NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

風来のシレン5と売り上げと私

ようやく開始したシレン5ですがエンディングまではクリアしまして、現在クリア後のダンジョンに手をつけ始めているといった具合です。プレイ時間は約20時間です。という訳でとりあえず現時点での感想でも。
と言いましても書くことなどほとんど無いというのが実情だったりします。

「シレン4ver1.5」
「シレン4シナリオ2」
「シレン4ブラックレーベル」
「風来のシレン4~失われし時代~」

呼び方の前例はいくらでも出てきますが、つまりはそういう事です。

「シレン4をベースに細かい調整を加えた作品」

身もフタも無い一言でまとめるならコレに尽きます。
もちろんいろいろ新アイテムや新要素も入っていますが、土台を根本から覆すには程遠いです。

という事でシレン4が面白いと感じた方ならば5も面白く感じるでしょうし、逆に4が合わなかった方なら5は手を出さないのが無難としか言いようがありません。我ながら何というつまらない結論なのでしょうか。

快適なインターフェイス
将来性を感じた道具成長システム
メインで組み込むよりも独立したダンジョンとして出した方がいいのではと思える夜システム
悪ノリが過ぎて吐き気を覚える図鑑の解説文
相変わらず勘違いも甚だしいストーリー
受け付け難い呪い仕様に素振りで回復しないHP…etc

本当に4のときに書いたこれらのことがほぼそのまま通用してしまうのですもの。
そうなると後は5からの新要素である新種道具くらいしか語ることがなくなってしまいます。
しかしこれも別に…確かにバランスブレイカー的な側面はあるのですが、それは一部の持ち込み不可ダンジョンでも出るように設定されている上に登録を削除できないのが問題であって、新種道具自体は甕に入れて結果に期待するだけとシステム的に発展性があまりあるようには思えません。




何かいつにもまして冷めた文章を書いていますが面白いゲームですよ。いやホントに。
シレン4のとき75~80点くらいの点数をつけましたが、今回はそこに加点して82点くらいはつけてあげますよ。

冷めているのは4のときに書いたことがほとんどそのまま通用するからで、同じ事をもう一度書く必要が無いからです。4のときの感想にリンクはって済ませてもいいくらいです。

なので今回は少しベクトルの違う話をしましょう。
売り上げの話です。



【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2010年12月06日~2010年12月12日

シレン5:27683本




これは初週のみのデータなので現時点での累計はもっと売れているでしょうが、ジワ売れしているという話も全く聞かないので4万行ってるかどうかという程度でしょう。一部の店舗で特典のサントラがどうぞご自由にお持ち帰りください状態になっていたと煽りのネタに使われたとか。

よりによって発売日がモンハン3rdと被ってたとか、10ヶ月で続編とか原因はいろいろ考えられますが、まぁそれにしたって売れてないこと売れてないこと。

またここに歴代シリーズの売り上げ本数が掲載されていますが、いくら4や5が続編で新規ユーザーが入りにくいとはいえ、少なくともDSの時点で潜在的ユーザーが20万近くいたのは確かです。それがものの見事に半数以下に落ち込んでいます。

こんなお寒い状況になっているのはDS・3で信頼を失い、見切りを付けられたのが原因なのは言うまでも無いことでしょう。

ご存知のように私は今のシレン開発スタッフが心底大嫌いです。チュンソフトに至っては潰れろと平気で言い放つくらい憎しみを抱いています。

ですからシレン5が壊滅的な売り上げだと分かったときも、

大爆死ざまぁwww
m9(^Д^)プギャー
因果応報だよwww

と2chのゲハ板なみの低俗な煽りでバカにしてやろうかと思いました。
思いましたけど…一瞬の後にそういった嘲る感情とはまた別の感情が自分の中にあることに気が付きました。

そしてその感情はシレン5をプレイすればするほど…違うな、シレン4の時からありました。いや、これはシレン4、5に限らずこれまでのゲーオタ人生の中で何度も味わったきました。

その感情とは内容と売り上げが伴わない事に対する悔しさです。
「こんなにいいのに何故売れないんだ」というゲームに限らずよくあるあの感情です。




私は今のシレン開発スタッフが大嫌いです。ゲーム開発なんかやめちまえと思っています。

でもシレン5の面白さは認めています。4から含めてゲームとしての、不思議のダンジョンとしての面白さは何十KBに渡って説明できるくらいあります。ゲームの商品価値をユーザーが決めるのなら、定価の二倍は出してもいいと思っているくらいです。

旧来のシリーズが大好きな身からすればあの連中はいまだに許しがたく、例えシレン5が爆死しようがそんなのは自業自得であり当然の報いです。

しかしながらいちゲーオタとしては一本の随所まで作りこまれた良作がこんなに売れない事に対するやりきれなさがあるのです。

・旧来のシリーズファンとしての私
・いちゲーオタとしての私

この2つのスタンスが現状のシレン5に対するある種矛盾した複雑な感情を抱かせているのです。



何というのでしょうかね、これで売れていれば良かったんですよ。20万とは言わないまでも10万程度。

仮にそうなら

「大多数の良心的なシリーズファンには好意的に受け入れられ、シレン3で離れたユーザーも戻ってきて次回作にも期待できる作品。ただしごくごく一部の懐古厨がスタッフ辞めろとかチュンソフト潰れろとかトチ狂った事抜かしているけど、そんなワガママ振り回すアホはバッサリ無視してオッケー」

と現状を捉えることが出来るのです。

でも実際には離れたユーザーは戻ってきていないのです。シレン4が良作だったにも関わらずです。

それがまた私の中の矛盾した感情をよりこじらせるのです。

「4の時は3があんなんだったからそりゃあ売れないのも当然だったし、買わずに文句言われるのも仕方なかったよ。それくらい3は酷かった。でも5は4が結構頑張ったんだぜ?
おっと、私は決してシレン5を薦めているわけじゃあないし、ファンでもない。ただ4のときと違って文句をつけるのはプレイしてからでも遅くは無いんじゃないかって思っただけさ。
私は相変わらずあの開発スタッフが大嫌いでチュンが潰れようが自業自得で何とも思わないけどさ、今までのシリーズが好きなヤツならもう一度だけ手にとってやってもいいんじゃないのかい?」

誰に語りかけているのかは分かりませんが今の心境をまとめるとこんな感じです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1162-d9dd9609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad