NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

どうでもいいクラブ

知人から半ば強制的にドリクラことドリームクラブを渡されました。



隣にケツイを並べたのは中和のためです。

私がこの手のゲームを受け付けないのは前々から何度も書いていることですが、勧めてもらった手前全くプレイせずに返却するのも失礼だと思い、渋々ながらプレイしてみました。

とりあえず2時間ほど深く考えずにプレイしてみましたが、まぁ予想していたとおり全然楽しくないです。
それどころかパッドを持ちながら画面を眺めている時間が苦痛で苦痛で仕方がありません。

一応ドリクラの名誉のために言っておきますが、私は別にこのゲームをバカにしているわけでもなければ、気持ち悪いと思っているわけでもありません。バカバカしいのはゲームなのですから大いに結構です。

そういう問題ではなく、私自身がこのゲーム(この手のギャルゲー)に対して何の興味も無いのが原因なのです。

この手のゲームはイベントをこなして自分のお気に入りのキャラを攻略していくものですが、まず根本的にそこからして間違っているのです。

別に1ミクロンも仲良くなりたくないのですよ。
私にとってこのキャラたちはどうでもいい存在なのです。

なのにゲームはお店に通って、お酒を飲んだり、プレゼントをあげたり、会話をして好感度を高めていかなければなりません。

なんで興味の無いキャラのためにそんなことしなくてはいけないのでしょうか。

どうでもいいお店へ行くためにアルバイトでお金を稼いで
どうでもいい女の機嫌を取るためにお酒を飲んで
どうでもいい女とのフラグを立てるために会話を選択して
どうでもいいダンスを見るためにカラオケを選択して
どうでもいいゲームを進めるためにリアルの時間を費やして

ゲームを起動してから頭の大部分をこの「どうでもいい」という感情が常に占めている有様であり、30分も経たないうちに耐え切れなくなってしまいます。

ダメだ、申し訳ないですけどこのどうでもいいという感覚がどうにかならない限り、やっぱり私にはこの手のゲームを楽しむことは一生ムリなのでしょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1230-480476cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad