NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dust: An Elysian Tail

という訳で少し前までプレイしていたXBLAのDustの感想でも書きますか。と言いましても正直そんなに書くこと無いのですけど。

ゲーム内容は画面写真見れば分かるように横スクロールの2DアクションRPGです。フィールド上からマップを選択して攻略していく形式で、メインクエストの他に村人からサブイベントの依頼を受けたりもします。ダンジョンは入り組んでおり、特殊能力を使ったりしないと見つからない宝箱もあったりとやや探索要素もあります。ちなみに地図では踏破率と回収率だけでなくそのエリアでの宝箱やセーブポイントの有無を教えてくれると結構親切です。

とカタログ的なゲーム内容の紹介は以上です。

それでどうだったのかと言いますと、とりあえず開発者の方の今後に期待という感じでしょうか。

メインとなる戦闘はザコ相手にザクザクコンボを決めていくようなタイプで、コレ自体は操作性も良く、なかなか爽快感もあっていいと思います。ただゲームバランスにはプレイしていて3つほど疑問が残りました。

まず1つは一部の技が強すぎること。
ボタンの組み合わせでコンボが出るのですが、その中でも投げに派生するコマンド(XXYYとXYXXXY)が複数の敵を巻き込むため段違いに強く、特に後者の空中投げに至っては永久に空中に浮かび続けられるほどで、正直大型の敵以外はコレ連発していればそうそうやられることはありません。

2つ目は難易度の上がりかた。
ゲーム開始時に4段階の難易度から選べるのですが、問題はその難易度の上がり方です。普通難しくなると言えばCPUの思考パターンの強化を期待するのですが、このゲーム難易度上げても全然敵の行動変わらないんですよね。ガードとか回避すること無く普通に上の投げパターンが通用します。
では何が難しくなっているのかと言いますと被ダメージの増加でして、難易度上げると尋常じゃないくらいダメージ喰らいます。私は途中でノーマルからハードにしてやり直しましたが、ハードだと後半一発くらうだけで最大HPの半分近く減ることもしばしば。
コレはトゲや溶岩などの地形トラップにも適用されまして、むしろ高難易度だと敵よりこっちの方がウザイ事この上ないです。

3つ目はパラメータ上におけるRPG要素への偏重っぷり。
このゲームはアクションRPGということでレベルや装備もあるのですが、ゲームの進行上においてはこれらによるステータスアップの割合が大きすぎるのです。敵に与えるダメージ一つにしても1レベル上げるだけでさっきまで一桁のダメージだったのが30や40当たり前のように増加するため、結局のところアクションのテクニック云々ではなくレベルを上げるのが一番の攻略と言う有様です。
もちろんそういうRPG要素重視のバランス自体が悪いというわけではありませんが、プレイ感覚的にはアクション要素重視の内容に感じるだけにちょっとガッカリです。


と割と苦言を呈するような事ばかり書きましたが、だからと言ってダメなゲームだったかと言われると全然そんなことはありません。ザコ相手にちぎっては投げる戦闘は楽しいですし、ストーリーが進むにつれてスライディングや2段ジャンプなどで行動範囲が広がっていくのは嬉しいものがあります。
ストーリーはさほど特筆すべきものでもありませんが、主人公ダストと相棒のムチムチ妖精フィジットとの会話はなかなか微笑ましく、進めていると自然とフィジットに愛着がわくようになります。ケモナーにもオススメ。

大体にしてある程度は面白くなかったら最後までプレイしないわけでして、だからこそ上に書いたような難点に苦言を呈すのです。

確か今作は音周り以外一人で制作されているそうですが、色々なところに良くも悪くもインディーズ臭がするのもそういう理由でしょう。いずれにせよ粗はいくらか見られるものの、そういった事情を踏まえれば全体的によくできていると思いますので今後に期待というわけです。

という訳で以上XBLAのDustの感想でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1328-0a0a1999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。