NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第132話感想

今週のメタリカメタルカの1コマより

ペーパーメタル レア度:-
何度もリサイクルできる紙のような生活メタル。エコ。



…小ゴマのため流しそうになりましたが、ちょっと考えれば書いた文字が消せるのも金属がリサイクルできるのも当たり前の事であり、このペーパーメタルの存在意義は本気で意味不明です。

うーむ、どうも水野先生に限らず岩代組の人たちは設定やストーリーに粗が目立つなと思いつつの、そんなサイレン第132話の感想です。


今週のこの展開は…どう見てもまとめ入ってるよなぁ…少なくとも未来編は今回のドリフトで決着付けるつもりだよなぁ…。

あ…冒頭からスイマセン。
いや、正直な話今までもそうだろうと覚悟はしつつも、
「もしかしたらまだ登場していない元老院や黒幕がいるかもしれない」
「今回の5thゲームはピンチで帰還して次回の6thゲームで決着付けるかもしれない」
という風なまだ風呂敷広げてくれる可能性を心の片隅で抱いていました。

しかし今週のシャイナ瞬殺とアビス問題の同時解決はそんな余裕など無いという事実を改めて直視させられたように感じました。


という訳で今週はヒリューに恐れをなしてランとヴァンの下へ向かってきたシャイナを迎え撃つノヴァカップルから始まります。

アゲハには力を温存してもらうためシャイナの相手を自ら買って出る雨宮さん。
以前の戦闘を引き合いに余裕を見せるシャイナですが、読者的にはヒリューと朧を転送した強さよりもその後シャオ&フーちゃんにビビり、雨宮さんに腕一本もらわれて塔に逃げ帰った姿の方が印象強いです。

そんなシャイナに雨宮さんは力のバランスなんてほんの刹那の判断ミスで一変すると心鬼紅骨を抜きながら忠告しつつ、ノヴァを発動します。セリフはカッコいいですが新必殺技を修得した後でそんな事言われても…。

ところで雨宮さんのノヴァですがアスカのように髪の色まで変化するわけではなく、煙を身に纏いつつ周囲に拡散させているという無難なものです。

ノヴァを見たシャイナは雨宮さんではなくラン&ヴァンの方を狙いにいきますが、雨宮さんはそれを読んで背後からシャイナに斬りかかります。ん、ここでアゲハはなぜボルテクスを発動させているのでしょうか?シャイナが自分の周囲にテレポートするのを封じるためでしょうか。そしてボルテクスのリングとテレポートのリングが絵的に似ているのもちょっとどうなのかと思ったり。

シャイナは後ろを取られたと見せかけて雨宮さんの背後にテレポートして手刀を振り下ろしますが、お約束といいますか大方の予想通りその雨宮さんは煙による思念体でシャイナの攻撃は空振りに終わります。

そこへまたもや背後からアビスによる大鎌バーストがシャイナを貫きます。
交代したのかと思いきや煙の中からは揃い立つ雨宮さんとアビスの姿が。ちなみにアビスの格好は例のボディコンスーツみたいなのです。

2人の雨宮さんによるアゲハラブなやり取りが繰り広げられる中、アビスの攻撃によって深手を負ったシャイナは周囲の空間を破壊しようと試みます。どうやらこの空間を破壊して次元に狭間に取り込む技がシャイナの「奥の手」みたいですね。

そんなシャイナに対して常に余裕ぶって傷つくことを避けてきたあなたは戦士じゃない、そんなヤツにあたし達は負けないとバッサリ言い捨てる2人の雨宮さん。

中二ぶってる事をグサリと指摘されたシャイナはお前らに僕の何が分かると逆ギレして奥の手を発動させようとします。

ところが雨宮さんはノヴァによる周囲の煙でシャオ君のように心や行動を読んでおり、テレポートで背後に回った中二病が奥の手を発動させる寸前で叩き落します。

そしてシャイナは2人の雨宮さんによってコアを切り刻まれ、まるでガラスが砕け散るがごとく消滅してしまいます。

こうして心鬼紅骨&ノヴァによりアビスと和解した雨宮さんがシャイナに勝利したところで今週はおしまいです。
さりげにアビスが一日デート=小説の宣伝をしているのが微笑ましいような気がします。

それにしてもまさかシャイナが1週で退場とは…短いながらもポエムに散り際も満足していたウラヌスちゃんとは雲泥の差です。またドルキさんみたいに後々もネタになるような死に様ではなく、中二病を指摘された挙句、奥の手すら発動させてもらえないというのが本気で哀れに思います。

といいますか普通相手の必殺技を打ち破って勝利するのが少年漫画の王道だと思うのですが、奥の手を出させずに始末するとは雨宮さんらしいといいますか、PSYRENらしいといいますか…。


冒頭でああ書いたのはシャイナもそうですが、それよりアビス関連をこんな簡単に解決してしまった…いや、ノヴァ修得で解決するのは予想の範疇だったのですが、対シャイナ戦と合わせて1週でまとめてしてしまうという尺の短さが一番の理由です。

今週は面白いとかつまらないではなく、もはや今後はどう広げるかではなく、既に残った伏線をどう回収してストーリーを畳むのかという段階にまで来ているのだなということを実感した回でした。

コメント

まとめに入っている>やっぱりそう見えますよね…。まだある伏線は、行方不明の祭先生+影虎さん、黒アゲハ、隕石、ヒリューの欲しがってた情報、くらいですか?
今週は順位こそ上がりましたが下は新連載ばかりで保健室やめだかに少し差をつけられました、、、でもカラーを貰えたみたいですし謎です。

シャイナ>これはヒドイwww
攻撃は幻に手刀くりだしただけですよwwもっとピュンピュン飛び回る戦い方にすればいいのに。
雨宮さんはノーダメで勝ったので連戦もあり得ますね。まあ連戦するくらいならヒリュー君に1人くらい分けてやってもいいと思うけど、、

  • 2010/09/01(水) 00:07:46 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

空間破壊というテレポートと関係なさのうな技が切り札だということは
シャイナの能力は単なる瞬間移動ではなく
ARMSのリーマン弟や緑のように空間そのものを操る能力ということなのか

しかしシャイナさん相手を侮ったせいで一撃を食らい相手に挑発され時間のかかる必殺技を放つ前に敵にイルミナを破壊されるという自分がさんざんバカにしていたドルキさんと同じ最期を迎えるとはもはや笑うしかないな

まぁ現代では先に逝ったドルキさんやウラヌスちゃんと仲良く頑張ってください
現在でもイルミナが無くなってる分もっとあっけなく亡くなるかもしれないけれど

  • 2010/09/01(水) 01:00:43 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>今週のこの展開は…どう見てもまとめ入ってるよなぁ…
>少なくとも未来編は今回のドリフトで決着付けるつもりだよなぁ…。

でしょうねぇ。しかし、風呂敷広げた挙句、みかんエンドとかされると嫌だったり。
岩代先生は前作の反省から、今作はテンポ良く描く方針にしたようですが
逆に、それが岩代先生のハードルをあげてる気がします。

岩代先生は絵や演出で魅せるタイプというより、ストーリーで沸かせるタイプだと思いますが、
かなり早い展開で進めるため、ネタ出しがキツそうです。
かと言ってネタ出しの時間稼ぎとしてバトルに3話も4話もかけられると、
岩代先生のスピードに慣れてる身としては、 ダルく感じてしまう。
vsヴィーゴ・カスージとかモロにそうでした。vs遊坂ですら長く感じられましたから…。
実際、カスージはアンケ落としてくれました。そう言えば、5thゲームではネオ天草が出てきましたが…
以前もネオ天草関連でアンケ落ちましたよね。
アンケ落としのネオ天草の最後っ屁…効果絶大でした。

>それにしてもまさかシャイナが1週で退場とは…

シャイナは4thゲームで未来組に遅れをとり、恐怖のあまり逃走したせいで
星将(笑)になってしまった挙句、最近まで挽回の機会を与えられませんでしたからねぇ。
最近与えられた唯一の好機も、ヒリューさんの居場所すら突き止められない
役立たずぶりで、無駄にしてしまったし…。

「ノヴァ」の圧倒的な威力を見せ付けられて消滅する、「かませ」としてしか
光り輝くチャンスはなかったのでしょう…。

>アビス関連をこんな簡単に解決してしまった…

裏人格の和解・統合は、もう少し時間をかけてやって欲しかったですね。
「ノヴァ」修得中に肉体消失の危険があったので、アビスが和解を決意して修得に協力する
と言うのは分からないでもない…と脳内補足しましたが、
今回の展開はやはり唐突過ぎて不自然でした。
岩代先生は「時間かけるつもり」だったのかもしれませんが、やはり人気急落のせいで…。

  • 2010/09/01(水) 11:50:09 |
  • URL |
  • plto #oely/y8c
  • [ 編集]

一見、黒宮さんとの和解が成立しているように見えますが、雨宮さんが黒宮さんの存在を認知したことで黒宮さんの精神の中での確立度とでもいうものがアップし人格統合への道は険しくなったように思えます。
黒宮さんの乗っ取りの再侵攻があるとすれば足がかりになってしまった感じです。

ドルキさんですら相手の弱点を突いて対策してきたというのに(玉二個にしなくてもダミーだけで圧倒できた)シャイナは「本気出せば余裕だもん!」と言わんばかりに無対策だったのが敗因だったのでしょう。

霧状のノヴァもテレキネシスで吹き飛ばされるなどすれば黒宮さんを召還できなかったり、トランスでの攻撃で迎撃できたり、意外と穴が多そうです。

この後に弥勒、グラナ、手負いのジュナスとグリゴリナンバーズが控えている訳ですが正直勝てる気がしないですね・・・。

  • 2010/09/01(水) 20:38:23 |
  • URL |
  • ホワイト煎餅 #pYrWfDco
  • [ 編集]

>名無しさん一人目
>残りの伏線
それらに加えて07号が直接弥勒に接触しない理由、武智さんあたりでしょうかね。前者はミスラに感づかれたく無いから、武智さんに至っては今更どう絡ませるのよという気がしないでもないですが…。

>カラー
あ、そういえば来週Cカラーでしたっけね。たぶん小説発売のご祝儀なのでしょうが、やはり定期的にもらえるのはありがたいものです。

>シャイナさん
ウラヌスちゃんみたいに自分の能力をきちんと活かすように戦えばいいのに…完全に舐めてたんでしょうな。


>名無しさん二人目
>結局出す機会の無かった奥の手
確か4thゲームでアゲハ達を分断したときも地形ごと切り取っていたのでそういう事なのでしょうな。

>僕は…WISE第四星将…シャイナだぞ…
そして元はと言えば3rdゲームでドルキさんの言うようにアゲハ達を始末していればこんな事にはならなかったわけで、上司として部下の失敗を放置したツケが廻ってきた格好ですね。

>現代で仲良く
「お前らにボクの何が分かる!」と今回逆ギレしていたので、理解してあげて和解エンドの可能性もありまっせ。自衛隊を壊滅させた人とか、孤児院のボランティアに牙を剥いたロリコンとか、全裸で全国中継されちゃった人といった現代でも既に取り返しのつかない人たちと違って、まだいち学生っぽかったですし。


>pltoさん
>作風
テンポ良くというよりは、いつ打ち切り宣告が来ても一通り完結させられるように描いていらっしゃる気がします。

それとセリフや戦闘描写はともかく、能力バトルそのものとしてはサイレン(といいますか岩代作品全般)はお世辞にも…というのが正直なところです。
ですから話に動きが少ないバトルが続くとそれが余計際立って見えてしまいます。

>今は亡きネオ天草様
見開きデリート・スパイダーで引き→翌週「助けてくれぇー!」
このコンボはあまりにも強烈でしたっけねぇ…(遠い目)

>さようならシャイナ
何でしょうかね、新技修得後の初対戦という時点でかませになる運命は避けられないものでしたが、それにしたって「ノヴァ宮さんすげぇ!」というよりもシャイナの小者ぶりの方が目立ったようで一層哀れでした。

>アビスとの和解
これはもうホント仰る通りです。
展開も納得できますし脳内で補完もできます。できますけど…やはりもう少し描写が欲しかったです。


>ホワイト煎餅さん
>人格統合へのランクアップ
お互いが「どっちもアゲハが大好きな雨宮」という事を受け入れただけあって、そもそも当の本人(達)は統合する気がないんじゃないでしょうか。

>ドルキさんを笑えないシャイナ
「相手の力を見極めずに戦う超せっかちな性格」
「超短気な性格が災い」

などなどドルキさんを見下していた発言が今回悉く自分に返ってきているのがまた…。

>ノヴァの穴
霧といっても物理的に吹き飛ばせるものなのか分かりませんし、そもそもノヴァ自体の性質がよく分かっていないのでその辺りはまだ何とも言えないかと。

>勝ち目
汚染されたジュナスはともかく、やはり弥勒とグラナの二枚看板は相変わらず勝ち目が見えませんなー。特にグラナさん、あの人どうしたらいいのかしら。朧もテレキネシスパンチで吹っ飛ばされてしまいましたし…。

  • 2010/09/03(金) 02:27:24 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1103-7c0bd6eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad