NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第125話感想

2年半も続けてきて今更ですがここの前書き部分、掲載順の天墜やらでネタがあるときはともかく、時には30分近く本誌を眺めてネタを探したりと地味にしんどいです。

ですので今後特にネタが浮かばないときは素直に本題の感想に入ろうと思いつつ既に30分以上経ってしまっている、そんなサイレン第125話の感想です。
今週は決戦前夜の繋ぎの回…と思いきや意外と語ることが多いです。

冒頭〝ご立腹〟の煽りと共に雨宮さんへ詰め寄るのはアッシュ戦以来全く姿の見えなかったカブトです。
てっきりフブキ達と一緒に浚われたとか、根の知り合いに会いに行っていたとか、先週までカブトが描かれていなかったのには何か理由があったのかと思っていましたが、この様子だとごく普通にスルーされていただけのようです。

首都潜入作戦に際して、自分達に何かあったら1人だけでも現代に帰るようカブトに告げる雨宮さんですが、カブトはそんな水臭いこと言わずに役に立つから自分も連れて行けと嘆願します。あの何事からも逃げ出す自信を持っていたカブトがこんなこと言うようになるとは成長しましたね。

といいますかもしかしてアゲハや雨宮さんはカブトの「弱者のパラダイム」を知らないのでしょうか。アレを一度でも見ていればこの先の戦いでどれだけ頼りになる能力か分かりそうなものですが…。

そんなカブトから雨宮さんに決戦前に自分の気持ちをアゲハにちゃんと伝えた方がいいんじゃないのとアドバイスが。あれ、こういう決戦前にお互いの気持ちを確認しておくイベントって何かRPGの終盤ぽいような気が…。
ところでカブトも久しぶりの合流したはずのヒリューに関して完全スルーなのですが、先週の雨宮さんといいあの4thゲームの絶望的状況を生き延びた間柄なのにあっさりしすぎでしょう。

場面は先週ラストで父アスカの元へノヴァを教わりに行ったアゲハへ。

どれだけ危険な力であってもこの戦いに勝てる可能性があるのならと覚悟を告げるアゲハに対し、アスカはノヴァを教えることを承諾します。アスカ曰くノヴァを習得するのは困難なだけでなく相性が重要とのことでカイルたちには無理だったそうです。…ホントかぁ~?

ともかくアゲハに教えるべく自身でノヴァを発動させ、ノヴァとはどういうものか解説をするアスカ。
ここのアスカのノヴァの説明が何だか今ひとつ抽象的ですが、要するにライズ・バースト・トランスの全ての力を融合させたのが「ノヴァ」と考えればよさそうです。

しかしそれならチルドレンでもシャオあたりはノヴァを使えてもおかしくなさそうなものですが、そこら辺相性というのがいったいどういうものなのか今ひとつ腑に落ちません。

アスカが渡したほんの数%のノヴァ化の引き金でも激痛がアゲハを襲いますが、それでもやらなければ皆を助けられないと覚悟するアゲハ。そこへアゲハとずっと一緒にいたいからと雨宮さんも現れ、2人で共にノヴァの修行に励むことになります。そんな2人の様子を「アツアツじゃないですか」とノヴァ化しながら眺めるアスカさんが何だかシュールです。

しかし出発までには時間が短すぎるということでアスカが「星空間・重力特異点」という能力で時間を約5倍に引き延ばして修行の空間と時間を作り出します。

うん、まぁミもフタも無い言い方をしてしまえば精神と時の部屋ですよね。
しかも今ブリーチの方でも同じような修行をしているというタイミングの悪さ。

もうそこに関しては最初に考え出した(であろう)鳥山先生のアイデアを褒めるしかないと言うことで片付けますが、まさかアスカの若い理由がこんなところで絡んでくるとはさすがに予想外で驚きました。

ところでアスカさんずっとノヴァ発動させっぱなしのように見えるのですが、ジュナス戦の時のようにすぐPSY切れにならないのでしょうか。

しかし物語的にはアゲハと雨宮さんのどちらか、あるいは両方がノヴァを習得するのでしょうが、やっぱり今のままでは微妙に説得力が足りなく感じてしまいます。主人公補正だけでない何か理由付けがほしいところです。例えば…サイレン世界の大気を吸って目覚めたサイキッカーの方が相性がいいとか、アゲハ達にあってチルドレンに無い理由です。それとアゲハと雨宮さんを比較すると、バーストの得意なアビスの存在とあわせて雨宮さんのほうがノヴァ習得の適正があるように見えます。…まさかこのノヴァの修行でアビスや妖刀関係の問題を一気に処理してしまうのかしら。


さて、ここで場面はワイズの首都アストラル・ナーヴァへとガラリと変わります。
直径18kmのワイズ本部と周囲を取り囲む100以上の神経制御塔で形成されたのがこのアストラル・ナーヴァですが、クサカベさんたちはこの周囲をどう攻略するのでしょうか。

根同様ワイズの本部でもまたいろいろな事態になっているようです。

まずはイアンやフブキをはじめ謎のタヴーに連れ去られた根の住人達。柱のようなものでPSIを封じられていなければ何か手の打ちようもあるとつぶやくイアン、そしてその言葉に呼応するかのように意味深なマルコ…。んー?これはマルコ覚醒という展開がありそうですな。

そして別の部屋で目覚めたマリーの目の前には浚ってきたヴィーゴが。
しかし現時点でヴィーゴには特に何もする気は無く、しばらくはマリーと友達になってマリーのことをよく知りたいとのこと。この様子だとマリーの脳をトランスでいじったりしようとしてもヴィーゴが許さない感じで、逆にちょっと安心です。ちなみにヴィーゴの左胸にはしっかりイルミナがはまっており、そうなるとシャオとの戦いの時には体内に隠していたのかもしれません。

先の根襲撃で撤退を喫したジュナスの元へ抱きつくのはカプリコで、現代と変わらない2人の仲のよさがうかがえます。

カプリコ「死にかけたって聞いてとんできた」
ジュナス「心配するなお前を置いて俺は死なない」

……アツアツじゃないですか(byアスカ)

そんなアツアツの2人にイラッときたのかどうかはわかりませんが、レジスタンス相手に撤退してきたジュナスに嫌味を言いにきた人物が1人。

久々登場のグリゴリ03号ことウラヌス第三星将です。

ほぅ、03号が第三になりましたか。という事は強さ的にはジュナスとシャイナの間になりますが、グリゴリナンバーズのグラナ・ジュナスの力を考えると、彼もまた手ごわい相手なのは確かでしょう。
ちなみにジュナスを始め未来になって残念ファッションが増える中、ウラヌスは服装的には現代とあまり変わっていないので物足りないようなホッとしたような…。

アストラルナーヴァの外周では弥勒とグラナの2人が佇む光景が。
巨大な釜に生命の結晶が満たされた云々の発言はちと曖昧すぎてよくわかりませんが、ともかくもうすぐ弥勒の計画している新世界の礎が完成しそうなのは確かです。

しかしグラナはそれに対して「できるといいなちゃんとお前の望む世界が…」という何やら意味深な態度で、おまけに「ちゃんと」以降にはわざわざ強調点が付けられています。このセリフと強調点の意味するところは何か…予想される線としてはグラナは弥勒の後ろにいる存在(=かがり火?)を見抜いてるっぽいですねー。

そしてそれを裏付けるかのように遠くの神経制御塔から2人を眺めるかがり火の姿が。
ここで注目すべきはかがり火の真意とかではなく、胸がちゃんと膨らんでいるということでしょう。
初登場時のコマがあまりにもぺったんこだった為、実は男の娘ではないかと言われていたかがり火ですが、これでめでたく女性であることが判明して皆さんの疑問もスッキリ解消されたことでしょう。

いやまぁ…本当は弥勒や07号と同じグルグルの目をしていることとか、星将にも名を連ねていない事とか注目すべき点はあるのですが、それよりもやっぱり胸に目が行ってしまいます(笑)

さて、ジュナスの報告を受けた弥勒はアゲハ達が首都に攻めてくることを見越し、全力で出迎えるため星将全員の招集を告げたところで今週はおしまいです。ラストの1ページは未来ワイズ全員集合というコマでして、正直コレを見ているだけでアゲハ達が全く勝てそうに見えません。


ところでヴィーゴとウラヌスの加入により前回から星将の順位に多少変動がありまして、

第一:グラナ
第二:ジュナス
第三:シャイナ
第四:カプリコ
第五:ドルキさん

前回こうだったのが

第一:グラナ
第二:ジュナス
第三:ウラヌス
第四:シャイナ
第五:ヴィーゴ
第六:カプリコ

今回弥勒の発言と併せてこのように判明しました。
ずっとあらすじでヴィーゴが星将と紹介されているのは間違いではなかったのですね。

そして自然と第七星将に格下げ、下手すれば星将ですら無くなっているドルキさん…。
これまで名前が出るたびに下落を続けてきたドルキさん株ですが、ここに来てまさか名前が出なくとも下がるとは本当にさすがとしかいいようがないです。

コメント

>ところでアスカさんずっとノヴァ発動させっぱなしのように見えるのですが、
>ジュナス戦の時のようにすぐPSY切れにならないのでしょうか。
融合率を抑えているか、ノヴァ細胞を渡すために一時的にノヴァ化しているだけかもしれません。
…だとしても、100時間ぶっ続けでPSIを発動することになるわけで…何という持久力。
そして、そんな怪物じみた持久力を持つ朱鳥でも、ノヴァ化すればあっという間に力尽きるという。
アゲハ&雨宮さんが「ノヴァ」を習得しても、発動時間が数秒程度になりそう。

>ジュナス「心配するなお前を置いて俺は死なない」
03号「人はそれを死亡フラグと言う。アンタの時代も終わりだな」
この03号の劣等感プンプンの小物ぶりに吹きました。政府に「ポンコツ」扱いされたグリゴリナンバー。
現代ではグラナをストーキング。未来では、ジュナスにねちねち。氷属性のクセにちっとも爽やかじゃない。
ドルキさんの後釜はシャイナかと思いましたが、今回、平気な顔で登場してるし、
03号がドルキさんの後を追いそうな予感。

>ここで注目すべきはかがり火の真意とかではなく、胸がちゃんと膨らんでいるということでしょう。
性別確定で一安心。しかし、未来でこれだと現代の「かがり火」はローティーンなのか。

>ところでヴィーゴとウラヌスの加入により前回から星将の順位に多少変動がありまして、
ヴィーゴがカプリコより上とか、何の冗談ですか岩代先生ーーーっ。
これじゃあ、幼女より下の地位だったドルキさんが可哀相すぎる。
グラナ、ジュナスと戦闘に特化したPSI使いがいるせいか、ドルキさんの評価はどうも低い。
シャイナや、ヴィーゴのPSIは戦闘以外にも役立つので重宝されてるんでしょうかね。

  • 2010/07/06(火) 11:54:41 |
  • URL |
  • plto #-
  • [ 編集]

コメント修正

>「100時間」ぶっ続けでPSIを発動することになるわけで
「20時間」の間違いでした。
「100時間」ってのは、「星空間」の中でアゲハたちが体感する時間ですね。
しかし、それでも凄ぇ。現状、ネメシスQの主に次ぐ、PSIの持久力。
いやー、朱鳥は何でこんなに強くなったんだ。不可解すぎる。

  • 2010/07/06(火) 14:06:09 |
  • URL |
  • plto #-
  • [ 編集]

とりあえずかがり火が怪しすぎる。あとシャイナも。
03号はドルキさん2世になりそう。

アゲハはオドのことを何も話しませんが、正体気づかなかったのか?「お前は…!」みたいなこと言ってたのに。

というか今回の襲撃でどこまでやる気なのか。
①仲間救出で退却
②星将フルボッコ
③首都除菌して星将逃亡

  • 2010/07/06(火) 14:25:50 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

トランスを習得していないアゲハがノヴァをマスターできるか気になるかどうか不安になってしまう

ヒリューさんとの再開があっさりしすぎなのは皆「あれほどの男が死ぬわけない」と信じていたからでしょう、きっと

ドルキさんがアッシュに呼び捨てにされていたのも星将の地位から格落ちしてスカージと同格になった所為でドルキさんの人望には関係ないのでしょうな、きっと

  • 2010/07/06(火) 20:24:46 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>pltoさん
>時間をノヴァす朱鳥
まぁジュナスの時は全力だったっぽいのでその時よりは抑えているとは思いますが、それでもやっぱりえらい持久力です。
朱鳥がこんなに強い理由は不可解ですが、私個人としては「親父だから」で済ませてしまっても別にいいやと思っています。

>ウラヌス第三星将ちゃん
そりゃグラナを越える為にワイズ入りしたのに、越えるどころか間にジュナスとかいう彼女持ちが存在していればあんな性格にもなるでしょう(苦笑)

>かがり火の年齢
10代前半くらいには見えましたが、そもそも未来でちゃんと年取ってるように見えるのがチルドレンとランとカプリコくらいなものですからよくわかりませんね。

>地域警備担当ドルキ第七星将
ドルキさんはですねぇ…不可視の爆発なんて能力持ってるんですから、きちんと頭とライズを使って戦えばかなり強かったと思うのですよ、たぶん。

それをしなかった事や人望を考えるとやっぱりこの扱いは妥当かなとw

いやホラ!現代でかがり火も必要だって言ってくれてますからまだ挽回のチャンスはありますよきっと!グラナがいれば問題なく代用できるのではとか全く思っていませんよ!

あと投稿時にパスを設定しておけば後から修正・削除はできますので。


>名無しさん
>かがり火
まだ2~3コマしか姿を見せていないのにあの怪しさは露骨過ぎるくらいですよね。
ただ弥勒を裏で操っていたという展開だとすると、これまで築き上げてきた弥勒の印象を落としかねない危険性も孕むので、その辺上手く処理してくれるのを期待します。

>シャイナ
あの余裕ぶりは妖刀持ちのノヴァ宮さんに再び辛酸をなめさせられる前フリかとw

>03号→ドルキさんの後釜
ドルキさんはドルキさんだからこそここまで皆にいじ…もとい愛されるキャラになりましたが、果たして03号にその重責が担えるのかどうか…。

>オドロ
普通に考えればドリフト仲間に報告するのでしょうが、ヒリューとの再会すら端折っている状況なので描いていないのかと。たぶんそのうち回想で入れてくれると思っています。

>正解
④グラナ「さぁ来い黒いバースト使い!俺は一回(略)」

ハゲア「フ…上等だ…俺も現代で約束の涙が(略)」
ご愛読ありがとうございました!PSYREN最終章は今冬発売のジャンプNEXTに掲載予定です!


>名無しさんその2
>アゲハとノヴァ
トランスの有無よりも「父親が出来たから」とかの理由で相性が重視されそうな気もします。

>淡白なヒリューとの再会
そうですよね、ヒリューと他のキャラを絡ませるようなページの余裕など無いわけでは決してありませんよね、きっと。

>星将落ちドルキさん
現代からのオリジナルメンバーなのに1人だけ星将にしてもらえないとか余計に悲惨だと思うのですが気のせいですよね、きっと(-_-)

  • 2010/07/06(火) 21:32:07 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

エルモアが見たという"灯"とは……爆塵者?これはドルキさん復活フラグと見ていいなwwww

  • 2010/07/07(水) 18:38:18 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

歴史改変で第七星将と思いきやまさかの黒幕にクラスチェンジしていた展開?んなバカなw

もし本気でドルキさんが復活するとしてもせいぜいカプリコ作の量産型ドルキさんが関の山かと(・o・)

  • 2010/07/08(木) 00:09:58 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1070-36381707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad