NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第129話感想

新刊情報『PSYREN -サイレン- another call1 紅蓮の聖誕』 | JUMP j-BOOKS

小説の詳しい収録内容が発表されましたが、ここで注目したいのは思っていたよりもマトモそうな内容ではなく、下線部の「call1」です。わざわざこういう表記にするということは2以降の発刊予定もあると前向きに考えられるからです。

一方本編の掲載順がまたドベ3な事にはなるべく目を逸らしつつの、そんなサイレン第129話の感想です。
ところでこの前のセンターでの予告から察するにFILE4が脳獣でおまけがフブキの日記ということになるのでしょうかね。個人的におまけの日記はカプリコによるWISE日記を希望。
風穴作戦成功でウラヌス撃破かと思いきや、グラナさんが太陽光捻じ曲げちゃってさぁ大変。と言うのが前回までのあらすじです。

辺りが急に暗くなったのは誰かに太陽光を遮断されているからだとフーちゃんは咄嗟に状況を理解しますが、それでも陽動役の自分達が時間を稼がねばならないと思考を切り替えます。

そんな2人の前に未だ立ち塞がるウラヌス。片腕を失っただけでなく、太陽光による汚染をモロに受けもはや虫の息の状態ですが、自分の生きる理由のため闘いを続ける姿勢を崩しません。

最後の力を振り絞って攻めてくるウラヌスですが、接近戦の末にカイルのキックにて空中に大きく蹴り上げられ、トドメはサラマンドラの火炎放射にて灰と散っていきます。「まぁ死に処としては…悪くない」と満更でもなさげなウラヌスの最期ですが、再登場から約5週とずいぶんあっさり逝ってしまったというのが率直な感想です。やはり早死にするのがポエマーのサガなのでしょう。
この様子だと某地域警備担当の方のように死後もウラヌスの株が下がり続けるということは無さそうですが、かといって技やバトル描写、セリフにインパクトがあったかと言われると首を捻ってしまう微妙な位置づけです。現代で再び戦うことを考えて今回はあっさり殺したのかもしれませんが。しかしそう考えると実質1巻分の登場であれだけ印象に残っている遊坂はホントにいいキャラしていたのだと改めて実感しました。

何とかウラヌスを撃破し息巻くカイルとフーちゃんでしたが、そこにグラナの操る太陽光線が何本も降り注ぎ、施設もろとも辺り一面を破壊していきます。あれ、グラナさん自分で感情無いとかいろいろ言ってますけど、少なくともウラヌスの死に対して弔うような感情がしっかりあるではないですか。

天墜ほどではないにしろ降り注ぐ太陽光線をカイルは辛くも回避しますが、フーちゃんは喰らって吹き飛んでいってしまいます。炎使いですから熱に強いと思いたいですが、それでも安否が心配です。あと地味に服が燃えていないかも心配です。といいますか、これグラナは穴を開ける事のできるフーちゃんを狙ったと見ていいのでしょうか?グラナの位置から見えるのか定かでないのでわかりませんが。

そのままテレキネシスで空の膜を塞ぎにかかるグラナですが、それにはグラナ自身も身動きが取れなくなってしまうためジュナス&カプリコにはカイルの相手を、シャイナには神経制御塔のチェックと他の星将たちにサポートを指示します。おっ、やっぱりシャイナがクサカベ班の方へ来ますか。これはヒリューがまた4000mダイブを喰らう前フリと見て間違いないでしょう!
という冗談はさておき、真面目な話ミラクルドラゴンズでシャイナに太刀打ちできるとはとても思えないのですが。勝算があるとすればハルヒコのショッカーですが、テレポートのできるシャイナ相手に当てるのはかなり難しそうです。いっそのことヒリューがテレポートで接近・攻撃してきたシャイナを相打ち覚悟で捕まえ、そこをタツオがヒリューもろとも撃ち抜くという展開も熱くていいかもしれませんね。

いずれにせよ太陽光自体は防がれてしまったとはいえ、結果的にグラナの足止めを出来ているのは非常に重要なためクサカベ班がシャイナを迎撃できるかは責任重大です。

フーちゃんの安否を気遣うカイルですが、間髪要れずそこにカプリコ&ジュナス率いる巨人タヴーが現れカイルに襲い掛かります。ん?カプリコの額の傷が思い切り消えているコマがあるのですが…しかもアップで…おいおい、いくらなんでもキャラのこんな特徴的な部分を描き忘れるとかいただけませんよ岩代先生。

カイルが巨人タヴー3体相手とのバトルに突入したその頃、アストラルナーヴァ内部では自分達も出撃に向かおうとするデルボロの姿が。デルボロはオドにも出撃を促しますが、現在の状況を見て舞台は整ったとオドは告げます。
違和感を感じたデルボロがオドに殴りかかり正体を尋ねたところ、割れたマスクの下からは行方不明だった朧の姿が…!というところで今週はおしまいです。

まぁオドの中身が朧だろうというのは数週前の時点でほぼ確定していたわけですが、デルボロが正体を知らなかったことから察するにやはり本物のオドと中身が入れ替わったと見て間違いないでしょう。といいますか、今週の時点でデルボロさんの死亡フラグが他のどのキャラよりもダントツになってしまったのですが(笑)次回の冒頭で朧にゾルリ(例のタヴーを一瞬で骨にした技)されて退場という匂いがプンプンします。あと煽りには「行方不明の仲間」と書かれていますが、今の朧を「仲間」と果たして信用していいものやら。

それにしてもグラナの足止め・ジュナスの汚染によるパワーダウン・朧の再登場と、作戦開始前に比べるとこの1週でずいぶんどうにかなりそうな気配が漂ってきました。来週は合併号ですからここ数週のドベ連発を吹き飛ばすような展開を期待したいものです。今までの例からいくと合併号は語ることの無い回が多いのですが、さすがにこのヒキならそうはならない…といいなぁ…。

コメント

vsシャイナ>ヒリューにはリベンジとして頑張って欲しいですが、やはり重火力タイプとテレポーターでは分が悪いですよね。向こうはまだ「奥の手」がありますが、こっちはドラゴンによる打撃or羽交い締めライズしかないですし。

朧>「敵」ではなく「潜入」なのがよかったです。
ただカブトの無敵防御、カイルと互角のデルボロを倒すであろう朧のパワーアップ、アゲハ・雨宮さんのノヴァ習得に比べ、ひでんマシン2(そらをとぶ)しか習得してないヒリュー涙目。

  • 2010/08/03(火) 15:06:39 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>ところでこの前のセンターでの予告から察するに
>FILE4が脳獣でおまけがフブキの日記ということになるのでしょうかね。

日記はフブキもアリでしょうが、FILE4はどうでしょうねぇ…。
「下劣な人間が~」とか言ってるので、WISEの天戯やジュナスっぽい感じです。
いやぁ、脳獣は勘弁して欲しいですw 誰・得☆ じゃないですかー。

>再登場から約5週とずいぶんあっさり逝ってしまったというのが率直な感想です。

そうですね。グリゴリ実験体の内面掘り下げには役立ちましたが、
終わってみると「スカージ」なんかと大差ない印象でした。

>真面目な話ミラクルドラゴンズでシャイナに太刀打ちできるとはとても思えないのですが。

まずいのは、ヒリューとタツオの「ライズ」が「ストレングス」寄りなとこなんですよね。
「瞬間移動」でヒラリヒラリのシャイナを捕らえられるかどうか…うーん、無理っぽい。
仰るように、晴彦の「ショッカー」も当たらないでしょう。
と言うか、大量の電力(PSI)を消費した晴彦は動ける状態なんでしょうか?

>今週の時点でデルボロさんの死亡フラグが他のどのキャラよりもダントツになってしまったのですが(笑)

バーリィ、ネッカ、アッシュ、そして朧に「ゾルリ」されたであろうオド。「かませ戦隊・スカージ(笑)」
当然、リーダー・デルボロも爽快に散ってくれるんでしょう。朧の「かませ」として。
まぁ、デルボロはカイルと互角にやりあっただけ、頑張ったほうですけどね。

  • 2010/08/03(火) 15:16:20 |
  • URL |
  • plto #oely/y8c
  • [ 編集]

>ここで注目したいのは思っていたよりもマトモそうな内容ではなく、下線部の「call1」です。
>わざわざこういう表記にするということは2以降の発刊予定もあると前向きに考えられるからです。
本誌のPSYRENが打ち切りになって、小説がメインになるという悪夢がよぎった。

>ところでこの前のセンターでの予告から察するにFILE4が脳獣でおまけがフブキの日記ということになるのでしょうかね。
>個人的におまけの日記はカプリコによるWISE日記を希望。
FILE4は弥勒だと予想しています。歌というのはウロボロスの声(メッセージ)では?
おまけ日記。カプリコの日記・・・いいですねぇ。できれば、W.I.S.E.加入から現在に至るまでの日記が読みたい。カプリコだから絵日記になりますよね。

>この様子だと某地域警備担当の方のように死後もウラヌスの株が下がり続けるということは無さそうですが、かといって技やバトル描写、セリフにインパクトがあったかと言われると首を捻ってしまう微妙な位置づけです。
このまま忘れ去られてしまうことのないように。今週のヴィーゴみたいな

>フーちゃんは喰らって吹き飛んでいってしまいます。
>炎使いですから熱に強いと思いたいですが、それでも安否が心配です。
弥勒みたいなマル焦げにならずに済んでよかった・・・。カイル1人でジュナス&カプリコはキツイですね。

>いっそのことヒリューがテレポートで接近・攻撃してきたシャイナを相打ち覚悟で捕まえ、そこをタツオがヒリューもろとも撃ち抜くという展開も熱くていいかもしれませんね。
いつだってやられ役はヒリュー。ウラヌスよりあっさり死んじゃうんじゃないか?

カプリコが操る巨人タヴーって、イルミナが大量に着いてませんか?全部イルミナだとしたら、大きさとかバラバラでおかしくなりますよね。

>デルボロはオドにも出撃を促しますが、現在の状況を見て舞台は整ったとオドは告げます。
でも、ヴィーゴの事を忘れてます。グラナも忘れているんじゃないですか?指示だしてないし。

>ただカブトの無敵防御、カイルと互角のデルボロを倒すであろう朧のパワーアップ、アゲハ・雨宮さんのノヴァ習得に比べ、ひでんマシン2(そらをとぶ)しか習得してないヒリュー涙目。
あと、これ以上成長する可能性が低いのも悲しいですね。

  • 2010/08/03(火) 15:34:46 |
  • URL |
  • 夏GAME #-
  • [ 編集]

先週号を読んだ時は根側オワタと思ってしまったけどこれだけ絶望的な状況でも何考えてるか分からないミスラと朧がこの根側負け色濃厚な盤面をひっくり返してくれそうでそれほど危機感を感じないんだよな

仮にヒリョーさんがもう一度3000mダイブをくらってもミラクルドラゴンを習得して空を飛べるようになった今のヒリョーさんには無意味ですな

そして今一番死亡フラグが濃厚なデルボロさん、キャラ的には好きなんだけど能力的には基本的すぎて地味だからこの辺が散り時かな
しかしデルボロまで新生朧のかませになったらスカージはオド以外の全員がかませになってしまうな

  • 2010/08/03(火) 20:40:01 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

小説で脳獣が来てくれるとネオ天草の日常とサイレン世界での一般人の生活が気になる自分にとってはまさに俺得なんだけど予告を見る限り脳獣の登場は厳しいかな

そして影虎さんと祭先生の出会いは結局漫画本編ではあっさりと描かれたあれだけで終わりなのか
そして影虎さんを殺しかけるほどの強敵とやらは犬居のような闇社会を生きるサイキッカーのことなのか非常に気になる

  • 2010/08/04(水) 00:16:13 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

このコメント欄こんなに長文書けるのかと自分で驚く

>名無しさんその1
>リベンジドラゴン
そういえばすっかり忘れていましたが「奥の手」もありましたっけね。対シャオに出すつもりだったのを攻略できればヒリューの株も鰻上りですよ!

>ひでんマシンで修得できる新技のみ
いやいや、よく思い出してください。4000mダイブで重傷を負ったにも関わらず、キュア無しであんなにピンピンしているあの再生能力こそが実はヒリューの新技なのです。…クサカベさんのアジトで「たべのこし」でも見つけてきたのかもしれませんが。


>pltoさん
>FILE4の主
「下劣な人間」と言うなら「上等な人間」発言をしていた遊坂も捨てがたいですが、あの人何も背景ない方が引き立ちますからねぇ…。

>スカージと大差ない印象
上手く言えませんが、ウラヌスの場合目の前のカイル&フーちゃんではなくグラナや自分自身と戦っているように見えてその辺が物足りなかったなという印象です。

>シャイナVSクサカベ班
シャオかカブトのどちらか1人いればかなり有利になると思うだけに、あのメンツではきつそうですよね。確かにハルヒコも電力消費してそうですし。
ただ、テレポーターと言えども攻撃するときは接近してくるはずでそこをヒリューのライズで耐えて捕らえられれば…!あ…でもヘキサゴナルで(略)

>スカージというかもはやカスージ
デルボロさんは…正直根でのカイルとのバトルで退場させてしまって良かったと思うのですよ。下手に長引いた分カイルの株も若干下がってしまいましたし。


>夏GAMEさん
>続きは小説で!
それでもまだ続けさせてくれるだけマシと思ってしまうのは、みえるひとのラストを知っているからでしょうか(苦笑)

>FILE4はウロボロスの声?
うーん…その辺は本編でも結構重要な部分でしょうから、番外編である小説では持ってこないのでは私は思います。

>カプリコ絵日記
書いた後で気付いたのですが、作中でカプリコの描いていた絵を思い返してみると結構アレな絵日記になるような(笑)

>行方不明のヴィーゴ
今までの例から行くと物語的には忘れられているのではなく、意図的に出していないだけかと。わざわざミスラに「ヴィーゴはいないのか」なんて言わせてたくらいですし。朧は本当に忘れているっぽいですが。

>巨人タヴー
スカージのツインどころではなく大量に付いているように見えますね。大きさがバラバラだと何がおかしいのかは作中での情報量が少なすぎて私にはよく分かりませんが。


>名無しさんその2
>トリックスターのミスラと朧
こうしてみるとWISE内部も一枚岩でないというのがわかりますね。

>ミラクルドラゴンに同じ技は通用しない
しかしあくまでダイブを無効化できるというだけであって、シャイナにダメージを与えられるかどうかに繋がらないのがまたなんともはや。

>かませ部隊スカージ
更に本物のオドが朧に取って代わられたとすれば、見事に全員かませだったということになりますわな(泣)

>ネオ天草の日常と一般人の生活
本編での様子を見る限りお世辞にもあまりいい境遇は想像できませんが…ドルキさん視点の地域警備日誌とかなら少しはマシかも?(何が)

>闘う侠
経緯すら描かれないイアンに比べればあっさりでもあるだけマシと思いましょう。
現代でのサイキッカーバトルは余裕があれば本編でも読みたかったネタですね。ただ今回のは弾丸が貫いたとありますからサイキッカー相手ではなく、影虎さんがマツリ先生と出会ってサイキッカーに目覚めるエピソードかもしれませんよ。

  • 2010/08/04(水) 01:25:58 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1091-51137780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad