NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

見つからない隠しキャラなど存在しないことと同義である

最近は空虚な日々の時間つぶしとしてパズルボブルやもじぴったん、パネポンなどのパズルゲームを寝る前にちょこちょこやってるんですが、その中の1つポケパネことGBCの「ポケモンでパネポン」になにやら隠しモードがあったという事を今更ながら知って驚きました。

pokepane01.jpg
出し方はまずこのタイトル画面の時に「上×2→右×4→下→左×10→上×4→右→下×6→B」の順番でボタンを押します。

pokepane02.jpg
するとGBCソフトをモノクロGBで起動した時の警告画面が出ます。
なお、このコマンドはカラー対応機(GBCやGBA)で警告画面を出すためのコマンドなので、最初からモノクロGBを使えばコマンド入力は必要はありません。

そしてこの画面で更に「A×24→B×24」とボタンを入力します。
するとあらビックリ、「パネルでポンGB」という隠しモードが起動するのです。

panepongb01.jpg
panepongb02.jpg
panepongb03.jpg

いやいやいや!?
何コレ!?

GB用にリファインされた顔グラはもちろん、ステージもどこからどう見てもリップのステージです。
BGMも例の聞き慣れたリップのテーマをGB用にアレンジされたものが流れます。ゲームオーバー時の顔グラまであれば、おまけにボイスの「いくぞー」…は流石に無理なものの、再現しようとした形跡まであります。

実際に遊べるのはエンドレスとおじゃまアタック(一定間隔でおじゃまパネルが降ってくるモード)の2つだけですが、それでもリップの使えるパネポンGBが遊べるなんておまけとしては十分すぎます。

元々GB版パネポンとして開発していたものをポケモンに差し替えたのがポケパネだろうという事はゲーム内容や画面構成、情報サイトなどから把握していましたが、まさかこんな実際に遊べるモード(デバッグ用の名残?)が10年以上経って発見されるとは。
驚きと同時にGC版のキャラ差し替えやGBAやDSでのキャラ削除といい、どんだけリップたちは不遇な扱いを受ければ気が済むのかとに苦笑がこぼれてしまいますw

今まででも携帯用パネポンとして外すことのできないポケパネでしたが、このパネポンGBが遊べる隠しモードのおかげで更に人生において捨てられない一本にランクアップしたことでしょう。

FC2Ad