NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

むしむしうにゃーとか言っている場合ではない

今日もまたいつものようにアパートに帰宅して、(誰も作ってくれる人がいないので)夕食の準備を始めたんですよ。

お米を研いで炊飯器にかけつつ、お湯を沸かしながら汁物をどうしようか冷蔵庫を漁ったりとまぁいつものパターンです。そういえばまだ新タマネギがたくさん残っていましたから、コーンと一緒にコンソメスープにしようと決めて、コンソメの素を取り出そうと貯蔵庫を開けてみたところ異変に気づきました。

はて、扉を開けた入り口付近に虫が一匹…あぁ、暖かくなってきましたから侵入するようになったのか、あるいはコクゾウムシの類が紛れ込んでいたのかとその瞬間は思いました。

ところが目的のコンソメの袋をどかした途端思わず目を逸らしたくなりました。同じような虫が模様を成すくらいゴッソリいるではありませんか。
そういえばここには各種調味料をはじめ、小麦粉やお好み焼き粉といった粉物に加え、うどんやそうめんといった乾物も保管しておいたのです。

急激に背筋へ冷や汗が流れるのを感じつつも、これは状況を確認する義務があると覚悟を決め、長い箸を使って小麦粉やうどんなどの袋をおそるおそる持ち上げてみました。すると…

うわぁ~いっぱいいるぅ~(鼻)


ぎゃああ!!
袋が破けて中の小麦粉に虫がわきまくっているではないですか!
乾麺や麦茶パックにも虫虫虫で貯蔵庫内はまさしくBAG PANIC状態。

ここで一匹一匹に撃ちこみカウンタが見えるようであればCAVE脳の面目躍如なのですが、あいにくオリジナルが精一杯の私にはそんなもの全く見えやしません。早急に虫の侵蝕を受けていない食物・調味料を貯蔵庫から取り出し避難させました。

そしてゴム手袋を用意して虫の発生源となっている小麦製品を虫ごと片っ端からゴミ袋へと放り込んでいきます。
なるべく視線を向けないようあらかた片付けましたが、まだ貯蔵庫内の床には散乱した小麦粉とそれに塗れた甲獣が結構残っていたため残りを掃除機で一気に吸い取り、そのゴミパックもすぐに封をして新しいのに取り替えました。

これで虫の駆除と発生源の処理が終わりましたが、細かい糞や粉などがまだ残っているため貯蔵庫内全体を雑巾で何度も拭き取り、念のため殺虫剤も思い切り噴射してようやく何とか一区切りが付きました。

気が付いたらご飯もとっくに炊けていたのですが、さすがにすぐ食べる気にはならず一度お風呂に入って疲れと汚れを洗い流してからにしました。

皆さんもこういう事態にならないよう普段から食品の保存・管理には気をつけるか、ちゃんと家の掃除をしてくれるパートナーを見つけましょうという教訓でしたとさ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1311-b699d579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad