NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

カガミガミFILE8感想(ジャンプ18号)

け、掲載順が上から7番目だと…!?
まだ新連載補正が続いているのかと戸惑いましたが、過去の短期打ち切り作品の例からいくと大体7~8話くらいから目に見えてガクッと下がるはずなので、とりあえず序盤のツカミはOKだったと安心していいのでしょうか。

しかし依然としてまだ2回目のセンターCはもらえていませんし、何よりPSYRENの時には上から5番目→ドベ2という前例(通称天墜)もありましたから油断せずにアンケTIMEなカガミガミ第8話の感想です。 【“カガミガミFILE8感想(ジャンプ18号)”の続きを読む】

カガミガミFILE7感想(ジャンプ17号)

PSYRENの時はここの前書きのネタ探しだけで20分くらいかかる事もたまにありましたが、今になって特に何も思い浮かばないはさっさと本題に入ればいいのにとようやく気が付いたカガミガミ第7話の感想です。
【“カガミガミFILE7感想(ジャンプ17号)”の続きを読む】

言ってもヒロイン時のバックボードにロゴが増える程度だと思うが

任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携共同記者発表

先日発表されたこのニュースの話題でゲーム界隈は持ちきりのようでして、やれ〝ついに任天堂もソシャゲ事業に手を出さざるを得なくなった〟だの〝いや、ちゃんと平行して新ハードの開発も進めているから問題ない〟だの〝家庭用ゲーム業界も終わりが見えてきた〟だの様々な思惑の混ざった論争が巻き起こっている模様です。

ここで一つこのニュースに関する私の見解と今後の展望なんぞをビシッと書ければ、まだゲームに対する情熱が残っている事をアピールできるのでしょうが、残念な事に今の私にとってはまだ目の前にあるメガドライブとダライアスⅡについて語るほうが多少はやる気が出そうなくらいどうでもいいことです。

それよりもむしろベイスターズファンとしては業務提携という名の下、任天堂がDeNAの株を大量に取得してくれたという事の方が非常に心強かったりします。親会社が変わってから年々チーム状況及び球団経営状況は良くなっているとはいえ、やはりDeNAの事業を考えると少なからず身売りの可能性は捨てきれないわけでして。
そもそもDeNAといいますとゲーマー的にはモバゲーの印象がほぼ全てでしょうが、事業情報を見ればわかるように実に多岐にわたって…いやスイマセン、全然わかんねーぞ。モバオクやショッピングモール、SNSサービスあたりはネットサービスの一環として理解できますが、一般消費者向け遺伝子検査サービスとか何だコレ。まぁともかく積極的にいろいろな事業を展開している企業なのは事実でありモバゲーや球団経営もその一端なのです。

そこへ任天堂のようなゲーム業界の老舗と業務提携を結ぶというのですから夢が広がります。
ごめん、ウソです。
出資比率を考えれば任天堂側はともかく、DeNA側が任天堂のコンテンツをどうこうできるわけはなく、せいぜい井納の代車がアウディからマリオカートになるとか、スターマン(たぬき)がMOTHERのスターマンになるとかそんなしょうもないネタが膨らむ程度です。ただ夢は広がりませんが、親会社の資金面に関する心配が少なからず減ったのは確かであり、それだけで私は喜ばしいニュースだと思いました。

こうしてゲームニュースをゲームだけでなく、幅広い視点(どこがだ)で捉える事ができると大人になったものだと実感します。
しかしそれっぽく締めようとしたところで、実際は単にたまたま興味のあったゲームネタと野球ネタをダシにしたヨタ話であり終了。

カガミガミFILE6感想(ジャンプ16号)

そういえば時代に合わせて電子書籍版も出ているようですが、雑誌を処分する手間や画像を直接保存できる事を考えるとそっちにするという選択肢もありかなと思い始めています。

でも結局ネット回線が有線じゃ横になりながらのグウタラな姿勢で見れなくてもったいないとも悩みつつの、カガミガミ6話の感想です。 【“カガミガミFILE6感想(ジャンプ16号)”の続きを読む】

時間は平等などと誰が決めた

再開したわりにはほとんど週一でカガミガミの感想をグダるだけのブログになってんじゃねーかと言われそうな状況ですが、先に書いたようにそれ以外でやる気が起きないものですから仕方ありません。大体にして少しでも他の事を書こうとするとすぐネガティブな方向になって、そんなの読む人も陰鬱な気分になるだけだと思うとなおさらです。

それでも日記代わりに何か書いておくとするならば、今回は時間について書きましょうか。

どうもですね、近年リアルでもネットでも他人に比べて自分の時間というものが短い気がするのです。

旅行へ出かける
好きなアーティストのコンサートへ行く
どこそこの有名なお店に食べに行く
趣味のため県外まで出かける
オフ会を開く
映画やドラマを見る
毎クールの深夜アニメをチェックする
話題の新作ゲームをプレイする
ツイッターでつぶやく
etc…

他の人の話を見たり聞いたりするたびにどうして皆そんなに活動できるのか疑問に思います。
中には家庭持ちの人もいまして、そういう人はここから更に嫁や旦那、子供と過ごす時間も加わるわけで本当に一体どこにそんな時間があるのか、あるいは作り出せるのか不思議で仕方がありません。ましてや家族はもちろんテレビも見ない(見れない)私にはなおさらです。

そのたびに一体自分と何が違うのか、どうしたらそういう風な時間の使い方ができるのかと考えてしまいます。

お金が無いから?
いやいや、家族サービスや旅行はともかくアニメを視聴したりゲームをするのはそんなお金がなくともできる事です。今の世の中金がなくとも楽しめる娯楽はたくさんあります。

1日24時間というのは全ての人に等しく与えられた権利のはずなのに…いや、そもそもその全ての人にとって〝1日=24時間〟という考えが本当に正しいのでしょうか。

人間1日のうち約3分の1は睡眠時間ですが、日本人の平均睡眠時間は約7時間30分だそうです。もちろん年代によって上下はしますが、20代~30代ですと7時間以下で平均より短くなるようです。

そこで自分の睡眠時間を思い返したところ平日は約8時間30分(休憩中の昼寝含む)、休日は約10時間(昼寝2時間30分)も寝ているという事に気付きました。

週休2日なので休日だけでも平均より週5時間、平日も含めて月に換算するとおそらく48時間≒2日分は平均的な睡眠時間より眠っているということになります。これが1年だと24×12=576時間、日にすると2×12=24日です。

1年で576時間=24日…!
6日間旅行に行くとしても1年で4回いけますし、30分のアニメを視聴するだけでも1年で実に1000話以上消化できます。
500時間もあれば何かの資格の勉強するにも十分過ぎますし、時給800円でバイトしたとすれば約46万円に…って1年でその金額は何もせずにもらえるならまだしも働いてそれだとあまり旨みはないか。

ともかくこうやって考えてみると他の人と比べて時間が短い気がするというのも決して錯覚ではなく、実際一日1時間以上も活動できる時間が短いのです。

では寝る時間を減らせばいいじゃないか。
何も追い込み直前の受験生やブラック企業勤めのように1日4時間や5時間しか寝るなと言っているわけではありません。
ただ単に日本人の平均的な睡眠時間にするだけ、たったそれだけであんなにも自由な時間が作り出せるのです。

しかしたったそれだけの、普通の人が平均的にしている事さえできやしないのです。
やろうとすると身体と精神が保たなくなって次第に壊れていってしまいます。おかしいな、周りの人が普通に出来ている事なのにどうしてできないのでしょうかね。

自分が特別な人間ではない事はとっくの昔に承知していますが、普通のことすらできないというのを自覚させられるとさすがに悲しいですね。

だからその悲しみと不安を和らげるために眠るのです。そして最終的にはもっとお金があれば…といつもの無限ループに陥って以下略。

ね、やる気&書く気が全然でないという意味がこれでわかったでしょう。
こんな書いている本人だけでなく読む人にも陰鬱な気分を与えるだけの文章を1時間半もかけて書くくらいなら、カガミガミの感想だけを定期的に投稿する方が何十倍も前向きですし、それができなければブログ放置して黙ってるほうがまだマシです。

カガミガミFILE5感想(ジャンプ15号)

巻末コメが3週連続で誤植ネタになるかと思いきや今週は普通の近況報告で一安心。

なんせ岩代先生と来たらこのご時勢にHPもブログもツィッターもやっておらず、本誌の巻末コメントと単行本くらいでしか近況が窺えないものですからその貴重なスペースを担当の不手際ネタなんかでなるべく消費して欲しくないものです。

それはさておきカガミガミ5話の感想です。 【“カガミガミFILE5感想(ジャンプ15号)”の続きを読む】

カガミガミFILE4感想(ジャンプ14号)

FILEなのかCASEなのかこれまでファンの間で議論されていたサブタイトル問題でしたが、今週の巻末コメントによると何と担当による単なる間違いであったという衝撃の事実が発覚。2週連続で間違いの指摘というのも呆れますが、よりによって新連載の初回で「FILE」と「CASE」をどうやったら間違えるのか意味がワカリマセン。そしておそらく来週の巻末コメントは3話の「教会」への訂正ツッコミと…。

こうなると何かもういっその事毎週巻末コメントで担当への訂正連絡をしていけば逆に面白いのではという気さえしてきました。

そんなヤケクソ気味な気分でお送りするカガミガミ4話の感想です。 【“カガミガミFILE4感想(ジャンプ14号)”の続きを読む】

FC2Ad