NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

WARNING!(25日の記録その1)

1月25日、テストを早々に終えた私は徹夜の眠気を抑えつつその足で山手線で秋葉原へと向かった。午前11時秋葉原駅に到着。駅構内から既にアニメやゲームのポスターが貼られている様子は正直耐え難いものがあるが、私が好む好まざるに関わらずここはそういうところだと割り切るしかない。

秋葉原駅電気街口を出てすぐの中央通りは人の往来も店も多い。電気店やゲーセンはさておき、店頭モニターでアニメを流していたり、メイドの格好をした人が客引きをしているのは他では見られない・・・というか見たくない光景だ。

駅を出た私は中央通りからすぐに人通りの少ない通りへと入り、目的の場所へと足を進めた。
秋葉原でもそこそこ有名(だと思う)なトライアミューズメントタワー、このゲーセンに行くためだ。

1階から7階までのフロアで構成されたトライだが、1~6階には目もくれず一直線に7階へと足を進める。最近プレイしているゲームを考えれば近場のゲーセンで間に合うし、電車や自転車で行動範囲を伸ばせば、私の望む大抵のゲームはプレイできるのでわざわざトライにまで来る必要はない。
しかし、中には遊びたいと思ってもゲーセン事情でそう簡単にプレイできるわけではないものも存在するのも事実だ。

トライの7階に設置されたタイトーのあるゲームもその最たるものといってよいだろう。私はこのタイトーのあるゲームをプレイするために朝早くからトライへとやってきたのだ。

そのタイトーのあるゲームとは・・・




ダライアス




いや、ずいぶんと長い前フリですいませんでした。

そうなんですよ、家やゲーセンで「外伝」や「G」をプレイして好きになればなるほど初代はいったいどんなゲームだったのか気になります。またダライアス関連を扱ったサイトやアーケードゲームのページを読むと、ダライアスがゲーセンに登場した時のインパクトは凄かったと言う話もよく目にします。

知らない人のために説明しておくと、ダライアスは横スクロールのシューティングですが、この初代は何とモニターを3つも使用したとんでもない代物だったわけです。冗談にしか思えませんがマジですよ。専用筐体で左右のモニターを反射させて繋ぎ目のないようにしているとの事です。
当然ですがそんなもの家庭用移植で再現できるわけがなく、移植版では1画面に調整されております。もしムリヤリ通常の筐体やモニターで再現したとしても


こんな感じになってしまいます。
さらに物が物だけに現在では置いてあるゲーセンもほとんどなく、日本中に数えるほどにしかないそうです。

そのうちの1つがトライの7階なのです。

早速シートに座って100円を投入。
ダライアスと言えばOGR氏の音楽もポイントですが、初代からやっぱいいですね。いくら画面が3つつながっているとはいえ、ゲーム自体はシンプルな横シューなのでボス戦までは特に問題もなく到達。

おなじみの「WARINIG! A HUGE BATTLE SHIP~」の警告表示ともに偵察ザコが多数登場。こいつをいくつか倒すとボスが登場するのですが、撃つたびにゴゴゴゴとすさまじい音が筐体のスピーカから響き、座っているシートからも体感ゲームかと思うくらいの振動が!す、すげぇ!なんて迫力だ!
ボスを攻撃するたびにドゴンドゴンと言う重低音が筐体内に響き、倒したボスが撃墜している時には再びシートから振動が。

ボスを倒した後は地震が終わったかのように元に戻り、ダライアスお馴染みのルート分岐・・・だったのですが、いきなり中央に地形が!危ない危ない。ボスを倒して一息ついていたところだったのでミスするかと思いました。

その後ゾーンB→ゾーンDと進み、ゾーンDのボス、デュアルシザーでゲームオーバー。実はボス戦までノーミスでしたが、ボス戦でミスするとまたボス戦のはじめからやり直しになってしまううえ、バリアもなくなった状態になるので結局そのまま全滅してしました。やっぱりゲーム的なバランスは厳しいですな(苦笑)

しかしこの初代ダライアスが凄いゲームだという事は身をもって体感できました。「多画面じゃないダライアスなんてダライアスじゃない」というダライアスファンもいるようですが、それも少し納得できた気がします

上で述べたような事情でプレイするのは難しいですが、もし見かけたら一度遊んでみてください。こういう家庭用のゲームでは絶対に味わえない部分にアーケードの魅力・意義があるのでしょうな。

それにしてもこれが20年も前に登場したのですよ。
ホントに「キャッチ・ザ・ハート」な会社だったんですねぇ(過去形)それがいまや・・・はぁ、タイトー・・・(遠い目)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/100-5156d898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad