NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

THE TRUE MEDAROT

GBAの「真型メダロット」が終わったのでそれの話でもしますか。


ゲームシステムはほぼ弐COREの使いまわし
ストーリーは初代(PEにあらず)のほぼまんま
キャラ及び登場メダのデザイン一新

という内容の初代リメイクです。おしまい。



何だオイ5やDSの時と比べると随分やる気がないじゃないかと言われそうですが、仕方ありませんよ。

だってリメイクとはいえシステムもストーリーも既存作品の使いまわしで、今作ならではの新要素と言えばデザインくらいしか語るところありませんもの。後はミニハンドル(高速移動&エンカウント回避の乗り物)入手のために追加された異常に難しいミニゲームくらいでしょうか。

そしてその肝心のデザインはといいますと、公式の紹介ページタイトル画面メダロット一覧を見ていただければやる気がなくなるのも一目瞭然でしょう。カッコ悪い以外の言葉が出ません。真型どころか真っ赤な偽者じゃないですか。

ゲームとしては機体数が1と同じ60体と少ないものの、そもそもシステムの流用元である弐COREがシリーズでもかなり評価の高い作品なのですから面白いのですよ。

大抵見た目が悪かろうとゲームそのものが面白ければ問題視はされないのですが、今作にいたっては例外中の例外です。
弐COREのシステムを流用していてなおプレイしていて精神的にきついレベルであり、見た目でやる気が起きないというシリーズファンの意見も当然です。これの後DSの発表まで何年も音沙汰が無かったのも頷けます。

まぁデザインにさえ目をつぶることが出来れば、プレミアが付いている弐COREの代わり・体験版としてプレイするのもアリかもしれませんが、基本的には黒歴史でも一通り味わってやるという酔狂な方でもない限りオススメできません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1290-082765bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad