NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

悲しいけれど仕方の無いことだとも思う






設定や宣伝はもちろん、発売元を考えれば最初から他ジャンルでのメディア展開を視野に入れているであろう事は明らかだったのでこの展開は予想通りと言えます。後はもし反響が良ければキャラグッズか深夜アニメ化があるくらいでしょうか。

それに対する遠藤さんの反応はTwitterを追っていただくことにしますが、一連の流れを見ていた私としては怒りは全く沸かず、同情半分悲しさ半分の「まぁ仕方ないよね」というのが正直なところです。

まず大前提として解放少女SINというコンテンツは企業のものですから、その展開に関する決定権は当然企業にあります。

そしてそのコンテンツのゲームソフトとしての売り上げはと言いますと、初週5千本以下の大爆死としか言いようが無い有様でした。もちろん売り上げ=ゲームの出来とは言いませんがゲームも商売であり、商売として見れば大失敗なのは明らかです。私自身買って損したなどとは露ほども思いませんが、これはもう煽りでもなんでもなく単なる事実です。

その大コケしたソフトのコミカライズをするのですから、そこで原作と違う脚本家に頼むのは利益を追求する企業としては至極妥当な判断です。あれだけ豪華声優も集めて宣伝もしたのに売れなかった原因はシナリオにあったと判断しての決定だったのでしょう。個人的にはシナリオ云々以前にそれこそ解放少女のADVという企画の時点でかなり購買層が限られていたと思うのですけどねー。DSの3DSTGの続編をPS3でノベルゲーなんて…ぶつぶつ。


その意味では遠藤さんの反応は確かに傍から見れば感情的で若干軽率に感じてしまいます。言い方は悪いですが、解放少女の最初はDSので遠藤さんが1から生み出した企画ではありませんし。

しかし遠藤さんという方の作風・人間性を知っていれば当然の反応だろうと思うのも事実です。

なにせ非常にこだわりの強いクリエイターであり、それこそ自分の手がける作品には一から十まで関わりたいという監督のような方です。
私を含めたファンはそういうところが好きですし、かつて金子彰史さん(ウィッチクラフト)が「セツの火」を開発する際に「遠藤作品でないと意味が無い」と言ったのもそういう事です。

そう考えるとシナリオの企画を持ちかけた側の理解が浅いと言わざるを得ません。

ですから遠藤さんがコミカライズに関われないのは悲しい事ですけれど、解放少女SINを企業の商売のためのコンテンツとして考えれば仕方の無い事だとも思います。




ただ一つだけ。もののはずみかお酒の勢いで出てしまったのかもしれません。
それでも「適当に書き飛ばしておけばよかったのかなぁ」とか「断るべきだった」なんて言葉は、少なくとも遠藤さんのシナリオ目当てで購入しそれについては満足したいちユーザーとしてはとても寂しい事この上ありません。

この時期は周りを見渡すと卒業・入学・就職・異動・転勤などいろいろ出会いと別れが多いですが、とりあえず自分自身にはしばらく何もなさそうで一安心。しかし増税が確実に家計を圧迫することを考えると実入りの少なさが身につと沁みます。



まぁそんな暗くなる話はさておきゲームの話ですが、最近はSFCで「グランヒストリア」というRPGをやっています。2年くらい前に380円で買って放置していたのですが、ダライアスフォースをプレイするついでにSFCのソフトをいろいろ引っ張り出していたらふと目についたので。

まだ前半(だと思う)なので詳しくは書きませんが、歴史改変系のコンセプトとストーリーは面白いのですけど、戦闘がエンカウント率高すぎ&単調でダレるのがもっと何とかならないかなと思いながらプレイしています。


当初はストーリーもすっかり忘れているのでネオリュードシリーズでも再プレイしようかと予定したのですが、おそらく一度1からはじめると3作最後まで続ける事になりそうなので、それはグランヒストリアをクリアしてSFCを片付けてからにするつもりです。



STGはアレですね、グラⅤを難易度イージーにしてプレイしているのですが、1クレジットだと5面か6面で限界ですね。ボスはともかく道中の隕石やらバスクリンで一度ミスると一気に残機持ってかれてそのままゲームオーバーになってしまいがちです。

なんかこういうのプレイしているとやっぱりグラディウス部分ではなく、シルバーガンや斑鳩と同じトレジャーシューの部分が苦手なのだろうと実感してしまいます。



何やら先週発売された3DSのゲームセンターCX3丁目の有野の開発がグレフで、音楽にはスィープの安井さんや江口さんが関わっているとかでちょっと気になっています。

ただ大きな問題が一つありまして私がゲームセンターCX要素に1ミクロンも興味が無いという事でしょうか。興味があるのはゲーム内ミニゲーム(特にSTG)や曲であって、出演者やら番組の名言やら心底どうでもいいだけに進行がすごくめんどくさそうです。

まぁどうせこの手の番組タイアップものは少し時間が経てば供給過多で値崩れ必至でしょうし、体験版も配信されていることなのでそれをプレイしてからでも遅くは無いでしょう。



後はGBCでポケパネやったりDSでもじぴったんをチマチマ進めたりとそんな具合です。



以前父親に120分のカセットテープを探して欲しいと頼まれていた件ですが、どうやらもともと80分の番組を録音したかったもののラジカセが片面録音にしか対応していないため、出来るだけ長く録音できる120分のテープが欲しいということだったようです。

それならオートリバース機能が付いたデッキを使えば90分テープに余裕で収まるだろうと、実家に帰ったついでに教えたところそもそもオートリバース機能の存在を知らなかったようで驚かれました。

そんなわけで一緒に地元の家電量販店を見て回ったのですが、どうも現行の機種ではラジカセ・コンポ含めてもオートリバース機能の付いたものが出ていないようなのです。

結局その場は諦めて後日ネットで検索したところ、どうやらSONYの CFS-E16 CFSというのが新しく、かつ最も父親向きの機種ではないかという結論になりました。
しかし発売日を見てもらえば分かると思いますが、それでも10年近く経過しており現在新品で在庫を扱っている店もありやしません。

で結局オークションで程度のいい中古を落札してプレゼントしてあげることにしました。
それにしても家電メーカーもいまだにカセットの需要があるのが分かっているのならもっとオートリバース機能付のを復活させればいいのにとぼやきつつ、こんな程度で少しは親孝行になれば安いものです。



最近新しく事業を始めてみる事ができないかと割と本気で考えています。

1つは節目の歳を迎えたと言う事もありますが、副業によって普段の仕事以外でも安定した収入を得られれば大きいですし、最悪クビや会社が倒産したときの大きな保険となりうるからです。

しかし一応アイデアとビジネスモデルは頭の中にはあるものの、これまでそういう経験が無いため実際に起業する場合どこから手をつけていいのか悩んでいる状態です。

例えば店舗ですが取引はネットを介する予定なので実店舗は必要なく自宅=仕事場でも十分ですが、作業を行うスペースや設備や在庫を置く場所を考えると専用の事務所があったほうがいいでしょう。事務所でなくともせめて今よりもう1部屋広いところに引っ越したいです。
またパソコンにしても今使っている1台だけでも可能といえば可能ですが、顧客のデータを管理することを考えれば仕事用とプライベートは分けるのが当然です。荷物を運ぶ事を考えれば車も用意すべきか。取引用の口座は専用のを開設しておくべきか。経理関係は自分で処理すべきかあるいは誰かの助けを借りるべきか。自己資金にしてもまずはどれくらいを用意しておけばいいのか。

とにかく何が必要でそれに対してどれくらい準備すればいいのかの指標がさっぱりなのが困ったものです。本も読んだりしているのですが、その手の経営関係の事をこれまで一切学んで来てなかったので分からない事だらけです。

ただ極端な話今の状況でもはじめようと思えばはじめられますし(場所や設備の拡張は利益が出るようになってから考えればいい)、正直やろうと考えている事自体元手もほとんど要らないため、とりあえず悩んでないで事業届けを出して見切り発車してみるのも一つの手かもしれません。

まぁこんな事書いておいて結局めんどくさくなって何もせず、今までどおりの日々を続けるだけという可能性も十分ありますので話半分にでも受け流しておいてください。

社長インフィニットバースト

発売延期のお知らせ

2014年3月27日発売予定と案内しておりましたXbox 360『ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ!~』でございますが、より良い品質でお届けする為に、発売日を2014年4月24日に延期させて頂くことになりました。



よくわかりませんが3年前の震災のときのような状況ならともかく、今のご時勢1ヶ月くらいの延期でそんな品質が良くなるものなのでしょうかね?せいぜいバグチェックやインターフェイスの仕様変更、プレス関係の修正や決算との兼ね合いくらいしか私には思いつきませんが。

などという推測をしていたのですが、どうやらこの発売日変更にはそんな予想を上回る深い因縁が隠されていたようです。

そう、4月24日といえば目下のところ360における最後のパッケージSTGであるバレットソウル-インフィニットバースト-と同じ発売日ではありませんか。

過去を振り返ってみれば2009年2月19日にはシューラブ200X。を、2013年の5月30日にはシューラブ10周年をそれぞれ大往生BLEXと最大往生にぶつける形でリリースしていたのです。

このように過去において2度も自分より大御所のSTGタイトルへ戦いを挑んだことを踏まえれば、今回もまた2014年4月24日のバレットソウルへぶつける形で発売日を変更したと…そう考えればすべて辻褄が合います。ああ何という事でしょう!そんな社長の勇猛な(無謀な)姿こそまさにSTG界のドン・キホーテと呼ぶにふさわしいと思いませんか。

当初買う予定はバレットソウルの方だけでゲーセンラブの方はしばらく様子見の予定だったのですが、三度無謀な戦いを挑むこの社長の熱意を見せられては…いやイカンイカン、危うく勢いに流されるところでした。そこまでして発売日に欲しいのか、買って他のゲームを差し置いてまでプレイする時間があるのか、お金に余裕があるのか、諸々を今一度冷静に考え直した結果…うーん、やっぱり社長には悪いですけど私にはちょっと高いです。出せて3800円ってところです。

「備えあれば憂いなし」とはよく言うもので

前回のゴーストトリックの感想を後で読み返して、こんなに読み辛い文章書いてたっけと我ながら思いました。しばらく長文書いてなかったからか、あるいは自分の中で要点をまとめ切れなかったのか定かではありませんが少し落ち込みます。

話は変わりますが少し前に実家の父親から、FMラジオの録音用に使っている120分のカセットテープが近所ではどこにも売ってないからネットで探して欲しいと頼まれました。

ところがちょっと検索をかけてもらえば分かると思いますが今や120分以上のテープはほぼ生産終了になっており、amazonのマーケットプレイスやヤフオクなどでは1本600円以上が相場という状況になっている有様です。数年前までは100円ショップでも当たり前のように置いてあったのですけどねー。

そんな訳で昔のように安値で入手するのはまずムリだと伝えたのですが、どうにかならないのかと諦めきれない様子でした。

ここで父親の心境を代弁するならちくしょうテンバイヤーめ足元を見やがってというところでしょうが、カセットテープに限らず既に一線を退いた前世代の遺物を当時の価格のまま使い続けたいというのが土台ムシのいい話であります。

そもそも実を言いますと今回の頼みも初めてでは無いのです。

約3年前に120分のカセットテープを50本ほどデジタル変換してあげたのですが、そのときに50本ほど新品の120分テープを買ってあげていたのです。
確かその当時でも近々生産が終了するという話が出ていて見かけなくはなっていましたが、それでもマクセルのが1本150~200円程度でしたし、100円ショップも大きなところを探せば見つかるという程度でした。
さらに1年半ほど前にも再び録音するテープが無くなってしまったという事で、今度は周辺の100円ショップのを買い占める勢いで再び50本ほど送っているのです。

つまりここ3年私が送っているだけでも都合100本以上あるのです。
で、この時も生産終了で相場が上がっていました(マクセルのが1本330円くらい)し、今後は100円ショップのも無くなるという話はしていたのです。向こうも近所に置いていないことを知って私に頼んできましたから感づいてはいたでしょう。

今まで知らなかったのならともかく少なくとも3年前の時点で予想図は分かりきっていたわけで、それならその間に新しい録音方法に移行するなり、それこそ今後一生分のを確保するなり対策はあったのです。だったら事情を把握していた私が教えてあげればよかったのにと思われるかもしれませんが、もちろん言ってましたよ。

個人的にはPC経由で録音してバックアップを取るのが一番だと思いますが、実家は皆PCには疎い人たちばかりなので今更そんな事ができるとは到底思えませんし、実際触りたくないと言ってました。

だったら買い占めておけばいいとアドバイスした結果がその50本×2回だと思っていたのですが…さすがに一生どころか一年分くらいしか保たないとは本人ではないのですから分からないですよ。だったら30年分=1500本くらい買い占めとけという話ですよ。それだけあれば死ぬまで足りるでしょうし、何の番組か知りませんがその前に終わるでしょう。1本100円なら15万、200円でも30万だとしても、それでこの先の心配が無くなるのなら安いものだと思います。

そういった将来の事を見据えず、とりあえず当面さえ凌げればという結果が現在の1本600円という状況です。
そして現在その1本600円に対して渋ってますが、これですら今後相場が上がっていく可能性はほぼ確実なわけです。

父親がどうするのかはわかりませんが、もしかしたら600円という値段に不満を言いつつまた「とりあえず」50本だけという流れになるのかもしれません。そしてしばらくして今度は1000円以上の相場になってからまた同じようなことになると…。

ちなみに私は60分or90分テープに移行するというのが現実的な落としどころだと考えています。
120分と違って90分以下のテープはまだまだ現役で生産されていますので値段も普通に安く手に入りますし、仮に今後の分を確保するにしても安く済みます。難点はもし120分番組を録音する場合、120分テープと比べて手間がかかることでしょうか。しかしそれならテープが終わった瞬間入れ替えるなり、極端な話タイマー予約できるラジカセを2台用意すればいいだけの話です。

今からPC操作を身につける労力や何十万も出して120分テープを買い占める金銭的負担を考えれば、これが一番手間もかからず、かつ安価という妥協案だと思うのですが…これですらめんどくさいの一言で片付けられそうな気もするんだよなぁ。

手間をかけたくないのならお金をかけ、お金をかけたくのないのなら手間をかけるのが当たり前で、どっちもかけたくないけど美味しい思いだけはしたいなんてそうそう世の中甘くは無いのです。いや、そこを上手く嗅ぎ取って美味しい部分をいただいていくのが成功できる人間なのでしょうけど。

ゴーストトリック

んじゃ、ちょっと前までプレイしていたDSの「ゴーストトリック」の感想でも書きますか。 【“ゴーストトリック”の続きを読む】