NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第122話感想

今週の藍本先生の巻末コメント
「26号の予告ページ…先生には繊細もアガリ症設定も無いですよ!ビックリした~(笑)」
やっぱりジャンプの予告ページの文はアテにならないものですな。

一方来週またもやセンターカラーで予告ページに顔を連ねているサイレンですが、その次回予告はといいますと
「絶望を破る一筋の光!!その正体とは一体…!?」→今週ラストで答え出てるのですが

やっぱりアテにならないと実感しつつの、そんなサイレン第122話の感想です。
全国10万人(割とリアルな数字)のPSYRENファンが待ち望んでいた龍の名を持つ、あのヒーローがついに帰ってきましたよ!世界に風穴を空けるべく!

お帰り…タツオ、クサカベさん!そしてヒリュー!

一刻も早く彼らの活躍に触れたいところですが、ここはやはりいつもどおり冒頭から流れを追っていくことにしましょう。

圧倒的力を見せ付けるジュナスの前に手も足も出ないアゲハとシャオ、そこに駆けつけたのは父アスカというのが先週の引きです。

突如現れたアスカに向かって神刃を構えて突進するジュナスとなぜかいきなり愛を語りだすアスカ。お前は戦場で突然宗教の勧誘まがいの説得をロジャーに対して行ったシーダですか。あなたはあいをしんじますか。
父に対して避けろと叫ぶアゲハは先週思い切りどてっぱらを突き破られていたのにずいぶんと元気です。

ジュナスに対しアスカは「星空間」なるPSYを発動させジュナスの攻撃を防ぎます。この「星空間」はアスカを中心にまるで宇宙のような空間を作り出す能力で、本人曰くその空間は自分の支配領域だそうです。そういえばNASLの研究所で射場さんがパーソナルスペースの話をアゲハにしていましたが、それがモチーフっぽいですね。

更にアスカはここから限界を超えて力を加速させるというセリフとともにPSIを急激に高めて星空間の範囲を広げ、ジュナスをその中に閉じ込めます。

その中においてアスカの全身からは白いPSIオーラ(と思しき)が溢れ、髪や顔だけでなく服の色までも白く変化します。

急激に速度を上げたアスカに対し、自分は逆に神刃の出力と動きが抑えられたことに戸惑うジュナス。アスカはPSIの急激な消耗を意味する鼻血を出しながらも次から次へと素早く連続攻撃を加え、ジュナスにまったく手出しをさせず圧倒します。ところでアスカの攻撃で真っ先にジュナスのヘルメットが破壊されましたが、絵的な意味でこれは実にナイスと言わざるを得ないです。アスカもあの未来ファッションがお気に召さなかったに違いありません。

アゲハは父親の余りにも急激なパワーアップに疑問を抱きますが、それは倒れているジュナスとて同じです。
大の字に叩きつけられ、胸に埋め込まれたイルミナが顔を出しています。あっ、よかったジュナスちゃんとイルミナつけてましたか。

そんなジュナスを圧倒していたはずのアスカでしたが、ここで明らかにオーバーヒート状態を迎えてしまいます。


場面変わって格納庫へと急ぐエルモア、ヴァン、マリー。
しかしそこへ復活したヴィーゴがマリーに会いにくるという約束を守って現れ、ヴァンを地面へと引きずり込みます。
やっぱりこうなってしまいますかー。

シャオはヴィーゴの首の骨だけでなく心臓まで潰そうとしたのですが、そこでヴィーゴは自分の心臓をシャオの手刀が届かない深さにまで沈めて難を逃れた模様です。ついでに首の骨も床となじんだときに補強しておいたとの事で、そこまでやったのならヴィーゴの頑張りを褒めてあげることにしましょう。でもやっぱりイルミナ(略)

ヴァンを人質にとられ手が出せないマリーを手刀で気絶させたヴィーゴはそのままマリーを連れ去ろうと床に潜りはじめます。にしても「会いに来たよ」とか「うんマリー 俺は…マリーを迎えにきただけだ…」とかやってることはともかく、マリーに対して素直なセリフのヴィーゴが私的にはかわいいです。せっかくだからヴァンもエルモアも殺害していけばいいのに、そうしないでマリーだけさらっていくあたりもまた。

マリーを連れ去ろうとするヴィーゴに必死で食いつき、この世界で生き抜いてきた自分達の日々の価値を叫ぶエルモアですが、そんな彼女を放せと振りほどいてヴィーゴはワイズの首都へと逃亡してしまいます。ところでヴァンはやっぱり回復専門で戦いには向いていないみたいですね。


場面は再びアスカVSジュナスの元へ戻りますが、ここでついに完全にアスカのPSIが底を付き、先ほどまでジュナスを縛っていた星空間も崩壊してしまいます。

イルミナ無しで急激にPSIを向上させ自分を追い詰めたアスカに面白いものを見せてもらったとジュナス。
それに対し人間の脳は宇宙みたいなものだと語るアスカ。そして彼の口から「バースト」「ライズ」「トランス」に続くPSIの隠された最後の力として「ノヴァ」の存在が出てきます。

ノヴァ。

ここに来て何かまた重要そうな単語が出てきましたね。
今週のジュナスを圧倒した様子から察すると、どうやら各種のPSI能力にブーストをかけるのがこのノヴァなのでしょうか。星空間はあくまでアスカの固有能力であって、あそこまでジュナスの力を封じたのはノヴァによるパワーアップのおかげと。ただしその分消耗も激しくなるのはアスカの様子からも分かります。余談ですが星空間がみえるひとでの異天空間(トバリ)っぽく感じたのは私だけではないはず。

ジュナスがイルミナ無しでと驚いたということは、この「ノヴァ」が今後のアゲハ達がワイズと渡り合うために重要な鍵となることは間違い無さそうです。味方側にとってのイルミナみたいなものでしょうかね。

ただしここで一つ疑問が。
アスカがこのノヴァを使えるのはいいとしても、何でチルドレンが知らないのかということです。
アスカがジュナスを圧倒したくらいですから、例えリスクが高くともそれに見合うだけの切り札になりそうなものですし、例え使わなくとも教えておくのが当然でしょう。しかしこれまでのシャオやカイルの戦いぶりからはリスクの問題ではなく、ただ単にノヴァを知らないだけにしか見えません。

となるとノヴァを使うには何か特別な資質・条件が必要なのかもしれません。
またアゲハ達が未来でノヴァを習得すれば、現代での弥勒たちと渡り合える可能性も上がりますし、いろいろな面において今後この「ノヴァ」をどう扱うのかが重要となるのは確かでしょう。ところでこの後の光が降り注ぐページで膝をついているアスカさんが遠目に老けているように見えるのですが…もしそうだとすれば寿命を削るのがリスクなのかもしれません。


再び形勢も逆転し今度こそ万策尽きたかと思ったその時、根の上空に空を飛ぶ龍の姿が現れます。
いかん、この時点ですでに口元のニヤケが止まらなくなってきました。
そしてその龍の頭にまたがる謎のシルエットが構えた銃を発射するとウロボロスに覆われたはずの空に穴が開き、そこからジュナスの元へ光が降り注ぎます。

こ、これこそ文字通り世界に風穴を開けるため遅れて空からやってきたヒーロー!!!

それを体現する男といえば作中龍の異名を持つただ1人に他なりません!

うぉぉぉぉぉ!!!!

ついに!
ついに!!
ついに!!!

本誌で最後に姿を見せてから約1年、主人公のピンチを救うべくPSYRENの影の主役が満を持してやってきましたよー!
ヒリュー!
お帰りタツオ!
そしてクサカベさん!
チームミラクルドラゴン(笑)参上です!
いやーまさかここでタツオとクサカベさんが参戦するとは先週の時点では予想だにしていませんでした。

決まっているシーンのはずなのにヒリューの姿を見るだけで笑いがこぼれてしまうのはまた微妙に顔が変わっているだけではないでしょう。
クサカベさんのセリフからすると自分達のイルミナは取り外せていないようですが、それにも関わらずアゲハ達のピンチを救うために風穴を開けるとは実に男前です。それにしても上空のウロボロスを取っ払えるほどになるとはタツオのバースト銃も相当上がっているようです。おまけに寸分いれず2発目に取り掛かろうとしていることから持久力も底上げされているようでパワーアップの片鱗がうかがえます。クサカベさんは自前のノートPCのような機器を持っていますが、ひょっとしてアレで情報収集してこの戦いを嗅ぎつけたのでしょうか。

うーん、何せホント久々の登場ですからいろいろと疑問は尽きませんが、それらに関しては素直に次週を待つことにして今週はこの余韻を楽しみましょう。2週連続助っ人というのは一般読者からすれば微妙と思われるかもしれませんが、私としては満を持してのタツオ&クサカベさんの参戦だけに胸が熱くなります。でも扱いが悪くなければヒリューじゃない気がするのも事実です。

ヴィーゴがマリーを浚って消えましたが、ジュナスもこの日光によってそろそろ撤退しそうな雰囲気ですね。
今週は新しいPSIの力「ノヴァ」と待ちに待ったタツオ&クサカベさんの参戦というのが大きなポイントでしたが、これらが来週以降どう影響していくのか楽しみです。加えてヒリューが久しぶりに再会したアゲハ達や初対面のチルドレンとどう絡んで、どんなネタを提供してくれるのか楽しみで楽しみで仕方ありません。他のドリフト連中が順調にパワーアップする中、1人運搬係としてドラゴンを完成させているだけでも笑いが止まらないのですが。

しかも来週はセンターカラー…ってよりによってセンターでミラクルドラゴン登場とか岩代先生冒険しすぎです。




でタツオ&クサカベさんの乗った変なドラゴンを運転してるこのキャラは一体誰でしょうか。
再登場するやいなや「ブチかませタツオ!!」といきなりの他力本願ぶりにはさすがとしかいいようがありません。
※今週の全文を頭から文字反転させてみましょう。

コメント

ヒーロー達が空からやって来たのに未来子供達が初登場した時の様な「キターこれで勝てる」的なふいんき(ryになれないのはなんでだろう
敵の実力が違い過ぎる以前に最初っから勝てるイメージが出来ないんだよな
主にあの人の所為で

  • 2010/06/15(火) 00:51:04 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

だって確かあの人今まで単独バトルで一回も勝利した事がありませんし…。(ゴルドフは朧の代わりのとどめ)

あとタツオたちのイルミナが外せてないってことは作戦失敗したんじゃないのかと思えますし(笑)

  • 2010/06/15(火) 00:56:55 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

>でもやっぱりイルミナ(略)
イルミナも地中深くに沈めていたんじゃないでしょうか。
そうすれば、シャオの格も落ちなくてすみますしw

しかし、シャオはきっちり追撃をやってたんですね。
ヴィーゴを生存させつつ、シャオの格落ちを避けるのは
かなり難題だと思っていたので、今回のヴィーゴの説明は良かったです。
少なくとも、私の中でシャオの格は落ちていません。

>本誌で最後に姿を見せてから約1年、主人公のピンチを救うべく
>PSYRENの影の主役が満を持してやってきましたよー!
きたああぁぁっ! ヒリューさんの登場ですよ。これは、燃えましたね。
何気に移動用として重要なヒリューさんのPSI。頭があることで、口からバースト攻撃もしそうです。
あとは朧が出てくれば、ドリフト勢揃いですが…オドの正体が気になる今日この頃。

  • 2010/06/15(火) 13:42:13 |
  • URL |
  • plto #-
  • [ 編集]

ヴィーゴの解説は大事なおもちゃをいじめっ子にとられた事を報告する子供みたいで何だか微笑ましく感じたり。

ところで一連の流れでもしかしたらヴィーゴはイルミナ付けていない可能性もあるのかもと疑問に思いました。で再戦の際に今度はイルミナつけてパワーアップと。

>タツオとクサカベさんは死のリスクを背負って風穴を開けてるのに一人だけノーリスクな人

そういえばマリーが運搬役もこなしてたんでしたっけね。といいますかあのまま飛んでたら何も知らないフーちゃんあたりにタヴーと勘違いされて撃ち落されそうです。

オドは…さすがにこれだけ分かりやすく放置されているなら、正体が朧でなくとも一波乱あることは確かでしょうな。

  • 2010/06/15(火) 23:38:38 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

ドラゴンを運転してるキャラは誰でしょう?>少し前に出てきたでしょうが。
まさかウィーゴに続きバーリィが蘇生するとは(驚)ハルヒコ、しっかりイルミナ破壊し……

え、違うの?

  • 2010/06/18(金) 08:34:58 |
  • URL |
  • #Oe9oLLJs
  • [ 編集]

>ドラゴンタクシーの運転手=バーリィ
あぁ、バーリィでしたか!
若干髪型や顔つきが変化している気がしますが、おそらくイルミナが外れて元の姿に戻ったんでしょうね。

(…こんなボケでいいのかしら)

  • 2010/06/18(金) 21:18:17 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1056-23efcc54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad