NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

遠回りの人生とはこういう事の積み重ねなのだろう、きっと

アンデフHD限定版は届きましたが、とりあえず特典CDだけ録音してゲーム本編は少しの間お預けです。

さて、前回PS2本体の調子が悪いということでレーザー出力を調整しました。
これで雷電Ⅲなど青いCD-ROMのソフトが読み込めるようになったのですが、その中でサイヴァリア(コンプリートコンプリートエディション)だけが依然ゲームの途中で読み込みに失敗してゲームがプレイできません。

ごく稀に本編まで進めるものの音は最初の数秒だけをループし続けるわ、ステージセレクト画面でも1分近く表示されないなどこれではまともなゲームプレイなど望める状態ではありません。

こうなるとソフトに問題があるのかと思いゲームディスクを確認してみたところ、いつの間にかデータ面がえらく傷付いておりました。



分かり易いように蛍光灯の下で撮ってみたのですが、buzzるのはゲームだけにしておけというくらい傷付いておりまして、こりゃ読み込めないのも仕方が無いという有様です。

新しくソフトを買いなおすことも検討したのですが、その前にCDを研磨してみてからでも遅くは無いと思い、「わんぱくCDピカピカ工場」で研磨を頼むことにしました。

さて、どうやら持ち込みでの受付もしてくださるようですが、たったCD1枚では交通費の方がはるかに嵩む始末(800円くらい)でして、それなら1週間くらいかかっても郵送した方がはるかに安上がりです。

ところがちょうどその日は所用で新宿まで足を運んでいたため、直接お店の方まで行ってきました。
事前に電話連絡は必要ですが1枚だけなら10分程度でできるそうなので、サイヴァリアのディスクを渡した後研磨が終わるまで店内で待っていました。



暇だったので店内の様子を撮ってしまったのですがアップしてもいいかな?店内といいますか思い切りマンションの一室ですな。ドアのすぐ隣に洗面台がありましたし。

そうこうしている間に研磨が完了、料金300円を支払ってあのbuzzりまくったサイヴァリアはご覧のようになりました。





おぉ、あの傷だらけだったディスクの裏面がまるで新品同様にきれいになったではありませんか。さすがプロの仕事、すばらしいです。

これでようやく思う存分サイヴァリアができると、帰宅後喜び勇んでディスクをPS2にセットし起動!


…数分後


相変わらず本体がギシギシ鳴って読み込みに失敗しやがるぞコノヤロウ。

あんなにCDがキレイになったのにダメとなると、どうやら原因はやはりPS2本体のようです。



これが昨日の出来事です。

でその後どうなったのかといいますと、もういろいろとめんどくさくなってきた&給料日の勢いに任せて薄型PS2本体をハードオフで買ってきました。

どうせ近々初代XBOX本体や2台あるDCの1台など手持ちのゲーム関連をいろいろ整理しようと考えていたので、これを機にPS2も従来のから薄型のに買い換えることにしたのです。

それにしても薄い薄いと言われていましたが、実際に見てみると従来の本体との差に驚きます。電源が別になったとはいえあのPS2がソフトケース2枚+α程度の大きさまでサイズダウンしているとは、もしかしたらここ数年で一番驚いたハードの進化かもしれません。

もちろん中古とはいえ機能的には特に問題なく、あれだけ手間取ったサイヴァリアもようやくちゃんとプレイできるようになりました。最初のロードも以前よりずっとスムーズになってましたから、研磨の甲斐もあったのでしょう。

今回こういう経緯で買い換えましたが、それでなくとも1万出して従来の本体から買い換えるのも十分ありすぎると誇張抜きで思ったくらいです。

サイヴァリアをプレイするためにえらく遠回りをしてしまいましたが、最終的にはスペースの圧縮にもなって今日はいい買い物をしたのではないかなと思いましたとさ。






同じ店に2500円で売っていたデスクリムゾンも含めて


そこのハードオフには2ヶ月に1回くらいで時々寄るのですが、何で今日に限ってデス様なんかあるのでしょうか。そりゃせっかくだからと言わずに手にとってしまいますよ。他にもPCコーナーにいくつかの東方タイトル(本家含む)や、ゲームテックのPS用RGBケーブルが置いてあったり(これも買いました)と何があったのでしょうか一体。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1283-ce377e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad