NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

先週から今週にかけては「ゴーストバスターズ」と「トランスフォーマー」の2本を見ました。

まずはゴーストバスターズなのですが、これはちょっと期待ハズレと言いますか肩透かしを喰らった印象でした。

と言いますのも、見る前はそれこそタイトル通りゴースト退治をメインに据えたバリバリのアクション映画を期待していたのですが、実際には特殊効果や映像技術を全力で悪ふざけに注いだコメディー映画という内容だったからなのです。アクションらしいのはゴーストバスターズが受けた最初の依頼の時くらいで、最後のマシュマロマンなどこの映画を象徴しているかのようでした。



もう一本のトランスフォーマーは実写版のほうです。

トランスフォーマー自体よく知らない上に、アニメやコミックで展開している題材の実写ものなのでどうかなと思っていたのですが、これがなかなかどうして面白かったです。

正直ストーリー的には取り立てて見るべき所も無いと思うのですが、とにかく全編に渡って戦闘シーンがド派手でいろんな物がドッカンドッカンぶっ壊れるのがとても気持ち良かったです。

何かずいぶん頭の悪い感想ですが、実際そういう部分に制作費がかかっているであろうことは明らかでしょうし、深く考えずエンターテイメントとして親子で楽しく見るような作品だと好意的に解釈しています。

関連商品には手を出そうとは思いませんが、これなら続編のリベンジも見てもいいかなと思える映画でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1192-1520f9be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad