NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

シューティング開発者インタビューサイドvol.3

シューティングゲームサイドVol.3が発売されていたので買いました。

感想は…一応vol.1からお情け・惰性で買っていましたが、今後はまた様子見でいいやと思いました。
取り上げているタイトルや記事の内容以前にとにかく開発者インタビューが多すぎます。実に誌面の約3分の1が開発者・作曲者インタビューで占められているとか何なのでしょうかこの雑誌。

それもインタビューが掲載されているタイトルの8割以上が半年以内に発売されたもので、レゲーに関しては開発者インタビューはまずありません。

そりゃエスカトスのM-KAIさんやギャラガレギオンズの井口さんのインタビューが読めて嬉しくなかったと言えばウソになりますよ。しかし何でもかんでも開発者にインタビューしなくてはいけないという事は無いでしょうが。

そのせいで結局のところゲーサイ中期以降と同じようにメーカーに気を使った提灯記事、あるいは批判を意図的に避けたカタログ的な紹介ばかりではないですか。
編集部としてはマニアだけでなくライトにもSTG入門のガイドブックとして手にとってもらいたいと考えているのかもしれませんが、だったらなおさら興味が無い人でもプレイしたくなるような熱意の感じられる・面白い記事を読みたいと私は思います。

極端な話、開発者インタビューなど一切無くてもいいのです。
開発者の考えが知りたければゲームから感じ取ればいいのです。といいますか、むしろそれが本来在るべき姿なのではないかとさえ思います。

例えばエスカトスのワイドショットは銀剣のと違って真正面が死角になっていますが、この事により特攻してくる敵に対して自機を左右に振る必要があり、それが「敵を紙一重で捌いている感覚」ひいてはゲームのスピード感を増すのに一役買っているのです。

もちろん上の例は私の解釈であり、M-KAIさんをはじめエスカトスのスタッフが明言したわけではありません。でもおそらくそうだろうとゲームをプレイしていて感じました。
究極的には開発はザコ敵の放つ1発の弾にさえ何らかの意図を込め、プレイヤーはその何気ない1発の弾からでも開発者の意図を感じ取るような、そういうゲームを通じて意図が伝わればインタビューなど必要ないのです。

まぁどうせ批判ばかりが先に出る典型的な頭の固いゲーオタの言っている事であり、こんなところでブツブツ言ったところでどうにもなるわけでもありません。ただ単に自分にとって値段分の価値が感じられないから、このままだと次号は買わないというだけの話です。

ZUNTATA NIGHT4

昨日の夜はZUNTATA NIGHT4をずっと見ていました。

以前から放送していることは知っていたのですが見たことは無く、今回は事前にスィープレコードのサイトにて番組内で新譜の発表があるという情報を知ってじゃあせっかくですから見てみようと思った次第です。

まぁダラバーの新しいアルバムや告知などが中心のトークで1時間半から2時間くらいかなと予想していたのですが、まさか21時から翌朝3時まで約6時間もあるとは思ってもみませんでした。

・Remiさん(ダラバーACの「組曲:光導」でボーカルを担当されている人)をゲストに迎えてのトーク
・ダラバーのサントラCDのジャケットデザイナーの方とのトーク
・ダラバーACEXの次回アップデートの情報
・DARIUSBURST ANOTHER CHRONICLE LIVE IN O-EAST -revolt-(通称リボルト)の情報
GROOVE COASTERのデザイナー・イシダレイスケさん(スピカアドベンチャーやインフィティジーンの開発者!)を交えての新作紹介
・中山上等兵こと古川典裕氏を加えての「秋期特別講座:初めてでも良く分かる!ZUNTATAの歴史」

といったのが昨日の番組の内容ですが、実際には23時からラストまで約4時間まるごとZUNTATAの歴史で占められるという内容でした(笑)

以下番組を見ながら印象に残ったりツッコミを入れたところを箇条書きでピックアップ


・冒頭から演奏するのはともかく、その選曲がよりによってダライアスツインのゾーンAかよ!
・土屋さんも小塩さんも相変わらず帽子を被っておいでで…
・ジャパネットZUNTATA
・リボルトの予約でエビテンのサーバーが落ちる
・Remiさんのかわいさに土屋さんデレデレ
・後ろのダラバーACEXのポスターが剥がれる
・Remiさん「復活時に画面中央に行っちゃって焦る」こういうSTGを普段しない人の意見は大事です
・リボルトのブックレットイメージは美術館の肖像画。…が小塩さんに関しては西部劇のお尋ね者みたいな雰囲気に。
・デザイナーさん「STGらしくないけどこれでいいのでしょうか」ZUNTATAの伝統なので問題ありません。
・ポスター再び剥がれる
・ACEXのフェイズ2に関しては来週中に何とか発表できるかも?というレベルらしい
・新曲もあるよ!
・土屋さん、(車なのに)終電タイムなのでここ(22時20分ごろ)で撤収
・イシダレイスケさん登場第一声「ポスターの歪みは心の歪み」
・小塩さんのipadなかなか立ち上がらず
・「打ち込み担当ですからパーフェクト当たり前ですよね」などなどイシダさんに思い切りプレッシャーをかけられる小塩さん
・GROOVE COASTERは他のプラットホームに移植されたらぜひプレイしてみたいです
・土屋さん再登場するも座る場所が無く背後で名札を持ったまま居心地悪そうに
・古川さん、「萌え系」ならぬ「喪え系」
・ZUNTATAの歴史コーナー、まずはZUNTATAを立ち上げる前のタイトー音楽制作チームの頃からの話で代表作はエレベーターアクション、バギーチャレンジ、影の伝説、フェアリーランドストーリーなど
・続いて奇々怪界、バブルボブル、ダライアス
・外装だけちびっ子仕様のオペレーションウルフ
・豆腐~♪
・ラスタンのゲーム内容には…
・ダディマルクの入り部分は「熊谷」と歌詞が付けられているらしい
・某セガの光吉さんに対抗しようとするも勝てず
・実はZUNTATAよりもZUNCHACHAの方が先
・OLGA BREEZE冒頭の元ネタは銀河漂流バイファム
・ツナサシミは2時間会議の末に決定
・ミズバク大冒険は「だいぼうけん」ではなく「アドベンチャー」
・石川さんの研修地はベルサーではない
・ポスター完全に剥がれる
・ここでスィープレコードからメタブラ3部作(ガンフロンティア・メタルブラック・ダイノレックス)のBOX発表
・「タイトーレトロゲームミュージックコレクション3」が「かわいい系」でまとめられているというコメントに対し「プリルラは違うだろ!」というツィートがチラホラ
・皆深夜だと言うのにピザ食いすぎ
・またダラツインか!しかもiTunesで配信決定とか推しすぎ
・一方完全にスルーされるフォース…
・ダラ外、レイフォースなどは鉄板過ぎるので特にコメント無し
・お、こいつはR-GEARのアレか
・逆鱗弾も曲だけは(略)
・小塩さん、アーケードでは連コインでのクリアはクリアと認められません。レイストでは仕方ないですけど
・まぁレイクラは1曲13分とか平気でかかりますから流せないですよねー
・レイシリーズ最後のとか言うな
・電車でGOやらスペース遣隋使はあんまり興味ないので…
・と言いますかこの辺りからタイトー自体が…
・スピカアドベンチャーはやっぱりスルーですかそうですか
・インベーダーガールは合いの声が入っているバージョンじゃないと!
・最後は光導エンディングで締め


長い(汗)
それにしてもやっぱり99年からインベーダーエクストリームが出る2008年くらいまではZUNTATAというより、タイトー自体があまりゲームを出していなかったせいで薄くなってしまうのは仕方ないですよねぇ。

まぁでもこうしてインベーダーエクストリームやインフィニティ、そして何よりダラバーと小塩さん土屋さんを中心に新しい世代のZUNTATAが個性を見せてくれるようになったのは嬉しい限りでありまして、今後も彼らの活躍を期待しつつまた次回の放送も楽しみにしたいと思います。ちなみにリボルトはもう既に8月の時点で予約済みです。

今でも愛してると聞かれれば愛していないとはっきり言える

今日はシルバーガンを1クレジットクリアしようと頑張っていたのですが、まさか8時間弱もかかるとは思ってもいませんでした。STGは時間が開くと感覚が鈍りやすいとはいえ、ほぼ一日中シルバーガンだけしていたことになります。

さすがに2度も60秒避けでゲームオーバー(2回目に至っては後10秒で2機あったにもかかわらず)になったときは石のような物体に心底怒りを覚えましたが…どうせ避けきってもお約束の輪廻エンドなのですからいいやんけと思ったり。

6A到達時のスコアは平均700万で武器レベルはABCがそれぞれ22・10・20といったあたりですかね。基本的にスコアはAとCに割り振って、Bはソードとボス撃破ボーナスくらいでしかスコアが入らないようにしています。大まかな流れとしてはステージ3と2で600万くらい頑張って稼いで、後の5と6はスコア無視の速攻といった感じです。ステージ4とか5Aとか生きるのすらいっぱいいっぱいなのにあんなので稼げる気全くしません。

それにしても昔プレイしていたときも思ったのですが、やっぱりどうもこのゲームは個人的には好きになれません。映像・音楽・ゲームシステム・コンセプト・作りこみ・パロディ・ストーリーなどなど、このゲームの面白さや魅力を説明することはいくらでもできますし、実際名作であることは確かです。

でも好きかといわれればノーです。
そしてその理由が「スコア稼ぎの強制」に尽きるというのも全く変わっていません。

別にそれが悪いというわけではないのですよね。
スコア稼ぎ及びそのためのパターン構築こそがシルバーガンの醍醐味であり、実際それが面白いのですから。

私にとってシルバーガンは理解はできるけど相容れることは出来ない作品であり、いつまで経っても交わることの無い平行線なのでしょう。

「私のこと、愛してる?」

君はとてもステキな女性です。美人だし性格にはプライドの高いところもあるけれど、そこが魅力的でもあるし、スタイルも抜群でお金も持っている。でも私は君といっしょにいると束縛されているようでとても疲れるんだ。私はお姉さんの斑鳩さんのようにある程度自由にさせてくれる人が好きなのです。

来月発売の「Child of Eden」が海外だともう数ヶ月前にリリースされているという事実を知って待ちきれずに輸入版を買ってしまいました。それに日本版より安いですし…。

もちろん説明書をはじめ全部英語なのですが、このゲームに関しては日本語でないと困るところなど一つも無いので何の問題もありません。キネクトならともかく、パッドならAボタンでロックオン、トリガーでTracer、Bボタンでボム、これだけわかれば十分です。

でざっとプレイしてみたのですがプレイ感覚はRezの後継作…といいますかまんまです。もちろん水口さんプロデュースの時点でそれを期待していて、何よりノリが大事なゲームなので何の問題も無いのですが。



もちろん銀銃ことシルバーガンも抜かりなくダウンロード済みです。

しっかし久しぶりにプレイするとすっかりパターンを忘れていますね。1クレジットクリアのためにあれだけ自分なりに必死にパターン組んだというのに。

とりあえず昔の記憶を再構築しつつ、再び1クレジットでクリアできるよう精進する予定です。



ここにきて赤い刀 真のスコアアタックにどハマリしてしまいました。

1クレジットクリアや真エンディング目指してプレイしていたときも十分面白かったのですが、ふと気まぐれにスコア関係の実績目指してスコアを稼ぎ出したらあっという間に2時間も過ぎてしまったくらいです。いや、ムチャクチャ面白いですよコレ。

レーザーでのゲージ回収、大型敵になるべく長く刀を当てる、コンボを切らさないといった具合に何となくスコア稼ぎの指針は掴めてくると今までクリアで4億だったスコアが6面途中で6億目前と約1.5倍に伸びました。

などと調子に乗って公式サイトの稼ぎ動画を見たところ、自分のプレイしている赤い刀真と同じとはとても思えない内容に唖然としました。2面クリアの時点で既に私の最高スコアを上回っているとか…まったく、このゲームは奥が深いです。



ダラバーACEXのクロニクルモードにてMASSIVE WHIP(イカ)と初遭遇してきました。

自機選択で間違ってレジェンドではなくフォーミュラを選んでしまったのですが、レーザーを大量に撃ってくれるおかげでバーストゲージも維持しやすく、初対面の割には思ったよりあっさり倒せました。

その他例によってアサルトでクジラルートをプレイしたり、PSPと比べてかなり強化されているダークヘリオス(後ろに周っての開幕安地が使えない・ミサイル発射口が4つになど)にボコボコにされたり。



PSPではアーカイブスでダウンロードしたGダラを結構プレイしています。

α(イクリプスアイ)→β(トライポッドサーディン)orγ(クィーンフォッスル)→ε(ディメンジョンダイバー)→ι(8フィートアンブレラ)→ν(エンブリオン)の比較的簡単なルートなら何とか1クレジットでクリアできるくらいにはなってきました。まぁ基本カウンタービームゲーなので。



同じくアーカイブスでダウンロードした雷電は1日1雷電ペースでまったりのんびりと。平均4~5面で終わります。

ルーティンライフで流される日々

気がつけばもう9月も中旬に入って2011年の4分の3が過ぎようとしているのですか。

はぁ…(深いため息)

年齢を重ねるにつれ時間の間隔が短くなっていくというのは定説ですが、今になってそれが如実に感じられるようになってきたのです。

朝起きて、仕事をして、帰ってきて、夕食を食べて、日付けが変わって適当な時間になったら眠って…本当に普通のありふれた生活ですが、それゆえに変化に乏しくあっという間に毎日が過ぎていく気がしてならないのです。

要するに時間が過ぎるのが早いと。

しかし全く変化や出来事が無い訳ではありません。
例えば8月末には久しぶりに実家に帰りましたし、先週はあるゲームの基板を買ったり、新しく買った漫画があったりと少なくとも週に2回はブログのネタになりそうな事はあったのです。

しかし気がつけば特に何もしないまま1週間、2週間と過ぎ、何か書き込もうという意志が緩やかに衰退していってしまうのです。

いや、衰退しているのは書く事だけではありません。新しい行動を起こす意志全体が衰退しているのです。
日々のルーティンワークの中で楽な楽なほうへと流されていくのが自分でも理解できているのですが、それを覆そうとしない怠惰な意志に支配されてしまっているかのようです。

足りないのは時間なのか、お金なのか、気力なのか、それとも退屈を紛らわす能力なのか…あるいはその全てなのかもしれません。

何と言いますか全体的に倦怠期です。そしてまたそういう日々を送っていると「自分は何のために生きてるのか」などという事をふと疑問に思ったりもするのです。

あぁ、また例の病気が再発したとかではありませんのでご心配なく。

一応「そんなもの世の中の大多数の人は分かる訳ないし、考えても仕方が無い」という回答は出ているのですが、最近は「だから結婚して子孫を残すのだろうな」とそこから一歩進んだところまで考えるようになってきたのです。

もちろん私自身今のところそんな予定も無ければしたいとも思わないのですが、世間の親が働く理由・生きる理由なんてそれで十分なんだろうなと納得できるのです。

何かこういう事を考えてきている時点でもう若くは無いのでしょうかねぇ。

あぁヤダヤダ。とりあえず今からでもこのルーティンワークの日々の中で行動する意志と、時間を大切にしましょうと思ったのでありましたとさ。(一応ここでいう時間を大切にというのはゲームなどという娯楽で時間を浪費しないという事ではなく、ゲームをするにしてもダラダラ遊ばないという事なのであしからず)

ときめきメモリない

最近PSPのアーカイブスも利用するようになったのですが、同時にそろそろメモリースティックの容量が厳しくなってきて買い替えを検討しています。

現在使っているのは確か最初PSPを買った時に合わせて買ったもので容量は512MBです。当時はまだアーカイブスも始まっておらず、セーブデータや音楽ファイルだけなら余裕だったのですが、さすがにGダラ一本入れただけでパンパンとあってはギガクラスの容量が欲しいです。

せっかく他にもTFⅤPSやザナック×ザナックといったSTGを寝ながら(ここ重要)プレイできると言うのに、持ち運びできるのが一本だけとは…いやまぁ本体にセットできるUMDだって1つだけですからそこにもう1つセットできるだけでも十分恵まれているのでしょうが。しかしフタを開けて入れ替えするだけのUMDと違って、いちいちMediaGoを起動してデータを転送しなおすのはやっぱり億劫です。なお雷電だけはえらく軽い(13MB)ので常駐させてます。

そんなわけで本日2Gのメモリースティックを注文しておいたので、届いたら購入済みのアーカイブスを一気にぶち込む予定です。STG以外にもRPGやACTで入れておきたいタイトルは多々あるので、MSPだけでなく今後はPSチケットも補充しておく必要があるでしょう。