NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

メダロットDS感想その2~シナリオ編~

前回に引き続いて今度はストーリー、キャラクターなど主にシナリオ部分の感想です。

メダロットはキャラゲーでもある以上そういった部分もまた大切なのです。

あらかじめ書いておきますが、今回は前回と比べるとかなり厳しい内容になっています。

このシナリオ書いたバカはもう2度とメダロットに関わるな。

今作のゲームシナリオは手塚一郎という方が担当されたようで、パッケージの裏にもほるまりんと並んで堂々とクレジットされていますが、よくもまぁ名前を載せられたものだと逆に感心します。

いやぁ、冒頭からこんな暴言も出るのも仕方ないですよ今作のストーリーは。
褒められるところほぼ皆無の間違いなくぶっちぎりで歴代最低のゴミクズシナリオです。
私の中であのシレン3並の評価といえば分かる人には理解していただけるでしょうか。


何がそんなに酷かったのか、理屈で説明するのも腹立たしいのですがとにかく登場キャラがどいつもこいつも酷いです。まともだったのは相棒のジュウ(サンジューロ)くらいです。

一つ例をあげましょう。

とあるイベントでメダベースボールというものを観戦中、主人公のアズマは仲間たちから弁当を買って来るようパシらされそうになったので相棒のジュウを呼び出すというシーンがあります。俺はお前のマスターだから代わりに行って来いというアズマに対し、ジュウはお前をマスターと認めた覚えはないと拒否します。しかし友達としてのお願いならば聞いてやってもいいとジュウは言い、結局2人で弁当を買いに行くことになります。



このシーンの良いところ:アズマのことをマスターとしては認めていなくとも、「友達としてのお願い」ならば聞いてもいいというジュウ。

このシーンの悪いところ:このシーンに至るまでにさんざんジュウは友達だとか言っていたくせに、その友達をパシらそうとするアズマ。ちなみに前後状況としてジュウは観戦チケットが足りないという理由でメダロッチの中から出してもらえないという状況であり、売店の行列に並んでいる間だけでも見たいと頼んでも却下されます。

このシーンにおけるアズマの言動一つとってもいろいろどうかと思う点はあるのですが、それでもまだ許容範囲です。

未プレイの人はもう一度上の文を読んでください。
そもそも仲間たちからパシらされる主人公という時点でおかしいのです。

といいますか今作はこんなんばっかりです。

主人公アズマはイベントの度に必ずといっていいほど突き飛ばされ、置いてけぼりにされます。
いわゆる悪ガキポジションのウィローズはもちろん、ロボロボ団の連中、そして幼なじみのはずのチトセとタルトにさえ「ドン!」と毎回毎回突き飛ばされます。時にはわざわざずれている射線を変更してまで突き飛ばされる始末です。

ドン!
ドン!
ドン!

何これイジメ?アズマ虐められてるの?
こんなの毎回見せられてプレイヤーが楽しいと思ってるの?
バカじゃねーの?



確かに今までのシリーズでもイッキやコイシマルが仲間たちに置いていかれるという状況は割とありました。

しかし今回のアズマは彼らとは決定的に受ける印象が異なります。
それはイッキ達はいわずもがなですが、コイシマルたちも皆で釣りを楽しんだり一緒に登下校したりといった具合に仲の良さそうな様子が描かれているのに対して、アズマと仲間達にはそういう描写が皆無だからなのです・

幼なじみのはずのチトセとタルトはコイツらできてるんじゃないかというくらいペアで行動し、常にアズマを置いてきぼりにします。

一例として「ロボロボ団のアジトで先行した結果メダロッチを奪われて牢屋に閉じ込められる→アズマが牢屋から救出する→メダロッチも持っていないのにまたもや突き飛ばして先行→メダロッチを取り返した直後にロボロボ団幹部との対決になるも戦いはアズマ任せ」という流れのイベントがありますが、こんなのばっかりです。

もうイヤダ、コイツらはいったいどれだけアズマを置いてけぼりにすれば気が済むのでしょうか。チームロボトルも無ければクリア後にロボトルもしてくれないし。

イッキ編におけるアリカやコウジやカリンちゃん、5におけるメダロット部の仲間たちといった魅力的なキャラクターたちとは雲泥の差です。



そして幼なじみ以上に憎しみを覚えるのが今作におけるクズの最たるキャラ、ウィローズの2人組です。

シリーズにおけるこの立ち位置としては初代のイセキ・ヤンマ・クボタ、2~4のスクリューズなどがいましたが、主人公に対してちょっかいを出してくるものの時には助けてくれたりといずれも「憎めない連中」といったキャラ付けがされていました。5のアサヒとオサムもこのポジションかな?でもアサヒは男らしく約束を守るヤツでしたし、オサムも釣り竿を用意してくれたりと結構気のいいヤツだったので違うかも。(あとオサムはチームロボトルでのヴェイグマンが激強)

ところが今回のウィローズの2人はそいつらと比較するのもおこがましい位のキングオブクズで、久しぶりにゲームをプレイしていて本気で憎しみを覚えました。

イベントの一例「大会決勝戦で負けた腹いせに絶交宣言をしてくる→その翌日にロボロボ団から違法パーツを買って騙されたのを助けてくれと転がり込んでくる→アジトを発見するも手柄目当てで先行→基地の奥で発見するも裏切って襲い掛かってくる→裏切ったのはロボロボ団から正規パーツをもらったから」
ちなみにコレも上の幼なじみ2人のイベントと同じ場所で、省いていますが同じように毎回アズマを突き飛ばします。

他にもアズマがメダリンクで上位になって大会に出られるとなった途端マネージャー気取りで参加させたり、優勝賞品をひた隠しに黙っていただこうとしたりと何一つ反省することなく、増長し続けるさまには殺意すら芽生えます。私の中でコイツらはシレン3におけるセンセーと同レベルのクズキャラに匹敵します。

またこいつらのテーマ曲にスクリューズの曲のアレンジが使われているのが余計腹立ちます。こんな救いようの無いゴミクズとスクリューズを一緒にするとかキクヒメたちを冒涜するのもいい加減にしろと。あとどうでもいいですがDOG使いのイワノイポジションのヤツはどこへ行ったのでしょうか。見た目的にアズマが近いのですがまさか…。

私はいつまでアズマが毎度あの空気2人とこのクズ2匹に突き飛ばされるのを見続けなければならないのか。

本編中はイベントのたびにこう思っていました。そしてまさか新キャラでパートナーのメダロット以外に好感の持てるキャラが一人もいないなんてプレイ前は想像だにできませんでした。



他にはライバルはライバルで初対決がラストバトルという空気扱いですし、エンディングで一緒になったクルミもフラグらしいフラグがメール読んだくらいしかありません。大体この娘も学校で苛められていたといいますから、似たような境遇のアズマに親近感を覚えたのでしょう、きっと。

かように結局比較的マシな連中ですら単に出番が少ないからキャラが崩壊していないだけといってしまえばそれだけの話です。

アズマもそんなに好感の持てる主人公ではありませんがそれにしたって今回のキャラたちは酷すぎます。メダロット世界の住人としてあるまじきキャラたちばかりで、そんな状況を見かねたジュウだけが「俺だけはこいつのトモダチでいてあげなくちゃいけない」とたとえアズマからロクでもない扱いを受けても心通わせようとしてくれているのだと思えてきます。もはや「メダロットは友達」じゃなくて「メダロットだけが友達」と言われても納得してしまうほどです。



新キャラが魅力皆無の連中ばかりなら、せめてイッキをはじめとする前作までのキャラ達くらいは今までと同じ姿を見せて欲しいですが、そもそも新キャラがゴミの時点でそんな甘い考えは通用すると思ったら大間違いです。

イッキ→お前の役目は序盤でロクショウ一式とナイトアーマー一式+ナイトメダルを渡すだけかよ。レトルト継いだんなら要所で助けに来いよ!

アリカ→お前は逆に出すぎなんだよ!ほとんどのイベントに付いてきておまけにラストの一枚絵にまで絡んでくるとか主張しすぎだろ。

ナエさん→萎えさん。サケカースに突き飛ばされたとき何か言えよ。

ヘベレケ→あんたこんな宗教的でシリアスな悪役じゃなかっただろ。4でイッキ達のこと認めてただろ。

サラミ→何で15歳になっているのに幼児体系のままなんだよ…発育障害か。

シオカラ→露出狂の変態に…。


もともとメダロットは同じキャラでもメディアごとに性格が違うことが多いのですが、少なくともゲーム版ならゲーム版でナンバリング重ねても一貫していました。ところが今回はそれすら過去作と整合性が合わなくなっており、別人としか思えない有様です。
他にもイッキやアリカとロボロボ団の連中はあれだけ面識があるはずなのに完全に初対面の会話になっていたりと、もはやこれは今までのメダロットの世界とは違うパラレルワールドと解釈するほかありません。

うん、そうですよね。
そうでなければイッキやアリカがいるのにコウジやカリンちゃんの名前すら出てこないなんてありえませんものね。「みんなともだち」「あたしたちはずっといっしょ」「おとなになってもな!」「なかまがいるってすてきですわ」って4のラストでいつまでも続くであろう友情を見せてくれたのに、イッキ一人だけコンビニでバイトしててアリカとすら絡まないなんてそんなの悲しすぎますものね。

コンビニといえばメダマスターのヒカルはいったいどこへ消えてしまったのかな?
時系列的にコイシマルも有名メダロッターになっていてもおかしくないんじゃないのかな?

でも今となっては彼らが出ていなくて本当に良かったと思っているのです。
だってもし仮に出ていたら今作のライターによってイッキたちと同様にキャラ崩壊させられていたでしょうから。



キャラ語りでここまで書いてきましたが、ではストーリーはどうかといいますと…もういいでしょう。
こんな押し並べて壊滅的なキャラしか生み出せないライターのストーリーがまともなものになると思いますか。

起承転結の承までを薄く引き延ばし、アズマ同様プレイヤーも突き飛ばして置いてきぼりの猛スピードで展開させ、最後は伏線放置で続編を匂わせれば出来上がりのコレを語る価値などあるのでしょうか。



崩壊しているのはキャラ・ストーリーだけでなく世界観・設定にまで及びます。

前回ロボトルの感想の時、今作に登場するメダロットは約70体でそのうちの7割近くが再登場機体と書き、それに対して残念だと評しました。

その大きな理由というのが世界観及び設定的な部分なのです。

もともとメダロットという作品においては例えばCAT型ならマゼンタキャット→ペッパーキャット→ノクトキャット→デンキャットといった風に、登場するメダロットは一部を除いてナンバリングを重ねるたびに後継機と入れ替わっていくのが常でした。

新作のたびに後継機を考えるのは開発面で負担になっていたのは確かでしょうが、作中の年代が進んでいくのですから世界観的には納得でした。

ところが今作は今までのシリーズよりも年代設定が未来(キャラの年齢を考えると2から10年近くは経過しているはず)にも関わらず、こういった既に後継機の存在する旧式機体が現役なのは変なのです。そしてその事について作中では一切説明されることはありません。

前回に続いてもう一度書きますが、ただ単純に登場メダロット数が少ないだけで、全部が新機体であれば別にそれほど問題にはしませんでした。世界観のチグハグな部分を考慮しない、懐古層を狙っただけの薄っぺらいチョイスに反吐が出るのです。



今回は前回とは比べ物にならないくらい酷評の嵐でしたが、その主な理由は2つあります。

1つは魅力皆無の新キャラしか生み出せないシナリオライターの力量の無さ。
これはもうこれ以上書く必要はないでしょう。

そしてもう1つは過去作キャラの扱いや登場メダロットのチョイスなどの世界観や設定のズレ。
8年ぶりの新作なのですから懐古層やファンにアピールしようとする意図は理解できます。

ただしやるのならそういったプレイヤーが納得できるような、違和感を覚えないだけの整合性をちゃんと持たせろ!それが出来ずに崩壊させるくらいならはじめから過去の要素なんか出すな!

例え自分の求める水準まで届かなくとも、何とかしようという努力の跡が見られるようであれば私は怒りません。
だが、こういう相手を舐めきったいい加減な仕事が私は大嫌いなのです。

コメント

手塚一郎は、他にもいろいろなゲームシナリオや小説を書いていますが、これまで評判が良かったためしがありません。よくこんなショボい奴に仕事が来るなあと思っていたら、最近はメダロットにまで迷惑をかけていたのですね。あなたの記事を読んで「手塚は何も変わっていないんだな」と思いました。トルネコ2とかもヒドいよ。才能をまるで感じない。

  • 2014/04/15(火) 17:10:36 |
  • URL |
  • 通りすがり #-
  • [ 編集]

何が酷いってこのDSでかなりの不評だったにも関わらず、次の7でもこの手塚氏が続投してる事なのですよ…ここまでくると何か開発上層部の弱みでも握っているのかと邪推したくなります。

トルネコ2はそんなに酷かったかなと思いましたが、考えてみればプレイ時間の99%はダンジョンに潜っているゲームだからストーリーには着目されていないだけで、あれもまぁ存在理由の無いストーリーですわな。

この人の関わった作品だと個人的にはアランドラがキツかったです。
ゲーム自体はアクションRPGとしてすごく好きなのですが、世話になった村人がどんどん死んで疫病神呼ばわりされるわ、中にはせっかく悪夢から助けても終盤のイベントで強制的に死んだりと、ゲームを進めるたびに死人が増えるので気分が重くなるストーリーでした。

  • 2014/04/16(水) 02:08:29 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1278-e3e71f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad