NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第128話感想

今週の巻末コメより

冷房慣れした体には、一周して扇風機が涼しいです。扇風機だけに、一周して。(維新)



誰がうま…いや、もうこの人にツッコミ入れても仕方が無いか。そもそも一周する扇風機があまり馴染み深くないとかいう指摘以前に。

一方そういう「○○だから仕方が無い」と言えば真っ先に昭和センスがあげられる、そんなサイレン第128話の感想です。
前回のあらすじ:ウラヌスちゃん、ポエムを語る


本編の前に、今週サブタイトルが〝警報(サイレン)〟とついにメインタイトルを持ってきてしまいました。大抵こういうパターンが来るとストーリー的には終盤に差し掛かっていると思って間違い無さそうです。…風呂敷を畳みきれるかどうかは別として。


冒頭引き続きノヴァの修行を続けるアゲハ達。2人ともついに70%を越えたところで雨宮さんにコントロールミスが発生してしまいます。何とか踏ん張ろうとするものの水蒸気のように存在が消えそうになる雨宮さん、とそこでアゲハと一緒に闘いたいという願いを聞き入れてか心鬼紅骨がなにやら共鳴を起こし始めます。刀身の部分からノヴァと同じような靄が発生していますが、刀の中にいる製作者が雨宮さんと対話でもするのでしょうか。

といいますかこの状況って回想ではなく、首都侵入作戦と同時刻なのですよね。だとすれば5日で70%はどう考えても遅すぎるうえに間に合わないと思うのですが。

一方大岳山の神経制御塔では全速力でハッキング中のクサカベさん一行の姿が。
奮闘するクサカベさんと焦るハルヒコ、そんな中警備タヴー相手に描かれるヒリューの初勝利。アルフレッド似のタヴーを後ろから羽交い絞めにしてボキャアと引きちぎるその倒し方はひたすらに地味です。ドラゴン関連の技どころか、PSIですらないとか…といいますかぶっちゃけこんなヒリューが雑魚タヴーに初勝利するシーンに4コマも割く必要ないでしょう(苦笑)


そして場面は再びウラウスVSカイル&フーちゃんのバトルへと移ります。
ウラヌスによって辺りが一面氷の世界に変貌し、下がり続ける気温がカイルたちの戦闘力を奪うと共にウラヌスの力を引き上げます。RPGだと戦闘開始から時間が経つごとに攻撃力が上がっていく&味方に毎ターンスリップダメージという感じのイヤらしいタイプのボスですな。

戦いの中、自分達ワイズに抗ってこの世界が元に戻ると思っているのかとカイルに尋ねるウラヌス。カイルは逆に何がしたくて世界をこんなにしたのかと尋ね返しますが、俺は闘えさえすれば(自分の生きる理由があれば)それでいいとウラヌスは答え、グラシアルウォールという氷山を背負ったような技でもってカイルに抱きつき、そのまま氷漬けにしてしまいます。

その様子を見たフーちゃんによるサラマンドラのウィップがウラヌスに命中し、彼の左腕を削り取ります。

うーん…先週から薄々思っていてこのウィップがウラヌスに命中するシーンもそうですが、どうも氷と炎という対照的な存在にも関わらず、誌面だと色が同じため戦闘描写がイマイチな気がします。せっかくウラヌスの片腕を砕くほど今までで一番いい一撃だというのに、それがどれくらい激しいのかあまり伝わっていないように見えます。もう少しケチつけますと先ほどまでのウラウスはグラシアスウォールで氷山を背中に背負っているわけで、どこまでが放射状に伸びた氷なのか、フーちゃんの攻撃で砕けたのか色が同じだと判別しにくいです。

片腕を削り取られながらもいまだ余裕のウラヌスですが、その顔面に氷漬けから自力で脱出したカイルの拳がヒットします。そしてカイルは先ほどのウラヌスの問いに対し、こっちは夢と希望だけで生き延びているんだ、どんなに時間がかかっても自分達がこの世界を元に戻すと主人公成分100%のセリフを吐きます。やっぱり少年漫画の主人公はこうでなくてはいけませんよね!


そのタイミングでクサカベさんが全神経制御塔のハッキングに成功し、辺り一帯にサイレンの音が鳴り響きます。
そういえばそんな設定もあったような気がしたなとコミックスを読み返してみたら、サイレンが鳴ったのは実に第2巻の2ndゲーム開始のとき以来でした。で、結局サイレンはどういう意味があるのかよく分からないままフェードアウトしていった格好だったわけですが、今回のを読んでもやっぱりよくわかりません。神経制御塔からウロボロスの膜を操作するためのシグナルを流すときに発するのでしょうか。「今から膜操作して危ないからお前ら皆避難しとけよー」って感じで。

久々に鳴り響くサイレンの音に耳を傾ける敵味方それぞれの面々ですが、ワイズの方でミスラ以外にヴィーゴの姿が見えないのがちょっと気になります。

サイレンを合図に待ってましたとフーちゃんが天に向かって全力で炎を放つと、バトルフィールド一帯に太陽光が降り注ぎ、ジュナス同様ウラヌスも苦しみ始めます。…あれ?フーちゃんでも風穴を開けられるという事はタツオも別にいなくと(略)

太陽光により彼の作り出した氷の世界もろとも崩れ落ちるウラヌス、これにてカイル&フーちゃん辛くも勝利…と思いきや崩れゆくウラヌスの瞳にはどこかで見覚えのあるブラックホールのような固まり、加えて突如空が真っ暗になります。

そして締めには〝日輪…〟のセリフと共に決めポーズをとるグラナという恐ろしい引きで続きます。
あぁ太陽光作戦が出たときから皆さんが期待…もとい危惧していたアレがついにやってきてしまうのでしょうか。いや、もしかしたらあくまで太陽光を捻じ曲げて地表に届かないようにしているだけであって、この後天墜が来るとは限りません。まぁどっちにしろあんな離れた距離から太陽光捻じ曲げてるグラナには絶望感しかないわけですが。結局現代でのバトルからグラナにはどうやって勝つのか想像が付かないままここまで来てしまいましたが、一体どうなってしまうのか、不安ながらも楽しみです。

コメント

ヒリュー初勝利>「おつかれ朝河君、さあ夜科星将を倒すわよ」の流れですね。わかります。

っていうか2話目から出てて初勝利って…


ところでウラヌスはまだ生きてますか?

  • 2010/07/27(火) 13:10:19 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>アルフレッド似のタヴーを後ろから羽交い絞めにしてボキャアと引きちぎるその倒し方はひたすらに地味です。
>ドラゴン関連の技どころか、PSIですらないとか…といいますか
>ぶっちゃけこんなヒリューが雑魚タヴーに初勝利するシーンに4コマも割く必要ないでしょう(苦笑)

ここは、ヒリューさんの「ライズ」の強さにキャッキャするところじゃないですかw
雑魚とはいえ塔内部を守る禁人種ですから、荒野をうろついてる連中や、
「根」を襲った捕獲用のヤツとは桁違いに強いはず。
そんな禁人種にこんな芸当できるのは、現代組ではヒリューさんだけなんじゃ?
アゲハも雨宮さんも「ライズ」使えますが、「素手」ではせいぜい首折るくらいが精一杯な気がします。

>どうも氷と炎という対照的な存在にも関わらず、誌面だと色が同じため戦闘描写がイマイチな気がします。

他にも構図とか前後の繋がりが「?」で、カイルたちが何やってるのか分かり難いんですよね…。
岩代先生の弱点ですが、今回はかなりヒドイ。せっかくの「第3星将vs未来編の主人公」のバトルなのに
ヒリューさんの「ボキャア」より、数段劣る見難い絵が残念すぎました。

>神経制御塔からウロボロスの膜を操作するためのシグナルを流すときに発するのでしょうか。
>「今から膜操作して危ないからお前ら皆避難しとけよー」って感じで。

これが一番すっきりしますね。岩代先生がスルーしなかったのが嬉しい。
次は、ネメシスQの真意が明かされる回で「ゲーム(PSYREN)」でしょうかね。

  • 2010/07/27(火) 17:12:00 |
  • URL |
  • plto #oely/y8c
  • [ 編集]

>名無しさん
>登場から127話を経ての初勝利
逆に考えるのです。2話から出ていて勝利したことがないのにも関わらずいまだに死んでいないキャラと…。
そういえばあの当時量産型キッザーニをドラゴンウイングで吹き飛ばしていましたので、あれは勝利にカウントしていいのかしら。

>ウラヌスちゃんの生死
ドルキさんみたいに崩れ落ちながら灰になっていないので、まだ死んではいないかと。


>pltoさん
>ドラゴンボキャア
うむ、確かにヒリューのライズがパワーアップした証なのでしょう。でも彼にはそれよりも披露しなければいけないものがあると思うのです(・x・)
そもそも倒すだけならイルミナ壊せばいいのに、わざわざ背後から組み付いてあんなご大層に引きちぎる必要がどこにあるのかとw

>見難い絵
現代でのグラナVS弥勒の時にも感じましたが、戦闘の流れとでもいいましょうか、場面場面がブツ切りに見えてしまいますね。

>警報
正直連載当初からこういう設定を考えていたのかどうかは怪しいですが、きちんと伏線を回収する丁寧さは相変わらずで安心します。

>「ゲーム(PSYREN)」
そこはゲームだけにSI(ry)

  • 2010/07/27(火) 22:59:06 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

バトル漫画なのに単独で敵キャラから勝利を得るのに128話かかった主要キャラっていったいなんだろう

それにしても掲載順だけでなく本編でも絶望的な展開だな
主人公カップルが修行を終えて参戦したら味方が全滅していても不思議じゃないな

  • 2010/07/28(水) 00:27:22 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

掲載順>浮き沈みが激しいPSYRENですが、確かにこのところ沈みっぱなし。今は新連載が上から下にどんどん落ちるのであれですが、もし人気ある新連載が出たら覚悟は必要ですね。本当は上にさっさと降りてもらえればいいんですが…ブリーチとかリボーンとかナルトとか銀魂とか。

能率が悪すぎる堅物ライズ>ヒリューが天墜をライズで耐えきれば皆文句ないわけだなww

  • 2010/07/28(水) 00:42:05 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>128話目にして初勝利の主要キャラ
といいますかそもそもあの人主要キャラなのでしょうか(笑)初勝利までの話数と敵のランクを考えれば後から登場したカブトやハルヒコの方がはるかに主要キャラということに…。

>味方全滅後にノヴァカップル
わずかな希望だったグラナさんの裏切りがほぼ0になってしまいましたからねぇ。


>本編並みに絶望的な掲載順
覚悟なんてものは連載が始まったときからできております(・o・)
長期連載陣について思うところはありますが、ジャンプで連載している限り、それらより人気が取れない以上仕方のないことでしょう。結局他を羨むよりも私達に出来ることをすべきかと。

>「天墜?いい天気だな」
天墜を耐え切る→全裸で全国中継→「名前は?」→「ドラゴン」

望月朧に代わる新時代のアイドル誕生という流れですね。

  • 2010/07/28(水) 23:22:29 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1087-a366e287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad