NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第117話感想

やはり今週でリリエンタール終了してしまいましたか。葦原先生がまた帰ってくるのを楽しみにしています、おつかれました。

と前作が似たような形で打ち切られたためどうしても他人事とは思えない、そんなサイレン第117話の感想です。
何だかいつもの合併号以上に前回がどういう内容だったか記憶があやふやです。またもや番外編にだけヒリューが登場していたんでしたっけ?もとい、確かカイルVSデルボロの一騎打ちが始まったんですよね。

という事で今週はそれの続きからです。

お互い真っ向勝負で激しい肉弾戦を繰り広げる両者、カイルがマテリアルハイによる特大の圧縮空気をぶつければ、デルボロはそれを粉々に破壊するほどのパワーを見せ付けお互い一歩も譲りません。うーん、前回のオドといいいつの間にかマテリアルハイが壊されるのが通過儀礼になってきているようでちょっと不安です。いや、カイルの本分はライズですからさほど弱くなっているようには見えませんが、破壊できる敵が出るたびにドルキさんの株が際限なく下がっていくので。

デルボロ曰く、自分に取り付けられているのは生存率0.1%以下の凝縮型イルミナであり、スカージはそれに適合できた精鋭中の精鋭とのことです。ふむ…凝縮型イルミナはわかりましたが、スカージの面子が揃いも揃ってイルミナを2つ付けることに成功しているのは相変わらず疑問です。

ここでヴィーゴを倒したシャオからカイルにテレパシー通信が入り、現在の各自の状況を伝え合います。

シャオとの通信を終えたカイルはこんな緊迫した状況だというのに、本気で戦える相手とめぐり合えた事への高揚感を隠せず笑みをこぼします。「相手がどう壊れようと…」というセリフのせいで若干危険な雰囲気がありますが、それはおそらく深読みしすぎなだけで、カイルは根っからのバトル野郎という解釈でいいのでしょう。それにしてもここのカイルのポーズがセリフと併せてまたえらくドラゴンボール風味です。といいますか影虎さんVSジュナス戦も若干そうでしたが、ライズメインのバトルになるとそういう風に見えてしまうのは仕方ないのでしょう。

そうして再び全力でぶつかり合う両者によって運動ホールが破壊されんばかりの衝撃が発生してこの2人のバトルは一旦フェードアウトします。画的にはお互いの攻撃がカイルの胸元に、デルボロの左側頭部にヒットしており、デルボロは白目剥いているのでこれでカイルの勝ちっぽい感じです。


場面変わってシャオ君による読者に向けての現状の図解入り解説が入ります。
大まかに言えば死守しなければならないのは住人避難中のA区画に繋がるA-B、A-Dのパイプラインで、スカージはA-Dのラインを現在進攻中です。

そしてA-Bのラインでタヴー相手に戦闘を繰り広げているのは久しぶりに登場したアゲハと雨宮さんの2人です。
髪骸骨のようなタヴーに対し、メルゼズディスクによる接近戦で立ち向かうアゲハ。前半のカイルの戦い方と比べるとやっぱりどっちが主人公だかわかりゃしません。雨宮さんは雨宮さんで心鬼紅骨を使ってタヴーを一刀両断しておりますが、さっそく妖刀っぽい意味深な一コマが挿入されてちょっぴり先行き不安です。

根の住人たちを生け捕りにして連れ去ろうとするWISEの様子から、アゲハは雨宮さんにここの通路の守備を任せて自分は捕まった人たちの救出に向かいます。あれ?という事はこのままだと位置的に雨宮さんはまだしもアゲハはスカージと遭遇しなさそうですね。それどころか捕まった人達を追うということは後から来たor地上で指揮を執っているジュナスと激突しそうで、ジュナスに敗北→ワイズ本部へ連行という可能性もあるかもしれません。


一方こちらスカージが進攻中のA-Dラインを守るのはフーちゃん。
早速スカージの連中と遭遇したフーちゃんは奥の通路から火炎放射を放ちますが、特に苦しむ様子も無いスカージの皆さんによってあっさり突破されてしまいます。両手をクロスさせて防御姿勢を取っているバーリィはまだしも、オドに至っては普通に炎の中をノーダメージで突っ切っている有様とは…フーちゃんバトルになるといいとこ無いですねぇ…。

そして相手を任されたネッカによる鎖攻撃がフーちゃんに迫りますが、このピンチをカブトが何とよりによってお姫様だっこで救ったところで次回へと続きます。カ、カブト…お前…いつの間にそんな大それた事をっ…!
と色々とまた物議をかもし出しそうな助太刀シーンでありますが、ついにカブトの特訓の成果が発揮されそうな展開がやってきました。
予兆も無く突然現れたコマは一歩間違えばギャグにも見えますが、攻撃を外したネッカが存在に気付かなかったという点を踏まえればそこにカブトの能力の秘密がありそうです。しっかし本人の才能もあるとはいえ前回の現代編でようやくライズ覚えたと思ったら、もうデルボロやネッカの攻撃をかわすくらいですから成長著しいですな。にしてもフーちゃんはライズあんまり得意そうではないですな。

という事でカブト&フーちゃんによるお互いの弱点をカバーできそうなコンビ対ネッカという戦いになりそうですが、やはりカブトのヨヨとイアン式ライズがどう活躍してくれるのかが楽しみです。
しかしここで2人も使ってしまうと残りのスカージと誰が戦うのか気になります。前述のようにハゲアは位置的に遭遇しなさそうですし、カイルはいまだデルボロと戦闘中です。シャオ、マリー、ハルヒコ辺りが戦闘メンツとしては残っていますが…首長さんの帰還はいつになるのでしょうか。

前回までほとんど個別のバトルのみで語ることが少なかったですが、今回はようやく各自の状況を同時進行させるという集団戦ならではの描写も見られてそこそこ満足な回でした。

コメント

戦闘が出来そうなハルヒコは確定として、残り二人をどうするかは見ものですね。
後はトリック・ルームのダウンロードでアスカを呼び寄せる可能性が高いので、彼も一人を相手にするんじゃないかと思います。
危険な地上をチルドレン無しに調査と称して歩き回れる辺り、間違いなく強力なサイキッカーでしょうし。
最後の一人をどうするんでしょうかねぇ・・・
アスカと一緒に生死が不明な億号、大河を連れて来て戦わせる可能性もあるんでしょうが
彼らはジュナス襲撃で怪我してそうですし、戦力になりそうにないですよね

  • 2010/05/10(月) 20:37:35 |
  • URL |
  • ねむいよ!ななしさん #-
  • [ 編集]

そこは勿論あのヒーローが遅れて空からやってくるに決まっているではないですか!

というネタはさておきまして、アスカさんが通信空手とライズの融合技で(笑)アッシュとバーリィの2人を同時に軽くあしらうなんて展開も案外あり得るかもしれません。

ただそれでもオドだけは彼の正体含めて誰が相手をするのか想像つかないですねー。

それにしてもフーちゃんの最終防衛ラインは脆(ry)

  • 2010/05/10(月) 22:16:36 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

朧の体に移植された小型イルミナも凝縮型っぽいですよね
あの大量移植の技術がワイズ側に渡ったら一気に戦力差が広がりそうですね

それにしても元一般人のデルボロが凝縮型でカイル並みに強化されたんだったら、サイキッカーの朧はどんな化け物になっているんだろう?

  • 2010/05/11(火) 00:33:42 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

現代ですら圧倒的なグラナやジュナスがイルミナス・フォージしているだけでもヤバイのに、そこに朧の技術提供とかますます勝つ見込みが薄くなるのですが(汗)ついでにドルキさんの無駄死にっぷりも。

>朧+イルミナ
現時点では考察する材料があまりにも少なすぎて何とも言えませんが、少なくともヒリューと違って再登場時に置いてけぼりにされる心配は無さそうですね。

  • 2010/05/11(火) 02:10:12 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1033-bea90ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad