NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

現在のデスクトップPCは買ったときから「休止」メニューが無かったり、ビデオデバイスが「不明なデバイス」になっていたりと怪しげでしたが、ちょっと前から音楽ファイルを選んだだけで完全に固まる、電源長押しで強制シャットダウンしないと電源が切れないなどかなり終わっている状態になってきました。

バックアップは既にあらかたとってあるので、一応念のためOS再インストールを試してみたのですがやっぱりマイコンピューターにアクセスするだけで数十分応答なしが続くため、諦めてネットブックの方にデータを移行することにしました。

もともと寝ながらネットをするために買ったやつなのでCD/DVDドライブも付いていないのですが、性能的にはWin7も入っているので正直こっちの方がいいくらいです。光学マウスもありますし。今月は歯の治療費や家賃やらで出費が嵩んでいるので、しばらくはこれを使うつもりですが、XPのサポート期間も考えると、次にデスクトップを買うときはそれも7にしようと思っています。

それにしても寝ながらノートPCというと引きこもりが布団に包まりながらやっているイメージが強いですが、実際やるとキーボード打つのにひじ痛いわ、表示範囲もデスクトップと比べると小さいわで全然くつろいでできないです。



でネットブックにデータを移行するにあたってThunderbirdを導入してみたのですが、プロバイダのホームページに記載されているとおりにやってもなぜかアカウントの設定が上手くいかずに断念しました。

結局付属のWindows Liveメールを使うことにして事なきを得ましたが、自動で検出してくれるはずなのにso-netだと何か引っかかるのでしょうか?



今日もまた歯医者に行ってきました。

前回は右上に銀歯をかぶせてきて、今日は左上の2本を削ってもらってきました。
皆さんも歯は大切にしましょう。



旧型PS2本体含む手持ちのソフトを60本ほど処分したところ約2万円になりました。

そのお金で宝くじや他のソフトでも買おうかとも思いましたが、おとなしく親知らずの治療費の足しとして取っておく事にしました。



さっきまで基板を引っ張り出してエスプレイドをやっていました。
いつ遊んでもバリアを使わず真っ向勝負を挑みたくなるプレアデス戦はすばらしいです。
「STGは避けゲーになってダメになった」なんて某名人のありがたいお言葉があったりしますが、この避ける事の楽しみと熱さを覚えている限り私には理解できないのでしょう、きっと。

THE TRUE MEDAROT

GBAの「真型メダロット」が終わったのでそれの話でもしますか。 【“THE TRUE MEDAROT”の続きを読む】

武蔵野境の日赤病院で親知らずを診てもらったところ、予約が1ヶ月先までいっぱいでそれまで手術できないとの事。
親知らず程度でそんなに待つものなのか疑問を抱きつつも、仕方がないので何とか我慢します。



1万という値段で結構悩みましたが、ゲームのサントラは買えるときに買っておかないと後悔するという先人の教えに従って東亜プラン シューティングクロニクルを買っておきました。



ゲームのサントラといえば、コナミに交換してもらうのがめんどくさくてそのままだったオトメディウスサントラの修正前バージョンにえらいプレミアが付いていることを最近知って驚きました。

個人的にはあんなミスのあるいい加減なつくりの時点でサントラとして価値を下げていると思うのですがよくわからないものです。そんな風なので小銭がほしくなったらオークションにでも出してみるかもしれません。



サイヴァリアのミディアムユニットに引き続いてリビジョンの方にも本格的に着手しましたが…うーん、ちょっとついていけないというのが正直なところです。

μの時はレベルを上げれば上げるほど後の展開が楽になるため、クリアに向けての明確な目的があったのですが、Rだと一定のレベルに到達するとXステージに突入するせいでレベルを上げてもあまり楽になる気がしないのです。そのXステージにしても道中のBUZZでほとんど経験値を稼げないためプレイしていてあまり楽しくなく、ボスに至ってはレベラの無敵時間を利用しなければとても抜けられない攻撃ばかりでひたすらしんどいのです。

しかも6-B相当のX-Bまでならともかく、X-C、X-Dといった高レベルのステージを出すためにはボス戦でも稼ぎが必要になるわけで…。かすり制限撤廃やXステージのBUZZボーナスなどスコア稼ぎにおいてはより奥深くなりましたが、全体的にはマニア向けの調整が目立って、μをクリアするのが精一杯だった私の手にはもはや余るという感じです。



久しぶりに究極タイガーも1日1プレイのペースでやってたり。
しばらくプレイしていなかった割には安定して5面を越せるようになっていて、案外覚えているものだなと我ながら感心します。



シネモラは今すぐプレイしたいというほどではないものの、やっぱり気にはなるので360にポイントを補充したらそのうち。



ようやくDSのFE新暗黒竜を買いました。少ししたらプレイするつもりですが、さすがに2度目のリメイクなので最初から何らかの制限をかける予定です。オレルアンズ+SFCでのリストラ軍団あたりを使おうかなと思っています。



ちょっと前まではGBのSRPG「リトルマスター」をやっていました。
まぁ取り立てて書くこともなく、ゆる~い感じの携帯機でプレイするのに適した佳作というところでしょうか。



今はもっぱらGBAで珍型もとい真型メダロットをプレイしています。
既存のメダロットの世界観にとらわれない斬新なデザインに心が折れそうですが、某所に愚痴りながら何とか進めています。

THUNDERFORCEⅤ PerfectSystem ハイスコアコンテスト2012春


いくらアーカイブスで配信されているとはいえ、今更15年も前に発売されたソフトのハイスコアコンテストの2回目をやるものでしょうかぁ?

などと訝しげにページを眺めていたところ下の方に気になる記述が。


主催:トゥエンティワン(有)
共催:(株)マイクロマガジン社 シューティングゲームサイド編集部

上位入賞者の方には、共催会社より別途表彰が有ります。この該当者については共催会社より連絡を差し上げます。この目的で該当者の個人情報を主催会社から共催会社へ連絡します。

シューティングゲームサイドからThunderForce特集号の雑誌が4月下旬に発売されます。ThunderForceシリーズの歴史から解説、初心者にも優しいハイスコアテクニック集まで、ファン必携の1冊。




へー、ほー、そういうことですか。なるほどなるほど。いやぁ、これは久しぶりにSTGゲーサイが楽しみですね。
特に例の詐欺師とズブズブだった編集部があの産廃Ⅵをどう扱うのかが本当に楽しみです。

メダロット・navi

一度はデータが消えてしまったメダロットnaviも、あれ以降はアダプタ挿しっぱなしでプレイしたため無事クリアまで消えることはありませんでした。

という訳でいつものごとく感想です。ちなみに今回もクワガタです。 【“メダロット・navi”の続きを読む】

数日前から夜寝ている途中で起きてしまうくらい右上の奥歯が痛くなってきたため歯医者に行ってきました。
東京に出てから10年くらい歯医者には行っていないにもかかわらず、甘いものやスナック菓子などお菓子も日常的に食べているツケがまわってきたのでしょう。

銀歯の辺りが傷むのできっと昔治したところが悪化しているのだろうと思っていたのですが、診察及びレントゲンの結果虫歯ではないと言われました。

あんな歯に無頓着な生活にもかかわらず虫歯ではなかったというのには驚きましたが、では何が痛む原因なのかと言いますと親知らずです。

親知らず。

名前は知っていましたが、まさかこのズキズキくる痛みが親知らずだったとは。

こうなると治療と言いましてももはや抜く以外に方法は無いわけですが、抜くにしても大きな病院で無ければ無理ですし、費用や治療の日数が定かではないためそこで即決はできません。

そりゃ治せるものなら今すぐにでも治したいですが、仮に1週間くらいはまともに仕事も出来なくて費用も数十万かかったりすれば判断に悩みます。痛みの周期は数年おきに来るそうなので、そうだとすればとりあえず今しばらくは痛み止めで我慢して、その間に治療のための準備をしておくのも一つの手です。

ですので、とりあえず今日は痛み止めをもらって次回の通院までの1週間ほど様子を見てみることにしました。

しかし家に帰ってきて他の人の話を聞いたりネットで体験談を読んでみると、日数は2~3日(治療そのものに至っては合計数時間)で費用も1本数千円、諸費用含めても数万以内で済むと私が思っていたほど大掛かりな治療は必要なさそうです。

そうと分かれば話は早いです。
次回通院時先生に紹介状を書いてもらい、その間に休みを調整して今月中には治療できるようにするつもりです。

アンダーハイディフィート

サイヴァリアμの6-Bルートもノーコンクリアで一区切りしたのでアンデフHDを始めました。始めたといいましてもとっくの昔にDC版をノーコンで1周できるくらいはプレイしていたので、別に新鮮味も無いのですが。

で一通りプレイした感想は…正直今更コレをパッケージで出すほどか?という感じです。

いや、アンデフ自体がすごく出来のいいSTGなのはずっと前から分かっていることなので問題はそこではないのです。

アーケードモードは中身が下手すればDC版をHD化して360に移植しただけと言ってもいいかもしれません。
少なくとも私レベルではほとんど気にならないほどまんまです。

追加されたニューオーダーモードは16:9に対応した新たなモードと謳っていますが、実際やってみると至近距離や真横から撃たれる場面が多く、アーケードのを調整せずにそのまま横画面化しただけという印象が強いです。安井さんのアレンジBGM自体も悪くないのですが、肝心の曲が道中のしか用意されておらずボスでは道中のが頭からループするという腰砕け仕様に萎えます。

端的に言ってしまえば今回360に移植されるにあたってのウリというのが「360でアンデフが遊べる」以外に何にも感じられないのです。

もちろんDC版アンデフの中古相場などを考えればそれはそれで大きいメリットではあるのですが、同じような境遇(過去に移植or発売済・プレミア)の斑鳩・シルバーガン・エグゼリカといったSTGはXBLAにて800or1200MSPという安価で配信されています。またトライジールやシルバーソードに至っては新作のパッケージで一緒に収録されているくらいです。

そういった多くの前例と比べると今回のアンデフHDは内容的にXBLAで1200MSPあたりが妥当なラインであり、かなり割高に感じられるのです。といいますかアンデフHDをXBLAにして、ストラニアをバウアー込みのパッケージにすればよかったのに。

何でしょうかね、ニューオーダーのBGM仕様・通しでのリプレイ保存不可・DC版復刻パッケージ・価格設定・実績の内容etc…穿った見方をしてしまうと今回すごくグレフに足元見られているような気がするのですよ。「プレミア付いてるしこれぐらいの出来でこの値段でも君たち買ってくれるよね?STGが売れないのもいつものことだし、ウチも大変なんだからわかってよね?」みたいな。

しかし、グレフの過去アーケードや家庭用移植での実績を見るとこうも考えられるのです。
手を抜いたのではなく、実はもう手を入れる余裕も無いほど苦しいのではないのかと。
そうでもなければ大事な弾であるはずのアンデフを今回のように扱うとはとても思えませんもの。

どちらにせよ私も自分の大事なお金で買っている以上、今回の内容を擁護する気にはなりませんが…ただ、もう一度書いておきますがアンデフ自体は自信を持ってオススメできる名作なので、未プレイの方・DC版を持っていない方・値段に納得できる方なら押さえておいて損は無いでしょう。