NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第124話感想

今週の掲載順



いぬまる
銀魂(センター)
PSYREN
四ツ谷先輩
LOCK ON!


(煽り)巻き上がる小説化の歓声を掻き消すかのごとく…ドベ3、転落す--!

ククク…この深海魚ならとっくに死んでしまうほどの浮き沈みの激しさ、これが無ければサイレンではありません。

このように小説化してもどうやら相変わらずで逆に安心する、そんなサイレン第124話の感想です。
ジュナスたちの撤退により戦闘は一区切りついたものの、ここでついにエルモアの寿命が…というのが前回までのあらすじです。

冒頭雪の降る何気ない一日を過ごすエルモアと子供達の回想、そして車椅子に乗りながらも凛とした眼差しを上に向けるエルモアの姿と天樹院のマークという扉絵です。

場面は根の通路に戻りまして、ハルヒコからイアンやフブキを含めた人々が連れ去られてしまったという報告を受けるアゲハ達。そこへカイルが現れエルモアの元へ集まってくれるよう皆に頼みます。

チルドレンやアゲハ達をはじめ、多くの根の人たちがエルモアの最期を看取るため集まりました。
もはやヴァンの治癒も痛みを和らげるのみで細胞を回復させることは出来ず、それを聞いたシャオはヴィーゴを逃した自分を責めます。あのーシャオ君…自分を責めるのは分かりますが、この状況で「ヤツの脳も四肢も潰すくらいしておけば…」とか物騒な事考えるのは後にしましょうよ。あとシャオの白目剥いてるコマに「ガビーン!」という効果音を付けたくなったのは私だけでしょうか。

シャオが後悔する傍らではフーちゃんの目から涙が流れだします。

そしてアゲハ達もまた神妙な面持ちでその様子を眺めています。
どうでもいいですが、このメンツに混じってヒリューがアゲハ&雨宮さんの間でごくナチュラルに並んでいるのに笑ってしまうのですが。何をさも5thゲームの始めから居ましたよ的なポジションに収まっているのでしょうか。お前エルモアウッドと今まで一切面識ないやんけ!といいますか先週のアゲハもそうですが、ヒリューが帰ってきたというのに雨宮さんと一切会話無く合流しているアッサリ具合は…。

エルモアは最後の予知でマリーの未来のほかにもう一つの〝灯〟について見たそうです。闇に浮かぶ無数の邪悪な灯とその中に佇む人影というのがそのイメージだそうです。それを聞いたアゲハはワイズの創設者である弥勒を頭に浮かべます。
んー…でもわざわざこういう風に「弥勒…?」とアゲハに考えさせるという事は弥勒ではなさそうであり、読者の知る〝灯〟というイメージからするとやはり例のかがり火あたりが怪しく思えます。

最後の予知を伝えたエルモアはまだ心残りはありながらも、子供達を信じて未来を託してゆける事に満足し、カイル・シャオ・ヴァン・フーちゃんの4人に看取られながら亡くなります。このチルドレンに看取られるエルモア視点からの最期はなかなかグッと来るものがあります。こんな具合に自分の最期を看取ってくれる誰かがいる人生を送りたいものですね。いや、別に私は無縁仏で死んでも全然構わないのですが。


エルモアの葬儀を済ませた一行はようやく合流を果たしたヒリューたちから太陽の光や神経制御塔の役割についての情報を聞かされます。

何でも機械と会話できるというのがクサカベさんのPSI能力であり、それで神経制御塔のプログラムをいじって空の膜の維持を不安定にさせたそうです。サラリと書きましたが、現代の機械でもイルミナの生体コンピューターでもOKってこれクサカベさんの能力かなり反則ではないですか。といいますか現代にクサカベさん連れて行ければ政府の機関かどこかからPACS起動して弥勒のチップ融解させられるのでは。

でその最中に根が襲われていることを知ってテストがてら駆けつけたというわけです。ところでヒリューたちが神経制御塔に向かったのは前回アゲハ達が夢喰島から戻った直後で、今回のドリフトはあれから2週間ほど経っていると思うのですが…この辺の時間軸どうなっているのでしょうかね。

そして今回の成果を受けてワイズの首都アストラルナーヴァ、東京の真上に大穴を開けるのがヒリューたちの計画だったようですが、クサカベさんがもう一度首都真上のコントロールを奪うには膨大なエネルギーが必要であり、それに難儀していたとのこと。

その話を聞いて意気揚々と現れたのは根の守護神こと人間発電機ハルヒコであります。
この時代にあって国宝級の力の持ち主が協力してくれることにクサカベさん大喜びです。
それにしてもランとハルヒコの能力は戦闘から移動、日常生活に至るまであらゆる面で汎用性が高すぎです。

という事で空に大穴を開けるグループと、その隙に首都へ潜入するグループとに別れて計画を実行することになりました。

さて、こうなるとメンバーの分担はどうなるのでしょうかね。
大穴組のクサカベさん・ハルヒコは確定ですが、そうなるとミラクルドラゴンもこちらのグループに参戦するのが妥当でしょう。

一方首都組ですが、こちらは主人公のアゲハや雨宮さんあたりはまず間違いないでしょうがそれ以外の、特にチルドレンの誰がどちらに参加するのか気になるところです。

それぞれヴィーゴ、デルボロとのリベンジマッチを控えるシャオ、カイルは首都組、広範囲攻撃を得意とするフーちゃんは大穴組というのが妥当そうですが、マリーの件&アゲハへの懐き具合を考えると全員首都へ行ってしまいそうです(笑)

「弱者のパラダイム」で一躍ダークホースに躍り出たカブトがどっちに付くのかも重要そうです。といいますかアッシュ戦以降カブトの姿が1コマも見えないのですがどこ行ってしまったのでしょうか?前回までの戦いの最中ならともかく、今週のこの全員集合で計画しているシーンにすら姿を見せていないのは何かワケありな気もしますが…。

明日の計画に備え各自が準備を進める中アゲハが向かった先は父アスカの元、理由はもちろんノヴァを教えてもらうため…!というところで次回へと続きます。

それにしてもアスカに対し「何で来たか分かってるよな」と聞き返すアゲハの横顔が文句なしに立派な悪役で主人公の顔つきじゃないとツッこみたくなります。力を求める表情もどこか研究所の時を危うさを想起させます。

さてアスカの表情から察するにノヴァを教えるのにはあまり乗り気ではなさそうですが、ノヴァが無ければ返り討ちになってしまうのは火を見るより明らかなのでどう教えてもらうのか、まずはそこに注目したいところです。

コメント

一時的にPSI能力を高める代わりに負荷が大きくなりそうなドーピング技ノヴァをアゲハが使ったら暴王の負荷が更にでかくなって脳が潰れるんじゃないのか
どっちにしても未来子供達に教えていないってことは何かしらのリスクがあるんでしょうね

  • 2010/06/29(火) 20:11:20 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

そもそも今のアゲハは〝暴王の月〟を各種プログラムによって威力制御しながら戦っている状態なワケで、ノヴァでドーピングするよりも新たなプログラムを編み出す方が戦い方としては理にかなっているような気もします。ジュナスの「力を使いこなせていない」発言もそういう意図だと思いますし。

チルドレンに教えていない理由やリスクも含めてそこら辺を来週アスカが納得いく説明をしてくれることを期待します。

  • 2010/06/29(火) 23:06:56 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

>(煽り)巻き上がる小説化の歓声を掻き消すかのごとく…ドベ3、転落す--!
いつも通り、シャイナとグラナがPSIを発動させましたが、まぁいつものことですよね!
今年は巻頭カラー始め、カラー量が多く、ノベル化もあります。むしろ、いつもより安心な感じです。

>「ヤツの脳も四肢も潰すくらいしておけば…」
ここまでトドメに関して考えるのは、ハンターのキルアや、ピトーの頭をぶっ潰したゴンさんくらいでしょう。
ジャンプでは、異例なくらい物騒なシャオくん。現代ではちょっとクールなだけの、
普通の中国少年だったんですが。まぁ、「根」での8年半を思えば当然でしょうか。

>んー…でもわざわざこういう風に「弥勒…?」とアゲハに考えさせるという事は
現代で弥勒は自己紹介しちゃってますからね。
「弥勒」のことを知っているエルモアが、「灯」と表現して「弥勒」の名前を出さないことに
アゲハは違和感を感じたんでしょう。しかし、かがり火の性別は何なのか。気になる。夜も眠れない。

  • 2010/06/30(水) 12:07:32 |
  • URL |
  • plto #-
  • [ 編集]

眠れない夜の夜食にサルファマスタードはいかが?(12巻の主役)

>いつもの4000mダイブ&天墜
1周年越えたあたりからでしたかね、12~3週前後で定期的にカラーもらえているのは大きいです。

>物騒なシャオ
そもそも主人公&ヒロインからして物騒(略)

>黒幕はかがり火?
確かにワイズのボスが弥勒だって事をエルモアたちはとっくの昔に知ってるんですよね。それなのにあんな抽象的な表現をするのはやっぱり弥勒の他に何かがいるという事なのでしょうな。

>かがり火の性別
作中のAさんやFちゃん(プライバシー保護のためアルファベット表記)というサンプルを考えると、かがり火も見た目どおり女性ではないかなーと私は予想します。

  • 2010/07/01(木) 00:10:35 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

遊坂とヴィーゴの件で敵にトドメをさすことの重要性を知ったアゲハが暴王で敵の体ごと消したり、現在の子供達に敵にはしっかりトドメをさすよう教育しないか不安です

けどこんだけ痛い目に合ってるのにトドメをささないとなるとなんか間抜けだしな

  • 2010/07/01(木) 00:49:06 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

火の中にいたのはアゲハじゃないか、と友人が言ってました。
暴君の月の悪魔がどうのこうの言ってました。
私としてはかがり火だったらそのまんまなのでミスリードかなと。

  • 2010/07/01(木) 14:09:26 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>トドメの重要さを教育
少なくともエルモアがいる限り現代チルドレンは大丈夫でしょう。たぶん。

それに対して結果的に相手が死んでいないだけで、3rdゲームのドルキさんの頃から思い切り殺しにかかっているのが問題のハゲアさん。
少年漫画的には相手に負けを認めさせての決着がトドメを刺さずに済むベターな手法なのでしょうが…。


>黒幕アゲハ?
それはアゲハがダークサイドに堕ちるパターンでしょうか。
うーん…アゲハの危うさは作中たびたび描かれているので可能性が無いとは言い切れませんが、私はストレートにかがり火ではないかなと思っています。

未来で元老院的な立場としてかがり火が出てくればかなり信憑性も増すのですけどね。

まぁアゲハに関しては彼の暴走を止めることが出来るマツリ先生お墨付きのヒーローが合流したので大丈夫だと思いますけどね!

  • 2010/07/02(金) 00:41:52 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1065-b3da6537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad