NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ぴーえすさんがやってきた

PS3買ってきましたよ。



さすがに今のところ解放少女SIN以外にプレイしたいソフトも無いため少し前の型の中古ですが、例え後から遊びたいソフトが見つかっても160GBもあれば余裕でしょう。といいますかPS3の一台くらい、欲しい基板の一枚を買うことに比べればはるかに安上がりではないですか!(←ヤケ気味)。でもさすがにこれで後から360に移植されたりしたら割と本気で泣きます。

スペースは置き物になっていたビデオデッキを処分して作るとしまして、これで現在部屋にはPS3・Xbox360・Wiiの前世代据え置き機とメガドラが置かれている状況になりました。

さて、とりあえず本体は用意しましたが後はケーブルとモニタの問題です。
改めて見直すと今現在360はHD VGAケーブルで繋いでいるわけですが、PS3の場合VGAケーブルが出て無いため360と同じようにPCのモニタに表示する事ができないのです。

こうなってはAVマルチ接続のSD画質で妥協するしかないかと思いましたが、ふと使っているモニタの入力端子を確認したところあるではないですか。

DVI-D端子が。しかもHDCPにちゃんと対応しているのが。

ならばPS3本体からHDMI→DVI変換ケーブルをかましてモニタに接続という方法でいけるはずです。音声は360と同じように外付けのスピーカーから出力すればOKです。

これでどうやら一通りプレイ環境を整える事はできそうなメドがたちました。
今日はまだ用意していませんが、ソフトの発売日までかあるいは同時にケーブルも買ってくることにしましょう。

後は…とりあえず今まで接続していたMedia Goと同期させて過去アーカイブスで購入したゲームをPS3のHDDにでも移しておくとかそういった事前の準備をしておきましょうか。PS2との互換性が無くなっているのは痛いですが、PS1とは互換性があるので代わりにもなりますし。何気にPS2だとちゃんと動作しない東亜シューティングバトル収録の究極タイガーもちゃんと動くようですしね!

いつものゲーム感想のように一つの記事にするようなものが特に無いので最近の状況を適当に。



「解放少女 SIN」(公式サイトに飛ぶといきなりPVが流れて重くなるのはどうにかならんのか)が来月5日に発売されるということでこりゃもうボチボチPS3本体を買わねばと思ってはいるのですが、いざ相場を調べてみてもやはり2万円くらいは見積もらなければいけなさそうで少し二の足を踏んでいる状態です。

またせっかくPS3を買うのだったらHDに対応したテレビorモニタも欲しい訳で、そうなってくるとますますこんがらがってきます。既に6畳のボロアパートにはAVマルチ端子のついているWEGAが鎮座していますが、これは基板やレトロゲーをRGBから変換して接続するためなのでHD機には向いていません。

そうなると360同様DVIに変換してPC用のモニタに繋げるのが現状で一番妥当な選択肢なのでしょうね。
うーん、めんどくさいです。やっぱりとりあえずソフトだけ確保しておいて本体はもう少し後でもいいかなぁ。



といいますかそれより前にストーリー上の前作にあたる3DS版をやっておいたほうがいい気がしてきたので、近いうちにそちらからダウンロードしておく事にしましょうか。



何となくWiiのVCでPCエンジンのイースⅠ・Ⅱを今更ながら初めてプレイしています。

正直グラフィックもゲーム内容も今プレイしたところで「あぁ、当時は凄かったんだろうな」の味気ない一言しか浮かばないのですが、そんな中でもサウンドだけは冗談抜きに一発で目が覚めるレベルでビビりました。本当にすごい物は時代に関係なくすぐにそのすごさを理解できるものだとしみじみ思います。



そして実機のメガドラは鮫×3の難易度ハードがクリアできるようになったので、今度はTATSUJINをプレイしつつ、時にデンジャラスシードでトリップしたりといった進歩の無い具合です。

メガドラはいつ触れても安心します。



何か久しぶりに新しい基板でも買ってみようかなと、各店のリストで興味のあるタイトルの相場を見ていたのですが、全然安くなっていないどころかむしろ全体的に値上がりしているようでたまげました。

例えばレイクライシスなんて一昔前はサブのみ\12600~\18900くらいが相場だったはずなのに、いつの間にか6~7万くらいになっていたり、東亜シューも人気のあるタイトルは全体的に3~4万以上とこうなる前に買っておけばよかったと後悔したくなるようなものばかりです。まぁ昔は昔でそんなお金も無かったのでムリなのですが。



基板などというゲームとしてはあまりに高すぎる買い物をしようか思案する一方で、金額としては対極に位置するようなフリゲRPG漁りを続けているわけですが、ちょっと最近は休憩中です。

どちらかといえばシステムが複雑なものよりも、肩の力を抜いてプレイできるゆるいorギャグ系のがやりたいと思っているので何かよさげなのは無いかなと探索中です。



ゲームのサントラは買えるうちに買っておけという先人の格言に従い、前々から気になっていた「ロックマン エグゼ トランスミッション」のサントラを購入しました。あとついでに「ヴォイド・ギア」のサントラも。

どちらもゲームは未プレイですし、おそらく今後もプレイする機会は無いと思いますが、たまにはこういう買い方をするのもアリかなと思って早速取り込んで聴いています。



ここしばらく悩まされていた親指と人差し指の荒れですが、皮膚科で薬をもらって塗り続けていたにも関わらず一月近くたっても一向に良くならず、ついには中指と薬指にまで水ぶくれのような症状が広がってきてしまいました。

その事を病院で伝えたところ、もう少し様子を見てそれでも良くならないようなら今度はステロイドを出してみましょうかと言われましたが、じゃあ何、今までの薬は症状を判断して出していたのではないのかとかなり疑心暗鬼にさせられました。実際今までの診察といってもほとんど触られず数秒見るだけで終わっていたので不信感はなおさらです。

そこで素人判断は良くないと思いつつも、どうも症状的にはウイルスではなく汗疱の方があてはまるのではないかという気がしたので、効果があるらしいコーフルを薬局で買って1日3~4回ベタベタと塗りたくっていました。

すると1週間ほどで中指と薬指に発生した小さい水ぶくれが消え、酷かった親指と人差し指の症状もかなり治まったではありませんか。
さすがにまだ完治とはいえないので引き続き親指と人差し指には塗り続けていますが、こうなるとますますあの皮膚科の診断は何だったのだろうかと腹立たしくなります。もちろん世の中にはきちんと患者さんの治療のため働いてくださっている医師の方のほうが大多数だとは思いますが、いずれにせよ診察を受ける側は不安でいっぱいなのですからちゃんと納得のいく診察と説明をして下さる方に見てもらいたいものだと切に願いました。

ふしぎの城のヘレン

先週からプレイしていたフリゲの短編RPG「ふしぎの城のヘレン」が終わったのでいつものごとく紹介&感想とまいりましょうか。

【“ふしぎの城のヘレン”の続きを読む】

もうそろそろ若くは無いのですからちゃんと健康にも気を遣おうと、先月受けてきた健康診断の結果が出ました。

幸いな事に何一つ異常は無かったのですが、診断表に何となく違和感が。



何でしょうか、我ながら50kgないのは確かにやせすぎだと思いますが、普通こういうので太っている場合「肥満」と表記されるはずですからそれに習って「痩身」と表記してもらいたいのに、機械的なシステムメッセージで「やせすぎ」と書かれると字面が妙におかしいです。



街も終わって据え置きで今すぐやるゲームも無くなったので、またいつものごとくメガドラでアクションやシューティングを適当にむさぼっております。

とりわけ鮫×3を難易度ハードにしてプレイするのがここ数日の恒例になっていて、帰ってきて時間がないときもとりあえず1プレイだけでもやるかという感じです。



いっぽう携帯機の方ではDSでこの前買ったポケモンサファイアをプレイしつつ、空いた時間にもじっぴったんの続きをチマチマプレイしたり、PSPで雷電をプレイしたりといった相変わらずしょうもない具合です。



据え置きで腰を据えてプレイするゲームから離れても、PCでは離れられないフリゲRPG漁り。
今度は「ふしぎの城のヘレン」というのが評判良さげで面白そうだったのでプレイしてみる事に。

おぉ、コレは…イイです!
開始して5分くらいでゲームのコンセプトが明確に感じ取れるではないですか。

予想される総プレイ時間も5時間くらいとかなりサクッとプレイできそうなので、この感触と勢いですときっとこのまま2~3日かけて一気に最後までプレイしてしまうでしょう。

チンチコーレ!チュンソフト

そんな訳でチュンソフトのサウンドノベル「街」が終わったのでいつものごとく感想といきますか。なおプレイしたのはサターン版です。 【“チンチコーレ!チュンソフト”の続きを読む】

FC2Ad