NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

FEZ

少し前にダウンロードしたXBLAのFEZをとりあえずエンディングまでプレイしました。

ゲームシステムなどは前回書いた日記でほとんど十分なので、今日はこのゲームをプレイしていて思ったことをとりとめもなく。

このゲームの話をする際に切り離せないのが制作者の「日本のゲームはクソ」という発言と一連の流れでしょう。

私自身はファミコンをはじめとした昔のゲームに思い入れのあるレトロゲーム好きでもなければ、毎週最新のゲームを追い続けるような熱心なゲームマニアでもないので、この人の発言については肯定も否定もしません。といいますか単に無関心なだけとも言いますが。んでも、発言のずっと前からゲームそのものは気になっていたので、どこかに訴えかけるものがあったのかもしれません。

そういった事情を踏まえた上…まぁ踏まえなくとも構わないのですが、私はこのゲームをプレイして

ああ、このゲームの制作者は昔の日本のゲーム(ファミコン)が本当に大好きなんだなぁ

と素直に思いました。

見た目からして8bit風だったり、宝箱を開けるときの演出がもろゼルダなのを見ればそんなの一目瞭然だろうと言われそうですが、そういうレベルではないのです。

まずゲームを開始すると導入部のストーリーもなく、いきなり主人公の家からスタートします。とりあえず出来ることをしているうちに気が付けばキューブ集めという目的のために外の世界へと踏み出すことになります。そうしてキューブ集めのためにいろんなところを巡っていると、文字や文化といった何やら文明の断片とおぼしきものも見かけるでしょう。
それらが具体的に何を示しているのかは(少なくとも最初の時点では)理解できないでしょう。しかしながら、そうして旅を続けていくうちにぼんやりながらもこの世界の形というものが見えてくるでしょう。

この右も左も分からないままポツンと放り出され、未知の世界を手探りで探索していく感覚。

これって何かに似ていませんか?
説明書もゲーム内でのチュートリアルも無く、ゲーム内での反応を頼りに手探りでプレイしていたファミコンの頃の感覚に。

謎解きもそうです。
アクションパートで視点を移動させるという基本を忘れず、同時にマップでとりこぼしが無いようにちゃんと確認をしていけばとりあえずエンディングを見るために必要な数のキューブを集めるのは簡単です。

しかし、これがアンチキューブをはじめとしたこの世界をより深く知るための謎解きになると一気に難易度が上がります。
住人の言葉や壁画に描かれた言語、各地でたまに見かけるフクロウ像やテトラミノの数々…普段からミステリーや暗号を調べるのが好きな人だったり、外国の文化や言語、風俗といったゲーム以外の知識に詳しい方ならこれらの謎を解き明かすことでよりゲームの世界を深く楽しめるはずです。悲しいがな私には解読の糸口がさっぱり掴めませんが、それらにきっと重要な意味があるのだろうということは何となく分かります。

ゲーム内のシステムを利用したパズルだけでなく、現実世界でのさまざまな知識・推理・推測などを必要とするのも昔のゲームの感覚のような気がします。

まぁこの手のゲーム内でヒントがほとんど無く、手探りで試していく謎解きは下手すれば現代版たけしの挑戦状にもなりかねないのですが、それも含めてゲーム全体から「オレの、オレ達の大好きだった昔の日本のゲームってこういうものじゃなかったか?」という制作者の不器用だけど情熱的なメッセージが伝わってくるのです。

それに同意できるかできないかは個人の判断に委ねますし、私自身さほど昔の日本のゲームが好きでもないので判断できかねません。ただ、少なくともこの制作者のゲームに対する思いは感じましたし、あの発言の背景も何となく納得できました。

後はゲーム自体をもっと多くの人にプレイしてもらえばいいのですが、悲しいことに現時点で7万人くらいしか完全版をダウンロードしていないのですよね。しかも世界での合計ですから日本での360の普及台数を考えると、日本で実際に購入まで行ったプレイヤーは…。なのに例の発言だけが一人歩きしていて、いちユーザーとしては悲しいです。

それはともかくとして当初の期待とは違っていましたが、アイデアを始めマップの構成やギミックといったパズルアクションとしてみても唸らされる内容であり結果的にはプレイして良かったなと思いましたとさ。

先週からシレン5を約1年ぶりに再開しました。確か原始をクリアして旧道をプレイ中、エビルナシャーガに瞬殺された(昼夜逆転のスイッチを踏んだターンに隣接していた)のが最後で理由でそれ以降やっていなかったと思います。

再開して出来ることはたくさん残っているのですが、とりあえずは原始以外のクリア後ダンジョンのシナリオクリアから進めていくことにしました。でその後は99階に挑戦しつつ、同時に持ち込み用のアイテムや夜ダンジョン用の技を収集していくという予定です。一応クリア後ダンジョンの全99階クリアが目標ですが、例によって途中で飽きたり何か別のやりたいソフトが出たらやめるかもしれませんので、実際どこまでプレイするかは不明です。気分によっては例の掲示板にプレイ経過を書くかもしれません。

とりあえず現時点では

・おにぎり穴
・天上の池
・人生の落とし穴
・異次元の塔
・ゲンさんのシマ
・地底の館

のシナリオクリア(地底は各エリア分割)が済んでおりまして、次は旧道のシナリオクリアか人生の99階クリアに挑む予定です。夜ありダンジョンは「ルームやりすごし閃光」や「ドコ?階弾」といった攻略上必須ともいえる強力な技をほとんど覚えていないため、まずはそれらを調達してからになるでしょう。

それにしても午前1時に寝る予定が気が付いたら3時過ぎていたりと、STGやアクションと比べて相変わらずの時間泥棒っぷりには腹が立つもののさすがと認めざるを得ないです。

口の中が道路工事とはよく言ったものである

ようやく例の親知らずの右上を抜いてきました。

ここ最近は割と大人しめではあったのですが、さすがに一昨日くらいから仕事にならないほどの尋常でない痛みに見舞われたため、ついにロキソニンSを服用するほどになっていました。それにしてもアレは効き過ぎてが逆に不安になるくらいスゴイですね。

肝心の治療はといいますと、目的の親知らずが横向きで完全に歯肉に埋まっている(水平埋没歯と言ったかな?)ため、麻酔後歯茎を切開して取り出すという結構しんどい内容でした。根が少し曲がっていたこともあってなかなか抜けず途中ノミとハンマーで衝撃を与えるなどして、約30分かかってようやく抜けました。

麻酔が効いているため痛みはほとんど無かったのですが、今まさに口の中が切られているという感覚やハンマーでガンガン叩かれる感覚、そして先生や助手さんの手袋が真っ赤に染まっていくのはおぞましかったです。自分から見えないとはいえ口の中が道路工事という表現がピッタリでしょう。

ちなみに抜いてもらった親知らずはこんな形です。






最初血肉が残っていてちょっとグロかったので洗いましたが、それでもまだ少し残っています。
こんなのが横向きに埋まっていたのですからそりゃあれだけ痛むのも当然ですし、口腔外科を紹介されたのも納得です。

なお治療費は薬代も含めて約4千円。
患者が言うのもなんですが正直あれだけやってこの費用は安すぎで、歯医者からしたら親知らずの治療なんてあまりやりたくないのだろうなと思います。

術後から既に10時間近くが経過して麻酔はとっくに切れていますが、ほっておくとどうしても気になって舌で触ってしまいそうなので、ずっとガーゼを噛んだままにしています。多少腫れはあるものの、とりあえず今のところ思ったほどの痛みも無くこうしてネットもできていますので、経過は順調とみていいでしょう。

食事は当然ほとんど噛めないためおじやと豆腐にしましたし、明日以降はあらかじめ備えておいたウィダーやプリンなど噛まずに食べられるもののお世話になりそうです。肉でも食べて動物性たんぱく質をとったほうが速く治りそうですが、こればかりはそうもいきません。明日になれば左下にまた別の銀歯が入るので、そうなれば左でもっと噛めるようになるでしょう。

後は右下のほうもまた後日抜いてもらうことになっていますが、こっちは上と違って頭が出ている分今回よりも楽に抜ける…といいなと思います。

ファンタジーアースゼロでもなければファイアーエムブレムの新作でもない

ようやく配信されたXBLAのFEZをダウンロードして進めております。

いやー、いいですよコレ。
プレイ前は洞窟物語よろしくの2Dアクションだと期待していたのですが、ゲーム内容は謎解きメインのパズルでアクション要素はかなり薄いですし、グラフィックにしても似ているのは静止画での印象だけであって、ゲーム中での魅せ方もぜんぜん違う別物です。

特徴的なのはトレーラーでも紹介されているように視点を回転させられることでして、



例えばこういう状況のときに画面を回転させると



違う視点ではこういう風な位置関係に見えるわけです。
現実で考えればここには奥行きが存在しているため2つの足場は遠く離れているのですが、見た目的には非常に近い距離のように見えるといういわば「だまし絵」のような状況であるのです。

ところがこの世界ではこれが全て平面=2Dとして扱われるため、上図のように左の足場から右の足場へ乗り移ることが出来てしまうのです。

そしてその状態で再び画面を元の位置に戻すと…



なんとあんなに距離の離れていた右の足場へと移動できてしまっているではありませんか。
こういうだまし絵のようなギミックを駆使して世界に散らばっているキューブを集めていくのが目的なのです。

これの何が凄いって発想そのものよりも、それを活かしたマップデザインです。少しプレイしただけで、この世界を作るのに一体どれだけ複雑で、膨大なマップを用意したのか考えただけで溜息が出ますし、開発期間が延びまくっていたというのも納得です。こんなの思いついてもできますか?

そして8ビット風のグラフィックもこのゲームシステムに一役買っています。

例の「だまし絵」のようなギミックがゲームを進める上での重要なポイントですが、実際こういうギミックはグラフィックがキレイ(距離感が分かってしまうようだと)だと違和感が生じてしまうのです。そこで大事なのがこのグラフィックなのです。
こういった平面的なドット絵風のグラフィックだからこそこのインチキなパズルが成り立つわけでして、近年時々見かけるファミコン世代のノスタルジーを誘うという反吐が出るような理由ではなく、ちゃんとゲーム上の必然性があってこのグラフィックになっているのです。

その他ゲーム中の雰囲気も素晴らしく、一度始めるとパズルの内容と相まってついつい先へ先へと止まらなくなってしまいます。

まだ序盤を終えたばかりですが、現時点でも言うだけのことはあるなと納得させられるのは確かです。

あれだけじゃなんなので普通に近況も。



歯の治療は先週左上に銀歯を2つかぶせて、親知らず以外の虫歯の治療は一通り終わりました。

後は来週ようやく例の親知らずを抜いてもらうだけですが、この1ヶ月相変わらず何度も痛みがぶり返していたのでもうホントさっさと終わって欲しくてたまりません。



ようやくシネモラの体験版をダウンロードしてみました。あわせてポイントも補充したのでこれでいつでも買う準備は万全です。

と意気込んでいたのですが、いざプレイして体験版が終わると完全版を購入する意欲がかなり減退してしまいました。
グラフィックは日本の2DSTGの比じゃないくらいキレイで、演出等もものすごい力が入っているのは一目で理解できます。
しかしタイム制で被弾のリスクを抑えているかと思いきや、パワーアイテムを放出&被弾時の無敵時間が無いせいで結局火力が落ちてボスが倒しづらくなるとか、敵弾や地形判定の分かりづらさといった2DSTGとしての根本的な部分で全く面白く思えなかったのです。

一応評価するにしても完全版を一通り最後までプレイしてからにしたいとは思いますが…現時点ではこれに1200MSPを払って続きを遊びたいかと言われればノーです。800か600に値下げされればお布施覚悟で買ってもいいかというのが正直な気持ちです。



そんなわけでシネモラに今すぐポイントを費やすよりは、ようやく13日に配信が決定したFEZの方が大事なのです。

そういえば何か少し前にこれの作者が「日本のゲームは終わってる」的な発言して叩かれたそうですが、確か3年位前の時点で発表されてたのがようやく配信されるにあたっての炎上商法なのかと疑ってしまいます。



ギャンブルの話をしていたら何となくシレンがやりたくなったので久しぶりに5を再開してみたり。原始をクリアしてそれっきりだったのでどこか他のダンジョンに挑戦してみるのも悪くないかもしれません。

こう考えるとホント不思議のダンジョンなんて金のかからないギャンブルみたいなものなのですから、コレやってればいいのにまったく。



長らく積んでいた魂斗羅DSにようやく手をつけ始めました。

過去作オマージュが多さがちと鼻につくとか2画面を使用した画面構成が見づらいなど気になる点もありますが、ゲームそのものはかなり手応えのある内容だと疑いようもないです。

まだ難易度ノーマルですらコンテニューを使い切っても5面すらクリアできませんが、実に攻略しがいのあるアクションでしばらくは熱くさせてくれそうです。



ここ1週間は真型メダロットのお口直しにまたもやWSのメダロットパーフェクトエディション(PE)をやり直していました。
1関連で最初にプレイしたのがPEだったので以前は気が付かなかったのですが、GB版の後にこうして再プレイするとまさに完全版とでも言うべき内容に驚かされます。とりわけ追加イベントの多さにニヤニヤしっぱなしでした。

そういえばPEについては一度クリアしたことがあるにも関わらずあまり触れていなかったため、気が向いたら他の作品同様ちゃんと感想を書いておこうと思っています。

小人閑居して何とかと言うが

新年度、4月になったので最近身の回りであったゲンナリする話をひとつしましょうか。(新年度関係ない)

うちの実家には両親と兄が住んでいるのですが、先月電話がかかってきたとき両親から兄の生活態度に対する愚痴といいますか苦言が少しあったのです。

「あいつのお金の使い方が酷い」と。
何に対して使い方が酷いのかといいますとギャンブル、特にパチスロです。

うちの家族が週末になるとパチンコ屋に行くのは昔からのことですし、私が実家に帰省したとき連れて行かれてウンザリしたという話も何度か書いたと思います。両親に関してはあんなのよくやるとは思いつつも、ちゃんと生活費を確保したうえであくまで娯楽の範囲でやっている(ほとんど1円のしかやらない)ので別に構わないのです。

ところが兄の場合は実家住まいという立場に甘えて、その娯楽の範囲を超えてつぎ込んでいるというのです。

話を聞くに平日は仕事が終わるとほぼ必ずお店へ行き、休日に至っては朝から並んで開店と同時に打ち、結果に関わらず夜もほぼ必ずまた出かけるそうです。実際帰省したときも1日に2・3回は打ちに行っていましたし、金額にしても毎回当たり前のように万単位で使っていて止めろと呆れた記憶があります。

そういう状況が何年も続いていても、自分の稼いだお金でやっているのですから両親もあまりうるさく言わなかった(基本的に仲の良い家族で、自分たちも時々一緒に連れて行っているから)のでしょうが、さすがに先月の使い方があまりに酷く、ついに堪忍袋の緒が切れたそうです。

具体的には1か月分の給料約15万円をわずか4日で全てパチスロに負けて使い切ってしまったというのです。
そしてそのせいで車検代が無くなってしまい、両親に借りようとしたため大喧嘩になったそうです。

両親からこの話を聞いたとき金の使い方が小学生並だとあきれ返りました。いや、小学生のほうが金額が低い分マシです。
私の給料だって正直薄給もいいところですが、家賃をはじめとした生活費の管理はそれなりにちゃんとやっているつもりです。

結局この件と先月いっぱいで仕事を辞めることがきっかけとなって、そんな金の使い方をするのなら実家から出て行けと怒られ、しぶしぶ両親に財布を預けるようにすることで許してもらったそうです。毎日千円だけ渡すという話を聞いてますます小学生のお小遣いだと思いました。



そして昨日です。
仕事から帰ってきてお風呂に入っているときにアパートに電話がかかってきたのです。

時刻は既に22時半過ぎで風呂に入っている30分ほどの間に3度もかかってきたことから、もしや身内に何か不幸が起こったのかと不安になりながら電話をかけなおしてみると兄が出ました。

ところが別に大した用事があったわけでもなく、ただ単にヒマだから電話をかけただけだと言うのです。

まぁそりゃいいですよ。帰ってくるのが遅いといっても朝が遅いから帰りも遅いだけで別に疲れてるわけでもありませんし。
お金も無いんだから大人しくゲームでもしてればいいのではないでしょうか。毎日千円もらえるのなら2~3日我慢して、PS2のドラクエ5でも買えば1ヶ月は遊べるぞと。3以外のシレンでも買って縛りプレイをすれば平気で数百時間は遊べるよと。

するとその金すら無いと言うのです。
いやいや、4月から毎日千円のお小遣い制にさせられたのなら多少使っていても4~5千円は残っているだろうと。

なぜかと問い詰めたところ、その残った5千円までもパチスロで使ってしまったと。さらには実家に全巻揃っていたHUNTER×HUNTERを売って、その売値4千円まで使ってしまったと言い放つ始末。

もうね、さすがにキレましたよ。
テメーいい加減にしろと。
金ができたら買い戻すと言うが、もう二度と読まないならともかく、買い戻す気があるのならはじめから売るなよ。
ハンター×2なんか今後何年経っても買い戻すのに最低その倍はかかるだろうが。
その程度の目先の計算すらできないくせにドラクエ5の三千円やSFCシレンの数百円を高いとのたまうのか。
彼女とやらがいるんだろ?だったらそのパチスロに回す金のいくらかでも彼女につかってやれよ!

しかもあれだけ負けているのに反省どころか少ない金額ですらやろうとする始末。
そのくせ二言目には

「理論上は勝てる」
「軍資金があれば勝てる」
「勝てば取り返せる」
「本気でやれば勝てる」

といったギャンブル依存症お決まりの戯言ばかり。

じゃあ実際に収支表をつけて勝ってる証拠を出すなり、朝から晩まで1日中本気でやってそれで生活しろよと言うと、そんなのは面倒くさいからやりたくないの一点張り。

こりゃ今は何を言ってもムダだと、30分ほど続けたところで湯冷めもしてきたので電話を打ち切り、再び風呂に入りなおしました。



さすがに昨日のこの一件で私も両親同様、兄に対する考えと立場を改めざるを得なくなりました。
今はまだ借金をしていないとはいえ、この様子ではいつ友人や消費者金融へ駆け込んでもおかしくありません。

これが友人なり同僚であれば付き合いを考え、今後なるべく関わらないようにするのですが、身内である以上そうもいきません。今日は一日中このことばかり考えていました。

さて、どうしたものでしょうか。
兄の彼女とやらはあんなのと付き合っている時点で頼りにならない以前にそもそも会ったことすら無いので論外にするとしまして、弁護士やカウンセリングというのも現時点では重すぎる気もします。

となるとまずはやはり両親と相談して今一度兄の生活態度を見直させるのが先決かもしれません。

こういうのは一人で悩んでも行き詰るのは百も承知ですが、離れて生活している以上物理的にどうこうできないのがもどかしいです。

10日ぶりくらいの日記がゲーム全然関係ないこんな話題でスイマセン。

FC2Ad