NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

カガミガミFILE3感想(ジャンプ13号)

今週の巻末コメントにて1話の「羅生丸」が「羅正丸」になっていることへのツッコミが岩代先生から担当へとありますが、この担当ってひょっとしてあの少し前まで連載していた現代のネクロノミコンことスポーティングソルトの担当と同じ人なのでは…。塩の時も楽させてもらってます発言でかなりアレでしたが、今回も早々に誤字があるとはどうにも編集能力に疑問を感じざるを得ません。

そしてその矢先からまた話数のカウントがFILEになっていて結局CASEなのかどっちなのさとやきもきする、そんなカガミガミFILE3の感想です。 【“カガミガミFILE3感想(ジャンプ13号)”の続きを読む】

カガミガミFILE2感想(ジャンプ12号)

先週から4週連続新連載で先週がカガミガミ、今週がブラッククローバーとなっているわけですが、巻末コメントによると田畠先生はPSYREN時代のスタッフだったという事で、こんなのどっちが先に終わっても気まずくなるでしょうに。編集部は1クールくらいずらしておけよと思わなくもないです。

それはさておき今週も載っているという事実が連載を実感させるカガミガミFILE2の…ってオイ!先週「CASE1」でしたから話数は「CASE」でカウントすると思っていたのに早速「FILE」に変わってるとはどういうことでしょうか。だ、大丈夫なのでしょうかこの漫画。 【“カガミガミFILE2感想(ジャンプ12号)”の続きを読む】

やる気ゼロスーサイド

やる気ゼロウイングだのやる気ゼロガンナーだの「やる気ゼロ~」をもじったネタはいくつもあるものの、ゼロスーサイドにすると逆にやる気満載に見えてくる不思議。

それはともかく去年の7月から半年以上もずっとブログを放置していたことについて、事故や病気になったのではないか、あるいはネットから切り離された場所で真人間として暮らしていたのか、はたまた現世に絶望して転生したのではとか、何か深い事情があったのではと思われるかもしれませんが困った事にそんな格好のつくものは何一つありゃしません。

ただ単にやる気がなくなったから。
そして少しだけやる気が出たのでまたこうして文章を書くようになったと。

まぁそんなところですよ。
掘り下げたところで生きている限り尽きる事の無い不安とお金の話が出てきてちっとも楽しくないのでやめましょう。

それを象徴するのがゲームへ対する興味でしょうね。
ゲーマータグに全く変化が無かった事からも明らかですが、おそらく最後に360を起動したのはそれこそ去年の7月くらいでそれ以降オフラインですら起動していません。もちろん既に360が立場的に旧世代になってしまったというのもありますが、それにしたって1年前からは想像もできない状況です。

いえ、360だけではありません。
家にある各種ゲーム機の稼働率も激減し、今までは常に2台くらい据え置き機が常駐しているのが普通でしたが、今や全部押し入れのダンボールに眠っていてここ数ヶ月取り出していません。覚えている限りですと、確か4ヶ月前にPS2でFF10とDCでバンガイオーをプレイしたのが最後のような気がします。あぁ、ちなみにFF10は何気に初プレイでしたがまぁ評判通りに良作だったと思いました、はい。でもだからといって感想を書くほどのやる気が起きるわけでもなく。

じゃあその分DSやPSPなど寝ながらやる気も出さずにプレイできる携帯ハードをやっていたのかと言いますと、これもほとんど起動しておらず、さっき3DSで最後にプレイしたゲームを確認したらメダロット7が12月15日でした。しかもまだ5章の途中。基本的には床に入ったら布団かぶってじっと夢想しながら寝るだけです。

では最近流行のソシャゲはと言いますとそもそもスマホ持っていないので全く話題についていけません。
ゲーセンに至ってはそもそも近場に存在すらなく。

唯一ゲームと繋がっていると言えるのはPCくらいで、この間片道勇者プラスをプレイして、今はついに完成したざくざくアクターズを再び最初からちびちび進めているくらいですかね。しかしざくアクにしても年末にダウンロードしたはずなのにまだ20時間くらいしか経っていないという事は平均1日30分以下しか起動していないという事になります。

そんなわけですからプロフィール欄からゲーマータグを消去しましたし、そもそもこの今のゲームに対する執着の薄さではもはやゲーオタを名乗るのもおこがましい存在になってしまいました。

もちろんその代わりアニメや映画、ドラマ、恋愛など他に情熱を注げるものを見つけたわけでもなく、基本的には死んでいないだけの日々をずっと過ごしていたのです。

さ、そうこうしているうちに午前1時に近づいてきました。
今の私にとってあればあるだけ不安を和らげ、やる気を与えてくれるのは睡眠時間とお金であり、残念ながらゲームではなくなってしまったのです。おやすみなさい。

カガミガミCASE1感想(ジャンプ11号)

どうやら岩代先生の新連載が11号からスタートしたらしい…って普通に先週の時点から知っていたわけですが、この半年くらいの間に正直マンガ読んでブログに感想書くのももういいかなと思っていたのですよ。限られた人生の余暇を使ってお金になるわけでもなければ、1~2時間かけて書くのもめんどくさいですし。

でも、不思議なもので実際に読んでみるといいところも悪いところも含めて語りたくなってしまうわけで、やっぱりどこかで体験の共有を求めているのだろうなと実感した次第です。

そんなわけでジャンプ11号から新連載の「式神トワイライトデイズ」あらため「カガミガミ」の感想です。
なお、月曜帰宅してから本誌を読む事になると思うので基本的に更新されるのは火曜になると思ってください。諸般の事情や本人のやる気によっては遅れたり突然フェードアウトする可能性もありますのであしからず。 【“カガミガミCASE1感想(ジャンプ11号)”の続きを読む】

FC2Ad