NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

サッカーキッド

第二回SFCの積みゲーを消化しようコーナー、今回のお題は「サッカーキッド」です。
「えっ、あれ単発ネタじゃなかったの?」というツッコミが聞こえてきそうですが気にせず続けます。



時は1994年、USAワールドカップ決勝戦でのこと…





スタジアムに突如現れた宇宙人によって大事なカップが盗まれてしまいます。



しかし隕石が衝突して宇宙船は大破、盗まれたカップもバラバラになって世界各地へと散らばってしまいました。



そこでバラバラになってしまったカップを取り戻すべく主人公が立ち上がるのでした。


スイマセン、ちょっと何を言ってるのか文章を書いている本人も理解できません。
W杯の決勝に何で宇宙人が突然現れるのか、そもそも宇宙人が何でカップを盗むのか、その後の宇宙船爆発四散から主人公が取りもどすために旅立つくだり全てにおいて意味不明です。

しかしまぁいくら考えたところでそういうストーリーなのですから仕方がないと諦めまして、「サッカーキッド」というタイトルでバラバラになってしまったカップを取り戻すのがゲームの目的です。となれば世界各地に散らばったカップの破片を取り戻すべく、各国の代表と対決するサッカーゲームなのだろうかと思いますが…



ゲームを始めてみれば一目瞭然。
サッカーボールを使う少年がプレイヤーの横スクロールアクションなのでありました。

といいますかストーリーからしてアレだったのでサッカーゲームじゃないのはもう諦めますよ。でもいくらなんでもタイトル画面と実際のゲーム画面の主人公が別人過ぎでしょう。せめて髪の色くらい合わせてあげて下さい。

そんなこんなで相棒のボールを武器にしながら行く手に立ち塞がる人々や障害物を乗り越え、カップを取り戻すべく各国のステージをクリアしていきます。

アクションゲームとして特筆すべきは主人公の相棒でもあるサッカーボールの使い道です。
蹴って敵を攻撃する手段としてはもちろんですが、アイテムを回収したりスイッチを押したりと単なる攻撃手段に留まりません。さらにはただ蹴るだけでなく、リフティングなどの予備動作からボールを上空へ高く蹴り上げたりオーバーヘッドといったテクニックも使えます。まぁ、当てるのが難しい分倒したときのスコアが高いだけで普通のシュートより威力が高いわけでもないのですが。あ、他のテクニックはともかくボールのバウンドを利用しての大ジャンプとボールの復活(Aボタン押しっぱ)の2つだけは攻略上必須だと思われますのでぜひ忘れずにマスターしておきましょう。もっともこんなゲーム誰がやるのか知りませんが。

ここまでシステムを紹介しておいてサッカーボールを凶器として使う事に若干の疑問を抱かない事も無いですが、世の中には釣り竿や傘を武器として冒険を繰り広げるアクションゲームの主人公もいるので目くじらを立てるのはよしましょう。

そしてステージの最後にはカップの破片を持ったボスがいるのですが…。
これが1面はラグビー選手、2面はオペラ歌手、4面は相撲取り(日本ステージです)…とものの見事に1人たりともサッカー選手のボスがいません。



おいおい、お前ら揃いも揃ってサッカーのワールドカップなんか全く必要無いでしょうが!素直に返せよ!

こんな具合にこのゲーム冒頭から万事が万事この調子でサッカーとの関連性が見出せない部分が多すぎです。


最終面のシカゴに至っては街中にゴールが設置されており、シュートを決めるとボーナス点が入るという一見まともなギミックが用意されているのですが…







ゴールが違うだろ…!

そりゃアメリカではサッカーよりもバスケのほうが盛んですけども!


ちなみに純粋にアクションゲームとしてみれば、画面スクロールがかなり早い割に敵の出現が唐突でダメージを喰らいやすいのが目につきます。ソニック並のスピードなのに慎重にチマチマ進めないと厳しいというのが矛盾しています。あとジャンプが方向キー上というのが慣れないうちは大変かと思います。序盤は厳しいですが、ライフが増えてくる中盤以降は進め方も分かってくるのでさほど難しくは無いですかね。


そんなこんなで全クリして無事バラバラになったカップの破片を全て手に入れ、主人公は決勝戦のスタジアムへと戻ったのですが…



…画像撮ってもわからん。
ポケットからはガラクタしか出てきてないということは結局元に戻らなかったって事なのでしょうか?
ナレーションも出てこないので全く分かりません。

最初から最後まで意味不明なゲームでしたが、とりあえずちゃんとしたサッカーゲームを遊びたい人は間違っても手を出さないように気をつけましょう。

コメント

とりあえず画像を見て思ったのが
「こした先生の無駄遣い」という言葉。

>文章を書いている本人も理解できません。
俺もサッパリわかりません。
そもそも主人公は選手なの?それとも試合見に来ただけなの?
とか…考えちゃだめですね。

>こんなゲーム誰がやるのか知りませんが。
この記事読んで初めて存在を知りました。
メーカーはどこですか?

>結局元に戻らなかったって事なのでしょうか?
何かバッドエンドっぽいですけど、隠し要素を見つけると完全な形に戻るとかあるんでしょうか。
それ以前にそれを探す労力を割くならケツイやってた方が万倍も(ry

  • 2010/06/07(月) 22:07:49 |
  • URL |
  • SK #-
  • [ 編集]

>ゲーマー的にはイナズマイレブン、世代的にはドッジ弾平でお馴染みこした先生の無駄遣い
>メーカーはどこ?

発売元はやのまんなのですが、どうも元々海外で出たゲームを買い取って、そこにこした先生のキャラを(パッケージとオープニングに)付け加えただけっぽいです。

>リカイフノウオープニング
箱説なしのソフトしかないのでストーリーが分からない…とかいう以前の問題なので考えるのはよしましょう。洋ゲーならローカライズするときに誰か疑問に思わなかったのかしら。

たぶん主人公は頑張って好意的に解釈してあげても、地元のユースクラブに所属するサッカー好きの少年あたりが関の山でしょう。

>バッドエンド?
いやー、プレイした限り隠し要素などという大層なものは無い雰囲気です。例えあったところで(ry)
大体主人公のやったことって世界各地で人々に向かってボールぶつけまくっただけですものw

  • 2010/06/08(火) 00:48:15 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

バッドエンド?
→本当は各面ごとにカードを集めると
ボスを倒した後に優勝カップのかけらを手に入れるためのミニゲームが始まります。
そうやって優勝カップを完成させればクリアです。

  • 2011/01/04(火) 00:52:44 |
  • URL |
  • まあ #NoYmw3UE
  • [ 編集]

カードってまさかあのステージ各所にヒラヒラ浮いているあのカードのことでしょうか。
タイムが増えるわけでもなく効果が不明だったので(どうせ得点アイテムあたりだろうと納得)途中からスルーしていたのですが、まさかそんな秘密があったとは…!
ところで各面ということはひとつでも取り逃したりしたらダメなのかしら。

ともかく今更ながら情報提供ありがとうございます。なおだからと言って再プレイするかどうかは未定なのであしからず。

  • 2011/01/11(火) 19:10:24 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1051-c48a8396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad