NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

HERE COMES THE FINAL JUDGE!

(テッテレー)
アトモウスコシダ!!

エスカトース



最後に残ったのは銀剣スペシャルモードのクリアですが、その20がとてつもなく遠い…。

しかしここまで来たのですからやらねばならないでしょう。

「スワンの操作性では不可能」
「スワンの画面サイズでは不可能」
「スワンのちらつく液晶では不可能」

思えば過去の私は色々な理由を言い訳にしてクリアできないのは仕方が無いと逃げていた気がします。
ですが、こうして大画面と思い通りの操作デバイスにて銀剣がプレイできるようになった今それらの言い訳は通用しなくなりました。

ただ、それらの障壁が取り除かれたとはいっても険しい道であるのは事実です。
TRANSENDENCE(要塞ボスの2番目)やDIVINE FLOW第2形態は隠し機体であってもノーミスで倒せたことはありませんし、ラストのE3に至っては半分以上の攻撃がどうやって避ければいいのか糸口すら掴めない状況です。こればっかりは画面やデバイスの問題ではなく、純粋に私の実力の問題です。

エスカトス本編なら上位プレイヤーのリプレイを見て参考にすることもできるのですが、銀剣とCSにはリプレイが無いためその方法は使えません。また、ハードがハードのためWS版の攻略動画なども出回っておりません。

基本的にSTGは自力で攻略する人間ですが今回に限ってはほんの少しでもいいから攻略の手助けになるようなものが心底欲しいです。


どこかに道標が無いものかと途方に暮れかけたその時、私の眼前に一筋の光明が差し込みました。



…こ、これはまさか!?
期待に胸を膨らませつつCDを再生してみると…



これだこれだこれだこれですよー!!!
WSの銀剣を買ったときにおまけで付いてきたCDですよ!
当時はプレイ環境が違います(おそらく収録はTVスワンとスティックを使っている)し、ノーマルクリアまでは自分だけの力で何とか攻略の糸口が掴めていたので特に気にも留めていなかったのですが、今の状況ではこの中のスペシャルモードの攻略動画だけが唯一の道標です。

まさか約6年も経ってこのCDがSILVER LININGになるなんて誰が予想出来たでしょうか。偉いぞ当時の私。

そんなこんなでスペシャルのプレイ動画を数回視聴し、いくらかパターンを把握した後にいざスペシャルモードに挑戦。

すると1度だけではありますがE3の第3形態、すなわちクリアの1歩手前まで拝むことが出来たではありませんか。
嘘避けっぽい場面は多々ありましたが、1つ前のDIVINE EXPRESSIONで無駄に2機失わなければもしやと思えるくらいの手応えはありました。

これならもっと研究して練習すれば、最後の審判を倒すのも決して不可能ではないという希望が沸いてきました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1216-bd3ab183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad