NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ゲームサイド最終号

今度はちゃんと発売日を確認してゲーサイ最終号を買ってきました。

が、最終号といっても読み終えて何か特別感慨深いものがありませんでした。

そもそも1年半ほど前からゲーサイの購読をストップしていたため、それが休刊になっても別に…というのが正直な感想です。制作に携わった人たちには申し訳ないですけど私は冷たい人間なもので。

せっかく最後ですから、ここでこの雑誌に対しての私の思い出といいますかスタンスでもひとつ。

私の手元には昔のユーズド・ゲームスやユーゲーの総集編が何冊もありますが、それらはそれこそ電車の空き時間や寝る前の暇つぶしにするくらい何度も読み返しています。自分の知らないタイトル・ジャンルのゲームの記事であっても読んでしまい、モノによってはその記事が購入のきっかけになることも多々あります。

それはなぜかといいますと、やっぱり読んでいて楽しいからなのですよね。たとえ自分が興味ないジャンルであっても、書いている人のそのゲームに対する情熱が伝わってくる記事は読み応えがあります。自分達が大好きなゲームを語りたくて語りたくて仕方が無いという情熱が紙面からあふれんばかりに伝わってきます。

私が他の方のゲームレビューを読むとき最も重要視するのはそういう部分であり、自分がゲームの感想を書くときもできるだけそうあろうと努めています。

そういった姿勢は情報性を重視される既存のゲーム雑誌では滅多に見かけるものではなく、それこそがこの雑誌の最大の魅力であったと私は思っています。

でもゲームサイドの紙面においていつからかそういう風に感じる記事がどんどん減っていきました。
語りたくて仕方が無いのではなく、(仕事なので)仕方無く語っている、言い方は悪いですがそんな印象です。
発売前の新作にページを割くようになったのもその一例でしょう。

この最終号の編集後記を読む限り山本編集長は自分が携わっている雑誌の魅力をちゃんと理解していたように見えますが…果たして今回の休刊は出版業界の不況やネットの普及、ライターの質の低下などで片付けられる問題なのかなと疑問は残ります。といいますかレトロゲーはともかく、あれだけ新作で悉く地雷踏んでれば信頼もなくなりますわな。

ま、好き勝手言える立場のいち読者からは推測できない内部の事情は色々あるのでしょうが、ともかく今まで楽しい本をありがとうございました。

コメント

ここでゲームサイドの名前が出てくるとは思ってませんでした。
グラディウス特集から買い始めて、ヒマな時のヒマ潰しになっておりましたよ。ええ。
プレイステンレスとか好きでしたね。
当時はPS持ってませんでしたからw
>語りたくて仕方が無いという情熱
ユーゲー時代をまったく知らないので例えるならスパイクアウトFEプレイヤーがBSを叩くとかそんな感じでしょうか?
例えになってませんねw

>あれだけ新作で悉く地雷踏んでれば
海腹川背と奈落の城の事は解かるんですが、他に何かありましたっけ?
7ページも紙面を割いちゃったサから始まるえーと、STGのようなもの?
ゲーサイ読んでレトゲー買った事は何回かありますけどそういや新作はないな~

  • 2010/07/06(火) 00:01:44 |
  • URL |
  • SK #-
  • [ 編集]

「ゲーサイは買わない」など縛りプレイも出来ますよ

過去ログ検索かけてもらえば分かりますが、散発的にゲーサイの話題は出しています。

グラ特集といいますと9号ですね。「ハイデフTV入門」という特集がムチャクチャ分かりにくい&予算度外視で全然入門になっていないのが印象的です<グラ特集は

>プレイステンレス
私も大好きでゲーサイになってからも読む価値のある数少ないコーナーだったと思っています。

>例えになっていない例え
うーん、叩くとかそういうのではなくて…これに関しては昔のユーズドゲームスのバックナンバーを読んでもらうのが一番だと思いますので、機会がありましたらぜひ入手してみてください。
良くも悪くもゲームバカのユーザーが同じゲームバカに向けて作った雑誌だったというのが私の印象ですかね。

>地雷力六式
ttp://blog01.blog31.fc2.com/blog-entry-696.html

過去にコピペしたページですが、それらに加えてあの悪名高い四八(仮)がリストにある時点でゲーサイの新作=ヤバイという図式が成り立つには十分かと(素)

「世界一ダメな例」も相当な大打撃でしたが、個人的には




3

が全ての良作を帳消しにしてあまりあるほど決定的だったのですが。

  • 2010/07/06(火) 03:50:48 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1069-87cea084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad