NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

まもも

最近はまももこと魔王物語物語をやっていたのですが、一応エンディングまで終わったのでいつものように紹介&感想でも。



しかしいざ書こうと振り返ってみると、何がどう面白かったのかストレートに出てきやしません。確かにエンディングまでは1ヶ月くらいはプレイしていたような気がするものの、1度起動したら数時間プレイ→2~3日間隔が空くといった具合で、毎日熱中するという感じでもありませんでしたし。

大体の概要はリンク先のダウンロードページに大体事足りるのであまり私が解説する必要も無いのですが、「『魔王物語』という一冊の物語を題材にした物語」というストーリーのRPGです。



進行としては戦闘の繰り返しでレベルを上げ、装備を整えて…というオーソドックスなコンピューターRPGのそれですが、戦闘関連で特筆すべきシステムは主に2つあります。

1つはエンカウント方式です。
シンボルエンカウント方式で画面切り替えが無く、そのままの画面で戦闘になるのですが面白いのがその際の位置取りです。敵と接触してから一定時間後に自分を中心にして周りに敵が配置されて戦闘開始となるのですが、ちょうどマップ画面で敵と接触した角度がそのまま敵の位置となるのです。
この「一定時間後」というのがミソでして、同時にエンカウントする敵の数をある程度プレイヤーがコントロールできるのです。また「範囲」というステータスがありまして、これは攻撃で敵を巻き込む範囲を表しています。
すなわち一度に多くの敵と近い角度でエンカウントできれば一気に殲滅できるチャンスであり、実際複数の敵と同時にエンカウントすることで経験値やアイテムにボーナスが得られます。逆にバラけた状態で複数の敵とエンカウントしてしまうと攻撃も分散してしまい危険が増してしまいます。
これによって強敵を一体ずつ処理していったり、ザコとまとめてエンカウントすることで効率よく経験値稼ぎができるといった進め方が出来るのです。ただし、ある程度と上述したように全てが上手くいくわけではありません。敵によっては普段は姿が見えなかったり、エンカウント状態になったとたんワラワラと急接近してくるものなどもいますので、戦闘に突入する前から戦いは始まっているのです。


もう1つは装備の…「なんでも装備システム」(作品HPより)です。



装備画面ではかように武器と防具以外にも「なんでも」という欄が3つ設けられておりまして、ここには文字通りゲーム中で手に入るアイテムをなんでも装備することが出来ます。文字通り肉でも魚でもネズミの尻尾でも回復アイテムでもです!スゴイ!…と言いたいところですが、そもそも登場する武器防具自体の数が少ないので、普通のRPGでの武器防具アクセサリーがそういったアイテムになっているだけとも言えます。
実はこのシステムの面白いところはなんでも装備できること自体ではなく、武器防具の性能が通常欄となんでも欄に装備したときで違うという部分にあるのです。
例えば防具欄の時では防御力だけしか上がらなかった防具がなんでも欄だとHPと敏捷を上げてくれたり、耐性やスキルなど特殊な効果を発揮することもあります。もちろん攻撃力・防御力といった本来のステータスは武器防具欄の方が数値が高いことがほとんどです。
またアイテムには熟練度が設定されており戦闘回数によって上昇します。熟練度が上昇すると装備時のパラメータも上昇するのですが、適正部位に装備していないと熟練度は加算されません。(武器をなんでも欄に装備していてもダメ)
キャラのパラメーターはこの装備システムと実際に装備するアイテムによるところがかなり大きく、装備するアイテムの組み合わせ次第で戦闘の難易度が激変するといっていいレベルでしょう。



そんな具合のシステムが特徴的なゲームですが、冒頭に書きましたように何が面白かったのかと尋ねられるとパッと出てこない作品でもあります。

ゲームが始まるとさしたる導入も無くいきなりよくわからない場所に放り出され、とりあえず周りを調べたり、行けそうな場所を探っていると先住民がいたり敵とエンカウントします。住民の皆さんは陶酔しがちなのか話している内容が抽象的ですし、敵もちょっと先に進むといきなり強くなって全滅させられたりとなんだかよくわかりません。そもそも自分が何者で何でここにいるのかも不明です。
しかしレベルを上げ、装備を整え、探索範囲を広げていくうちにここがどういう場所で、それぞれの住民がどういう過去を背負っているか、タイトルの魔王物語とは何なのか…何となく、少しづつこのゲームの姿がおぼろげながら見えてくるでしょう。

キャラクターの成長によって行動範囲が広がるという楽しみ
散りばめられた断片から物語を考察・推測する楽しみ

おそらくこの2つが先へ進めたくなる原動力でありこのゲームの魅力だと思うのですが、かといってそれが一概に面白いかと尋ねられれば難しいところです。

明確な目的地の表示されないシナリオは不親切でもありますし、住人たちは全体的に自分のことを深く語らないため人間関係がよくわからんということにもなりかねません。特にラスボス戦での演出に至ってはある程度理解できていれば、頷かされるのですが分かっていないとポカンとするのでは。もちろんそこに至るまでのヒントはたくさんあるのですが、初見で理解できるかと言われれば…。

ですから戦闘システムに関しては前述のように面白さを説明できますが、ゲーム全体として面白さを尋ねられれば抽象的な説明になってしまうのです。サガシリーズのように手探りで進めていくのが好きな人や、小説を読んで登場人物の心情や背景を考察するのが好きな方ならきっと楽しめるのではないでしょうか。いずれにせよフリゲで要求されるスペックも高くなく、プレイ時間も普通に進めてクリアまで15時間程度の長さなので興味のある方はプレイしてみるといいでしょう。

以上まももこと「魔王物語物語」の紹介&感想でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1315-c0e9c1f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad