。

ゲーム帝国がいつの間にか無くなっていますな。
これも時代の流れなのか・・・。

EXITとKARAKURIがそれぞれゴールドとシルバー殿堂ですか。
クロスレビューについて取り上げるのはあまりにも今更なのでやめますが、それでもやっぱり自分の気になるタイトルが高評価だと悪い気はしないですな。メーカーの人でも何でもないのにね。

あとは伊集院光氏、桜井氏、植松氏といった人たちのコラムくらいしか私が楽しめる物は・・・おっ、「魂の叫び」でシューティングネタが出ていますな。
ボムを使わない事を美学としていたあるプレイヤーが、ボムを使う事を決意したにも関わらず、普段ボムを使っていないため指をどう動かしていいかわからずに結局いつもと同じところでミス。そこで友人に「お前はいつもボムを抱えて死ぬな」。うーん、光景が目に浮かぶなぁ・・・。

それにしてもテレコマン永田こと永田ソフト、本名永田泰大さんの文章は相変わらずだ。ネタ自体は読者からの投稿なのだが、それを自分流にうまく料理して仕上げてるなぁ。永田さんの文章は読んでてスムーズに入ってくる、何というか「柔らかい文章」という感じがします。
私にとっては文章を書く上で見習いたい所がたくさんある方だ。


「キッチンぱにっく」相変わらずプレイ中。というかここ1週間ほど家でプレイしているタイトルはこれしかありません。
舞台が夜のキッチンだとか、主人公がポテトだとか、ポテトのくせにスピンが得意だとか、そもそもゲームの目的が何なのかすら今ひとつわかっていませんが、そんなことは関係なしに面白いです。ただクリアするだけならそこそこの難しさですが、
アイテムの配置が一癖も二癖もあり全部集めてパーフェクトを取ろうとするとかなりのテクニックが必要になって歯ごたえ抜群です。全6ワールド中今のところワールド4までクリア。
パーフェクトを取る必要はなくともついつい取りたくなってしまうのがはまっている証拠。

ガルーダⅡに触れてみた

エスプレイド撤去のショックを引きずりつつ、
帰りに近所のゲーセンで誰も座っていないのを確認してエスプガルーダⅡをプレイしてみる。

他にやりたい人が来る事も考えられるので1回だけプレイしたのだが、3面中ボスで終了。使用キャラはアゲハ。

でちょこっと触れた感想なのですが、CAVEシューティングをある程度プレイしていて、かつ前作ガルーダの難易度では物足りなかった人向けって印象でしょうか。
初心者向けって感じはあまりしないですね。

2面中盤から覚聖→聖霊石がすぐ0に→解除の繰り返しで
かなりいっぱいいっぱいだったのですが、これは単純に敵配置などを知らないからでしょうかね。

あとステージ開始から中ボス→ボスまで、つまり1ステージがかなり短いように感じました。最初だからそう感じただけかも。

エスプレイド日記15(最終回?)

題名にもありますように今回でエスプレイドのプレイ日記は一時中断します。

なぜかというと、
やっとガラ婦人を倒して1コインクリアできたから!









・・・ではなく(ああっ、許して)・・・・、







エスプレイドが撤去されたから。



しかも代わりに設置されたのがよりによってエスプガルーダ1ってのはどういうことだ!もうガルーダ1はいいよ!
ガルーダ2ならまだ納得できるのに。だいたいガルーダ1はPS2にも移植されてるじゃないか・・・。

しかも池袋GIGOの方のエスプレイドも撤去されているようで、
これで私のゲーセンテリトリーからエスプレイドが一気になくなってしまったという事になります。ガガーン。

いちいち秋葉原の、しかもプレイ環境がかなり悪いところまで
行ってプレイするなど無理だ・・・。

もういろりにもJ-Bにもガラ婦人にもプレアデスにもあとバレー部にも会えないし、あの燃えるボス戦の曲も聴けないのか・・・。

私以外にプレイしてる人がほとんどいなかったからかねぇ・・・。でも一緒に入ってるストライカーズ1945Ⅱとインカムは共有のはずだから責任はあっちにもあるはず・・・。
でもでもストライカーズは昼休みの会社員の人とかが気軽にプレイするのにも向いてるからなぁ・・・。

ああああああぁぁぁぁぁぁ・・・。
せめてクリアするまでもう少し待って欲しかった・・・・。

横+CAVE=プロギアの嵐

今日は近場のゲーセンへ。
クレジットにメダルを投入するタイプのゲーセンなので(メダルじゃなくてトークンっていうのだったかな?)メダルを数枚購入してエスプガルーダ1をプレイしたところ、以前は残0でギリギリクリアだったのだが今回は残2でクリア。シューターからすれば簡単だのなんだのといわれているが、やっぱりクリアできた時はうれしいものである。ちなみにスコアだが特に稼ぎなどする余裕など無いので2500万。エスプレイドの方も早くクリアしたいものだ。いや、その前にガラ婦人最終形態にたどり着かねば・・・。

それはそうとして、余ったメダルはどうしようか。虫姫さまも設置されているのだが、マニアックモードは正直息苦しくてやる気が起こらない。とそこで目に付いたのが
「プロギアの嵐」

そういえば1回だけプレイした事はあったがさっぱり理解できずにそれ以降さっぱりだったなぁと思い、せっかくなのでメダル投入。

パイロットとガンナーはリングとチェーンを選択。
「大切なものを守るために今度は僕たちが立ち上がる番だ!」
んー、このオープニングは「よし!やってやるぜ」という気にさせてくれるなぁ。

でまぁオチから言うと3面ボスで終了。
縦と比べて弾が極端に避けにくいってことはないのですが、
地形ありの横シューティングをよくやっているせいか、
画面上下の端に近づくのがどうも抵抗があります。

ファイターモードとガンナーモードの使い分けや爆発に巻き込むと敵弾が得点アイテムに変わるとか基本的なシステムはわかるのだが、相変わらず理解しにくい点が多すぎる。
特に得点アイテムが宝石と指輪の2タイプ、さらにその種類もいくつかあるのだがそれらの発生条件がよくわからない。
んで、ステージクリア時にガンナーの好感度がいくつか上がるのだがこれも何の効果があるのかサッパリである。
そもそも愛情度とかどうやって上げるのか見当すらが付かん。

とりあえず近場で安いですし、これからも気が向いたらちょくちょくプレイしてみようかと思っております。

1人暮らしの家訪ねてくる9割は勧誘か集金だ

新聞の拡張員がきたので適当に相手をしていたところ、
「こんなサービスするのに何がそんなに不満なの?」などとのたまわった挙句、最後にはあからさまに不満な顔をして門も閉めずに帰っていった。

頼んでもいないのに人の家に勝手に押しかけたあげく、
何で私が不愉快な思いをしなくてはいけないのだろうか。
だいたい必要なものや欲しい物なら自分から探しにいくだろうが。押し付けられた物なんか要るか。

地元に居た頃はそういう勧誘などが来る事などほとんどなく、
誰か尋ねてきたら玄関を開けて応対していた。
そのためか東京に来てからもそういう風にしていたのだが、
出なくとも一切不都合の無いものしかなかったような気がする。宅配便や宅急便の場合はきちんと「○○ですが、お届けにあがりました」という風に言ってくれるし、気付かなかった場合でも不在通知がポストに入っている。
知り合いの場合は事前に連絡してもらうとか、普通に呼び鈴を鳴らした後名前を言えばすぐに気付く。

何も言わずに呼び鈴だけ押して玄関を開けるのを待っているような人達は身分が知られると都合の悪い人たちばかりだ。

これまで新聞だろうと宗教だろうと生協だろうと全て断ってきたのだが、よくよく考えればそんな奴らと話をする必要など微塵もありはしない。これからは基本的には無視で、台所に居る時はドア越しで絶対顔をあわせないようにしよう。


NHKから放送受信機廃止届けが届いたので、
早速必要事項を記入して明日ポストに投函しよう。
返金の方はいつになったらくるのかしら。


PSのアクションゲーム「キッチンぱにっく」プレイ中。
スピンを利用したアクションが使いこなせるようになってくるとかなり面白い。
コミカルなキャラと丁寧な作りで良作の予感。

エスプレイド日記14

昨日1回しかプレイしなかったので今日もプレイしに行ったのだが、これが大失敗だった。
というのも今日はテスト期間中のためか午前中だというのに電車内でも街中でも高校生と思わしき制服の連中がやたら多く、当然ゲーセン内にもたくさんいたのだ。

しかもさらに悪い事にエスプレイドと向かい合って「機動戦士ガンダムDX」だかが設置されており、そこでは常に4・5人の高校生達が仲間内で騒ぎ立てていたのだ。

だぁぁぁあああああーーーー、うるさーーーーい!!
背中にぶつかるんじゃないーーーー!!!

ただでさえシューティングをプレイ中は集中したいというのに、そのくせガンダムというものにこれっぽっちも興味がない私からしたら迷惑極まりない。

「機動戦士ガンダム」?ロボット同士の撃ち合い?なんだそれは!?
こちとら相手は「装甲人形(パンツァードール)プレアデス」だ!しかも自機はバレー部のユニフォームの奴と黒タイツのロシア少年と京都弁のデコ少女だぞ!いつまで経っても安定しないがそれが面白いんだよ!こっちの方がはるかに燃えるんだよ!

はぁはぁ・・・ガンダムに文句を言っても仕方がない・・・。
悪いのは騒ぎ立てる制服連中と、私の集中力不足だ。
それにもしあっちから見れば大量の弾を避けてるだけのつまんないゲームにしか見えないんだろうなぁ。
だいたい巨大人型機動兵器対ESP者の方が普通に考えれば異様なシチュエーションだし・・・。

そんなこんなで今日は3回やって最高はアレス戦まで。
今週中はたぶんずっとこんな感じなんだろうから行かないほうがいいだろうな・・・。

エスプレイド日記13

いつものようにエスプレイドをプレイしようと店内に入ったところ、珍しい光景を目にした。1人の女の子(20前後か)がエスプレイドのインスト(台の上に貼ってある説明書みたいなの)を眺めていたのだ。チラ見ではなくまじまじと。
少なくとも彼氏の付き添いといった様子ではなかった。

私は両替しつつ様子を伺っていたのだが、座る気配は無かったので失礼して先に座らせてもらった。
「もしここでこのゲームが面白そうだと思わせることが出来ればシューティング人口が1人増えるぞ!」などと心の中でひそかに思いつつプレイ開始。いつものようにいろりを選択したのだが、今日ほどボイスが出ない設定でホッとしたのは言うまでもない。

結果から言うとガラ婦人第2形態でゲームオーバー。
アレスをノーミスノーバリアで倒せたのには我ながら驚いたが、いかんせんそこに到達するまでにミスしすぎた。大体いつも4面スタートまではノーミスなのだが、4面で2ミス、5面前半と後半でそれぞれ1ミスの残1でアレス戦突入ってパターンなんだよなぁ。鬼門はプレアデスと5面道中か・・・。

女の子は4面くらいまで見ていた気がするが、後は覚えていない。というかアレス戦は自機含めて7㎝×7㎝の範囲に全神経を注いでいたので体力ゲージを見る余裕すらなかったぜ。
今日はこの1回のみ。内容が濃かったのと、もしかしたらその子がプレイするかもしれないと思ったですぐ席を立った。

ちなみにゲームオーバー時にはその女の子は2つ隣の「式神の城2」のギャラリーをしていた。
おそらくだが、あの女の子は「何らかのきっかけでシューティングというジャンルに興味を持ってゲーセンに来たけど、どれをプレイしたらいいのかよくわからない」という状態だったのではないかな。もしそうなら・・・一歩踏み出してくれるとうれしいのだが。
別にやましい気持ちではなく、単なるいちゲーマーとしての願いですよ。気持ち悪いですかそうですか。

さらばNHK

NHKの集金人が来たので仕方なくいつものように受信料を支払う事に。が、後になっていろいろ考えているうちにふつふつと怒りが湧き上がってきた。

何で私はNHKに受信料を払っているのだろうか?

ここ数年のNHKの体たらくや一連の不祥事、
私はゲームはたくさんするがテレビはほとんど見ていない事(先週きちんと見た番組なんて例の21エモンくらい)、食費やゲーセンで遊ぶ分の3千円が無くなった事etc・・・。
放送知識的な観点からも疑問点・矛盾点は大量にあるが、
(例えば放送法第9条には不払いによる罰則が明記されていないとか、「公共性の高い放送」が一体どれだけ出来ているんだとか)それを書くと長くなるので止めておこう。
そもそも従量制ならともかく、勝手に電波を送りつけておいて金を払えとはどういう了見だ。一種のサギじゃないのか。

もうガマンならん。という事で思い立ったら即行動だ。
(参考サイト:NHK受信料について語ろう
NHK受信料を考える

フリーダイヤル0120-151515に電話すると、オペレーターのお姉さんに繋がった。あらステキな声でいらっしゃる。
いやいやいやそうじゃなくて!

解約したいという旨と理由、それと住所や電話番号などを伝えると、向こうから放送受信機廃止届けを送付するので、到着したら必要事項を記入して1週間以内に郵送してくださいとのこと。また今日の集金分についても郵便為替で返金させていただくとの返答もいただいた。本音を言えば今までの分も全て返してもらいたいくらいだがそれは手切れ金みたいなものでガマンしよう。7時のニュースと里山くらいは見てたし。

意外なほどあっさりと事が済んだので少々腰砕けであったが、
これでもう受信料を払う必要はない。きちんと契約を解約するのが不払いとは違うところだ。ちゃんと書類を送ってくるのか、そして受理してくれるのかが不安だが・・・。

そりゃKABUKI (車屋さん)

残業で帰宅するといつの間にか午前3時過ぎか・・・まっ、残業代がもらえるからいいんだけど。
昼寝はたっぷりしてあり、大して眠くもないのでこのまま起きてようかな。それより室温が10℃切ってるのがさ、寒い・・・。

賞味期限が2002年のお茶の葉で入れた茶をすすりながら今朝録画しておいた21エモン鑑賞。うーん、2週間ぶりだが相変わらず内容が濃くて面白い。ちなみにこの番組の提供スポンサーはアートネイチャー1社のみである。という事はやはりターゲットの視聴者層はその辺りなのか(笑)

今週もまたいいところで終わったので来週が楽しみだ・・・と思いきやまた休みか。ガクッ。

しかもいつもの「朝まで生テレビ」で中止ではなく、
4:55 映画「ふたりはプリキュアMaxHeart2」公開特番
で中止とは・・・。
おいおい、明らかにおかしいだろ!
普通に考えればプリキュアのメインターゲットであるはずの女子児童がこんな早朝から見るわけないだろ!
それともなんだ、これは大きいお友達にアピールしているとでも言うのか・・・。

やっぱり起きてても寒いし、寝よう。

ほな、いきますー

いつもより足をのばして新宿までゲーセンめぐりをしに行きました・・・のですが、ほとんどプレイせずに帰宅。がぁー。

一応どこへ行ったかというと、タイトーステーション、スポーツランド、モア、あとオスローバッティングセンターの4軒です。

タイトーには雷電3しか置いてなく、オスローバッティングセンターに至ってはビデオゲームすらなし。オンラインものや大型筐体ものは結構置いてあったんですけどねぇ。

スポーツランドには「Gダライアス」があったので一度だけプレイ。ああ確かにこりゃPS版の処理落ちは多すぎですな。でも劇的にプレイ感覚が変わったとも思えないか。むしろPS版の問題はボス前にBGMが途切れる事だと再確認(苦笑)
それにしてもアーケードの大音量でGダラの曲を聴いてると、
不安になるというか、トリップしてしまうというか、電波を受信してしまいそうというか・・・。

モアでは「ラジルギ」や「アンダーディフィート」、「エスプガルーダⅡ」が気になったものの場所が場所なのでスルー。
エスプレイドがあったのでこちらは一度だけプレイ。ボイスがしっかり出てる・・・「ほないきますー」「めっちゃいたいわぁ」って・・・、いろりの声ははじめて聞いたけど確かにこれはちと恥ずかしい・・・。しかも周りは格ゲーの順番待ちしてる人ばかりだし・・・。

結局そこでは4面も行かずに終了。どうも落ち着かん。しかも曲の音量が小さく、ボス戦も面クリア後の曲もほとんど聞こえなかった。
その点ライノではボイスこそオフになっているものの、曲の音量が大きめに設定されている(+人がいない)いるからね。
エスプレイドに限らずSTGをプレイする時の曲は大事だ。

結局この2プレイだけです。私は一体何をしにいったのだろうか・・・。ゲーセンに限らず、こういう繁華街的な所は苦手なんだよなぁ・・・。


ホントはあるタイトル(STGではない)が設置されているらしいゲーセンに行ったんだけど既に撤去されていたから途中でゲーセンめぐりに変えたのさ・・・

夢の続き

任天堂のホームページをいろいろ覗いて見たところ、

ポケダンの不具合についてのお知らせ
が。
まぁ私には関係ないのですが、こういう対処の仕方を見ると、
やっぱ任天堂はユーザー(この場合はむしろ子供の親御さん達か)の心をつかむのがうまいと思ったり。事後処理は大事だ。

いやいや、そんなことよりもこっちの方がはるかに重要だ。

今まで気付かなかったとは・・・はぐれMOTHERファンとして不覚。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。