NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

いかんね、スランプです。

何も作ってないくせに何がスランプかと言いますと、どうにも最近ゲームが楽しくないのです。

楽しくないというのが単に面白いゲームに出会っていないという意味ならアンテナが低いだけで別に問題ありません。
あるいはRPGやSLGなど複雑なゲームをプレイするのが面倒になってノベルゲーばかりやってるとか、新しいゲームについていけなくてレトロゲーに手が伸びてしまうというのもゲームをやる気力があるだけ立派です。

ここでいう「楽しくない」というのはビデオゲームそれ自体に熱中できないという意味です。
ここしばらくどんなゲームをプレイしていても「私はゲームなんかやってていいのだろうか?」「ゲームよりももっと他に優先すべき事があるんじゃないか?」という意識が常に渦巻いていてしまうのですよ。

この「優先すべきこと」についてはまた今度余裕があるときにでも書きますが、ともかく寝る前に枕元でDSを開いているときですらそんな具合でちと困っています。

これはアレですかね、いよいよゲームを卒業しなさいという神のお告げかもしれませんし、そこまではいかなくとも一度しばらくゲームから離れたほうがいいのかもしれません。
あるいは雷電ⅡやグラⅢ、CAVEシューの2週目といった高難易度ゲーをそれこそ数ヶ月~年単位でひたすらやり続け、ゲームを娯楽ではなく修行の一環として取り入れるくらいの荒療治が必要かもしれません。

さーて…どうしますかね。



でそういう事を書いておきながら次の話題で普通に最近プレイしていたゲームの話をすると、先ほどまでの深刻さが一気に台無しになってしまうわけですが、2ヶ月ほど経過して3DSのカラスBORをクリアしました。同型機とのラストバトルというシチュエーションは燃えるのですが、無理ゲーのボーダーダウンとは逆にこっちは弱すぎ。といいますか溜め大突き→無敵突き&閃光ボム+オートボムが強すぎで、無敵時間をフル活用するあたりやっぱりいつものマイルシュー。

ゲーム内容について言いたいことはいろいろありますが、その辺はまた後日にするとしまして、これストーリー的にはカラス本編の前日譚でいいのですよね?マイルのゲームはどれもこれも電波ゆんゆんでプレイすればするほど謎が深まるのですが、コレも例に漏れず流れがよくわからなくて困りますw



以前ニコニコのプロ野球チャンネルで横浜DeNAベイスターズの主催試合を見るためにニコ動のプレミアム会員登録を検討していると書きましたが、その後誘惑に負けめでたく(?)プレミアム登録をしてしまいました。ウェブマネーでとりあえず3ヶ月分だけですが、切れる頃にはシーズンも終盤になっているのでそれだけで十分でしょう。どうせCSには…おっとそれ以上はまだ言ってはいけません。

でこれでせっかくプレミアム登録をしたのに放送途中で追い出されるなんて事になったらと若干心配していたのですが、今のところ5試合ほどで一度も追い出されること無く最後まで視聴でき、動画の質もウチの回線の割には比較的滑らかで固まる事もほとんどありません。難点はリアルタイムから20~30秒ほど遅れているため、コメントをONにすると打席の結果をネタバレされてしまう点ですが、そもそもコメントOFFの方が回線的にも精神衛生的にもスムーズなのでほとんど問題ありません。

基本解説抜きの実況だけですがそれもプレイをじっくり見れるという点でありがたく、結果としてこれなら安すぎるくらいだと大満足しています。
ところで生放送だと終わり際に満足度のアンケートがあるのですが、勝ったときはともかく負けたときはどれにしたらいいのでしょうか。いや、エラー多数の惨敗であっても画質やカメラワーク、実況など放送のクオリティ自体に文句は無いわけで、そうなると悪い評価にするのもどうなのかと悩むのですw

それにしてもDeNAなんてグリーと並んでロートルゲーマーから目の敵にされている(であろう)存在ですが、このニコ動での配信を始め、イニング合間のファンサービスに戦力の積極的な補強など、少なくとも球団経営という面においてはかなり頑張っているのではないでしょうか。
かくいう私もベイスターズのファンになる前はうさんくさい印象が強かったのですが、むしろ今では好印象なくらいで課金でチームが強くなるのならさせてくれと思うくらいですwそう、あとは勝つ事さえしてくれればそれが最大のファンサービスになるのですが…。



ゲーム音楽史 スーパーマリオとドラクエを始点とするゲーム・ミュージックの歴史

今月末に発売されるそうで、こういうゲームミュージックについての本というのは過去にあまり例がないので一部で話題になっているとか何とか。

ただゲーム音楽好きというのはゲームマニアの中でも一際面倒くさい存在でして、そういう連中からするとマリオとドラクエが始点というタイトルの時点で片腹痛いと見下しているに違いありません。

中でも日本のビデオゲームのみならず、ゲーム音楽の歴史もインベーダーの効果音から始まりニンジャウォーリアーズで完成されたと主張してはばからないタイトー&ZUNTATAオタは別格です。
じゃあ何かね、そういう人はクソゲーのパイオニアことたけしの挑戦状もタイトー発ですからクソゲーの歴史もタイトーから始まったとでもいうのでしょうかね。うむ、その通り。日本のビデオゲームは全てタイトーが始祖と言って過言では無いのです。

そういうタイトーオタはさっさとゲームから卒業するか絶滅したほうがいいとしまして、割と真面目に目次を見た限りではゲーム音楽の歴史を語るにしてはページの少なさと構成が若干気になります。技術的な制約からの変遷はともかく、正直PS以降は「ゲームをプレイしているときに流れている音楽」以上の解説が必要なのかとさえ思います。
あと値段。この手のゲーム歴史教科書としてはそれはポンから始まったという比類なきバイブルがあるわけですが、それと比べると168ページで2160円と3分の1のページで半分以上の値段は高いです。まだ発売されてもいない上に比較対象が余りにも大きすぎですが、あれ以上の資料価値と読み物としての面白さを期待するのは酷でしょうな。

発売前にこうまで難癖つけてしまった以上とりあえず買っておかないと筋が通らない気もするので、お金に余裕があったら検討しておきます。ついでにアフィも貼っておくので気になる人は予約してはいかがでしょうか。そして私に読む価値があるのかどうか教えてください。<それをするのがお前の役目だろうが

FC2Ad