NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第118話感想

今週から新連載の「メタリカメタルカ」の水野先生は岩代先生の元アシということで、またもや誌面が岩代組3人体制になりました。内容的には比較的王道の冒険ファンタジーですが、ワンピースやトリコが連載されている中でどれだけ人気を取れるのかが試されるのではないかと思いました。

一方こちらはちょっと気を抜いたスキに再びドベ2と相変わらず油断の出来ない、そんなサイレン第118話の感想です。
今週はフーちゃんを救うべくカブト参上!という所からです。

ネッカの鎖攻撃を何らかの能力で逸らしてフーちゃんを助けたカブト…ん?ここのお姫様抱っこされているフーちゃんがはいていないように見えるのですが…いやいや、靴下の話ですよ?

しかしカブトがかっこよく救ったのはいいものの、このスキに他のスカージメンバーには突破されてしまいます。このためフーちゃんは仕方なしにパイロクイーン・サラマンドラを発動させ、追撃を加えようとするネッカを炎で迎撃します。

サラマンドラの攻撃を喰らったネッカですが当然その一撃だけで沈むはずは無く、逆に自分の顔が焼かれたことに激昂してサラマンドラごとフーちゃんを鎖で引き釣りこもうとします。ここでネッカの様子からスカージメンバーが全身にバーストエネルギーを纏って戦う強化戦闘タイプだと推測するフーちゃん。確かにデルボロもそうですしスカージはあまり固有のPSIを持たないパワータイプの連中って気がします。これは隊長であるジュナスの性格もあるのでしょうが。

フーちゃんはカブトに他の皆を守ってくれるよう頼み、今度は本気の本気でやってあげるとのセリフと共にネッカを抱えて根の更に奥深くへと落下していきます。さすがにフーちゃんがこれくらいで死ぬとは思いませんが…状況を考えればもっと早く本気の本気を出しなさいよと正直思ったり。


場面変わって避難中の根の人々の所へアッシュが現れます。お前らはもうワイズの大切な実験材料だからと襲い掛かるアッシュとワイズの襲撃に逃げ惑う人々…抵抗を試みた住人がアッシュの攻撃に倒れたそのとき、カブトがアッシュの前へと立ちふさがります。ここの敢えてサイレント風に効果音やセリフを無くし、人々の流れに一人逆らって歩を進めるカブトという一連の描写はカブトの精神面での成長を上手く表していていいと思います。

小声でやめろと言葉を投げかけるカブトに対して、アッシュはもっとデカイ声で喋りやがれと罵り、直接攻撃を加えようとします。アッシュの爪がカブトを切り裂くかと思われたその時、アッシュは遠く離れた壁へと叩きつけられます。

攻撃を仕掛けたはずが一瞬にして吹き飛ばされたアッシュ、これがテレキネシスだとすればグラナレベルの挙動の速さというありえなさに驚きを隠せません。ちなみにここアッシュ視点でカブトの能力に疑問を抱いている場面ですが、別の見方をすれば(ジュナスの部下であるアッシュの知る限りでさえ)グラナのテレキネシスはこれくらい出来るレベルなんですよね…。

ヨヨと共に闘う決意を固めるカブトに対して、いまだ事態が飲み込めず戸惑うアッシュは次に遠距離からコインで攻撃を仕掛けます。

しかしその迫りくるコインをカブトは掌で軌道を変化させ、攻撃を逸らします。

カブトの〝脅威〟とは自分に迫りくる死の危険が白い光として見える能力ですが、その白い光を自身の手で払いのけるのが今回お披露目されたカブトの(ヨヨの)能力のようです。最初アッシュが吹き飛ばされたのもアッシュ自身がカブトにとって脅威であったがためであり、テレキネシスではありません。そういえばヨヨが初登場の際に「目以外の能力を貸してやる」と言っていましたが、今回のこれが手だとするとまだ足など他の部位の能力が登場するかもしれませんね。

それにしてもここのヨヨのセリフから、弱者であるカブトにとってあらゆる攻撃が脅威となりうるわけで、そう考えると今回のカブトのこの脅威を払う能力は防御面においてかなりの高性能ではないでしょうか。これを打ち破るには…カブトに脅威と感じさせない攻撃か、あるいは払わせる隙を与えないくらいの攻撃でもない限り難しいでしょうか。いずれにせよまたもや反則級の能力の登場であることは間違いないです。アゲハのメルゼズが攻撃力MAXならカブトは防御力MAXって感じでホントサイレンのキャラの能力は極端ですな。

アッシュに向かって今度は大声でやめろとカブトが叫んだところで今週は終了です。

しかし防御面では確かに無敵なものの、あくまで手の能力は脅威を払うだけでカブト自身の攻撃力は相変わらず無いわけでして、一人でアッシュにどうやって勝つのかは疑問です。てっきりその辺をカバーするために先週フーちゃんとコンビを組むと思っていたのですが。となるとカブトにもう一つ残された切り札…イアン式ライズが勝負の決め手になるのでしょうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1036-1dd1ac11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad