NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PYORO2~鳥とマメ2~

突然ですが皆さんは「鳥とマメ2」というDSiウェアにて配信されているゲームをご存知でしょうか。

今回取り上げるのはその「鳥とマメ2」の原型である「PYORO2」です。




ゲーム内容は鳥(PYORO)を操作して空から降ってくるマメを撃ち落としつづけるだけの非常にシンプルなものです。


PYOROの時と書き出しをほぼコピペして始めてしまいましたが、このPYORO2もまた同じようにメイドインワリオに収録されているミニゲームの一つであり、タイトルどおりPYOROのパート2です。

1ではマメを食べまくっていたPYOROでしたが、お腹いっぱいになってもマメが降り続けてくるため、今度は口からマッハ100の速さでタネを飛ばしてマメを撃ち落とすSTGになってしまいました。

マメにぶつかるとゲームオーバーや穴を飛び越えることができないなどの基本ルールは同じですがスコアシステムが大きく異なります。高い位置でキャッチするほど高得点だった1とは異なり、今度は同時に消したマメが多いほど高得点になります。具体的には1個辺りの点数が1個だと50点、2個だと100点(=200点)3個だと300点(=900点)、4個以上は1000点になります。それ以外の難易度上昇などのシステムはたぶん同じです。加速度的に上昇していくゲームスピードとスコアアタックの熱さは1と同じくまたハマリ度の高いミニゲームです。



ところで古今東西のジャンルに強いだけでなく新たなジャンルまで生み出すビッグメーカー任天堂ですが、その任天堂でさえ2DSTGには全くと言っていいほど関わろうとしないのはSTG好きの間では常識です。

しかしながらいちタイトルとしては出していなくとも、作品内のミニゲームとしてのSTGには時々お目にかかります。おそらく任天堂製のミニゲームSTGでもっとも有名なのはスーパーマリオRPGに収録されている「ばくれつかぶとむし」でしょうが、それ以外にも初代マリオランドにも海と空のSTG面が収録されていたり、このメイドインワリオ内にもボスステージとしてSTGのミニゲームが収録されております。

前述のように2DSTGを全然出さない任天堂ですが、このPYORO2をはじめことミニゲームのSTGに関してはさすが任天堂と唸らされるクオリティの高いゲームを生み出しているのです。

裏を返せば「2DSTG=ミニゲーム程度」でしかないのが任天堂の認識とも言えるのですが

ソーラーストライカーがそんなにトラウマだったのでしょうか。



まぁそういったSTGオタのいつもの恨み節はともかくとしまして、このPYORO2が面白いミニゲームだというのは事実でして、メイドインワリオはもちろんDSiウェアをダウンロードできる環境の方にはぜひともプレイしていただきたいゲームであります。

といいますか、こいつを遊ぶためにわざわざ213種類のプチゲーム全部で合格点を出すのはさすがに苦痛としか言いようがありませんでしたよ。仕事の休憩中や寝る前に1日5個程度のペースで埋めていったのですが、1つ3分と考えても合計10時間以上かかっていたわけで、我ながらよくやったものです。

今回は前回見損ねた「フォレスト・ガンプ」を視聴。

いい評判の作品だったので期待していたのですが、個人的には今ひとつといった感じでした。

何というのでしょうかね、主人公フォレストの半生を通じて人の生き方を描いているというのは理解できましたし、要所要所に散りばめられた描写でアメリカ文化や風俗・時代背景を追っているというのも何となくはわかりました。

〝それで?〟

そう、スタッフロールが流れたとき真っ先に口から出たのがこの言葉だったのです。
フォレストの半生を語らせて…それで何なのでしょうか。それで何を伝えたかったのでしょうか。

いや、多分これはそういう狙いなのでしょう。作り手から明確なメッセージが存在しているのではなく、テーマを受けた見る側が各々考える、そういう作品なのでしょう。

ですから積極性のある方や何か自分の考えを持っている方、中身のある方などはこの作品を見て感動もするでしょうし、きっとそこから何かを感じ取るでしょう。作中では多くの人物がフォレストに影響を受けているだけになおさらです。それこそサブタイトルの一期一会が意味するように、今後の一期一会を大事にしようと前向きに捉える人もいるでしょう。

しかし私のように空っぽな人間は彼の生き様を見せられても、単に自分とは関わりの無い他人の人生としか感じられないのです。端的に言ってしまえば、「どうでもいい」の一言です。

…こういう考えがコミュニケーション不全の温床となっているんだなと軽く自己嫌悪を覚えつつ、締めの言葉とさせていただきます。

今週は「Mrビーン カンヌで大迷惑!?」と「バックドラフト」の2本を見ました。本当はフォレスト・ガンプを見ようかなと思っていたのですが、ちょうどレンタル中だったもので。後、全然関係ないですけどポルノグラフティのベストを何枚か同時に借りてきてPCと360のHDDに取り込んだり。


まずビーンの方ですが、一応ビーンがカンヌを訪れるという流れはあるものの、全体的には場面ごとに繰り広げられるいつものコントをつなぎ合わせたような構成でして、以前の劇場版と比べると「らしい」作りになっていた気がしました。

しかしながら個人的にはビーンで楽しみなのはビーン自身がアクシデントを引き起こすことよりも、その後をいかにごまかすのかという部分なので、やっぱり長編となるとその辺りは少なくなってしまうのかなと残念でした。



そしてもう一つのバックドラフトの方はかなり大満足の1本でした。

消防士の物語という事で火災現場を舞台にした人命救助やハードなアクションがメインかと思っていたのですが、実際にはそういった現場でのアクションよりも消防士の兄弟の関係を描いたヒューマンドラマという内容でした。

見所はいくつもあるのですが、とりわけカメラの視覚効果を使用した人物の心理描写には唸らされました。一例をあげれば中盤で兄が救助者の子供を助けるために炎の中へ飛び込んでいくシーン。弟は兄と違って吹き出る炎を前に部屋へ入ることができず、後から同僚が援護に駆けつけてくるのを待つしかできません。やがて兄が子供を抱きかかえて無事に戻ってくるシーンではスローモーションになるのですが、その直後にアップで入る弟の表情は兄が無事だった安堵感や喜びではなく、炎の中に飛び込めなかった自分への無力感と敗北感です。役者の演技もすごいですが、そういったカメラワークだけで兄弟の対比を演出できるのは実に巧みだと思いました。

消防車の上でラブシーン(しかもお約束どおりにその最中に出動)や放火事件の顛末についていくつかどうよと思う点も無いことも無いですが、全体的には最初の10分ですっかり引き込まれてそのまま最後までのめりこんでしまうほど面白い作品だったと思います。

ケイブの発表会で新作タイトルが初お披露目!

赤い刀 真

5月というのはずいぶん早い気がしますが、移植自体は予定通りというところでしょうな。画面比率だけでなくゲームシステムまで変わるという事でデスマⅡ→ⅡXみたいなバージョンアップ移植と考えた方がよさそうです。



INSTANT BRAIN(インスタントブレイン)

で、こちらが例の以前から浅田さんが手がけられているADVのほうです。

CAVEが本格的なADVを開発するのはおそらく初めてだと記憶していますが、いつものSTGから流れてくるユーザー、5pbなどのADVが好きなユーザー、新規のユーザー、はてさて今作にいったいどれだけのユーザーが食いつくのでしょうか。ただキャストを見る限り、ある程度声優のファンで釣れるくらい力を入れているのは私の目にも明らかです。

個人的には今までの浅田さんの功績を考えれば別に買ってもいいかなとは思っているのですが、そもそもADVというジャンル自体にさほど思い入れが無いのでとりあえず様子見というところです。

…ぶっちゃけ今回の発表で一番驚いたのはタイトルでもストーリーでもキャストの豪華さでも音楽の梅本さんでもなく、キャライラスト担当がいるまかみりさんだということなのですが(苦笑)よりによってエロで数少ない単行本まで買ったことのあるかみりさんとか。といいますかこれで浅田さんのコネクションがますます謎に…。



『シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん』Xbox 360で待望の新作!
『Ever17』神ゲー Xbox 360で新生!


どっちも別に買う気はありませんけれど、一応プレイしたことのある身としてとりあえず触れておきます。



Hard Corps: Uprising
『コントラ』シリーズの流れを組む『HardCorps:Uprising』がXbox LIVEに登場

コイツを見逃しては2Dアクション好きを自負する資格もありません。ということで問答無用で早速完全版をダウンロード。

詳しくはまた後日。



なぜか今になってボーダーダウンのサントラを購入。

曲だけ聞くとホント爽やかなSTGなんですがねぇ…。

いろいろ

先週末は久しぶりに実家へ帰っていました。行きはともかく、帰りは雪のせいで予定していたバスが運休して2時間遅れとついていませんでしたが、それ以外は特にトラブルも無くダラダラとしていました。

ちなみにゲームはSFCの「HAGANE」とGBAの「スターソルジャー」を買っただけです。(←買ったんかい)



そんな訳で先週は映画も見ていません。

代わりといっては何ですが、ウルトラマンを1巻から借りてきて見ています。もちろん初代です。
こうしてきちんとウルトラマンを見るのは初めてなのですが、やっぱり今見ると特撮のセットがしょぼく見えてしまうのは仕方ないですね。もちろんだからと言ってつまらないと言うわけでは全然ないのですが。

それよりも鑑賞していて驚いたのは科特隊がかなり活躍している事です。見るまではウルトラマンが怪獣と格闘して倒す作品というイメージがあったのですが、実際には科特隊の活動を主軸にして話が展開していき、ウルトラマンが登場するのは終盤の3~4分だけに過ぎないのですよね。

これもまた1日1話くらいのペースで鑑賞しているので、どうやら今後2ヶ月くらいはウルトラマンを見る日々が続きそうです。



星霜鋼機ストラニア PV第2弾

おっ、何やら実績も既に判明しているとの事でどうやら近いうちに配信されそうな気配がしてきましたな。

それにしてもPVを見ていると何といいますかグレフというよりもトレジャーっぽい作りのような気がします。動くブロックの合間を縫っていったり、ボスが回転して攻撃してくるのを武器を変えて対処する辺りにそこはかとなく…。

まっ、DLCも含めてダウンロードすることはとっくに確定なので近いうちにまたMSPを補充しておくことにします




大復活BLは放置中です。何度かプレイはしたものの、烈怒ゲージをはじめとしてどうやってプレイしたものか今ひとつしっくり来ないのです。ゲージを貯めるべきなのか、オートボムのONOFFをどちらにすべきか、どのスタイルでプレイすべきか…単純にシステムを理解できていないのもそうですが、ストスタを使いつつ、ハイパーをガンガンぶっ放していけた無印大復活に慣れていただけに余計違和感があります。またハイパー自体の効果時間も短くなっているため、爽快感という面でも今ひとつです。

また後ほどプレイはするつもりですが、このままですとわざわざパッケージ版を買わずともDLC版の方で十分だったと後悔することになりそうです。



むちポ&ピンクは購入するかどうか検討中。
単純に積みゲーが増えてきているのと、わざわざ発売日に買ってまでやりたいかと問われれば正直微妙なので…。

PYORO~鳥とマメ~

突然ですが皆さんは「鳥とマメ」というDSiウェアにて配信されているゲームをご存知でしょうか。

今回取り上げるのはその「鳥とマメ」の原型である「PYORO」です。




ゲーム内容は鳥(PYORO)を操作して空から降ってくるマメを食べつづけるだけの非常にシンプルなものです。

プレイヤーにできることは左右の移動と斜め方向へ舌を伸ばしてマメを食べるだけです。マメは高い位置で食べるほどスコアが高くなります。

マメにぶつかるとゲームオーバー、マメが地面に落ちると穴が空きますが、Pyoroはその穴を飛び越えることができません。よってハイスコアのためにはぶつからないよう足場を確保しながら、いかに高い位置でマメを食べるのかがポイントとなります。

とこのように一度プレイすればすぐに理解できるほどシンプルなゲームでありますが、それゆえに熱中度はすさまじく高いです。特に進行に応じてゲームスピードとマメの量が加速度的に上昇していくため、1万点を越えた辺りからは一瞬の判断と素早いボタン操作が要求されます。見た目ののどかな雰囲気からは想像もできない熱いゲームなのです。

ちなみにこのゲームは元々メイドインワリオに収録されている隠しミニゲームの一つでして、作中ではこのゲームが大ヒットしたのを知ってワリオがゲーム開発で一儲けを企むことになっています。遊べるようになるためには全てのプチゲームを図鑑に登録(一度でも遭遇する)する必要がありますが、プチゲームの出現はランダムのため条件を満たすには若干手間がかかります。

寝る前にメイドインワリオを起動するのが近頃の習慣ですが、実際のところメイドインワリオ本体はとっくに飽きており、もはやこのPYOROがメインという状態になっています。気がつくと20~30分はプレイしてしまう時間泥棒なヤツです。

続・完全攻略キョクゲン

引き続き「完全攻略キョクゲン」を攻略中です。






ステージ8後のキョクゲンガー合体の中間デモ。…バトルマニアかい。





最後の最後はほぼイベントみたいな戦闘なのですが、そこに至るまでがムズ過ぎです。難度3ならまだノーコンティニューで何とかなりますが、1つ上げて4にすると一気に跳ね上がります。とりわけステージ6以降は敵弾が速すぎて、反応でボム撃とうとしても間に合わないくらいにまでなってきます。

現状目安としてラスボス戦に5機は持ち込みたいところですが、直前のステージ5'で3UPを取得できるためステージ8クリア時に残2が最低ラインです。そこまでにアイテム&スコアで10回以上エクステンドするため文章で書くと余裕そうですが、ステージ5以降は(主に高速スクロールの所為で)予期せぬ事故死が多発するためぜんぜん思うように行きません。

キャラはエンディングリストの関係上満遍なく使っていますが、意外と重要なのはスピードです。これが足りないと結構ザコ敵の突撃を受けます。あいむあたりを使うと汰聞の昇竜拳やステージ8のサンドイッチザコの攻撃を避けるのが厳しいです。



これがそのエンディングリスト。ちなみに下4人は隠しキャラなのですが、セメル以外の出し方が分かりません。現状でもキャラの文字が見えるので、もしかしたら埋めていくと隠しキャラの出現条件が明かされるのかもしれません。

と言うわけでまだまだキョクゲンは続くのでありました。

今週の映画は「ターミネーター3」と「ドラゴンボールエボリューション」という、「よりによってその2本かよ!」というツッコミが速攻で入りそうな2本です。

まずターミネーター3ですが、これはひどかったです。

特にジョンの情けなさといったら目を覆いたくなるレベルです。ヤク中でペットショップの犬小屋にぶち込まれるのを皮切りに最後までずっと受身で、とてもこんな奴が未来の指導者になれるとは思えないほどの劣化ぶりには別な意味で涙が出そうでした。

前作までのストーリーをぶち壊すエンディングや全く恐怖に感じないターミネーターもアレで、唯一の見所は相変わらずド派手なシュワちゃんのアクションシーンくらいです。

とにかく劣化した箇所が多すぎで、冗談抜きで2での感動を返せと叫びたくなるレベルの映画でした。



もう一本のドラゴンボールは例の実写版のやつです。映画情報にほとんど詳しくない私でさえ、初報から地雷間違いなしと皆の失笑を買ったと記憶しているアレです。

そんなわけですから当然端から期待などしていなかったのですが、それを差し引いてもツッコミどころ満載のかなりアレな映画でした。

一例を挙げると

・心肺蘇生に使われるかめはめ波
・悟飯に「女の子にモテたいんだ」とごく普通の悩みを相談する悟空
・亀仙人とのバトルのラストでなぜかブルマに気を当てる悟空
・エロの力で気をマスターする悟空
・ある意味原作並の活躍のヤムチャ
・手下を生み出すための採血でめっちゃ痛がるピッコロ
・ナマステ

などなど、原作との違いをあげればそれこそキリが無いくらいです。

しかしそんな事は最初から分かりきっていたことで、一本の映画として割り切ればこれはこれで…うーん…やっぱり微妙です。設定やアクションには目を瞑るにしてもとりわけストーリー展開の端折り具合が酷いです。全編ダイジェストを見ているのかと思うくらいです。

そして思い切り続編制作を仄めかすラストにいたっては失笑しか出ませんでした。

まぁ話のネタとしてはともかく、単純に映画としてみれば時間の無駄だったと言い切れる2本でしたね。

PSYREN第15巻発売&小説第2弾決定

既にタイトルの時点でオチていますが気にせずいきましょう(・x・)

サイレン15巻が発売されたので買ってきました。昨日の夜仕事帰りに2軒の本屋に立ち寄っても見つからなかったので焦りました。



最終巻の1つ前らしくWISE全員集合の表紙です。シャイナやヴィーゴなどの面々もようやくカラーで描かれて良かった…と言いたいところですが、ウラヌスちゃんのオレンジはかなり微妙です。冷気を使うだけにてっきり水色や灰色といった寒色系の髪だと思っていたのですが…全体のバランス的な意味でもそうですが、ヴィーゴと被っていますし。

それにしても全員集合と言う割には誰か足りないような…あっ、遊坂がいないのですよね。でも彼は他の星将との接触がありませんでしたし、何より巻頭カラーを飾るという大役を担ったので全員集合のカラーに描かれなくともお釣りがくるくらいでしょう。

収録はアツアツじゃないですかのCALL126から殺る気満々のアゲハ見開きで〆のCALL135までです。個人的には合間のツブヤキ的なもので岩代先生自身としては雨宮さんVSシャイナの回(CALL132)に手ごたえを感じたというのが複雑な気分だったり。確かに1話内でシャイナとの戦いとアビスとの和解をまとめるのは難しかったでしょうが…。

そして既にご存知の方も多いと思われますが、今巻の帯には実に嬉しい発表が。



うおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ、小説第2弾きたぞぉぉぉ!!!!!!

連載終了からNEXTでの補完も無く、後は最終巻での加筆を期待するばかりと思っていただけにこれは非常に嬉しいです。第1弾が「call1」で続きも出せそうだったとはいえ、よもや最終巻と同時発売で第2弾とは。

第2弾のノベライズ担当も前回に続いてSOWさんが担当されるとの事で、予告によるとアゲハ達の10年後をはじめとした〝その後〟が描かれるようです。前回で大満足のノベライズをしてくださったSOWさんなら安心できますし、岩代先生の原作と含めると事実上の補完と言ってもいいくらいでしょう。ホントもう生きる気力が沸いてきます。

最終巻と小説第2弾の発売日は共に3月4日なのでその日が来るのを首を長くして(朱鳥的な意味で)待ちましょう。

完全攻略キョクゲン

1週間ほど前にMSXマガジン永久保存版3を購入してから、家では寝る前を除いてもっぱら「完全攻略キョクゲン」しかプレイしていない状況が続いています。



冒頭から置いてきぼり感全開なので解説しますと、この完全攻略キョクゲンは97年にMSX改プロジェクトというサークルがMSXで出したインディーズの縦STGです。

MSX改プロジェクト
略してM改

M改と聞いてピンときた人も多いはず。(←そうか?)
そう、何を隠そうあのM-KAI氏が10年以上前に開発した作品なのです。

それがMSXマガジン永久保存版3に収録されていたと知ったため、2秒で切り返して買ってきたのです。







そんなこんなでプレイしまくっているわけですが、むちゃくちゃ面白いですコレ。「インディーズにしては」「一人で作ったにしては」「MSXにしては」といった言葉を抜きにして遊んでいて純粋にそう思えます。

特徴的なのは速さです。コンパイルシューよろしく敵の動きや敵弾、スクロールが速く、勢いで攻めるゲームテンポがテンションを高めてくれます。そうです、私がやりたかったのはこういう熱いSTGなのです。難易度は高いですが、やられても再チャレンジしたくなる意欲を掻き立てられます。

それにしてもこのゲーム、面白いのは面白いのですがプレイしていると妙に気恥ずかしくなってしまうのは私だけでしょうか。

キャラ絵
ステージクリア時のセリフ
STG以外からも引用されているいろんなパロディ
某宗教団体を髣髴させるあれこれ
シューティングだぜぃ!という自己主張の激しい曲
フラッシュ多様のエフェクト
12人+αの機体それぞれに8段階(9かな?)のエンディングというボリューム
中間デモ(いろいろアレ)

何といいますか…「若気の至り」とでも表現しましょうか。なまじ昔から変わっていない部分が見えるだけに、若かりし頃のM-KAIさんが想起されるのです。といいますかブラスターバーンを体験した後だと影響受けている部分が丸分かりです。

とりあえず現時点ではどのキャラが使いやすいのか感触を試しつつ、おそらくデフォの難易度4で1周クリアできるようプレイしていくつもりです。あいむかちか辺りが使い易いですかねぇ。

FC2Ad