NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ラスボス到達

バイトの前にゲーセンへ寄ってガルーダⅡをプレイ。
時間的に1回だけでしたが、ついにラスボスのツバメ(1ボス)&ジャノメ(3ボス)の融合体を拝めました。といっても開始直後ゲームオーバーになってしまいましたが。
うーん、融合直前のやりとりを見ていると何だかアゲハ達の方が悪者のような気さえします(><)

4ボスで1ミスした直後にまたミスしてしまった分と5ボスでの攻撃を読み違えてミスしてしまった分、この2つが今回のプレイで悔やまれる点でした。それ以外は大体聖霊石もバリアも使い切れていただけに惜しかったです。

2回目のエクステンド以降はボスのとどめを刺すときに覚聖を解除しておくのも地味に重要ですね。これだけで石の数が100以上違いますし。

とりあえず残2でのラスボス到達を当面の目標として頑張っていくつもりです。

ハッハッハッー アニョハセヨー

HOMURA1面ボスの登場ボイスがこう聞こえてしまう・・・。
ほら、開発元も韓国のメーカーですし。
いや、たぶん「覚悟せよー」だとは思うんですけどね。

個人的にはガルーダⅡマダラの「ウェッハッハッ」に匹敵する位の面白ボイスではないかと。

せっかくなので同梱されていた商品アンケートを送ってみるつもりですが、設問に何を書いたらいいのか思案中。満足度関連はもっと遊んでからにするとして、気になる設問は3つ。

1.購入の際に比べたゲームソフトはありますか?

カオスフィールドと書きたいところですが、求められてるのはそういう意味じゃないですよね。となると「なし」というのが無難か。

2.タイトーシューティングゲームで今後、家庭用に移植希望のゲームがありましたらタイトルをご自由にお書き下さい。

これは非常に難しい設問です。
なぜならタイトーはここ数年アーケードでシューティングをリリースしておりません。っていうかシューティング開発チームは既に解散しちゃってます。
またダライアスシリーズやレイシリーズといったタイトーシューの名作たちはほとんど移植されております。タイトーメモリーズで初めて移植された作品もいくつかありましたね。
にも関わらず「タイトー」の「シューティング」で「移植されていないタイトル」を自由に書けと。なんて限られた自由なんだ・・・。とりあえずギャラクティックストームでも書いておこう。シューティング以外ならあるんですけどねぇ。

3.その他ご意見がありましたらご自由にお書き下さい。

某EVAC社が家庭用にもフィギュアを付けようとするのを止めさせてくれ

あとZUNTATAを大切にしてあげて下さい・・・


こんな回答が果たして何の参考になるのだろうか・・・?

お詫びと訂正と謎の商品紹介

一つ前ので「HOMURAの方が新作なので購入」と書きましたが、PS2版カオスフィールドの方が発売日が後だったようです。スイマセン。
http://www.playstation.jp/products/title/slpm66176.html

DC版が前に発売されたのを知っていたとはいえ、調べもせず適当に書いちゃいけませんな。

ん、って事はカオスフィールドに至っては発売されてまだ1ヵ月半しか経っていないのにもうあの値段という事に・・・。
なんかシューティングの悲惨な状況を確認してしまっただけのような気が・・・。


とても愉快なHOMURAの商品紹介

へぇー、ほむらってすーふぁみばんもでていたんですねー。しらなかったなー。これならにんてんどうのげーむがすきなひとにもおすすめできそうなげーむないようですね!10まんぼんくらいはうれそうですね!

ENJOY HOMURA

まぁさすがに今から心配してもしょうがないので気を取り直して(?)いつもどおりのゲーム日記でもいきますか。

今日のガルーダⅡは2回プレイするもののセセリ戦で終了。むぅ。

以前4ボスマダラ(ウェッハッハッうるさい人)の顔が3つのモニターに映し出されるところで笑ってしまったと書きましたが、今思えばあれってダライアスの3画面みたいですね。もちろん普通にあのキャラの顔が3つ表示されるのもおかしいのですが。

MOTHER3 4月20日発売決定
よし。

SHINING WIND

シャイニングシリーズが続いてくれるのは素直にうれしいです。・・・でフォースⅣの予定はいつですか???


ゲームショップでPS2の「カオスフィールド」と「HOMURA」を発見、両方とも気になったものの、手持ちの金額ではどちらかしか買えないので迷う。もちろんどちらもスルーという選択肢もあります。
もし仮に私が誰かにどちらにしたらいいか相談されたとしたら、躊躇することなくそのお金でエスプガルーダを購入するよう進言しますが。(きっぱり)

結局5分近く迷った末に発売日が遅い(新作である)「HOMURA」を購入する事に。ちなみに両方とも3980円でした。
ってかHOMURAって発売されてまだ2ヶ月も経っていないのにこの値下がりっぷりはどういうことだ・・・。

さて、そういうわけで購入してきたHOMURA、開発元はスコーネックというところらしいですが実はアーケード版を一度もプレイした事がありません。といいますか見かけたことすらありません。Type-X基板のシューティングの評判が悪い事は知っていますが。(それでよく買う気になったものだ・・・。)

まぁここでウダウダ書いててもしょうがないので早速プレイ開始。



画像を取り込める環境ではないのでテレビ画面直撮りですが、わかりにくくてスイマセン

何回かプレイしてみた感想。
特殊システムの抜刀は敵の弾を弾き返す防御技としてよりも、敵に直接斬りつけてコンボを発生させてスコアを稼ぐ使い方がメインになると思います。
道中の敵の配置はその事をかなり意識されているようで、弾幕系どころかむしろガチガチのパターンゲーの気がします。
逆にボスは弾幕系ですのでここでは防御としての抜刀がポイントになりそうです。サイヴァリア2の開発元というだけあって弾幕の模様はかなり綺麗です。
とりあえず初プレイは2面でゲームオーバーでした。
全4面とかなり短いようですが、きちんと考えてパターンを組まないと太刀打ちできなさそうな雰囲気です。

こんなところでしょうか。結構悪く無さそうな感じです。
なお題名の「ENJOY」はゲームオーバー時のカウントダウンのときに画面下に表示される文字です。一体どれだけの人がHOMURAをENJOYしてるんでしょうかねぇ・・・。

とりあえず

とりあえずバイト先の主任に事情を話してきました。
ただ別に今週中や来週にでもすぐに辞めさせて欲しいと言うわけではないので、来期の授業が始まるまで、つまり3月中をメドにという事で了承していただきました。まだ2ヶ月近くありますね。今のうちにお金を貯めておくのに越したことは無いので私としてもこの方がありがたいです。

それにしても私以外にも4月になると辞める人がいるのだが、店長が代わりの人を補充する様子が見られないのは大丈夫なのだろうか?余計な心配だと思いますが・・・。

ともかく、少し落ち着いてきました。
この1年を大いに反省し今度こそしっかりやらなければならない、そういう事です。

まずいことに なりそうだ

学校から電話がかかってきたので話を聞くと、どうも私が今年受けた授業のいくつかで単位が認められない可能性があるとの事でした。

原因は受けたテストやレポート。
論文を諦めた時点で卒業できないのはわかっていたので、
私は卒業しない受講生向けの(3年生や4年で単位の足りない人)課題を受けたのですが、実は一応形の上では「卒業見込み」だったので卒業試験を受けなければいけなかったというのです。

そのため試験を受けていないと言う扱いになる可能性があるとのことで、とりあえず現時点で2つの科目が不合格になったのは間違いないそうです。


電話を切った後はボーッとしながら放心状態のまま1時間近く爪をいじくっていましたが、親指や薬指の爪から血が出てきたのに気付いてようやく我に返りました。

今は少し落ち着いてこれを書いていますが、
来期も卒業できないというわけではないです。
ただ、予想していたよりも多くの単位をとらなければいけないだろうと言うのは間違いないです。

卒業できないとわかってからは、せめて来年ラクになるように頑張ってきたつもりでしたが、それすらもほとんど無駄になってしまうでしょう。そうなるとこの1年間(10ヶ月)はホントに何も残らなかったという事になります。


私はこの1年間何を学んだのだろうか?
今までの人生で一番つまづいた1年だったという事だけは間違い無いでしょう。

とりあえずこれからバイトなので帰ってきてからもう少しゆっくり状況を考えてみようと思います。せっかく見つけたバイトも辞めさせてもらう事になるかもしれないなぁ。

ダライアスプレイ後は(25日の記録その2)

(もともとは他のあるゲームについて書いていたのですが、4000文字を越えるほどの長文になってしまったので止めました。そのゲームについてはいずれまた他のところで書きたいと思います)

トライを後にした私が向かったのはタイトー直営のアミューズメントセンター、セイアット秋葉原。入ってみると4・5階のビデオゲームフロアにはさすがタイトー直営だけあって数多くのタイトルが設置されていました。レイフォースや達人王は初めて見ました。エスプレイドも見かけたので久々にプレイ。が、やっぱりブランクのためか4面にもたどり着けませんでした。あぁ・・・最近はガルーダⅡばかりでしたがやっぱエスプレイドはいいなぁ・・・。



サンキュー、タイトー

さて、セイアット秋葉原を後にした私はせっかく秋葉原に来たのでゲームショップをいくつか回ることにしました。
ただ場所が場所だけあって近所のゲームショップではそうそうお目にかかれない珍しいソフトを置いてある店もたくさんあるのですが、足元を見ているのも秋葉原。
ファミコンやメガドラ、サターンといったレトロゲーのレアソフトには軒並み5千円を越える価格がつけられており、ぼったくるのもいい加減にしやがれと正直思いました。
金さえあれば手に入る秋葉原と安い代わりにほとんど見つからない町の中古ショップ、ですな。
ちなみにダラ外が1980円、内容的には定価以上の価値があるのですが、中古市場の適正価格は980円なのでこれもぼったくりですね(笑)

結局メガドラの「新創世記ラグナセンティ」とサターンの「ゲーム天国 極楽パック」がそれぞれ1280円と2980円だったので購入しました。値段的には通販の相場とそれほど変わりないのですが、送料や振込み手数料の事を考えるとまぁ買ってもいいかなと思いましたので。「セガガガ」3000円というのも買っときゃ良かったかな?

別のフロアではゲームミュージックのコーナーもありましたが、やっぱり定価以上のものがほとんどでとても買う気にはなれませんでした。

収穫はそれくらいで、午後1時ごろに帰途に着いたのでした。
なお余談として、帰りの近所の駅前ではナムコナンジャタウンの宣伝ビラを配っていたおねーさんがいましたが、その日タイトーにキャッチザハートされてしまった私にはビラを受け取る気など全く起きなかったという事も記しておきましょう。

WARNING!(25日の記録その1)

1月25日、テストを早々に終えた私は徹夜の眠気を抑えつつその足で山手線で秋葉原へと向かった。午前11時秋葉原駅に到着。駅構内から既にアニメやゲームのポスターが貼られている様子は正直耐え難いものがあるが、私が好む好まざるに関わらずここはそういうところだと割り切るしかない。

秋葉原駅電気街口を出てすぐの中央通りは人の往来も店も多い。電気店やゲーセンはさておき、店頭モニターでアニメを流していたり、メイドの格好をした人が客引きをしているのは他では見られない・・・というか見たくない光景だ。

駅を出た私は中央通りからすぐに人通りの少ない通りへと入り、目的の場所へと足を進めた。
秋葉原でもそこそこ有名(だと思う)なトライアミューズメントタワー、このゲーセンに行くためだ。

1階から7階までのフロアで構成されたトライだが、1~6階には目もくれず一直線に7階へと足を進める。最近プレイしているゲームを考えれば近場のゲーセンで間に合うし、電車や自転車で行動範囲を伸ばせば、私の望む大抵のゲームはプレイできるのでわざわざトライにまで来る必要はない。
しかし、中には遊びたいと思ってもゲーセン事情でそう簡単にプレイできるわけではないものも存在するのも事実だ。

トライの7階に設置されたタイトーのあるゲームもその最たるものといってよいだろう。私はこのタイトーのあるゲームをプレイするために朝早くからトライへとやってきたのだ。

そのタイトーのあるゲームとは・・・




ダライアス




いや、ずいぶんと長い前フリですいませんでした。

そうなんですよ、家やゲーセンで「外伝」や「G」をプレイして好きになればなるほど初代はいったいどんなゲームだったのか気になります。またダライアス関連を扱ったサイトやアーケードゲームのページを読むと、ダライアスがゲーセンに登場した時のインパクトは凄かったと言う話もよく目にします。

知らない人のために説明しておくと、ダライアスは横スクロールのシューティングですが、この初代は何とモニターを3つも使用したとんでもない代物だったわけです。冗談にしか思えませんがマジですよ。専用筐体で左右のモニターを反射させて繋ぎ目のないようにしているとの事です。
当然ですがそんなもの家庭用移植で再現できるわけがなく、移植版では1画面に調整されております。もしムリヤリ通常の筐体やモニターで再現したとしても


こんな感じになってしまいます。
さらに物が物だけに現在では置いてあるゲーセンもほとんどなく、日本中に数えるほどにしかないそうです。

そのうちの1つがトライの7階なのです。

早速シートに座って100円を投入。
ダライアスと言えばOGR氏の音楽もポイントですが、初代からやっぱいいですね。いくら画面が3つつながっているとはいえ、ゲーム自体はシンプルな横シューなのでボス戦までは特に問題もなく到達。

おなじみの「WARINIG! A HUGE BATTLE SHIP~」の警告表示ともに偵察ザコが多数登場。こいつをいくつか倒すとボスが登場するのですが、撃つたびにゴゴゴゴとすさまじい音が筐体のスピーカから響き、座っているシートからも体感ゲームかと思うくらいの振動が!す、すげぇ!なんて迫力だ!
ボスを攻撃するたびにドゴンドゴンと言う重低音が筐体内に響き、倒したボスが撃墜している時には再びシートから振動が。

ボスを倒した後は地震が終わったかのように元に戻り、ダライアスお馴染みのルート分岐・・・だったのですが、いきなり中央に地形が!危ない危ない。ボスを倒して一息ついていたところだったのでミスするかと思いました。

その後ゾーンB→ゾーンDと進み、ゾーンDのボス、デュアルシザーでゲームオーバー。実はボス戦までノーミスでしたが、ボス戦でミスするとまたボス戦のはじめからやり直しになってしまううえ、バリアもなくなった状態になるので結局そのまま全滅してしました。やっぱりゲーム的なバランスは厳しいですな(苦笑)

しかしこの初代ダライアスが凄いゲームだという事は身をもって体感できました。「多画面じゃないダライアスなんてダライアスじゃない」というダライアスファンもいるようですが、それも少し納得できた気がします

上で述べたような事情でプレイするのは難しいですが、もし見かけたら一度遊んでみてください。こういう家庭用のゲームでは絶対に味わえない部分にアーケードの魅力・意義があるのでしょうな。

それにしてもこれが20年も前に登場したのですよ。
ホントに「キャッチ・ザ・ハート」な会社だったんですねぇ(過去形)それがいまや・・・はぁ、タイトー・・・(遠い目)

1回休み

今日は秋葉原まで出かけてきたのでいろいろ書きたいのですが、いかんせん徹夜明けのテスト終わりの状態で向かったので今はもう眠くて死にそうです。てなわけで惰眠をむさぼった後ゆっくりと書きます。

でもそれだけじゃ何なので本日腹の立った光景でも記しておきます。

電車内でいくら人が少ないからといって、座席に靴を乗せたり、ライターで携帯をあぶっているようなバカップルはそのライターの火が自分達に燃え移ってしまえばいいのに、と思いました、まる。んじゃおやすみなさい。

テスト勉強の合間の現実逃避に書く日記

作り置きしたカレーの最後はカレーうどんにすると鍋の後始末がラクになっていいですね(何のことだか)

今日のガルーダⅡはちと趣向を変えてアゲハではなく、今まで1回しか使った事のないアサギとタテハを試してみました。
結果アサギは3ボスでゲームオーバー。道中はまぁそんなでもなかったのですが、やっぱ難しいのはボス戦ですね。以前も書いたように覚聖すれば激強なのですが、石が足りずに素の状態だとむちゃくちゃきついです。アゲハだと余裕だった1ボスで冷や汗出ましたし。1・5倍くらいは時間がかかった気がします。あと覚聖時の注意点として分身のロックオン攻撃の対象には気をつける必要がありますね。本体を攻撃するつもりがパーツをロックオンしてしまうと本体にはダメージがほとんど入りません。その場合再度レイピアを撃てばいいのですが、攻撃が激しいと思うようにいかなかったり。
ちなみに今回の死因はまさにそれで、3ボスの花にロックを集中させてしまって気が付いたら石0という状況でした。

なおタテハですが2面のボスにすらたどり着けませんでしたので何も言えません(><)ワイドショットで初心者向けと見せかけて確実に初心者キラーだろ・・・あの性能は。
2ボスや3ボスに到達していたとしてもあの遅さでは避けられる気が全くしないのですが。

その後は近所のGEOでいつものように中古ゲーム漁り。DSはここ1ヶ月くらいずっと売り切れ状態のような気がしますね。
どうやら定期的に行われるレトロゲーの入荷が少し前にあったようなので、サターンと新たにドリキャスのコーナーを特に入念にチェック、サターンの「レイヤーセクション」、ドリキャスの「スペースチャンネル5」、「スーパーランナバウト」をそれぞれ購入しました。

・・・察しのいい方は既にお気づきでしょうね。

あんたレイヤーセクション持ってるやん!

と。

わかってますよそんな事は!680円なんだから別にいいでしょ!もしこれから私の周りでサターンユーザーになろう・シューティングを始めてみようというという奇特な方がいたら
プレゼントしてあげるために買ったんですよ!
頼むからそんな奴はいないとか言わないで・・・。

・・・あれ?もしかしたらあのままスルーしておいて、誰か興味を持った人が手に取ってくれるのを待った方が良かったのではないかと思い始めてきました(汗)

うーん・・・でもあそこのサターンコーナーって私以外の人にとってはほとんど需要がないような気がするからなぁ・・・。
ぶっちゃけ私がよく買うから店側も入荷してるくらいに思ってるのですが、さすがにそれは考えすぎか。

もういいや。勉強に戻ろう。

テーブルを買い替え

今日は近くの西友の生活雑貨コーナーにてテーブルを物色していました。今現在使っているテーブルが壊れたわけではないのですが、常々小さすぎる(直径約35cmの円形)と感じていたので買い換えようと思ったわけです。

いくつか見て回った結果、60cm角の正方形のテーブルにしました。麻雀卓を一回り小さくした位の大きさでしょうかね。値段は2500円とまぁ安いもんです。大きさもそうですが、高さを重視して約30cmのものにしました。これくらいだと正座やあぐらの姿勢でちょうどいい高さに来るんですよね、前のは20cmくらいしかなかったので低かったのです。ちなみにパソコン一式が載っているこたつテーブルも30センチ程度の高さです。

重さに耐えつつ家まで運んで早速配置。うん、広くてなかなかいい感じです。今までの2倍以上の広さになったわけですから当然ですな。これならゲーム機+ソフト数本を置く事も出来そうです。


ここのところ好調なガルーダⅡは今日はお休みです。代わりに「プロギアの嵐」を何週かぶりにプレイしてきたところ、初めて4面到達できました。(組み合わせはボルト・ネイルのB-β)今回の最大の収穫はようやくスコアの稼ぎ方・ジュエリングの法則がわかってきた事です。結果的にそのおかげで1回目のエクステンドまでスコアが伸びたのです。

稼ぎについて私なりにわかったことをざっと。
まずジュエリング(弾消し)をした際、ファイターモードでは指輪、ガンナーモードでは宝石が出るというのは以前説明したとおり。でガンナーモードの宝石の種類ですが、どうやらこれはファイターモードでの指輪の種類に準じているようです。
ファイターモードで指輪のランクを上げれば、ガンナーモードでの宝石のランクも上がってスコアも増えると言うわけです。

では肝心のファイターモードで指輪のランクを上げるにはどうしたいいかという事ですが、これはどうやら一度に消した弾数が多ければ多いほど高ランクの指輪が出現するようです。
またガンナーモードで一度宝石の回収(正確にはガンナーからファイターに切り替えた時)が行われると、指輪のランクはリセットされます。

まとめると、「ファイターモードで指輪のランクを上げて、ガンナーモードで宝石を大量に回収」この繰り返しがプロギアでの基本的なスコアの稼ぎ方になると思います。各宝石の点数や画面左下の数字などまだまだ不明な点は多いですが。

アーケードのシューティングには珍しく2回目のエクステンド以降はエブリエクステンド(所定のスコアを獲得するたびエクステンドする事)設定で稼げば稼ぐほどラクになるっぽいので、普通のボス攻略以外にいろいろ稼ぎの方も試行錯誤していきたいと思っています。

あと4面が縦スクロール面なのにはかなりびっくりしました。

いつものごとくゲーム中心の日記

東京は前日に雪が降りましたが、今日になると道路にあった分はほとんど溶けてしまったようです。
私の住んでいるアパートの前は(私以外)通る人がいないのでまだまだ残っていますが、とりあえず雪を踏まずに通れるくらいのスペースにはどけておきました。


昨日の感覚がまだ残っているうちにと今日もガルーダⅡをプレイしにゲーセンへ。先客がいたので順番待ちの間に久しぶりに「旋光の輪舞」をプレイしてみたものの、インストに書かれているコマンド技をいろいろ試しているうちに2面でゲームオーバー。そうこうしているうちに前の人が終了していたのでガルーダⅡの台へ移動。

3面クリア時までノーミス(エクステンドアイテムも取得)といい調子で進むのの4面道中とボスで2ミス、5面はセセリ戦でも2ミスし残1で6面へ。6面は道中で1ミスし、バリアも使い果たすが何とかギリギリでクローン地帯を突破。前回姿しか確認できなかったバリアアイテムキャリアーを破壊すると、その先には予想通りボス戦。んでボスなんですが・・・何かカプセルというか実験装置っぽいボスなんですよね。中に誰か入っているようですし、どう考えてもこれは前座で破壊したらラスボスが出てくるんだろうなぁ・・・。
そんなことを思いつつ戦闘開始となったのですが、最初の攻撃でバリアを張るのも忘れてゲームオーバー。

今日はこの1回だけでしたが一気に更新した前回よりも先に進めたので満足です。前回のが偶然ではなく、きちんと伸びていたんだという事が実感できた気がします。あとは・・・やっぱりいかにラストまで残機を持っていくか・・・でしょうな。


サターン版X3は一応クリアしました。最後の脱出シーンでのシグマがとても腹立たしかったです(苦笑)
ちなみに強化チップは機動力が高いのが好きなのでフットパーツのを選択しました。空中2段ダッシュが気持ちいいぜー!ウェッハッハッー!(byガルーダⅡ4ボス)
ハイパーチップ?ナンデスカソノベンリアイテムハ?
ここ数日いろいろけなしていましたけど、それはロード面とか画面構成の話であって実際プレイ中はちゃんと楽しんでいましたのでご安心を。X3自体がきちんと遊べるアクションゲームなのは知っていましたし。


リッジレーサーはまだエクストラ中級で勝てないです。ドリフトテクも少し身につけてきたものの、トップの車が速すぎ。
ただ、ようやく視界に捉えられるくらいに差が縮まってきたので精進あるのみです。

俺は・・・負けない!(byアゲハ)

ガルーダⅡを今日は2回プレイしましたが、通算2度目のセセリ到達から一気に6面終盤までいけました\(^o^)/

1面中ボスでいきなりオートバリアを発動させてしまったり、2面終盤でミスしたりしましたが、4ボス時残3、5ボス時残2、6面突入時残1と後半に粘れたのはないでしょうか。

ちなみにほとんど稼ぎはしていないのでスコアは5000万弱と言ったところです。ていうか2回目のエクステンド(3500万)にさえ届けばいいんですよ。もちろんシステム上できるだけ覚聖して弾消しをしたほうが安全なんですけどね。

セセリ戦はほとんど初見でしたが、時間が経つにつれて厳しくなってくる攻撃パターンばかりでしたので、ヤバイと思ったら確実にバリアを使えたのが良かったと思います。
セセリを倒すと「お父様・・・ごめんなさい」という文字がカットイン。何この微妙にこっぱずかしい演出。

おそらくラストであろう6面ですが、道中に関して言えば5面縦穴以降よりもきつくはなさそうです。中ボス戦(1面と4面の中ボスのパワーアップ版)が2回あるのが少々厄介ですが。

そして6面終盤はエスプシリーズ恒例のクローン地帯に突入。
今回のは・・・アサギクローン?んー、でも何だか3ボスの少女っぽいのも混じってましたし・・・。

結局クローン地帯でゲームオーバー。バリア回復のアイテムキャリアーが登場していたので、おそらくボス直前だったのでしょう。早くラスボスに会いたいです。一時全然進めなくて諦めようかとも思いましたが、こうなったら引くわけにはいかないでしょう!
こんなこと書いておきながら、次回のプレイで4面でゲームオーバーになったりしたらまた弱音を吐くんだろうなぁ・・・

ラッパのマークのアレ

どうもここ数日お腹の調子がよろしくないので、何か胃腸に効く薬を買うために薬局へ。
乳酸菌が配合されているビオフェルミンにしようかと思ったのですが、常備薬という意味合いも考えて正露丸を購入しようとしたのですが、「正露丸」と表記された商品の多いこと多いこと。どれにしようか迷ったので、一番値段の安いものにしようかとも思いましたがやっぱり不安だったので、ここは「ラッパのマーク」でお馴染みの大幸薬品の正露丸にしました。

少し気になったので帰ってきて検索してみたところ、正露丸 この謎に満ちた類似品の数々、、というページが。

私も「正露丸」というのは大幸薬品の登録商標だと思っていたのですが、こんなに類似品があるとは・・・。
でも大幸薬品の正露丸にはしっかりと「正露丸・SEIROGAN・セイロetcは弊社が登録商標として所有しております」って記載されているじゃないか、おいおい。

この類似品の数々において「正露丸」という名称もさることながら、何が紛らわしいというとパッケージですな。
ホントにびっくりするくらいどれもこれも大幸薬品の正露丸と似たようなデザインですね。色といい字体といい、違うのはマークくらいと言っても過言ではないのでしょうか。

なるほど、大幸薬品がCMで「ラッパのマーク」をあれほど強調してるのもこのためなのですね。うーん、意外なところで一つ勉強になりました。

増えたガス消費

東京ガスから請求書が来たのですが、先月は10㎥だったのに今月は17㎥も消費したという通知にちと驚きました。先月分の使用日数が29日なのに対し、今月分のは34日なので多少差はありますがそれでも1・5倍近くはガスを使ったという事になります。

風呂やシャワーの回数を増やしたわけでもないのに何で消費量がこんなに増えたのか考えたところ一つ思い当たる節がありました。それはお湯を沸かす回数、ひいてはお茶を入れる回数です。2~3ヶ月前までは毎日夕食後に1回飲むくらいが普通だったのですが、先月辺りから緑茶以外に番茶やほうじ茶などをお菓子を食べる時などに毎日2~3回は飲むようになったからです。

しかしだからといってお茶を控えるのは止められない、というか控えるつもりは全くないのですけどね。ジュース飲むよりもはるかに安上がりで健康的ですしね。


今日もガルーダⅡを2回プレイするものの4面ボスで終了。
3ボス・4ボスともに安定させる糸口が見つからず、いつもその場の勢いの覚聖&バリアで済ましてしまっている気が。
全体的に弾が速いと思うんだよなぁ・・・。


サターン版X3は一通りの全てのステージに挑戦しつつ、取れそうなところからパーツやらライフアップを回収中です。ボスは4体倒したところです。

ところでSFC版にはなかった要素の一つとしてステージ選択時のボスキャラ登場アニメが追加されたのですが、一部ボスのこれがまた何とも・・・。個人的に特に失笑物だったのがアシッド・シーフォースと、エレキテル・ナマズロス。
シーフォースに関してはただ排水口の蓋をすり抜けているだけなのに仰々しく登場シーンにしてしまっているところが。
ナマズロスに関しては・・・何も言うまい・・・。

ファイルを置いておくので興味がある人はどーぞ。
シーフォース
ナマズロス

(ディスクから抜き出してもそのまんまだと重いですね。
そのうち消します)

きみはゆくえふめいのマックじゃないか!

提出期限の近いレポートを書こうとするものの、家だと考えもまとまらずにネットやゲームや音楽などでついダラダラしてしまい全然進まん。ああ意志薄弱。
このままでは前日の真夜中に苦労することが目に見えているので、学校の図書館へ行くことに。2時間半で2500文字程度のレポートをでっちあげ書き上げて終了。右腕が痛い。

やることも終わったので図書館で新聞を読もうとしたのですが、どの新聞もホリエモンの件一色ですな。
うーん・・・違法性うんぬんよりも「出る杭は打たれる」という印象の方が強いのがなんとも・・・。

帰りに近くのゲームショップにてサターン版の「ロックマンX3 」が980円で売られているのを発見。今は持っていないとはいえSFC版はクリア済みですし、何より複数機種で発売されたX3の中でも一番評判が悪いらしいですが(某氏いわくネタゲーらしい)、躊躇することなく手にとってレジへ
ついでにかの悪名高いエコールのコンシューマー処女作「ぱっぱらぱおーん」も280円で売っていたので合わせて購入。
・・・私はバカゲーマーなのか?<なにをいまさら

というわけで早速サターン版X3をセットして電源オン・・・したのだが、なんだこの読み込みの長さは!?カプコンのロゴ表示から1分近くは読み込んでるんじゃないのか?なんかサターンからウィンウィンものすごい音が鳴ってるし・・・だ、大丈夫なのか?長い読み込みはオープニングの歌&アニメが原因と判明。

オープニングステージがはじまったものの、何だか画面構成にものすごい違和感が。左右がカットされて、通常4:3の画面比率が3:3になっているじゃないか・・・どうりで狭く感じるわけである。縦シューでもないのに何でこんなことをするのかサッパリわからん・・・。忘れてる部分もかなり多いのでもう一度攻略する楽しみがあると考える事も出来るがオープニングからこれでは先行き不安である。

今日は何をしていたのだろうか

書いている今の時点で既に昨日のことになっているわけですが、それはおいといて。

確か午前3時に寝て起きたのが・・・13時間後の午後4時(汗)
起床直後にバイト先からいつもより早く出勤してくれという電話がかかってきたので、それに備えてさらに2時間ほど仮眠をとりました(駄)

でバイトに出かけたわけですが、いろいろシステムの故障だかでいつもより大幅に残業して、先ほどようやく家に帰ってきたのが午前3時でした。

そんな訳で今日はそれ以外のことは何一つしておりません。
というかほとんど睡眠ですね。提出しなければいけないレポートも後回しです。当然ゲームもしていません。
あっ!でもバイト先でPSPを持っているお客さんを見かけてちょっとうれしい気分になりました。

あれだけ寝たのにまた眠くなってきました。
ホント私の脳は大丈夫なのかしら?

癪に障る新聞拡張員

深夜4時ごろ、夜食として食べたおじやを全部戻してしまう。
別に胃が弱っているわけではなく、単に詰め込みすぎただけです。消化のいい物を食べ過ぎて戻すというのも情けない話ですが。

それはさておき本題。

夕食の支度をしていたときに呼び鈴が鳴ったので、以前決めたように家の中から応答したところ、廃品回収で古新聞や古雑誌、ダンボールなどを集めているとの女性の声。
ちょうどすぐ側に畳んだダンボールがあったので、それならお願いしますと頼んだところトイレットペーパーと交換してくれた。

そこまでは良かったのだが、ドアを閉めようとしたところ、この女が突然新聞の勧誘を始めやがった。
おいおい、これって一種のキャッチセールスだろ。

おそらく私とそう変わらない年齢と思われるが、お決まりのフレーズ(1ヶ月サービスなど)に加えて、私が断っていると次のような事を言い出してきた。

「契約してもらえないとクビになって飛ばされちゃうんです」
「毎朝お兄さんのために一所懸命届けますから」
「土下座でも何でもしますから」
「実は私施設育ちの孤児で頼れる人が誰もいないんです。助けてください」etc・・・

もしこれが募金のお願いなら多少なりとも寄付する気になったかもしれません。ダンボール処分の費用と考えてもまぁいいでしょう。

だが、最後の発言のような泣き落としで契約してもらおうというその姿勢が露骨に私の神経に障りました。

孤児?施設?クビ?そんなの関係ない。貴様はまがいなりにもそれで働いて給料をもらっているんだろ?商売なんだろ?ウチの新聞は他と比べてどこが優れているとかそういうのアピールして売り込むもんなんじゃないのか?それを同情を買って契約してもらおうなどという腑抜けた姿勢ならとっとと辞めてしまえ!

↑のような事を言ってやったら「もういいです」といって帰ろうとしたのでダンボールは返してもらいました。もちろんトイレットペーパーも相手に突き返してやりました。

やっぱりドアを開けるとロクな事がない。

例によっていろいろ

「れいによって」を変換しようとしたところ、「レイによって」が候補の一番上に。RAYシリーズを語るとき以外で「レイ」という単語を使うことなどそうそう無いのだが・・・。


デパートの家電売り場にて大型液晶テレビやプラズマテレビを眺めていると何となく幸せな気分になります。
買う気もお金も置く場所も無いという店からしたら冷やかし以外の何者でもありませんけど。とりあえずいろいろな会社のテレビカタログだけ拝借して帰宅。


ガルーダⅡの順番待ちの暇つぶしにゲーセンに置いてあったアルカディアを読んでいたところ、ちょうどガルーダⅡ3面の攻略記事とエクステンドアイテムの入手方法が。

・3面中ボス第一系形態をパーツを全て破壊して倒す
・中ボスからボスまでノーバリア(オートバリアも不可)
・その状態でボス直前の特定のポイントを絶死状態で撃ちこむとエクステンドアイテムが出現

あのー・・・普通のプレイヤーが雑誌やネットなどの情報無しでこんなのに気付くとはとても思えないのですが。ノーバリアで中ボスパーツ全破壊はまぁ妥当なところでしょうが、中ボス後からボスまでもバリア使用禁止というのが・・・。しかも3ボス直前にバリア回復アイテムも出現しますし。

んで早速実践したところ見つかりましたが、中ボスで1ミスしてしまったので結局チャラになってしまいました。
ちなみに今回も5面終了。2面に限らず、ボスのとどめに絶死を使うのがローリスクハイリターンでいい感じです。


前回のリッジレーサーの記事について訂正。
最高速度は全車一定と書きましたが、車種ごとの最高速度は違いました。ランクごとに設定された最高速度が全車一定というのと勘違いしていたようです。

それはさておき現在はエクストラモードの中級に挑戦しているのですが、全然勝てません。
最高速度・加速度共に低めでその分グリップ性能が高いタイプを使用しているのですが、1台ぶっちぎりで速いライバルカーに追いつけないのです。思い切って車種を変える手もありますが、まだコーナーの攻め方が甘いのでそっちを練習していくつもりです。あと夜になって見通しが悪くなってからの走行も大事だ。


リッジの合間にまだ「キッチンぱにっく」もボチボチ遊んでいます。全ワールドの通常コースでは全てパーフェクトを取ったものの、3面以降のシークレットが100回近く挑戦してもクリアできないくらい超絶にムズイです。上からはツララ、下には即死トゲのある凍った足場を連続スピンで渡っていくなんて無理じゃ。


浴槽に橙を入れて入浴。いい香り。
何となく体の芯まで温まったような気分である。

コーナーを制す者はリッジを制す

リッジレーサー猛烈プレイ中。
最初から用意されている4つのコース全てで1着になったのでさらに4つのエクストラコースが出現しました。エクストラではコースが通常の逆になり(つまり逆走)CPUも当然パワーアップしております。真のリッジレーサーへの道は果てしなく険しい。

それにしても今更こんなにリッジレーサーにはまるとは我ながら驚きです。

リッジレーサーの面白さ、言い換えれば醍醐味、それはズバリ「コーナリング」に尽きます(断言)

リッジにはチューンナップはなく、車種ごとの性能は決まっております。またクラスごとに最高速度が設定されており、例えば初級なら160km以上は出ないようになっています。
もちろん車種ごとに加速性能やグリップなど特徴はありますが、最高速度は全車同じです。ではレースにおいて何が差を分けるのかというと、それがコーナリングの出来というわけなのです。CPUがコーナーに差し掛かり、速度を落としてなるべく安全に通過しようとするところを内側からぶち抜くのが気持ちいいのです。実際リッジで一番敵車を抜けるのはスピードの出る直線ではなくコーナーです。
またクラスが上がると最高速度が上がり、同じコースでもより正確なハンドル捌きが求められるようになります。

私は「スピードが全て」というのがレースゲームのゲーム性だと思っていたのですが、少なくともリッジにはそれは当てはまらないなと実感しています。(もちろん勝つにはある程度のスピードも重要ですが)

後忘れてはいけないのがハイテンションなテクノ系の音楽。
中でもタイトルでもある「RIDGE RACER」は絶品。
ナムコ恐るべし・・・。

21世紀のエモン→22世紀発のえもん

毎週土曜日の楽しみといえばテレ朝で午前4時55分から再放送されている21エモン。年末年始の番組調整の影響で3週間ぶりの放送である。さて、タイマー録画しておいたものをじっくり観賞するとしますか。

いつも録画開始時刻は4時54分からに設定してあって、4時55分になると「アニメDEおめざめ」というテロップの後に「おーい車屋さん」でスタートするんだよなー。おっ、そろそろだ。よしっ、55分、スタートだ!

「YOU!待ちわびーて~」
・・・ん?あれ今日は曲無し?
こころなしかタイトルの「エモン」という文字がひらがなで「えもん」になっているし、サブタイトルが「おざしきつりぼり」???

本編に入ったけど、舞台が何だか20世紀っぽくて全然未来的じゃないし、エモンはメガネかけてるし、モンガーはお腹にポケットの付いた青いタヌキ形ロボットになっているし、ゴンスケに至っては・・・ってこれドラえもんじゃないか!
(長い前フリにお付き合いいただきありがとうございました)

ち、ちょっとテレ朝さん、(遠くない未来においてアートネイチャーのお世話になりそうな20~30代中心の)大きなお友達向けの90年代アニメであるところの21エモンは一体どこへ???まさか年内の放送で打ち切り???そんなまさか・・・。少なくとも前回そんな感じのテロップは無かったぞ。

しかもこれ新ドラじゃん。再放送にしても早すぎだろ・・・。
せめて他の藤子アニメ(プロゴルファー猿など)ならまだしも・・・。

ちくしょー!つづれ屋をつぶしたのはオリオンでもギャラクシー(ライバルホテル1・2)でもなくてテレ朝じゃないかー!

ふぅ・・・。

テレ朝への抗議はさておき、とりあえずせっかく録画してしまったので新ドラを観賞することに。新しい声を聞いた事もなかったですし。

1話目では題名のおざしきつりぼり以外にビッグライトや深海クリームなど10分弱の間に計5つも道具を出していて不安だったのですが、2話目では1つだけだったので一安心。おそらく1話目は新ドラのお披露目も兼ねて道具をいっぱい出してみたのでしょう。
それにしても小学校行きたくないから退学届けを出すって発想が出て来るのび太って・・・。(結果的に何とかなりましたけど)エモンを見習え、エモンを。

さて肝心の新声優ですが・・・なるほど、確かに違和感を覚えない事も無いですが、これは大山さんをはじめとする旧声優陣のイメージが頭に残っているからであって、新声優の方々も自分なりのキャラを定着させようと頑張っていると思います。少なくとも悪くはないです。ただしジャイアンだけは別ですが。

そんなことより、お風呂をのぞかれたしずかちゃんの声がやけに色っぽいのですが(@@)
しずかちゃん役は「かかずゆみ」さんですか。

ん?ひょっとしてこのかかずさんって「なんとかするかかず」のかかずさんじゃないですか。いやー出世したもんですね!

ていうかなんですかこの検索結果は。実質3件って・・・。
広大なネットだからこそ話題を共有できないという孤独感がより一層強調されるという事なのか・・・ううっ。


ところで番組の間に今春公開の劇場版ドラえもんの番宣が何度も流れたのですが、ひょっとしてこの再放送はこの番宣のためなのかしら?
という事はしばらくしたらまた21エモンに戻るという可能性も
あるのかな?あってほしいなぁ。頼むよテレ朝さん。
とりあえずテレ朝のホームページ上では番組タイトルは「アニメDEおめざめ」としか表記されないので、念のため毎週録画しておくことにしよう。

目指せ走り屋

突然ですが私がほとんどプレイしないジャンルというと、

・恋愛シミュレーション(狭義のギャルゲー)
・音ゲー全般(ダンスダンスレボリューションやパラッパラッパーなどのリズムアクション含む)
・ネットゲー(ランキングのみとかシレンやアスカくらい薄いのなら大丈夫)

だいたいこの辺りだというのは掲示板やブログ、サイト内の文章などで断片的に書いた事はありますが、実は10年以上のゲーム暦においてこれら以外にほとんどプレイした事の無いジャンルがありました。

それはレースゲーム(ドライブシミュレーター含む)です。

小学生の時にSFCのマリオカートの対戦を何度かプレイした事があるくらいで、それ以降レースゲームというものをプレイした記憶はありません。
ところでものすご~くどうでもいい事ですが、「マリカ」というのがマリオカートの一般的な略称なのでしょうか?私的にはその略称を見聞きするたび某真実の世界の方を思い浮かべてしまいます。

何で触れてこなかったかというと、簡単に言えばどのゲームも同じにしか思えなかったからです。もちろん見た目を言っているのではなく「レースで優勝や速いタイムを目指す」というゲーム性の事です。

ですが、それだけの理由でプレイしてこなかったのは少々勿体無かったなと今更にして考えさせられました。


まぁこんな長い前置きとまわりくどい言い回しをしておいて何が言いたいのかというと、

一昨日から始めた「リッジレーサー」が面白ぇぇぇえええええええ!!!

という事です。しかも初代。

いや、これがプレステ本体と同時発売(1994年12月3日)のソフトだなんて信じられません。こりゃ確かに間違いなく初期のハードを牽引できるだけの内容を持ったキラーソフトですわ。

これから他のレースゲームをプレイするようになるかどうかはわかりませんが、少なくとも他のリッジレーサーシリーズに興味が沸いてきた事は間違いないです。

前言撤回・・・?

前の文章を書いた後でもう一度ガルーダⅡをプレイしに行ったところ初めて2回目のエクステンド&5面ボスまで到達できたので、やっぱり何とかなりそうかもしれません。<いい加減なもんだな、おい

というか5面ボスがセセリって!死んだのじゃなかったのかよ!(わからない人に説明しておくと、セセリというキャラは前作ガルーダⅠの1面&5面前半のボスです。5面では手足を機械化してたような気がします。)

今回2面ボスの第2形態から撃破まで絶死界を使ってみたところ、いつもより300万以上スコアが稼げ、金塊も大量に手に入ったのが一番の収穫でした。
道中ですと打ち返しが怖くて絶死は使いたくないのですが、
ボス戦だと打ち返しが無いので通常の覚聖と同じような感覚で使えますね。もともと2面ボス最終形態でバリアを使っていたのでそれの節約にもなりました。他のボスでも同じように出来るところがあるかもしれませんね。

んで4面開始まで何とかノーミスで行けたのですが、4面で3ミスしたのが痛かったです。いや、言い訳をさせてもらうと4ボスはウェッハッハウェッハッハうるさい奴なのですが、奴の操縦する戦車のモニター3画面全てに奴の顔が映し出されたのに不覚にも笑ってしまって連続でミスってしまったのですよ。
くっ、こんな回避困難な攻撃を仕掛けてくるとはおそるべし・・・。

例によっていろいろ

サウンドテストが無いと不満を述べていたタイトーメモリーズですが、もしかしてSEをオフにすれば曲の部分だけ録音できるのでは?と思い、コンポ経由でPCにつないで手作業で録音&編集。おおっ、これでサイバリオンの曲もクレオパトラフォーチュンの曲も聴けるじゃないですか♪

昨日から手がやけに荒れているので部屋がよほど乾燥しているのかと思ったのですが、どうやら3日の壁掃除で雑巾に洗剤をつけて長時間掃除をしていたのが原因のようです。お湯と水で何度もゆすいでいたしなぁ・・・。とりあえず化粧水とハンドクリームを塗っておこう。

ガルーダⅡは2回プレイして両方とも4面終了。
何度やっても先に進める気があんまりしない・・・まずいな。
スコアランキングでも5面以降のスコアをほとんど見かけないし・・・人付きも稼動当初に比べると明らかに落ちてますし。
ゲーセンの閉店までまだ時間があるので後でもう一度行ってみようかな。

プロギアも久々にプレイしてみたものの3面ボスが限界。
だからファイターだと指輪、ガンナーだと宝石以外の事がサッパリわからんというのに。

メタルブラックガンフロンティア・スリンガーディアンヒーローズ

メタルガン搭載のブラックフライに乗ったアンデッドヒーローが宇宙侵略軍ワイルドリザードに立ち向かい、最後は神との一騎撃ちの果てにガンアーツ「レーザ干渉」で惑星真っ二つというゲームですな。<めちゃくちゃだ

まぁそんな妄想合成タイトルはどうでもいいとして、「メタルガン・スリンガー」をクリアしたので感想をば書きましょうか。

主人公の豊富なアクションと古きよき時代の2Dアクションを感じさせる覚え要素の強いボス戦。はじめは勝てなくとも、何度も挑戦することによって、自力で攻略の糸口を掴めるようなバランスになっております。はじめは苦戦した相手にだっていつかはノーダメージで勝つ事も不可能ではないです。

そういう意味ではアクションシューティングとして総合的にはなかなか面白い作品だったと思います。

ただねぇ・・・このゲーム、ポテンシャルはかなり高いものを持っていると思うのですけど、それをアピールするのがどうにもヘタという気がします。
特にアクション部分とストーリー部分で。


アクション部分、実はこのゲームにはガンアーツ以外にも「上×2+ジャンプ→ハイジャンプ」のような「コマンド技」があります。さらに中にはガンアーツの代替コマンドがあって、例えば「R+前→ショット」というガンアーツも「下×2→前+ショット」というコマンド技で発動させられます。前者の場合ですとGF(エネルギーみたいなもの)を消費しますが、後者だと消費しません。

もちろんそれ以外にもたくさんあってそういうのを駆使できるようになればなるほど攻略が楽になり、またゲームも楽しくなってくるのですが、冒頭のチュートリアルで一通りの操作を教えてくれるだけでそれ以降がおざなりすぎ。
道中は基本操作だけ、下手すればボス戦だって基本動作だけで何とか出来てしまうのがもったいない。

せっかく豊富なアクションがあるにもかかわらず、それが自然とプレイヤーに身につくような構成とは言い難いです。
「上手くなりたきゃテメーで考えろ」みたいな。やる気がある人を引っ張ってはくれますが、そうでない人は置いてきぼり。
もうちょいこう、ゲーム側からのアプローチも欲しかったところ。その辺が古臭いといえば古臭いのですが。


ストーリー部分について。
キャラクターデザイン自体はガキっぽくもオタ臭くも無い、
割と王道少年漫画系っぽくて私は好きです。
んですけども、ゲーム内でキャラクターがあまり掘り下げられていない・・・というよりはストーリーが短か過ぎて掘り下げられなかったという気がします。
なぜ主人公にメタルガンが渡されたのか、主人公を助けてくれた敵のボスは誰なのか(何となく想像はつきますが)、いきなり判明する主人公の兄?(伏線張っとけよ)などなど・・・。


言いたい事はこんなところでしょうか。
タイムアタックやノーダメージでボス撃破といった目標を持ってプレイするとさらに面白く感じられるでしょう。

ちなみにエンディングでも歌は流れました。
歌っているのは声優さんたちらしいです。その作品に声をあてている人がテーマソングを歌うというはあるのですが、基本的にこのゲーム声ないんだよなぁ・・・という事はこれだけのために収録したのかな。よい心意気である。

Let's 神頼み

バイトの年末年始体制も終わって今日から休みです。ここ1週間のおかげで図らずも午前9時前に起きれるような生活リズムに戻れていた事に軽く驚きました。

さてここ数日ロクに外出してなかった事(ゲーセンすら)と、もう三が日も過ぎて人も多くないだろうという事で、家の一番近くの神社である田無神社へ初詣に行って参りました。

とその前に手持ちの残金が98円しかなかったので郵便局へ行ってお金を引き出しておこう。おみくじすら買えないのでは面白くないですから。

神社に到着すると、予想通り参拝客はまばらで並ばずに賽銭箱の前へ。財布の中身を確認してゲーセンのトークンでも投げ入れようかともちょっと思いましたが、それはさすがに神社に対するいやがらせなので普通に5円にしました。

参拝が済んだ後はおみくじを。通常おみくじ、女性おみくじ(それぞれ100円)、お守り入りおみくじ(200円)の3種類があったので少々迷ったのですが、ここは奮発して200円のお守り入りおみくじを選択。中に7福神をはじめとする縁起物数十種のうちひとつが入っているらしいです。

早速開封して運勢を見てみると大吉。
「全て順風満帆にいくが奢る事あれば災い訪れん、正直に生きよ。」要約するとそんな感じのことが書かれていました。
ホントか?高いから全部大吉とかいうのじゃないでしょうな・・・。
一方縁起物のお守りは福禄寿が入っていました。・・・が、小さいですな、これ・・・。


10円と比較

おみくじ確認後は無病息災の炎に当たってぬくんだり、巫女さんのバイトの女の子を見てまぁ頑張ってと思ったり、鳩を追いかけたり、掛けられている絵馬をいくつか見たりと、境内を一通りめぐりました。

ところで「受験合格」や「家内安全」などの願い事がかかれたたくさんの絵馬の中に、一つだけ少し気になったものがありました。おそらく私より年上の息子さんがいらっしゃる方の書いた絵馬なのですが、「真吾のソフトがミリオンセラーになりますように」という願いが・・・。
ミリオンセラーというと音楽関係もありますが、ソフトとありましたからたぶんゲームソフトのことでしょう。(いや、ペイント用や書類作成用などのソフトという可能性もありますが)

うーん・・・お母さん、申し上げにくいのですがこの厳しいご時世であるゲーム業界でミリオンセラーはよほどの大作か意欲作で無いと無理かと・・・。5万いけばヒット、1万売れたかどうかすらという作品が現状どれだけあることか・・・。
もしこれから発売されてミリオンセラーになった作品を私が買うことがあったら、クレジットに真吾さんの名前が無いか探して見ます。


ついでに帰りにゲオへ寄ってみた所、サターンの「ファンタシースターコレクション」を2千円で発見したので確保。
おお、早速ツイてるではないですか!

メタルガンな年明け

はい、あけましておめでとうございます。さすがに町の様子は新年ぽいですが、私は何も変わっていない&する事も特に無く。

こんな時はいつにもましてゲームをプレイするのですよ!<重度のゲーム中毒患者

というわけで(?)、少し前からGBAのアクションゲーム「メタルガン・スリンガー」をプレイしております。
これも別に誰かに薦められたわけではなく、ショップでソフト漁りをしていたときに何か良さそうかなという理由だけで手に取りました。

進行はまだ序盤~中盤といったところです。
ゲーム画面は90年代初頭かと思うくらい古臭いですが、
通常のジャンプやショットに加えて、Rボタン+方向キー入力で発生する「ガンアーツ」という特殊動作が豊富でなかなか操作しがいのあるアクションシューティングなのではないかなと感じております。主人公の武器は拳銃タイプなので通常ショットは単発なのですが、ガンアーツを駆使すると出来る前後射撃や、飛び込みからの伏せ撃ち連射といった具合のまるで西部劇のようなカッコイイ銃アクションが私の遊び心を刺激します。

オープニングのポエム的なメッセージもそうですが、何より
テーマ曲がいい感じに意味不明てステキ。一体誰が歌ってるんだ(笑)