NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫姫さまで大往生などと誰が決めたのか

怒首領蜂最大往生移植決定の浅田ブログ
『怒首領蜂 最大往生』の浅田プロデューサーはXbox Smart Glassに興味アリ【Xbox 360『大』感謝祭】

あまり時間ないので簡単に。

結局いまだ全然遭遇したことすらない最大往生ですが、こうして移植してくれるというのなら買うしかないでしょう。例えユーザーに支えられているという言葉がプレス向けのリップサービスであったとしても、これまでを考えれば黙って手を差し出すのが筋ってなものです。こういう事を書くからSTGオタは(ry)

ただ記事の中で

ステージの最後では、アーケード版をXbox 360実機で動かしたプレイデモを披露。じつはこのバージョン、今回のために作られたものではない。浅田氏いわく、アーケード版『怒首領蜂 最大往生』を開発した際、並行してすでにXbox 360版も作られていたというのだ。そのときのXbox 360版はおもにアーケードのデバッグ用として使用されていたが、今回意外な形で陽の目を見ることとなった



何となくこの部分が気になりました。
浅田さんの言葉をそのまま受け取るのならもともと360でのリリースは予定通り虫姫さまで最後のつもりで、その360版はあくまでデバック用であったと。しかしながら色々あって(360次世代機の発表が予想以上に遅いとかMSの打診とか)今回の360版最大往生を移植することになったということになります。

穿った見方をすればサターン版シルバーガンのように最初から移植を折込済みで開発していたのではと勘繰りたくもなりますが、そこは浅田さんの今までの言動と功績を踏まえて信じてあげなければいけないでしょうな。まぁ仮にそれがウソだったとしてもそんな事は何一つ問題ではなく、移植されるのなら買わない選択肢は存在しないわけですが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1326-ac26dff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。