NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今でも愛してると聞かれれば愛していないとはっきり言える

今日はシルバーガンを1クレジットクリアしようと頑張っていたのですが、まさか8時間弱もかかるとは思ってもいませんでした。STGは時間が開くと感覚が鈍りやすいとはいえ、ほぼ一日中シルバーガンだけしていたことになります。

さすがに2度も60秒避けでゲームオーバー(2回目に至っては後10秒で2機あったにもかかわらず)になったときは石のような物体に心底怒りを覚えましたが…どうせ避けきってもお約束の輪廻エンドなのですからいいやんけと思ったり。

6A到達時のスコアは平均700万で武器レベルはABCがそれぞれ22・10・20といったあたりですかね。基本的にスコアはAとCに割り振って、Bはソードとボス撃破ボーナスくらいでしかスコアが入らないようにしています。大まかな流れとしてはステージ3と2で600万くらい頑張って稼いで、後の5と6はスコア無視の速攻といった感じです。ステージ4とか5Aとか生きるのすらいっぱいいっぱいなのにあんなので稼げる気全くしません。

それにしても昔プレイしていたときも思ったのですが、やっぱりどうもこのゲームは個人的には好きになれません。映像・音楽・ゲームシステム・コンセプト・作りこみ・パロディ・ストーリーなどなど、このゲームの面白さや魅力を説明することはいくらでもできますし、実際名作であることは確かです。

でも好きかといわれればノーです。
そしてその理由が「スコア稼ぎの強制」に尽きるというのも全く変わっていません。

別にそれが悪いというわけではないのですよね。
スコア稼ぎ及びそのためのパターン構築こそがシルバーガンの醍醐味であり、実際それが面白いのですから。

私にとってシルバーガンは理解はできるけど相容れることは出来ない作品であり、いつまで経っても交わることの無い平行線なのでしょう。

「私のこと、愛してる?」

君はとてもステキな女性です。美人だし性格にはプライドの高いところもあるけれど、そこが魅力的でもあるし、スタイルも抜群でお金も持っている。でも私は君といっしょにいると束縛されているようでとても疲れるんだ。私はお姉さんの斑鳩さんのようにある程度自由にさせてくれる人が好きなのです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1245-32a0aefe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。