NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

久しぶりにマリオ・ゼルダ・ポケモンあたりの任天堂ゲームでもやろうかなと思ってゲームショップへ行ったものの、手にとっただけで結局何も買わずに帰ってきてしまいました。

いや、金銀リメイク2000円、白黒やNewマリオWiiが3500円とか確実に値段以上遊べるゲームであろう事は明らかなのですが、いざそれらを今すぐにやりたいかと自問自答しますと(生活費も大事だし、ゲームにしたって他にもっと優先順位があるし、大体今はデータが消えたnaviの続きを早くやりたいから)「…別にいいや」という答えになってしまうのです。

まぁゲーム何ざ嗜好品なのですから自分の好きなものを遊べばいいだけの話なのですが、こういう事があると自分はもうとっくにゲームの時流を追い続けるのに疲れたのだろうなと実感します。同時に最新ゲームの話やソフトの売り上げ、ハード論などで熱くなれる人達をどこか羨ましく思ったりすることもあって…平たく言ってしまえばおっさん化してるなと実感する今日この頃でした。



怒首領蜂最大往生 公式サイトオープン

真ん中の娘がどう見てもTi2なのですが。
というのはさておき、毎回毎回言っていますがいい加減CAVEは何でもかんでも萌えキャラをぶち込むのはやめろと。

でこれもまたループになりますがキャラ自体を否定しているのではなく、ぐわんげやガルーダ、デスマなど世界観がちゃんとした上でのキャラなら何の問題も無いどころか大歓迎なのです。ところが大往生、大復活、そして今回の最大往生とそういう要素の無い怒首領蜂の世界でキャラを前面に押し出されても違和感しかないのです。

CAVEとしてはSTGオタは文句いいつつもプレイしてくれる存在なので無視しつつ、キャラでそういう層を釣る気なのはイラストレーターや声優を見れば明らかです。
ところが実際出来上がるのはいつものCAVEシューに世界観と剥離したキャラ要素が加わった、歪なゲームではないですか。そして結局残るのは従来からのSTGプレイヤーだけで、その様子を外から見れば実に気持ちの悪い光景だとなぜ気付かないのでしょうか。大復活なんてSTGとしての面白さはともかく、弾幕の中を掻い潜って戦闘機に変形する巨大ロボ女をレーザーで炙るなんて変態以外の何者でもありません。

もうCAVEに反省する気が無いのも、文句言いつつもプレイするのも数年前から何も変わっていませんが、まぁコレを見た外側の人達にSTGをどうこう言われるのも仕方が無いかと私はとっくに諦めています。



久しぶりに据え置き様のモニタを縦置きにして縦シュー体制にしております。

で何気なく今までシリーズの中でもあまり手を付けてこなかった雷電Ⅱに着手してみたのですが、あまりの難しさに舌を巻いております。

DXの初級コースは何とか1クレジットでクリアできるくらいなのに、同じ面構成のⅡだと良くて3面の途中でゲームオーバーになってしまうくらいです。なぜⅡの方が難しいのか両方をやり比べてみましたが、敵弾の速度や間隔だけでなく、敵の耐久力や戦車の砲撃パターンで違いがあることに気が付きました。

敵弾については単純にⅡの方が速度が速く、間隔も狭くなって避けづらくなっていので一目瞭然ですが、気になったのは他の2つです。

耐久力に関しては敵がDXよりも硬いんですよね。具体的にはバルカン2発で倒せていたザコ戦車が3発当てないと倒せなくなっていたりするのです。もしかしたらバルカンの攻撃力が下げられているのかもしれませんが、いずれにせよDXと同じ感覚でバルカン撃ってても倒しきれない場面が結構あるのです。

もう一つの砲撃パターンですが、アルゴリズムというのでしょうかね。戦車のそれがDXのと違うのですよ。
雷電のザコ戦車ってまず自機の座標に砲塔の照準をグルッと合わせた後に弾を撃ってくるのですが、DXだと照準を合わせた後一呼吸おいてから撃ってくるのに対して、Ⅱだと照準が合った瞬間に撃ってくる(ような気がする)のです。

またⅡ及びDXだとスクロールが画面中央下に達してから出現する戦車が結構多いため、弾速の上昇とこのアルゴリズムの変化で突然出てきた戦車にいきなり撃たれるというミスがかなり多くなったのです。とりわけ色違いの速い弾を撃つ赤い戦車の危険度が激増しています。

結果として初代やDXのような「がんばれば何とかなりそう」感がかなり薄れたこのⅡは私にはちょっと厳しいです。



せっかくモニタを縦にしたのだから久しぶりにサイヴァリアでbuzzるかと思って起動しようとしたところ、PS2がソフトを読みこまなくなってしまいました。故障かと思い他のソフトも試してみたところ、DVD-ROMやPS1のソフトは問題なく、PS2用の青いCD-ROMだけが読み込めなくなっていました。
青いCDがダメだと雷電Ⅲやトゥエルブスタッグをはじめ、紫炎竜エクスプロージョン…は別にできなくともいいのですが(酷)、横に戻したときにグラⅤなどもプレイできないため大問題です。

こういうときはさっさと諦めて新しい本体を買い替えするのがソニー製品のお約束♪
むしろこれを機にPS3を買ってしまえという神の啓示なのでしょうか。今の型だと互換無いですけど!

という冗談はさておき、CDが読み込めない原因は大抵レンズの汚れかレーザー出力不足なので、いつぞやのごとくPS2を分解してレンズの掃除とレーザーの出力調整を行ったところ無事起動するようになりました。

ただ読み込み中にトレイやレールの擦れる音がかなりするため、それらも分解して確認したところ内部に冷えたラードのごとく白い機械油がこびり付いておりました。いい機会ですから綿棒に無水アルコール…が無いので手元にあったオキシドールで油を拭き取って掃除しておきました。といいますか事後でなんですがオキシドール使って良かったのでしょうか。

ともかくこれで再びきちんと全てのPS2のソフトが遊べるようになったので早速buzzることにします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1281-a57fc915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad