NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第112話感想

たまこ先生の残念なお兄さん…彼女をお店に売った友達に対して怒ってますが、あんただって新しい彼女が発売されたらどうせ前の彼女を捨てるロクでもない男なんでしょう!

とこういうゲームネタにもたまには反応することでゲーオタブログをアピールしつつの、そんなサイレン第112話の感想です。
まずは今週センターカラーということで扉絵からですが、エルモアウッドのマークが描かれた壁を背にアゲハと雨宮さんがそれぞれミニメルゼズと妖刀を構えているという構図で、初期からは想像もできないくらい上手くなっている印象です。煽りから判断するに見えないところでお互い素手のほうの手を繋いでいるのでしょう。ただ主人公&ヒロインを強調するためか、ここ3回のカラーが全部この2人のみというのは正直ちとマンネリ気味です。ワイズのカラーが見たいです。

未来へ飛んで即カイルたちと合流することができたアゲハ一行は一路根へと帰還します。
伊豆にタヴーが大量配備されている現状に見つかったらどうするんだよと尋ねるカブトに対し、シャオは戦争ですから戦いますよと真剣な眼差しで答えます。シャオは強くてイケメンで性格もいいのに何だか不憫なイメージが強いので、こういうカッコいい表情を見るのもひさしびりです。一方同じ戦争でもこっちはアゲハ争奪戦として、マリーの存在を雨宮さんに忠告するのがカイルです。「また」という単語が強調されていますがそれが意味するところはこの後明らかになります。

トリックルームにて根へと到着した一行をフーちゃん、マリー、ヴァンの3人が出迎えますが、そこにはその3人とランだけでなく前回の根にはいなかった大勢の人たちもおり、雨宮さんを困惑させます。それに対し前から根には500人余りの人たちが生活していたとカイルは告げますが、ご存知のように前回のゲームでは根の人数はチルドレン以外に約30人といったところであり、どうやらまた未来が変化していることが判明します。

そんな疑問を抱いていた雨宮さんでしたが、積極的になったマリーがアゲハを連れて行くさまを見て、またもや黒宮さんことアビスが表に出てきてしまうのではないかというくらいの威圧感を醸し出します。どうでもいいですが、アゲハに抱きつくマリーの表情が顔を赤らめているというより、もはや発情に近いレベルでちょっといやらしいです。まさか直前のシャオのセリフは「(アゲハさんと)戦いますよ。戦争ですから」という意味じゃないですよね。

そしてフーちゃんはフーちゃんで前より何か妙に男前になっているような気がしないでもないです。やっぱりヒリューの時と同じく半年くらい空いたのが原因だと思いますが。

そんな積極的なマリーに戸惑うアゲハですが、そこに生きていた姉フブキが赤ん坊を抱いて現れましたからさらに困惑してしまいます。にしてもフブキ確か未来だと34だという割に全く外見が変化していない若々しさは…夜科家の血筋はどうなっているのでしょうか一体。

ここで先ほどカイルが雨宮さんに言ったことと同じように、アゲハ本人(もちろん読者にも)には全く覚えがないのに既に前回根でフブキと再会していたと本人の口から伝えられます。

ここの考察については他の感想サイトや各所掲示板でもいろいろ議論が行われているうえ、現段階ではどう考えても正解らしい正解が見つからないので詳しくは語りません。一応私の中ではアゲハ達ドリフト(と07号)だけがイレギュラーな存在であるため記憶の改変を受けないという風に解釈はしているのですが…。

しかしそれはそれでアゲハ達と前回未来に残ったヒリュー達とのドリフト間でも記憶の行き違いが起こるのではという疑問が残ります。例えば今回仮に03号と鬼瀬が新たに加わったことで、ドルキさんが第五星将から第七星将になっていたとします。ではその状態でヒリューと再会した場合、ヒリューはドルキさんを第何星将と言うのでしょうか?先の解釈だと第五星将のままでしょうが、それだとヒリュー視点としてはリアルタイムで世界が変化していることになり、極端な話さっきまで居なかった場所にいきなり人や建物が現れることになりかねません。

とこのように現状考えたところで頭がこんがらがるだけなので、今は作中の状況をとりあえずそのまま受け止めておくことにします。


そしてアゲハがある意味それ以上に気になっているのがフブキの抱いている赤ん坊マルコです。
まぁフブキの子なのは状況的に一目で分かりますが、驚くべきはその父親です。

イ、イアン義兄さんだと…!?

え、え、えーっ!?
アゲハもハゲアになりそうなリアクションしてますが、こっちも読んでて度肝抜かれました。
フブキが根にいるであろう事は予想できましたが、イアンとくっついてるとかこんなの誰が予想できるか!

驚きの連続で腰を抜かしているアゲハですが、フブキは更に現在野外調査中の父アスカにも会っていくよう伝えてその場を去っていきます。あぁ、フブキがいるということは首長さんもそりゃ当然いますよね。むしろそこよりもこんな世界で野外調査してることのほうがはるかに気になるのですが…しかもワイズが周辺を探っているのに。

一方雨宮さんはベッドで休んでいるエルモアに会い、今回の世界における過去の流れを尋ねます。
エルモアによるとアゲハ達が今回のドリフトから戻ってこないまま転生の日を迎えた結果が今の未来であり、500人近い人数を救出することができたのは首長さんが転生の日直後に陣頭指揮を執ってくれたおかげだそうです。回想の首長さん弥勒と同じ迷彩服着てるのが気になります。しかしこうなるとどうやらアゲハ達がドリフトして到着する未来は、アゲハ達がドリフト直後行方不明になって帰ってこなかった時点での現代が基準ということになるのでしょうか。

また今回イアンが生きていたということでもしやマツリ先生と影虎さんも…と思いましたが、その2人もまたアゲハ達と同じく行方不明になって姿をくらましたということです。なるほど、そこで傷心のイアンをフブキが…って事なのでしょうね。それにしても引っ掛かるのはマツリ先生と影虎さんの2人も行方不明という部分です。
ドリフト直前の会話でマツリ先生が命を賭けて秘密を話そうと言っていましたが、それでもし制裁プログラムが発動したのなら死ぬのはマツリ先生だけのはずです。となると…これは2人の未来での助っ人フラグでしょうか。

一方地上では根の場所にアタリをつけたジュナスがスカージの面々に侵攻を命じます。
現れたスカージの面々は5人ですが、デルボロ以外の4人のうち3人が脳獣の時ほど「うわぁ…」ではありませんが、いかにもかませっぽいキャラ造詣です。ヒリューのパチモンくさいやつもいますし。チルドレンの実力を考えると、雨宮さんやカブトの新能力お披露目相手という感じです。
それよりもスカージメンバーで気になるのは卵のようなマスクで顔を隠している最後の一人です。こんなポッと出の敵なのに姿を見られてはいけない理由…例えば過去に登場したキャラとか…があるかのような…。

そしてそこにもう一人お楽しみをよこせといわんばかりにヴィーゴの名を与えられたイケメンこと鬼瀬が現れます…が先週のジュナスに引き続き、彼もまた上半身裸に手袋というまたもや変態もとい斬新過ぎる未来ファッションで岩代先生の独特なセンスを見せ付けてくれます。何、なんなの、ワイズに入ったら変な名前とアレなファッションを着なければいけない義務があるのでしょうか。遊坂が裏切ったのも実はこれが嫌だったのではないかと思いたくなるほどです。


ということで今週は一見イアン義兄さんや積極マリーをはじめとした笑いが目立つ回でしたが、同時にまたいろいろな世界設定及び伏線が張られた回でもありました。特に結論の出ない記憶と歴史の修正の部分は正直書いていて頭が疲れました。

来週から本格的にバトルに突入しそうですが、チルドレンもいることなのでとりあえずスカージの例の3人に関してはサクッと片付けてもらってさっさとヴィーゴ&ジュナスとの決戦に臨んでもらいたいなと思っています。

(追記)
そういえば先週も今週も姿の見えなかった億号と太河は…。

コメント

>極端な話さっきまで居なかった場所にいきなり人や建物が現れることになりかねません。

*いしのなかにいる*
ヒリュー、タツオ「!?」

岩代先生の次回作のご期待ください!!

と言うような妄想をついしてしまったわけですがw
実はこの辺の展開をどうするんだろう?と考えるのが一番楽しかったりします。

>雨宮さんやカブトの新能力お披露目相手という感じです。

心鬼紅骨で滅却ですねわかります。

  • 2010/03/31(水) 23:30:49 |
  • URL |
  • SK #-
  • [ 編集]

>*おおっと*
この前テレポーターで上空4000mに飛ばされたばかりなのに今度は石の中とかw

朧はイルミナ移植で記憶が抜け落ちたとかできそうですが、ヒリューに関しては最悪次回の現代編に戻ったらいつの間にかタツオと一緒に帰還してるというパターンでスルーされる可能性も…ほら、彼らエルモアウッドと一切絡んでませんし…。

いずれにせよこの辺のすり合わせは岩代先生の手腕が問われるところでしょう。

>フン!トアァーツッ!
その芸術性を見たヴィーゴ=イケメン=鬼瀬が雨宮さんに弟子入りする展開と。

  • 2010/04/01(木) 02:11:47 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1013-c529ebaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad