NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

今週観たのは「トランスフォーマー リベンジ」と「スタンド バイ ミー」の2本です。

トランスフォーマーは前回観た無印の続編ですが、無印と比べるとちょっと食い足りない感がありました。主な原因は登場するトランスフォーマーたちの数が2倍以上にもなっているためです。

尺が大して変わっていないのにキャラが増えすぎたせいで1キャラごとにスポットがあたる時間がかなり短くなっており、結果としてオプティマス以外のほとんどのオートボットがチョイ役みたいな立場に感じられてしまいました。

ただそのオプティマスのもはや破壊神とも言える暴れぶりと、やたらめったら破壊シーンに力を注ぎまくった内容は健在だったため、個人的にはなかなか好感触でした。



もう一つのスタンドバイミーはおそらく説明不要な一本でしょう。

それはこの作品そのもののストーリーがメインではなく、むしろ鑑賞した人間誰しもが持っているであろうそれぞれの「思い出」に語りかけるような内容だからだと思うからです。

例え他人からみれば無価値にみえても自分たちにとっては何事にも変えがたい大事な思い出、それを喚起する作品としてこれは確かに今後も残る作品だろうなと納得の一本でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1196-7512e351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad