NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

誠意って何なのだろうと考えさせられる

ロックマン DASH 3 PROJECT 中止に関するお知らせ


もう既にゲーム系ニュースサイトなどでは一通り取り上げられた後だと思いますが。

別に私はDASH3に対してそれほど思い入れがあるわけではありませんが、一応1・2・トロコブとプレイして良作だと思っていますし、ネット上では今もなおこのシリーズに熱心なファンが存在しているのも頷ける作品なのは間違いないでしょう。

そういった面からも発売日には買わなくともいつか3DSを買ったらそのうち買おうかなというくらいには興味はありました。

それだけに発売中止が残念なのは残念なのですが、それ以上にこの発表を知ったときの無念といいますかやるせなさはいったい何なのでしょうか。

確かにDASH3のように過去続編が望まれながらも開発がされなかったり、途中で開発中止になった作品というのは多数あります。
あるいは続編が出たものの、それまでのユーザーの求めていたものと違っていたために大きな反発を受けてしまったというシリーズもありました。さすがにマザー3みたいに両方に分類されるタイトルはほとんどないでしょうが…。

今回のDASH3開発中止がそういった過去の例と大きく異なるのは、「ユーザー参加型のプロジェクト」だったという点に尽きるでしょう。

開発室のページから閲覧できるイベント募集やキャラのデザイン案、その他雑談めいたトピックスの数々…お世辞にもものすごく盛り上がっていたとは正直見えませんが、それでも例え微力であってもこのプロジェクトに参加して盛り上げようとするファンの方々が少なからずいたのは事実です。

開発中止になった理由は予算が足りなくなったのか、人員が足りなくなったのか、そもそも企画自体見切り発車でファンの後押しがあれば上層部を説得できると踏んだのか…いずれにせよ私にはわかりません。

いや中止自体はゲーム開発が慈善事業で無い以上、仕方の無い判断だというのは理解できます。

ただここまでファンを巻き込んでおいて開発中止でゴメンナサイというのは企業としてどうなのでしょうか。
ユーザー参加型によってゲーム自体の出来がどうなるのかはさておき(グラディウスⅢという先例に目を背けつつ)

私自身がその一員でない以上あまりとやかく言う資格も無いでしょうが、なまじこういうユーザー参加型の企画を取ってしまったがために、開発中止のショックもより一層大きくなってしまったのだと思います。

当然開発再開は無理にしても、せめてこの企画にこれまで参加してくれたファンの方たちにカプコンは何らかの形で誠意を見せるべきではないでしょうか。個人的には出来ている分だけでも当初予定されていたプロローグ版を配信した上で、開発を断念すると発表するくらいが落としどころではないかと思うのですが…。


最後になりますが、今後ともロックマンシリーズならびにカプコンをどうぞよろしくお願いいたします。



企業としての責任を果たさないままで何をお願いしているのでしょうか。リカイフノウ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1232-388c42f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad