NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

前回のトラ魔女の話についてですが、我ながら褒め度合いが何か不自然かなと思いました。

で、読み返すと不満や気になった点について一切触れていなかったのがそう感じるわけなのですよね。
という事で前回の続きと称してプレイしていて気になったところをいくつか。

STG部分に関して言えば道中は魔方陣やカードを使うパターンを組む楽しさもあってほぼ文句なしなのですが、ボス戦にはやや不満がありまして、全体的に窮屈なのです。

一つは動ける範囲を制限されるワインダー系の攻撃が多いこと。これは後半になると顕著でして、5面・6面のボスの半分以上はこれが絡んだ弾幕になっています。
もう一つはボスに攻撃が当たりにくいこと。動き回ったり、弱点がカバーされていてショットが当たらなかったり、トゲトゲ弾でショットが阻まれて当たらないという状況が多いのです。狙い撃つ必要があるのではなく、ショットが通らない時間が長いと言えばいいでしょうか。

この2つが重なっていっそう窮屈な印象を受けてしまいます。もちろん事前に有効なカードを温存しておくというのも立派な攻略になるのですが、正直カード無しで普通に攻略しようとするとあまり避けてて楽しい攻撃が多くないのも確かです。


そしてキャラ・ストーリー部分に関しても少々ありまして、どのキャラも5面からの会話をシリアスモードにする必要は無いのではと思います。いや、プリルなどは別にあれで全然かまわないのですが、何もシルフィーやコノンのようなキャラまで人が変わったかのようにマジになられると逆に違和感があります。4面までのノリでいいのに。


とりわけ目立つ不満についてはその2つでしょうか。
ともあれ前回書きましたように全体的に見れば十分良作であり、開発者の工夫といいますか作りこみが随所に伺える内容だと私は思います。一緒に収録されているアーケード版をプレイするとよくこれだけ作り変えて800ポイントで出したものだと感心します。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1219-f0650b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad