NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第144話感想

どうやら来週発売の52号でPSYRENは終わるようです。
前々から覚悟はしていましたし、展開的にも終わりに向かっていることは明らかだったので今更別に騒ぎ立てはしません。

ただ連載3周年の1話前で終了というのが何かこう色んな事情を感じさせて切なくなりつつの、そんなサイレン第144話の感想です。


前回のあらすじ:弥勒「(ミスラや07号、アゲハに振り回されている事実から目を逸らしつつ)宙は俺を中心に廻っている!」

真ラスボスのミスラ相手にアゲハと弥勒が共闘し、わずか3ページ…といいますか暴王でのトドメがそのうちの2ページというあっさり具合で決着してしまったのが先週のラストでした。

今週は決着直前のシーンから始まりまして、やはりアゲハが突撃しながら暴王の月をぶん回してミスラの全身を抉り取ったのがトドメの一撃のようです。残されたページが少ないとは理解しつつも、お世辞にも前回のラストが省略され気味で残念だっただけにこの補完するかのようなトドメのシーンはありがたいです。

ミスラを倒しはしましたが、力を使い続けたアゲハはノヴァの解除と共に鼻血を出しながら崩れ落ちます。
影虎さんの「無茶しやがって」というセリフが例の空に敬礼を送るAAを髣髴とさせてすなわち(ry)

そこへ雨宮さんが駆けつけ、その様子を見て瞳に涙を浮かべながらアゲハに抱きつきます。

戦いを終えた弥勒はアゲハに対し、ウロボロス計画は終わったがだからと言って自分はこの世界への抵抗を止めるつもりは無いと宣言します。当然アゲハはこれまで弥勒がしてきたことを許すつもりも無ければ、これから進むであろう道を黙って許すつもりも無いようです。

弥勒は別れの際に決着を付けたければ生きて俺の道を、そして世界を見届けろとアゲハに語ります。
えぇー、あなた未来でも現代でも圧倒的に暴王に負けてたような気がするのですが。

そしてせっかく弥勒がキメ台詞をしている後ろで珍妙なポーズを取っているジュナスが笑えます。てっきりライズで駆け出そうとする直前なのかと思いきや後のコマで普通にまだその場にいますし、このポーズは一体何なのでしょうか。

とそこへ辺り一帯に危険が迫っていることを察知したカブトがすっ飛んくると同時に自衛隊の爆撃が開始されます。

爆撃を退き時と判断した弥勒は残りのメンバーにテレパスで離脱を命じます。
ウラヌスちゃんとシャイナは何があったのか不思議という表情を見せ、ヴィーゴはゲームを中断された子供のごとくつまんねーという表情を見せますが、そんな中にあってドルキさんは不満そうな表情&冷や汗という余裕の無さで和ませてくれます。

確かにシャイナはテレポートで、ヴィーゴは地面に潜れば余裕で回避できますし、ウラヌスちゃんなら辺りを凍結させるか、自身のライズで回避できるはずですが、ドルキさんはバーストの性質上ミサイル迎撃には向いていません。しかもライズは苦手or嫌っているわけでして、なるほどそれならこの一人だけ冷や汗というのも納得です。といいますか下手すればコレが最後の登場コマなのにまた地味に株を下げるドルキさんはさすが(ry)

もう一度最初から出直しだと語る弥勒にどこか満足げなグラナ。
続けて弥勒は世界中を巡って仲間を集め特異能力者たちの国を造ろう、どんなにちっぽけでも草の冠からはじめようと吹っ切れたようなさわやかな横顔で締めます。

エピローグでまた描かれるでしょうが、彼らの今後はどうなるのでしょうかね。
いやまぁグラナは何があっても付いていくでしょうし、ロリコン&幼女は平和に暮らせるような国を求めて弥勒に付いていくのは想像に難くないわけでして、むしろ他の連中です。
ウラヌスちゃんとヴィーゴはWISEに加入する以前の生活に戻りそうですが、シャイナとドルキさんがどうするのか微妙に気になります。シャイナは一見リア充な生活をしていましたが、雨宮さんに図星を突かれたように厨二病をこじらせていたので元の生活に馴染め無さそうです。ドルキさんは約束の涙でパワーアップできないまま指名手配犯としての罪状だけが増えて…あれ、未来変わっても全然救われていないですよ、ドルキさん。


爆撃から一夜明け、一行はアゲハを近くの木に寄りかからせたまままだ見ぬ未来へと思いを馳せます。

朦朧とする意識とうつろぐ視線の中でアゲハは07号の望みを果たし、全てが終わったことを雨宮さんに問いかけます。

雨宮さんからの運命は変わったという一言、そして何より雨宮さんを守ることができて良かったと満足して、そのままアゲハが息を引き取るかのような描写で次回へと続きます。やっぱり暴王を使っても頭痛がしなくなったのってパワーアップじゃなくてブレーキがぶっ壊れたんじゃないですか。

アゲハは第1話から幼馴染である雨宮さんと自分の大切な人たちを守るために戦い続け、どうやらラストまでその意志を貫き通したまま最期を迎えることが出来た模様です。(←まだ迎えていない)

一方最後のコマに存在すらしないヒリューときたら…。
カブトかマツリ先生の後ろにいてもおかしくない…といいますか、第2話から登場している主人公の幼馴染なのですから本来いなければいけないでしょうに。

いやいや、そうは言いましてもこのまま死なれては後味悪いですから大丈夫でしょうアゲハ。…死なないですよね?

とにもかくにもついに次週最終話、約3年間の締めくくりをどうまとめてくれるのか最後まで見届けましょう。

コメント

>ただ連載3周年の1話前で終了というのが何かこう色んな事情を感じさせて切なくなりつつ
2008年1号から始まったサイレンですが、2008年のジャンプは52号まで出ていて
2009年は53号まで出ていました。去年が1号多い、という状況だったので
52号で3周年と言えるのではないか…と思います。

>ウロボロス計画は終わったがだからと言って自分はこの世界への抵抗を止めるつもりは無いと宣言します。
完全な改心…というご都合展開にならなくて良かったです。
前回の弥勒の心変わりには、やや唐突な印象を受けましたが、今回の弥勒の台詞を見て納得…というか
根本にある人間への憎悪が、しっかり残っててホッとしました。

>せっかく弥勒がキメ台詞をしている後ろで珍妙なポーズを取っているジュナスが笑えます
ジュナス降臨! とか、ボスオーラを発してた頃が懐かしいですねw

>自衛隊の爆撃が開始されます。
ミスラ…というよりネヴァスの肉片が辺りに散っていたので、それも全て消し飛びますね。
暴力s(ry…という言葉が浮かびましたが、学術用語としての意味も背景もよく知りません。
すいません、使いたかっただけです。

>といいますか下手すればコレが最後の登場コマなのにまた地味に株を下げるドルキさんはさすが(ry)
数年後…地球のどこか、ある辺境…弥勒のサイキッカーの国で「地域警備」をするドルキさんの姿…
とかやってくれないですかね? 岩代先生に期待してます!

>そのままアゲハが息を引き取るかのような描写で次回へと続きます。
>やっぱり暴王を使っても頭痛がしなくなったのってパワーアップじゃなくてブレーキがぶっ壊れたんじゃないですか。
アゲハ無双の代償で、数年間病院のベッドの上で意識不明…とか、
車椅子に座る無表情なアゲハ、その車椅子を押して並木道を歩く雨宮さん(20歳)とかでも良いんじゃないでしょうか。
で、長年のイアン、ヴァン、朧の「キュア」で目が覚めると、平和になった未来がーみたいな感じで。

…そう言えば、ミスラを消し飛ばした時点で「未来」との接点は切れたわけで…
フォローもなかったし、結局、未来はバッドエンドだったんでしょうかね。

  • 2010/11/24(水) 12:39:55 |
  • URL |
  • plto #oely/y8c
  • [ 編集]

主人公と元ラスボスが共闘しても結局分かりあえることはなかったか
悲しいけど何故か嬉しくて納得してしまうはなんでだろ
物語が続けば再び二人が戦ったり和解したりすることもあったんだろうな

それにしても未来弥勒とミスラのラスボス格を相手に無傷って暴王ノヴァまじパネェっす
最終戦では現代弥勒が戦闘準備前に不意打ちで食らわせた一撃以外は無傷じゃないか

遊坂さんの言葉を借りれば自分の手を汚してでも守りたいものを守りきったアゲハが今一番カッコよく見える

さて今日もPSYRENが某漫画のように書き足しが追加されまくって
最終巻が延長される妄想でもするかな

  • 2010/11/24(水) 23:43:17 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

先週のミスラトドメシーンは見辛かったから
今週の冒頭は見やすくて嬉しかった

しかしミスラが死んだらウロボロスはどうなるんだろ?
次の獲物を見つけるまでカーズ様のように宇宙をさ迷うのか?

  • 2010/11/25(木) 00:57:09 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

最終回はワイズ支配未来との対比で新未来の10年後を書いて欲しいです。

ドルキさんはネオ弥勒帝国の地域警備。
ヒリューは将来何になるんだろう?とりあえずタクシードライバーだったら吹き出しますwww

  • 2010/11/25(木) 15:48:34 |
  • URL |
  • #Oe9oLLJs
  • [ 編集]

自分の死を覚悟し自分の手を汚してでも守りたいものを守りきったアゲハまじ主人公
最初っから最後までまともに活躍したことも勝利したこともないヒリューさんまじヤムチャ

弥勒の影でうまく立ち回って見事目的を果たしたミスラまじラスボス
偉そうなこと言いながらアゲハやミスラや07号に振り回されっぱなしだった弥勒まじラスボス(笑)

最後の最後まで敵側で唯一格が下がらなかった(むしろ上がりっぱなし)グラナさんまじ大物
作中で登場してから名前が出るたびに格が下がりまくってるドルキさんまじ地域警備

  • 2010/11/26(金) 00:24:18 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

アゲハ→能力は触れたもの全てを消し去る暴王の月
    最終的にはラスボスクラスをも圧倒する作中最強の能力になった
雨宮→特殊な能力は持たないが他のドリフト仲間に比べて経験値が上
   ドリフトメンバーの中では唯一トランスが使える
   後にノヴァと心鬼紅骨により戦闘力が急上昇した
朧→パーティ唯一の回復能力持ち
  後に凝縮型イルミナの大量移植に巨大な戦闘力と
  生命を造りかえれる新能力「生命融和」を習得
カブト→幾度もなくドリフトパーティを危機から救った脅威
    後にイアン式ライズヨヨから弱者のパラダイムの能力を授けられ
    攻撃、防御ともに格段に上昇した
ヒリューさん→能力はドラゴンを具現化できるミラクルドラゴン
       しかし最終段階になっても所詮は姿形を真似ただけなので攻撃は貧弱
       タツオがいないとかぜおこしとまきつけるしか使えなく遠距離攻撃が出来ない
       そのため今ではもっぱら足代わりのドラゴンタクシーとして活躍してる
       そもそもドラゴンなのに自力で炎を吐けないってなんなんだよ

弥勒→不明な点は多いが生命の樹は一粒で何度も美味しいチート能力
   イルミナを装着しなくても作中トップクラスの実力を誇る
ミスラ→組織創立以前から重宝がられてた予知能力
    約束の涙入手後はビームと相手を細切れにする攻撃を習得
グラナ→能力は基本テレキネシスだがレベルが高過ぎてもはやチート能力に
    イルミナを装着していなくても作中トップクラスの実力者
ジュナス→高レベルのライズと神刃で肉弾戦では高い戦闘力を誇る
     毘沙門剣のバリエーションには遠距離攻撃もあり
ウラヌス→能力は少年漫画定番の氷系の氷碧眼
     戦闘力は他のグリゴリナンバーと比べると一段劣るがそれでも圧倒的
シャイナ→能力は 説明する必要が無いくらい有名な瞬間移動
     切り札が空間破壊から察するにARMSのリーマン弟のように空間を操る能力みたい
ヴィーゴ→能力は周囲の物体と同化出来る潜航師
     戦闘だけではなく逃走や荒療治ながら治療にも応用出来る便利な能力
     シャオと互角に渡り合いその後イルミナを装着しさらにパワーアップ
カプリコ→能力は創造した生物を実体化出来る創造主
     その状況に応じた生物を実体化出来る便利な能力
     イルミナを装着すればさらに強化されていたかも
遊坂→能力は取り込んだ毒物を虫状にして放出するキャンディ・マン
   他にも祭先生を戦闘不能にしイアンのキュアでも治療出来ない猛毒ゴルゴンを操る
   能力の性質上密閉空間では圧倒的な戦闘力を誇る
   宣誓の儀の前に死亡したのでイルミナを装着していない
ドルキさん→能力は少年漫画定番な爆破能力の爆塵者
      だが威力はドーピングしてもライズを使っていないカブトを殺せず正直非力
      これといった応用も出来ないので正直ミスラがなんで計画に必要としていた
      能力なのか分からないほどの能力

  • 2010/11/26(金) 21:29:54 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>pltoさん
>3周年の感じとも言えますし、3周年の感じとも言えます
そうか、去年1号多かったんですね。しかし贅沢を言えばキリ良く1号終了&ご祝儀カラーを…いや、もう言うまい。

>弥勒の憎悪
WISEの連中が今までやってきた行動を考えれば例え今改心されたとしても「お前は何を言ってるんだ!by暴王」な印象が強いので、この落としどころは妥当な所ですよね。

>暴力措置なのか装置なのか
私もよく知りません(苦笑)
とりあえず少なくとも作中においての自衛隊は文字通りの活動をしているなーと思いましたさ。

>どの未来でも地域警備のドルキさん
あの未来ですら建造物やレジスタンスを見落としていた杜撰なドルキさんにまともな地域警備が(ry)

>エンディング
個人的には

数年間意識不明のアゲハ→そこへ突如電話のコールが鳴り響き、目覚めたアゲハがコールを取る→あの未来からの電話で世界は繋がる→ご愛読ありがとうございました!

的な流れだと救いもあって嬉しいです。


>名無しさん1人目
>最後まで分かり合えなかった2人
んー、今回のを見るにこの先戦うことはあってもあの2人が和解することはおそらく無いのではと思います。
納得できるのは…最後までそれぞれの行動理念が一貫している&十分共感できる上での結論だったからではないでしょうか。

>ノヴァゲハ無双
それまで星将との間に差がありすぎたとはいえ、正直ノヴァはやりすぎだったような気もするのですよねw
最終回は反動で暴王の能力失ってそうな気もしますが。

>僕にその手を汚せというのか
選択肢はロウルートのはずなのに主人公の属性が思い切りカオスに振り切れてしまいましたよ!ふしぎ!

>書き足し妄想
該当する某漫画が多すぎていかんともwとりあえず最終話でも回収しきれなかった伏線があれば補足してもらいたいものですな。

>トドメシーン追加
先週の見開きはどうしてもシメに持っていきたかったのでしょうね。
ウロボロスはまた弥勒みたいに電波受信してくれる相手を探して宇宙を彷徨うのではないでしょうか。

>まじ~シリーズ
肝心なところでマツリ先生に漢を見せた影虎さんまじヤクザ
現代でも未来でも逆光源氏計画に成功したジュナスまじロリコン

すごい力を手に入れたにもかかわらず敵を倒しても後味の悪さを覚えるカブトまじ常識人
複数イルミナスフォージを強制解除された上に現代へ強制送還&離脱させられた朧まじ天才(笑)


とりあえずパッと思いついたのはこんなところでしょうか。
こういうのをたくさん書くと私もネタを考えなければいけないから困るというのにw


>名無しさん2人目
>それぞれの10年後
サイレン世界の顛末も曖昧なままで10年後を描くページがあるとは思えませんが、私も見たいですね。
アゲハは影虎さん組のサイキッカー専門トラブルバスター、カブトはオジキの跡をついで&能力を活かして戦場カメラマンとかがありそうですかねぇ。
えっ、ヒリュー?ドラゴン運輸orタクシードライバー以外に何が(ry)

>ネオ弥勒帝国
チクショウw字面見た瞬間吹き出してしまったではないですか。あなた絶対コレ言いたかっただけでしょうw

  • 2010/11/26(金) 22:05:48 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

各キャラの能力まとめ

まとめ乙です。といいますか返信終わって確認しようと思ったらめっちゃ長いのが投稿されていて何事かと思いましたわw

作中でのヘタレ具合なら朧やシャイナだって…と一瞬思いましたが、あの2人は活躍度合いによって相対的にそう見えるわけで、能力自体は十分強かったりパーティーの役に立つのですよね。(特にシャイナ)

そこの違いがやはりあの2人をサイレン2大ネタキャラたらしめている要因だというのがよくわかるとかわからないとか。

>火を吹けないドラゴンとは何なのか
ヒリューはミラクルドラゴンの胴体だから火を吹けないのは仕様なんですよ!決してフーちゃんやタツオと被るからじゃないですよ!

>ミスラがドルキさんを必要としていた理由
思い出してください、CALL108で初登場時にミスラが弥勒に言っていたセリフを。

「僕の〝かがり火〟に確証など不要」

そう、確証など不要と自信満々に言っていますが、ミスラが単に間違えていただけなのだと…!

  • 2010/11/26(金) 22:49:23 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1146-7d2a8d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad