NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

メダロットDUAL:後編

前編に続いてメダロットDUALの感想です。
後編はいつものごとくシナリオをメインにその他雑感や総評などです。 【“メダロットDUAL:後編”の続きを読む】

メダロットDUAL:前編

さて、3DSのメダロットDUALのミッションも一通り全部クリアしたので例のごとく感想といきますか。なお今回は久しぶりにクワガタではなくカブトです。DSの時ほどではありませんがやや長めの感想になりそうなので前編と後編に分けたいと思います。

といいますかつい先日2年かけてようやく7を終えたと思ったら今度はそこから3週間足らずでDUALもクリアとか我ながら極端すぎるぞw 【“メダロットDUAL:前編”の続きを読む】

自社作品とのをコラボと呼ぶ事に違和感を覚える

ダウンロードコンテンツ第一弾「コラボメーカー「TAITO」参戦!ご存知「ダライアス」のお家元!!」

「ダライアスバーストCS」第1弾DLCは3月17日に発売。第2弾はセガとのコラボでオパオパやハリアーが登場

発売から1か月以上経ちましてようやくDLCの詳細が発表されましたが、第二弾のセガはともかく第一弾のタイトー作品群をコラボと呼ぶのに違和感を覚えます。いや、発売元がキャラアニなので自社扱いではないのは分かるのですが何かね。

で各DLCの紹介動画も合わせて公開されましたが、こちとらそんなもん見なくとも最初から3つ全部入りのタイトーパック購入決定ありがとうございますコノヤローなので深くコメントもしません。せいぜい第2弾のファンタジーゾーンと公式にコラボしちゃうなんてYA-DA-YOなんて書くくらいしかありません(嘘)

それにしてもこうしてコラボタイトルとして名前が挙がるとタイトーSTGにはダラレイナイストガンフロメタブラしかないのかと疑問を投げかけたくなります。

タイトーSTGといえば飛鳥&飛鳥・メガブラスト・マスターオブウエポンの3大タイトー闇STGをはじめとして、曲以外見どころの無いグリッドシ―カー、同じくタイトル曲だけは有名なメタルソルジャーアイザック2、毒にも薬にもならん量産型C級横シューの中華大仙やインセクターX、ゲームは面白いけど何かシリアスな雰囲気が違うリターンオブジインベーダー、牛こそ全てのMJ12、東亜の呪縛と衰退を感じさせる逆鱗弾と、パッと思いつくだけでもこれだけあるではないですか!

うん、やっぱりダラレイナイストガンフロメタブラ以外忘れても特に問題ないですね。

それどころかダラバーCSのムラクモやディフェンダーでスクランブルフォーメーションやハレーズコメットを拾い上げてくれただけでも素直に喜ばないとバチが当たりますよね。
あ、でも日本におけるテレビゲームの元祖と言えるインベーダーはさすがに出していいのでは思ったり。インフィニティジーンの時はダライアスともコラボしていたのですから、UFO-COでも付けてダラの方にも出してあげましょうよ。まさかハングリーグラトンズ系の子ピラニア編隊攻撃がコラボだとか言わないですよね?

まぁそういったヨタ話はともかく、来月の配信日を期待しつつ待ちたいと思います。

ねこさんよりもうさぎさんよりも弾幕が好きです

少し前からSteamで買ったRabi-Ribiというゲームをちょくちょくプレイしています。

2016-02-07_00001.jpg

ジャンル的には探索&成長要素のある2Dアクションで、身もフタもない言い方をするとメトロイドとか月下の夜想曲とかと同じタイプです。特徴は見てのとおり主人公がバニースーツを着たウサ耳娘…に変化してしまったウサギ…らしいです。

で、何で脈絡もなくそんなゲームを買ったのかと言いますと、そりゃ当然女の子がカワイイから…と言いたいところですが違います。
2Dアクションが好きだからというのは多少ありますが、残念ながらそれも決定打ではありません。

じゃあ何が興味を引いたのかと言いますと、ジャンル「うさぎ+探検+弾幕 アクションゲーム」の弾幕部分です。

2016-02-02_00002.jpg
2016-02-07_00002.jpg

わーすごーいー。
これは序盤のボス戦での1シーンですが、HPのPVを見るともっと苛烈な弾幕がたくさん用意されている模様です。

今や2DSTGで弾幕などもはや食傷気味を通り越して暴食の悪魔もあきれ果てるレベルですが、まさか2Dジャンプアクションでこんな弾幕が展開されるとは思ってもおらず、これで購入手続きへとマウスを持っていかれたのです。STG以外で弾幕を避けさせる無茶なゲームなんて私の知る限りインザナ(ナイツインザナイトメア)くらいですよ。

まぁ当然画面全体を動けるSTGと違ってシステム的にどう頑張っても避けられない(と思う)攻撃も多々あるわけなのですが、そこは探索アクションだけあってライフを増やしたり、無敵時間のあるアクションでやり過ごせという事なのであまり気にしません。

あとアクション部分とは直接関係ないのですが、ところどころで文章やセンスが妙です。

2016-02-02_00003.jpg

何と言うのでしょうか、言葉のチョイスや文法のあちこちに不慣れな外国人が頑張って翻訳した感がにじみ出ています。
実際開発スタッフを見るとこのたどたどしさも納得なのですが、それでも日本人にもプレイしてもらえるよう頑張って日本語を入れたと思えば悪い印象はありません。正直Steamにおける日本人ユーザーなんてSteam全体から見ればマイノリティもいいところなのにですよ。

2016-02-02_00004.jpg
「えりな」はともかく、作中では普通に「リボン」呼びなのにステータス画面が「りぼんちゃん」なのはなぜ。こういうところのセンスにも何か文化の違いを感じるぜ。

クリア後感想を書くかはわかりませんがまだまだ先は長そうですし、クリア後も高難易度やボスラッシュなどやり込み向きの要素もあるようなので少しづつ進めていくつもりです。

カガミガミ最終巻

が発売されたので買ってきました。前回4巻が入荷していた店でも発売当日だというのに1冊しか見当たらなかった…。

kagami5-1.jpg

「すべての戦いはこの瞬間のために」ってそれどちらかというと開斗のセリフでは。

収録内容については終盤が終盤だっただけにいくらか書き下ろしを期待していたのですが、読み切り版が収録されてしまったため残念ながら一切ありません。ガーン。

そして途中のおまけページでの「天翔陽皇」という皇家を守護する火の鳥のような式神や、拳斎には行方不明の実の息子がいるといった、きっと連載が続けば使おうと考えていたであろう設定が涙を誘います。

そして切ないのがあとがきでの一文です。

kagamiatogaki.jpg

ジャンプという雑誌で連載した以上仕方ないとはいえ、今作は傍目から見てもその様子がありありだったので、そういう意味でも次回作はできるだけ惑わされずに描ける環境で描いてほしいなと思います。

メダロット7

約2年前に3DS本体とほぼ同時期に購入したメダロット7をようやくクリアしたので、ものすごく今更ながら感想でも。
ちなみに今回もクワガタでした。 【“メダロット7”の続きを読む】

FC2Ad