NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第130話感想

雨宮さん、他のジャンプヒロインの前で水着になるのが恥ずかしいからって河下先生をMJして豊胸させるのはさすがにやりすぎだと思います。

と付録のポスターを見た瞬間真っ先にそう考えてしまう、そんな(どんな?)サイレン第130話の感想です。
まさかスカージ・オドの正体が行方不明だったはずの朧とは、こんな展開一体誰が予想できたのでしょうか!(棒)
というのが前回まであらすじです。

冒頭朧が襲ってきた本物のオドを殺して成り代わる回想からはじまります。結局本物のオドはセリフも中身も無いまま退場させられたと言うことで、バーリィよりも悲惨と言えば悲惨です。どうでもいいですが格好を見ると朧この時ボロ布一枚を羽織っているだけっぽいです。オドを見つけて好都合というのも全裸中継後、自衛隊員から服を奪っていた弥勒よろしく、ちょうどいい服が見つかったという意味ではないですよね。

デルボロは正体を現した朧に一撃を加え上半身のスーツを脱がせますが、朧の体に埋め込まれた無数のイルミナを見て驚愕します。そして読者的にはこのコマの朧のガタイの良さに驚愕してしまいます。あれ、朧こんなにガッチリした体つきしてましたっけ。アイドル俳優ですからもっとスマートな体系だと思っていたのですが…まぁイルミナ移植の影響だと好意的に解釈してあげることにしましょう。

イルミナの数はパッと見10個はありますが、確か両腕・両足にも多数付いていましたからゆうに20個を越えている事は間違いないでしょう。

驚愕するデルボロに「それは僕が天才だからだ 天才望月朧は死んでも生き返るんだ」と今一つ答えになっていない返事を返す朧。デルボロさん生真面目ですから戸惑ってそうです。

場面変わってカイルVSカプリコ作の巨人タヴー軍団ですが、連戦か対複数相手かやはりカイル劣勢です。
といいますか、こういう相手こそ現代で見せたブレードのようにマテリアルハイを使うべきだと思うのに、何を巨体相手に真正面からパンチ打ち込んでいるのでしょうかカイルは。その後の咆哮で気合を入れるシーンといい、ちょっとカイルの戦いぶりに歯がゆいものを感じます。

とその時アストラルナーヴァの外壁が崩れ、そこから戦闘中のデルボロと朧が姿を現します。が、デルボロは胸に大穴を空けられており、そのまま朧によって踏みつけられたまま地面へと叩きつけられます。特にセリフはありませんが、かませ軍団の隊長デルボロさん乙でした。

デルボロを倒した朧はそのまま戦闘中のカイルたちの方へ高速で接近し、巨人タヴーことギーガー1号の頭部に飛び移ります。といいますかズドンという効果音に対して飛び移るという言葉は適切ではありませんな。

突如現れた謎の人物に戸惑うカイルに対して、後は僕に任せろといい朧は新技〝生命融和〟(ハーモニウス)を繰り出しギーガー1号を吸収、乗っ取ります。微妙なネーミングセンスに定評ある岩代先生ですが、このハーモニウスはなかなか悪くないネーミングだと思うのは私だけでしょうか。

このハーモニウスはタヴーを吸収し己の力として操るという能力で、まさにイルミナ持ちには天敵とも言える能力のようです。しかし、他の存在の力を吸収して操るって弥勒と被っているといいますか、劣化版のような気もします。朧の「頂点に立つべき者の力だ」というセリフも意識して合わせているように思います。

朧によってギーガーたちが同士討ちしている状況を見かねたカプリコは、どこからか取り出したイルミナからマグマグという名のタヴーを創造します。生まれたばかりのマグマグは全身から触手を伸ばし、辺り一帯のパイプラインを豪快に切り取って巨体を形成します。バカでかいレゴブロックの兵士のコアの部分にマグマグ本体がいるとかあんな感じです。

かくしてギーガー1号を乗っ取った朧VSカプリコ渾身のマグマグという構図が展開されます。心置きなく異形大決戦を描けそうで岩代先生も大ハッスルしてそうです。

そしてラスト2ページではついに修行を終えたノヴァカップルが出撃というシーンで次回へと続きます。

今週はまさに朧無双の週でしたね。
先週の引きだとデルボロ倒して内部引っかきまわすのか思いきや、まさか外に出てきて1人でギーガー軍団相手にするとか思ってもませんでしたもの。下手すればこのままカプリコと汚染されたジュナスも朧1人で倒してしまいそうな勢いです。ただ、朧このまま弥勒までたどり着くとは言っていますが、ぶっちゃけ生命の炉の力を取り込んだ弥勒とかにやられそうな立ち位置に見えます。

それにしても今週だけでアゲハ&雨宮さんはノヴァを修得し、朧は生命融和によるタヴー吸収能力に加えてカイルと互角のライズを持つデルボロをあっさり倒す実力を見せてくれました。カブトはカブトで弱者のパラダイムによる強力な防御能力を身に着けているわけで、約1名大幅に平均点を下げている人を除けばドリフト組もずいぶんパワーアップしたものだと思います。

コメント

>雨宮さん、他のジャンプヒロインの前で水着になるのが恥ずかしいからって
>河下先生をMJして豊胸させるのはさすがにやりすぎだと思います。

黒子の監督のように「胸部カット」される屈辱を味わいたくなかったのでしょうw
貧乳仲間で、肩を組む構図もアリではないかと思いました。雨宮さんと監督は、年も近いし。

>結局本物のオドはセリフも中身も無いまま退場させられたと言うことで、
>バーリィよりも悲惨と言えば悲惨です。

結局、カスージの中で一番輝いていたのはアッシュでしたねぇ。
一方的にカブトの踏み台にされるだけでなく、アッシュ自身の実力もそれなりに示してましたから。
デルボロもなかなか良かったですが、カイルを弱く見せてしまった、と言う点で「かませ部隊隊長」としてダメダメ。

>しかし、他の存在の力を吸収して操るって弥勒と被っているといいますか、劣化版のような気もします。

このあたり朧が「脇役」であることを意識させられますね。天才で強力だけど、主役にはなれず
かと言って敵役としても「ラスボス」の地位にはつけないと。

>約1名大幅に平均点を下げている人を除けばドリフト組もずいぶんパワーアップしたものだと思います。

仮に現代組が全員帰還できるとしたら、朧はイルミナ除去しなければならず(大幅弱体化)、
アゲ宮カップルの「ノヴァ」は、PSIの負担が大きいので現代では使えそうにない。
となると、現代での主力は「PSIの持久力が高い」「高耐久力、空も飛べる」のヒリューさんになりそうですなw
今のヒリューさんなら、ドルキさんの「爆塵者」食らっても無傷に違いない。
などと、ヒリューさんを持ち上げてみたり。

  • 2010/08/10(火) 14:05:10 |
  • URL |
  • plto #oely/y8c
  • [ 編集]

朧が前に棍棒でマテリアルハイを破壊したのはただの腕力ですかね。だとしたらアイデンティティー取られたヒリュー君涙目、これで飛行能力を持ったタブーを吸収したらますます…。

  • 2010/08/10(火) 15:17:17 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>pltoさん
>貧乳同盟
しかし水着に影が一切無かった雨宮さんに対して、カントクはまがりなりにもBと明言されているので決裂しそうな予感がw

>掲載順も下げたカスージ
アッシュといえばやはり「あのドルキ」発言がある意味一番インパクトがありました。この5文字だけでドルキさんのワイズ内での立場が窺えるというから素晴らしいですw

>脇役
しかしアゲハ・弥勒を引き立てる正しい意味での脇役として期待できるのも確かです。少なくともカスージや朝何とかさんみたいに何しに出てきたのか分からない扱いをされる連中よりかは…。

>現代での主力はヒリューさん
異議あり!
現代ではPSIの負担が大きくてノヴァが使えそうにないのなら、ドラゴンタクシーもせいぜい自分1人だけ飛ぶ程度になるはずです!

真面目な話、今後の現代でのヒリューの立場は例の「現代に持ち帰りたい情報」次第だと思うのですよ。…弥勒の頭にpacs埋まってるとか今更な情報の可能性もありますが。


>名無しさん
>力ずくでマテリアルハイ破壊
あ、そういえばそれ触れるの忘れていましたが、今週の描写を見る限りどうやら普通に破壊していたみたいですよね。

ヒリューの一番の問題点は力不足とかではなく、彼にしか出来ない事が皆無という点だと思うのですよ。…ネタキャラ的扱い以外で。

  • 2010/08/10(火) 20:35:18 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

とうとうスカージは全員かませ犬の運命から逃れられなかったのか
デルボロさん結構好きだったんだけどさようなら
少年漫画で無個性な能力の持ち主は短命なのは気のせいじゃないのか

凝縮型イルミナの大量移植でチート気味なパワーアップをはたした朧だけど太陽光を浴びたら死んでしまうのだから根側と目的がかみ合わないから共闘なんて出来るのだろうか
それに現代に帰れなかったらアゲハの容疑がますます固まって刑務所行きになったら洒落にもならないしな

そして主要キャラが次々と強化されているなか相変わらず残念な戦闘力のヒリョーさんはさすがとしか言いようがない
しかもミラクルドラゴンはもう完成してしまったからこれ以上強化されるかも怪しいところだからなぁ

  • 2010/08/10(火) 23:54:23 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>さようならデルボロさん
カイルに次会ったときは決着をつけようなんて言っていたのに…まぁ少年漫画だと短命になるのはいたしかたないところでしょう。

>朧と根
そういえば今はグラナが穴ふさいでいるからいいですが、太陽光浴びたらウラヌスちゃんと同じになってしまうのでしたよね。
ドリフト組はともかくカイル達からすれば味方とは言い切れない怪しい人物なので、適度に暴れてもらったところを再び太陽光でワイズもろとも…というのは主人公側の作戦じゃないですなw

>ハゲア容疑者
朧あれ現代に帰る気無いんじゃないでしょうかね。それに朧連れ帰ったところで、研究所の一件だけで完全アウトな気もしますが。

>さすがとしか言いようがないドラゴン
そもそも能力の最終目標が「竜の全身を具現化」という時点であまりにもこじんまりとしていてなんともはや。タツオは銃の形や威力など色々発展させているのに…。

  • 2010/08/12(木) 00:08:37 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

>場面変わってカイルVSカプリコ作の巨人タヴー軍団ですが、
>連戦か対複数相手かやはりカイル劣勢です。

カプリコ>ドルキの格付けの謎が、今明かされるw
ツイン・イルミナ・ドルキを瞬殺した、カイルを苦しめるギーガー。

カイル劣勢の理由はギーガーの強さだけではないにしても、コレ、ギーガーとドルキさんが戦闘したら
ドルキさんはギーガーに倒されてしまいそうな気がw
カイルの「ライズパンチ」を悠々と受け止めてましたからね、ギーガーは。

無印ドルキさんの「バースト」や「ライズ」ではオハナシにならない気がします。
ツインでもどーなのかな。圧縮星船なら、ギーガーの腕くらい吹っ飛ばせるかもしれませんが。

カプリコの台詞からして、マグマグもかなり強力そうだし、こんなのをほぼノータイムで生み出せる
「創造主・カプリコ」と比べたら、ドルキさんの「爆破」は星将最下位でもしょうがないか。
と、今日ふと思いました。ドルキさんはWISEの中での、ヒリューポジションだということを再認識。

  • 2010/08/12(木) 11:38:48 |
  • URL |
  • plto #oely/y8c
  • [ 編集]

>ドルキさんVSギーガー
いやぁ、ドルキさんが瞬殺されたのはライズを軽視しまくっていたのが一番の原因でしょうから(アゲハ1戦目のランス1発目も)、遠距離からイクスプロジアで爆撃しまくっていれば案外いけるかもしれませんよ。

といいますかサイレンのバトルはジュナスがアゲハ&シャオを圧倒していたようにライズ偏重過ぎ。バーストでもグラナぐらい突き抜ければ別なのでしょうが自称「バースト波動の極致(笑)」程度では…。


>東のヒリュー:西のドルキさん
サイレンにおけるネタキャラの双璧を為す2人ですが、「別にいなくとも他のキャラで代わりが利く」というのが大きく共通していると思います。

ワイズにおいてはカプリコの創造やシャイナの瞬間移動、ヴィーゴの潜航師などそれぞれが代わりの利かない能力を持っているのに、ドルキさんの爆破なんてグラナがいれば別に必要ないと思えてしまうわけで。…ミスラのかがり火の信憑性まで下げるドルキさんはやはりさすがと(略)

  • 2010/08/13(金) 20:25:52 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

アゲハ達の研究所襲撃は遊坂がわざわざご親切にモニタールームを破壊して死体を引きずりながら監視カメラを破壊しまくったうえに研究所自体を爆破したんで闇から闇に消えてしまったんじゃないでしょうか

  • 2010/08/14(土) 09:17:58 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

アゲハ→扱いにくいが一撃必殺
    最近はある程度コントロール可能になった
雨宮さん→基本的だが経験値豊富なためバリエーション豊か
朧→パーティ唯一の回復能力
  最近ではチートじみた新能力も習得
カブト→困った時に頼れる危機感知能力
    最近では戦闘力もパーティのダークホース的な存在に
タツオ→実物の銃がなければバースト弾を撃てなかったが銃を具現化することで弱点克服
    ハンドガンで二丁拳銃も可能に
ヒリョーさん→ギャグ漫画じみた頑丈さで肉壁役w
       ミラクルドラゴンで移動役もこなせるようになったw
       戦闘力?そんなのほとんど強化されてないあら知りません

ワイズ側
弥勒→まだ謎は多いが一粒で何度も美味しいチート能力
ミスラ→組織創立以前から重宝がられてた予知能力
グラナ→能力は基本的だがレベルが高過ぎてチート能力に
ジュナス→能力はシンプルだが高レベルのライズを使う本人と相性が良い
ウラヌス→能力は少年漫画定番の氷系
     戦闘力は他のグリゴリナンバーと比べると一段劣るがそれでも圧倒的
シャイナ→能力はテレポート
     説明する必要が無いくらい便利な能力
ヴィーゴ→能力は周囲の物体と同化出来る潜航師
     戦闘だけではなく逃走や荒療治ながら治療にも応用出来る便利な能力
カプリコ→まだ謎は多いが生物を実体化出来る能力か?
     いずれにしてもワイズがスカウトするだけあって便利な能力
ドルキさん→能力は少年漫画定番の爆破能力
      だが威力はドーピングしてもライズを使っていないカブトを殺せなかったりと正直非力
      これといった応用も出来ないので正直ミスラがなんで計画に必要としていた能力なのか
      分からないほどの能力

やっぱりあの二人はまじパネェーんだな

  • 2010/08/14(土) 10:26:37 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>研究所の件
そういえば遊坂が理由も無くみんなを殺して、最後は生き様見せ付けてましたっけね。アビスに翻弄された自衛官の人たちは生きていたような気もしますが、5thゲーム開始までに特にトラブルが無かったことを考えると仰るとおり闇に葬られたのでしょうな。

>ミラクルドラゴンVS爆塵者
よくもまぁ長々と乙ですw
ヒリューとドルキさんそれぞれの立ち位置比較は前のコメントのときに思い立ったものの、実際書くと長くなりそうだから止めておいたのにw

そしてこうして見るとやっぱりあの2人の別格さが突き抜けていることを再確認。

ついでにそれぞれの作品内における立場・扱い

ヒリュー→絶体絶命のピンチを乗り越えて久々の再会のはずなのに事務的な状況説明のみ。未来の主戦力である根側のキャラと一切絡みが無いどころか、初期から共に死線を潜り抜けてきた雨宮さんとも会話なし。パワーアップイベントには誘われず。

ドルキさん→部下からの人望が無いばかりか、ついには他の星将の部下にまで「あのドルキ」と呼び捨てにされる始末。命を賭したはずのツイン・イルミナスフォージもその後当たり前のように複数イルミナに適応したスカージの存在により価値が暴落。

  • 2010/08/15(日) 23:48:39 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1094-97d121e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad