NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3ヶ月ほど前に悪いところは全て治したはずにもかかわらず、またもや歯が痛くなってきました。削って銀歯をかぶせたところが水やお茶を飲むだけでもしみるという状況です。

歯の痛みは放っておいても良くなることはないとこの半年で学んだので、こうなるとさっさと歯医者に行くべきでしょうが、今回の状況や以前虫歯を見逃されて神経を抜く羽目になったことを考えると前の歯医者は信用できません。

という事で市内の口コミをチェックしつつ評判のよさげな別の歯医者で診てもらうことにしました。

状況を説明し銀歯を取って中を見てもらったところ、前の治療で神経のかなり近くまで歯が削られていたため少しの刺激でも痛みを感じるようになっていたとの事で、もはや仕方が無いので結局その歯も神経を取ることになりました。

またもや麻酔を3本投入し、30分ほどかけて神経を取ってもらったおかげで何とか痛みもなくなりました。
最初訪れたときは待合室や診察室に人が全くおらず、この歯医者大丈夫かと不安になりましたが、いざ治療が始まると丁寧に現在の状態や治療内容の説明をしてくれる方で安心して任せられそうでした。

それにしてもホント何で今年はこんなに歯の災難ばかり起きるのでしょうかねぇ。



あれだけ準備万端だったはずの掛軸裏は46Fで死にました。



肉を補充しようとしてシューベルを2回も無くしてしまったのが直接の死因です。オヤジ戦車があんなに憎くなったのはスララを奇岩谷に連れて行くとき以来です。しかしながら今回で進め方や注意点などいろいろ学べたので次回はもっと上手くやれそうです。



パネポンはSFC・GB共にまだまだやっていますが、心なしかSFCのコントローラーがヘタってきて操作ミスをすることが多くなってきました。

なので状態のよさげな中古のコントローラーを予備含め2個買ってきました。
おかげで操作ミスはなくなったので、これでまた上達を目指してパネポン漬けの日々が送れそうです。



そういえばいつの間にかニンジャガ3なんてのが発売されていたことにようやく気が付いたので、今更ながら体験版をプレイしてみました。

で体験版をプレイしてみた感想。

これはちょっと…いや、正直かなりダメなのでは…。

前作と比べて全体的にアクションがもったりしているとか、カメラワークが悪いとか、忍術が半ムービー状態でたるいとか、いきなりハヤブサが素顔さらしてるとかちょっとプレイしただけでも違和感バリバリです。

そして何より敵に殺意を感じられないのが退屈です。

何と言いますかニンジャガの敵って時には卑怯と思えるくらい本気で殺しにかかってくるのが常でありまして、それに対してこっちも超忍としてあらゆる手段・テクニックを駆使して立ち回るという、そういう色々な意味で本気なやり取りが魅力だと思うのですよ。

ところがこの3の体験版からは全くそういう敵の殺意が感じられません。とりわけ酷いと思ったのが、足を切られた敵が這いずって逃げようとしたことです。

ふざけんな!
例え片足を失って這いつくばろうとも、隙あらば自爆で道連れにしようとしてくるのがニンジャガの敵だろうが!

そういうとっくに覚悟完了した相手だからこそ、こっちも容赦なく滅却や絶技をかますのが礼儀ともいえるのに、背中を見せた相手に切りかかるなんて単なる弱いものイジメですよ。

それと関連して途中の軍人を斬るシーンもひどいです。
操作不能になって命乞いをしてきた敵にハヤブサがつかつかと迫っていったので、イベントかと見ていたら敵が「俺にも家族がいるんだ」といった命乞いをずっと繰り返すだけで進まなくなりました。おかしいと思ってボタンを押したところハヤブサが敵を斬ってシーンが進みましたが、このシーンには失笑を禁じえませんでした。
えーと、これはアレですか、「プレイヤー自身に人を殺す事の重みを体感して欲しい」とでも受け取ればいいのでしょうか。もうね、バカじゃないのかと。そんなもの誰がこのゲームに求めているのでしょうか。第一上に書いたようにハヤブサも敵もとっくにそんな次元は通り越しているのがニンジャガの戦いであり、こんなイベントシーンのような敵など侮辱以外の何者でもありません。

体験版を30分くらいプレイしただけでこの有様で、本当にコレがあのニンジャガの続編なのかと目を疑いました。
980円以下で時間と気持ちに余裕があるときならともかく、少なくとも現時点では製品版で続きをプレイしたいと全く思えませんでした。

コメント

ニンジャガの3なんて存在自体そのまま知らなければもっと幸せだったかもしれませんよw
うっかり買ってしまった過去の自分を止めたい叱りたい…そして金を返せと叫びたい…
ハッ、朗人さんのゾルゲへの怒りがこれだったんだ、今朗人さんの憤怒が言葉ではなく心で理解できたッ!!

>980円以下で時間と気持ちに余裕があるときなら
本編を罷り間違ってプレイしてしまったら「タダでもいらんわ」と自然に口にしてしまうでしょう

>それと関連して途中の軍人を斬るシーンもひどいです
この後他の人にもハヤブサさんは「人殺し」と罵られますが、前作で4桁以上全殺しをしておきながら何を今更っつーか何この茶番?としか思えませんでした。

「刀にフォーカス」と言っておきながら3種類の刀の違いは投げ技だけ…性能もLV2龍剣と言ったところ
(ちなみに厨二心くすぐる技名は最初からありません)
ゲーム中は今流行(?)のQTEだらけ。ダイナマイト刑事だって7回しかやんなかったつーの
クナイクライムというとにかくイラつくだけのアクション…飛鳥返しがあるのに必要か?
このようにニンジャガというブランドを粉々にぶっ壊した今のチーニンから直々に
「君達が好きだったニンジャガはもう死んだんだよププw」と言われた気がして心置きなく決別出来ました。
幻心の墓標として突き刺した邪神剣を引き抜いた上に最後にへし折るシーンが2の全否定を表現してるのかと。

ちなみに3が発売してすぐ、よほど比較されたくなかったのか2の体験版が配信停止になっていました。
やることがどこまで薄っぺらいんだか…で、全否定した2の滅却等をちゃっかり盛り込んだ完全版がWiiUで出るそうで。
アイタタタター

  • 2012/09/25(火) 21:30:23 |
  • URL |
  • SK #-
  • [ 編集]

おっとマンモーニ、ゾルゲへの怒りはボスに対するブチャラティのそれの方が近いですぜ。

>「タダでもいらん」「茶番ストーリー」「流行を勘違い」「過去の開発による名作否定」

むしろこういった文章を読めば読むほど今回のは某不思議のダンジョンの3作目の時と同じニオイがプンプンします。

それにしても
>邪神剣を引き抜いた上にへし折る
これはマジですか。
ニンジャガのストーリーなんざ基本空気ですが、その中にあってあそこはハヤブサなりの幻心と地蜘蛛一族への敬意や鎮魂が表現されたいいシーンのはずなのに、よりによってそこを続編で台無しにするとかファンにケンカ売ってるとかしか思えない…。

>薄っぺらい
あ、そういえば確かに2の体験版がいつの間にか無くなっていましたがなるほど。移植・完全版はいつものお約束なのであまり気になりませんが、そうやってまだ過去作のファンを引っ張ろうという姿勢は気に入りませんな。

ともかく今回は助言どおり3なんて無かったことにして生きていくことにしたいと思います。…などと言いながらたぶん実際に980円で売っていたらネタになりそうとホイホイ買ってしまいそうな自分が悲しいw

  • 2012/09/28(金) 21:17:37 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/1332-c60ea1f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。