NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-0

シューラブ200Xには「STG技能検定」「エクスジール」「トライジールRemix」というアーケード移植の3タイトルの他に「-0」という新作タイトルが収録されています。前々回取り上げた際に移植度やら社長に対する見方が中心でこのゲームにはほとんど触れていませんでしたので、今回はこれについてです。といってもそれほど書くこともないのですが…。

この-0のシステムは至ってシンプルで攻撃方法はロックオンのみ。敵と敵弾に照準を合わせるとロックされるので、そこでショットボタンを押すとショットが発射されるという見慣れた攻撃です。ショットを撃った一瞬だけ自機は無敵になりますが、それ以外特筆すべき事柄はありません。別にロック数に応じて倍率がかかったりもしません。

ロックの射程距離がそれほど長くないうえに、レベルが上がるにつれ敵の数と弾がどんどん増えていくため、最初の数回は端に追い詰められるだけであまり面白いとは感じませんでした。おまけに残機無しの一発勝負なものですからなおさらです。

そこからプレイを続けて十数回目、またしても端に追い詰められてもう駄目だと思ってボタンを連打したそのとき、敵弾が自機に命中したにも関わらず助かりました。一瞬不思議に思いましたが、すぐにその理由とこのゲームの正しい遊び方が理解できました。

これ敵弾を避けながらロックオンするのではなく、ショット時の無敵を途切れさせないように次々とロックオンしていくのが肝なのですね。サイヴァリアの連続レベラ(レベラの無敵時間中にまたBUZZってレベラ)みたいですな。

そうと解れば自ずとプレイスタイルも定まります。敵を恐れて後ろに下がるのではなく、敵を求めて積極的に前へ前へとグイグイ攻めて攻めて攻めまくるのです。ロックオンの切れ目が命の切れ目、生き延びるためにはロックロックロック連打連打連打ーーー!!!

息つく間もないロックショットとフラッシュしまくりのエフェクトで段々段々トリップしてきますが、絶対目に悪い気がしますコレ。約5分後、ロックの切れ目に被弾してゲームオーバーになりましたが、最大レベルの実績も解除され、ランキングも10位代にランクインしていました。
上でサイヴァリアみたいと書きましたが、私的にはマリオRPGの「ばくれつカブトむし」のプレイ感覚に近いような気がします。ノンストップと終わった後の疲労感がそんな感じです。奥は深くないですが、その分繰りかえしプレイしたくなる中毒性はあります。技能検定の各ゲームよりも一番ミニゲームっぽく感じるのは何故でしょうか。

さすがにこれ一本のために200Xを買う価値があるとはとても言えませんが、他の収録タイトルとはまた一味違った面白さがあるので今後も気分転換にプレイしたいと思います。まぁ200X全体が既に他ゲームの気分転換的な位置付けになっているのですけどね。
スポンサーサイト

もう見てられない

【Xbox360】怒首領蜂大往生が大量バグ&劣化移植でメーカー謝罪【大往生】
不具合XBOX360編
プロデューサーのブログ更新終了


だからあれだけ社長を買いなさいと言ったのに…などと茶化すのは止めにしまして、またこうしてSTGとユーザーに対する他ゲーマーの心証は悪くなっていくのでした…と。

実際まだ買っていませんが、「ゲームそのものの移植度は満足できるけどシステム周りが壊滅的」というのがフレンドの方たちや他サイトの評判から感じた私の印象です。しかし某開発者やトップクラスのプレイヤーの人にとっては納得いかない部分が目に付いたのでしょう。まぁ私にとってのドリラーオンラインみたいなものでここまではいいです。

問題はここからでそういった一部の人の発言や指摘を元に大往生どころかSTG自体に対して興味も無い野次馬連中が煽り立てていることです。斑鳩のときもそうでしたよね。さらにはライブドアにまでこんな記事が掲載されてしまったものですからブログ更新終了も時間の問題だったのでしょう。それにしてもこんなゴシップレベルの記事を載せるとか酷いですな。

あーあ、本当に一度STGは何もかもきれいさっぱり滅んだ方がいいかもしれないなぁ…。
さて、また社長とオトメでもやりつつ嵐が過ぎ去るのを待つことにしますか。あっ、その前にニンジャガの強者の道をクリアしようっと。

PSYREN第59話感想

今週ここで話題にできそうなネタが2つあるのですが、どっちにしようか悩んでいる間に気が付けばこうして管理ページを開いている状況です。

昨日の情熱大陸で取り上げられたその翌日のがよりによって今回のだなんてテレビ見て久しぶりにこち亀を読んだ人が発狂しないか心配というのと、新連載の例のベるぜバブのどちらについて書くべきか…ってこれだけで大体書きたいことはほぼ伝わりますな。

あまり漫画外の事で話題になるのも考え物だと思いつつ、今週の岩代先生のコメントがすごく無難でホッとする、そんなサイレン第59話の感想です。 【“PSYREN第59話感想”の続きを読む】

ShootingLove lies in … you.

昨日2月19日といえば360における今冬最大の目玉スターオーシャン4の発売日でして、フレンドの方達も一斉にプレイしていました。またシューター諸氏には5pbのお手並み拝見的な意味も兼ねる大往生BLの発売日でもあり、こちらもAMOさんをはじめとして結構な人数の方が購入されていました。両方という人もいましたね。この2本に加えて先週のストⅣでオトメから一気に人が減って寂しいです。ちなみにPSPではアイマス、DSではシャイニング・フォースフェザーなど360以外でも話題作の多い日でした。

それもこれも同日発売のあるタイトル、といいますかある人物をゲーム業界総力を挙げて抹殺しようとする陰謀に他ならないからなのです。

その全てのメーカーが畏怖を抱くタイトルとは…




社長ラブことシューティングラブ。200Xです!わーパチパチ。

という訳で200Xが到着しました。スターオーシャン?大往生?買ってませんよ。ちなみにフレンドの中でも2人は買っているのを確認しましたが、基本的にSTGに興味のある方たちなので一般の嗜好としては参考にならないかと。

早速ゲームを起動したのですが、次の瞬間予想だにしなかった出来事が発生しました。

ポコン♪

実績のロックが解除されました
20G:シューティング ラブ。


ゲーム始めただけで1つ目の実績解除です。
あのドリトスゲーことDash of Destructionでは開始1分で実績が獲得できましたが、まさかそれを上回る早さがあるとは思いもしませんでした。ゲーム内の記録以前に社長を購入するという行為の時点で実績扱いとは…。

さて、この200Xには「シューティング技能検定」「エクスジール」「トライジールRemix」「-0」の4タイトルが収録されていますが、そもそも語れるほどアーケードでプレイしていない(といいますか見かけない)ので-0以外の移植度についてはパスします。
ですが全タイトル一通りプレイしてみて、雷電ⅣのSEのような明らかに違和感を感じる不具合は無かったので、とりあえず心配はしなくていいレベルだと思います。オプション周りのインターフェースも問題無しです(余談ですが縦画面にしたらまた一つ実績が解除されました)。基本的な部分よりもむしろ社長の場合はゲーム内容そのもので敬遠される可能性を心配すべきなのでしょうが(苦笑)

ただ誤解して欲しくないのですが、私だってネタやお布施感覚で買ったわけでなく社長ゲーに魅力を感じているから買ったのです。
「わかりやすい」「手軽にプレイできる」というのは技能検定に対する印象ですが、エクスジールやトライジールも地味でシンプルですが割と手堅いという印象です。人によってはショボくて刺激の薄いBorC級STGと感じるのも否定できませんが、変化球ばかりの現在のSTG界隈において妙に落ち着く存在なのも事実です。

本音を言えば社長に対して「シューティングラブ。」なんて大っぴらに叫んでいることに対して少なからず疑問はあります。
しかし12スタッグ→トライジール→エクス・技能検定→200Xと順を追っていくごとに成長が実感できますし、何より数々のサービス精神を目の当たりにすると、ラブとまではいかないまでも何らかの情熱は確かに受け取れるのです。馴れ合いは好きではないですが、自分なりにSTGの敷居を下げよう、ユーザーとの距離を縮めようと頑張っている人を頭ごなしに否定できるほど私はドライでもないです。

真面目な話はともかくとしまして(?)、いろいろなゲームの箸休め的な存在として気軽にプレイすることにします。もちろん技能検定の多彩なランキング(各ゲームごとの週間ランキングまであります)が示すように腰を据えてじっくり取り掛かるのもありでしょう。「ナイスボム」のコメントが「ナイスボマー」、「縦画面ラブ」のコメントがモニタ縦置きに関する注意だったりと、実績のコメントがいちいち社長節が利いてて笑えるので探すのが楽しみです。

先ほどの時点で検定のランキング登録が約1000人だったのでもっと売れてくれるといいなと願ってはいますが、最終的に3000~4000本ってところでしょうな…。内容的に競争相手が多ければ多いほど燃えるゲームなので、もし興味を持たれた方は買う…前にとりあえず公式なりで情報を集めていただいて、それでも面白そうと思ったらどうぞ。

2月入ったあたりからブログの平均アクセス数が少し増えていて何かしたかなと不思議に思っていたのですが、どうやらPSYRENの感想を見に来る人が増えてるみたいです。

基本的にゲーム話が中心の身としてはとても若干複雑な心境ではあるのですが、こんないちゲーオタブログの漫画感想文でアクセス増加が実感できるほどここ数週の展開は盛り上がっている…と思いたいです。

ちなみに毎週の感想文をジャンル分けしていないのは、序盤で正直そんな長続きしないだろうから終了してからまとめればいいやと放置していたのをそのまま引きずっているからです。富士山の回とかリアルタイムで読んでいればそんな気分にもなりますよ。ヒリューが4話目の時点で既にネタキャラの片鱗を見せているのはさすがとしか…。



AOU2009CAVE出展情報・ケイブ絶賛準備中レポ第5回

以前の鋳薔薇フィギュアと同じく虫姫さまフィギュアの扱いがぞんざいですな。那津子姐さんがウイルスに感染してるとか宣言しなくとも、CAVEそのものが病原菌みたいなものだとよく知っているので…。



革新的すぎて誰も貼ってくれない「シューティングラブ。200X」ポスター

スイマセン、那津子お姐さん以外にもウイルスに感染している方がここにもいました。といいますかウイルスが蔓延しすぎて常人が近寄れなくなっているのがSTG全体です。

シンプルすぎるポスターそのものもそうですが、4人対戦で飛び入りした挙句優勝してしまうとはさすが社長です。

そして200Xの発売を記念してかトライアングルサービスのHPではWin版の射ウォッチが。さっそく連射力を測定すべくダウンロードしてみましたが、スペックが足りないのかDirectXのバージョンを最新にしても起動しませんでした。ガクッ。

こんな社長が開発したXbox360「シューティングラブ。200X」は明後日2月19日、SO4や大往生と同日発売です。amazonですけど予約しましたよ、社長!

PSYREN第58話感想

先週の内水先生と比べると今週のマイスターの作者コメントはあまりにも未練タラタラでしたが、3話目の主人公が新入部員に対して理不尽にブチ切れたところで先行きが見えたので擁護する気にはまったくなれません。ふざけるなァ!

そんな最近ちょっと掲載順がいいからってうぬぼれてました!ホントすいません!なサイレン第58話の感想です。 【“PSYREN第58話感想”の続きを読む】

日々之Evolved

オトメやパックマンCEと並んで毎晩大絶賛稼動中のジオメトリ2なのですが、1ヶ月くらい前からPacifismが6億くらいのまま伸び悩んでいてそろそろ限界かなと思っていました。

そんな折フレンドランキングに目を通してみたところ、DeadlineとPacifismとWavesの3つでAMOさんに抜かれているのを発見してしまいました。他のフレンドの方(オトメンバーはジオメトリやっていないのです…)ならともかく、AMOさんに負けるのは悔しいので、その日のうちにPacifism以外の2つを抜き返しておきました。Waveはすぐに記録更新できたのですが、Deadlineがホントに大変で2400万点以上出すのに2時間近くリトライしました。

残るはPacifismの約10億…とはいうものの、前述のように6億からずっと伸び悩んでいる状況では他2つのようにはいかず、相変わらずバーの両端とうにょーんと伸びてくる菱形に殺意を覚えてリトライしていました。

ところが昨日ランキングを見てみると、抜き返したはずのDeadlineがまたもやAMOさんに200万点ほど抜かれ返されているではありませんか。こっちがあのスコアを出すのにどれだけ苦労したかと思っているのか…回線の向こうでほくそえむAMOさんの顔が目に浮かびます。いや、顔は知りませんが。
しかしこれで私が諦めると思ったら大間違いでして、その10分後には3000万点以上のハイスコアで再び抜き返してあげました。くくく、ジオメトリ2を起動して悔しがるAMOさんの後姿が目に浮かびます。だから、姿は知りませんが。
それにしてもあれだけ苦労して出した自己記録を10分で大幅に更新できたことに驚きです。前回リトライするうちにワンランク上の稼ぎ方が身に付いたおかげでしょうか。

Deadlineで抜き返して気分良くなったところでPacifismのプレイを開始したところ、なんと今までの壁だった6億どころか一気に約10億近くのハイスコアでAMOさんの記録を抜かすことができました。おまけにその後のEvolvedでも初めて1億を突破しました。

Deadlineだけでなく今まで伸び悩んでいたPacifismやEvolvedでも自己記録を更新とは。
なるほど、ライバルと競争させることでプレイヤーに進化(Evolved)を促す、これこそがジオメトリ2とXboxLiveのもたらすビデオゲームとプレイヤーの新しい関係という訳です。きっとトップクラスの人たちはジオメトリ生存競争にもまれて進化していった人類、いやネウロでいうところの「新しい血族」のようなプレイヤーなのでしょう。まさに宇宙とグリッドを制する能力に長けた存在…!

さて、見果てぬ進化の終着点を目指して今夜もまた宇宙の生存競争へと身を投じるとしますか。

そういえば以前杉森さんのどりるれろコラムが1年空けて何事も無かったかのように更新されるということがありましたが、さすがに銀剣公式サイトが4年ぶりに更新されているというのは全くもって予想だにしておりませんでした。

もちろん今更隠しコマンドなど知ったところで全て開放されておりますから無意味ですが、データが消えたりした場合でもこれですぐ復帰できますね。プレイしていて基礎倍率が上がるのは気付いてはいましたが、条件がノーシールドだったとは初耳です。

それにしても何故今になっての更新なのか謎です。何かのフラグだったらいいのですがはてさて。



行方不明のままだったグラⅤですが、結局見つからなかったので本日買ってきました。
とりあえず久しぶりのグラⅤですが、やっぱり見た目のインパクトがすごいですね。4年前のゲームですが、これぞ最先端の映像で表現された2DSTGと胸を張って言えると思います。
そして相変わらずムズイ(苦笑)

グラⅤというとフリーズオプション前提のゲームバランスだと以前評しましたが、ここ最近オトメでエモンに慣れていることからフリーズではなくスペーシングでプレイしています。オプション間隔を自由に変えられるのはホントありがたいですチクショウ。



一方そのオトメGはといいますと、1周約30分かかるので最近はホスト時に2周以降で立てることがほとんどなのですが、昨日はノーマル3周スタートで4-5まで到達することができました。

2周目クリアするまでに悪戦苦闘し、3周目も最初見たときはこんなん絶対無理ゲーじゃあ!と思っていたのがいつの間にかこうして結構順応できているのが我ながら恐ろしいです。人間やればできるものですね。

やっぱりここまで続いているのはcoopの存在が全てといっても過言ではなく、頻繁にプレイする4人のメンバーには感謝したいものです。ちなみにメンバーはトロン1・マドカ2・マドカorティタ1といった内訳です。これに私がメインエモンのサブティタといった具合なのですが、あらためてみるとマドカ率高いですな(笑)一番付き合いが長いのは2周目攻略からプレイしているトロンの方ですが、確かに最近いつも誰かしらのマドカと一緒にいる気がします。ウェーブもホーミングも無い分サーチオプの性能(+ワインダー)が頼りになるのですよね。

今後エスメラルダとポイニーが配信されたとして他の方の持ちキャラが変わるのかは定かではありませんが、私はこのままエモンとティタを中心にプレイするつもりです。



値段的にいい頃合になってきたのでNINJA GAIDENⅡ買いました。
オトメやXBLAと平行してちょくちょくプレイしていくつもりです。

PSYREN第57話感想

何でしょうこのキレイにまとまった最終回は…内水先生はホントいつもこうですよ。その一方でマグマ風呂などという暴挙が許されるなんて(集英社の利益的には正しくても)絶対おかしいです。とりあえず内水先生がまた帰ってきてくれることを私は望みます。今度こそできれば最初から短期集中連載として。

とおそらくサイレンが打ち切られた時も似たようなことを書くのが容易に予想できる、そんなサイレン第57話の感想です。 【“PSYREN第57話感想”の続きを読む】

デスマⅡティザーサイトオープン

もちろん楽しみではあるのですが、個人的にCAVEには続編よりも新作を出してもらいたいと思っているのでちと残念だったりします。それにしても今の時期にクリスマスが題材ってのもえらい時期外れです。普通に360版との相乗効果も狙っているでしょうから稼動は5月以降が妥当な線でしょうな。ところでグラフィックプレジデントこんな絵柄でしたっけ?塗りがアニメっぽく見えるのが原因かもしれません。



そういえば今週XBLAで「R-Type Dimensions」が配信されて、フレンドの人たちも一斉にダウンロードしましたが、ご覧のように私は体験版こそプレイしたものの完全版は購入していません。

Ⅰ・Ⅱ2本セットやその場復活のモード、オンラインcoop、リアルタイムでの2D3D切り替え機能などお値段的に見ればお買い得なのでしょうが…根本的な問題として私はパターン色の強いR・TYPEがそれほど好きではないのです。PSのTYPESも持っていますが、どれだけやっても6面攻略の糸口が見つからなかったしんどい思い出がまず最初に来るのです。

それにXBLAに対して昔の作品の移植を望む人は多いようですが、私は移植よりも新作が増えてくれることを望んでいるので。

とは言うものの、名作の移植であり出来自体も決して悪そうではないのできっかけがあればあっさり買いそうな気はしないでもないです。とりあえず今は様子見ということで。



せっかく360買ったのですからSTGとXBLA以外にも手を出してみようかと思いゲームショップの360コーナーに行ったものの何がなにやらさっぱりで帰宅。

XBLAの場合は物が物だけに自分が人に薦めるのを発掘するくらいの勢いでプレイできるのですが、パッケージの場合はそうもいかないのが実情です。
という訳でアクションを中心に自分と趣味の近いフレンドの人が遊んでいるタイトルや、評判のよさげなタイトルの体験版をダウンロードして少しづつ遊んでおります。

中でもソニックの新作なんかMDで止まっていた私にとっては物凄いスピード感でぶったまげました。ナイツで空を飛んでいる間に地上ではソニックがここまで速くなっていたとは。これも2月19日発売予定…ってソニックまで社長を潰そうとするのですか(苦笑)社長も体験版出さないと駄目ですよコレは。もっとも体験版をプレイされると余計購買意欲が下がる可能性もありますが…。

その他Forza Motorsport2やバイオショックなども体験版落としてプレイしています。
製品版を買うか買わないかは別としまして、こうしてちょっとでも気になったタイトルを実際に試すことが出来るというのはやっぱりありがたいものです。なんかソフト全く買わなくとも体験版だけでしばらく遊べそうな気がしてきました。

真・奇々怪界2

360買ってから毎日のように360(といいますかXBLA)の話ばかりの当ブログですが、もちろん他のハードを忘れてしまったわけではありません。
という事でSFC「奇々怪界謎の黒マント」が本日のお題です。日本未発売?雪ん娘?何のことでしょうか?



書き換えができるうちにSFCメモリカセットに入れておこうと思いつつ、気が付けば書き換え終了で縁が無かったタイトルでしたが、先日箱・説明書付きの美品を運良く発見したので購入しました。

ナツメ開発のゲーム内容はアーケードの移植ではなくオリジナルの続編ですが、ジャンルは同じくステージクリア型の任意スクロール全方向アクションシューティングです。小夜ちゃんのアクションはお馴染みのお札とお払い棒に加えて、お払いスピン、どう見てもボンバーそのものの術、そしてなぜかヘッドスライディングと芸達者になっております。



改心したはずの妖怪たちがおかしくなった原因である黒マントを倒すのが目的であり、かように1面ボスでは初代を思い出させます。ますが…。








その後外人墓地、洋館、飛行船、城、研究所とステージが進むにつれ和風からどんどん遠ざかっていきます。出現するのもゾンビ・ゴースト・ドラキュラ・亡霊騎士など西洋妖怪が中心となっていくどの辺が奇々怪界なのかは疑問ですが、近年そういう巫女さんが東洋の妖怪以外を退治する設定のゲームをチラホラ見かけるのである意味時代を先取っていたのかもしれません。

とまぁ設定にはちょいと疑問符は付きますが、アクションゲームとしての内容はかなりのものです。
全ての場面において何度も挑戦して敵の出現位置と攻撃パターンを把握するくらいの勢いで無いと即ゲームオーバーになるほどですが、それでもやられたときの理不尽感は少ないです。なぜならヘッドスライディングをはじめとした小夜ちゃんのアクションを使いこなすことで確実に先に進めるようになっているからです。全体的な難易度こそ高めですが、このアクションゲームとしてのバランス調整は見事としか表現しようがありません。こういう感覚がオメガファイブにも欲しかったです。



結局最後まで正体が謎の黒マント。左右の像さえ壊してしまえば本体の攻撃パターン自体はそこまで厳しくないです。むしろ一つ前の鎧がキツイのでボンバー推奨です。

8bit風の新作やらアレンジ曲などがもてはやされる昨今ですが、少なくとも2Dアクションに関してはやっぱり16bitの方が私には居心地がいいものです。

PSYREN第56話感想

いやーバクマンって面白いですね。

いくら作中で奇麗事を描いたところで、実際の誌上ではあれやこれが長期連載でグダグダになっているわ、こち亀は醜態を晒し続けているわ、新連載にはマイスターみたいなネタ漫画があるわでリアリティと説得力が全く無いのがたまりません。
こうなるとどれだけサイコーとシュージンをスゴく見せようとしても、本誌のそれらはもちろん赤○掲載作品よりも下だと自ら教えてくれているわけで引きつった笑いが出てきます。

と、とりあえずバクマンで名前が出ることも無さそうな(主に人気的に)、そんなサイレン第56話の感想です。 【“PSYREN第56話感想”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。