NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

耐性の付いた患者はより純度の高いクスリを欲す

なんかスターソルジャーが相変わらずあんな感じなので、気晴らしにZANAC×ZANACのザナックをやっていたのですが、気が付けば1時間近くぶっ続けでクリアまでプレイしてしまったというから恐ろしいです。

個人的なコンパイルシュー最高傑作はアレスタ2でウッドボール(キマリ)なのですが、こうしてみるとザナックもザナックで甲乙つけがたいと改めて実感します。
ザナックの何が面白いってコンパイルSTGお得意の目もくらむスピード感もそうですが、AIによるランク自動調整のおかげで毎回プレイごとに敵のパターンが変わるのが大きいです。このおかげでただでさえ反射神経重視の高速STGに強いアドリブ要素が加わって常にアドレナリンドバドバの脳汁あぱぱぱ状態で(以下略)
そんな訳でプレイ後は他のSTGと比べても結構な疲労感に襲われるのですが、決して不愉快ではなく、一仕事終えたかのような心地良い疲労感なのもコンパイルSTGの特徴です。

いつもならばそこで電源を切って終了にするのですが、今日は何気なしに他のモードにも手を出してみました。
そしてその中のひとつ、スペシャルバージョンというのをプレイして度肝を抜かれました。





「く、狂ってる!」

「狂っていたほうが、楽しいことは多いぞ」


何でしょうかこの難易度は!
直前に通常バージョンをクリアまでプレイして疲れていたとはいえ、まさか1面でゲームオーバーになるとは思いもしませんでした。とにかく敵の数が尋常じゃなく多い、多い、多すぎる。分裂ミサイルとかも3方向から5方向になってますし、画像の敵弾も通常バージョンの倍以上に増えてます。

元がFCのゲームをPSに移植する際にリミッターを外してしまったかのような内容で、こんなものはっきり言って狂ってるとしか言いようがありません。

…しかし、この光景を目の当たりにしてプレイしたくなる意欲を掻き立てられるのはなぜなのでしょうか?
高い山であればあるほど制覇したくなる登山家や、目標が困難であればあるほどやりがいを感じるアスリート精神と同様のものなのでしょうか。

いいや、違います。これはそんな崇高なものではありません。
これは快楽に耐性の付いた薬物中毒者がより強い刺激を求めて純度の高いクスリに手を出す、そういう救いようの無いシロモノです。

どうやらまたひとつ知らなければ良かったものを知ってしまったようです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1303-a2a9cfaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad